先月は多忙で6本しか映画をみることができませんでした(涙)。

しかも土日だけとかだったんで・・・

ブログに新規記事をアップするのも久しぶりです。

で、今回の作品は古い映画ですが、色々な映画賞で評価が高かったマーロン・ブランド主演の名作!

近日発表予定の

「Top 100 sports movie quotes」

の第2位にランクされている作品。

ボクシング映画というカテゴリーにしてあるのは、主人公がプロボクサー崩れのやさぐれ男だからなんですが、ケンカのシーンは出てくるけど残念ながらボクシングの試合シーンはでてきません。

だからスポーツ映画ファンの方々より、古き良き名作を観たい方にお勧めの作品ですね。

1954年の作品ですが、ストーリーや状況設定に味があって楽しめる作品です。








波止場 [Blu-ray]
マーロン・ブランド,エヴァ・マリー・セイント
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
 


ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆




【ストーリーと背景】

1954年のアカデミー賞で
■作品賞
■主演男優賞(マーロン・ブランド)
■助演女優賞
■監督賞
■脚本賞
■撮影賞
■美術監督・装置賞
■編集賞
と8部門制覇!
(他にも、助演男優賞と劇・喜劇映画音楽賞にノミネート)

また、
英国アカデミー賞
ヴェネチア国際映画祭
ゴールデングローブ賞
NY批評家協会賞
などで受賞・ノミネート多数。

港湾労働者のテリーは、プロボクサーくずれのヤサグレのチンピラだが、正義感だけは強い。

港湾労働者を取り仕切るボスの部下はテリーの兄。

ある日、仲間が殺害されたことが、ボスの指示であることに気付いたテリーは、その正義感の強さからガールフレンドの純真さとボスの部下でもある兄との板挟みになり、警察の喚問に苦しむのだが・・・


【ペップトークの見所】


マーロン・ブランドって凄かったのね(ってオイラの生まれる前の人ですからね~)。

あと、いろんな賞を受賞しているだけあって、なかなか凄味のある作品でした。

ペップトークも・・・

というより、スポーツ映画ではないので、試合前のペップトークではないのですが・・・

牧師さんのモチベーショナルスピーチが秀逸でした。

Chapter:16 0:52’38”~









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)