完全制覇まで、まだあと12本もあるので発表はまだまだ当分先になりますが、検索していて発見した

「44 Racing movies ranked by Movie Scor」

というレース映画のランキングで3位に入っていた作品です。

古き良き時代のアメリカ・・・

そしてドタバタコメディをここまで大作にしてしまうハリウッド・・・

しかも・・・ナタリー・ウッドが超キレイでセクシー(それが目当てか???爆)

古い映画なのに画像くっきりで、しかも色もキレイなのはデジタル・リマスタリングの技術なんですかね?

それとも、元のフィルムがそもそも良かったんでしょうか?

古い映画を観ている・・・って感覚がなくなるほど。

前と中間(休憩時間?)と最後に静止画で音楽が流れるのが「昔」ですけど(笑)。

でも音楽がヘンリー・マシーニなので、それもオールド・ファンにはたまらないですね。

同世代(昭和20年代後半~30年代前半生まれ)の人ならお分かりいただけると思いますが「チキチキマシン猛レース」の実写版みたいな映画です。

グレートレース  [DVD]
トニー・カーチス,ジャック・レモン,ナタリー・ウッド

ワーナー・ホーム・ビデオ  



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

冒険野郎として聴衆に人気のグレート・レスリー。

色々な者を発明・制作しているがレスリーのせいで日陰者になっているプロフェッサー・フェイト。

レスリーが自動車会社に提案したニューヨークからパリへの大レース開催を知り、レスリーをギャフンと言わせたいプロフェッサー・フェイトも参加を表明。

このレースを取材させろと女性記者を志願するマギーも、新聞社の編集長を口説いて参戦。

プロフェッサー・フェイトの策略で、参加した他の車は次々とリタイアする中で残ったのはレスリーとマギーとフェイトの3台。

取材が目的のはずなのに、行く先々で問題を起こすマギーなのだが・・・


【ペップトークの見所】

ニューヨーク~パリ間のレースって、どうやって大西洋を渡るんだろう?

と思っていたら、反対回りでした(爆)。

アラスカを抜けて、ベーリング海峡を渡り、シベリアを抜けてパリへ・・・って、こっちのルートでもどうやってベーリング海峡を渡るのか見物ですが・・・ネタバレになるので書きません(笑)。

大の大人が大金をかけて、真面目に、真剣に、こんな馬鹿げた大作コメディを作るアメリカって、なんか凄いですね。

で、腑抜けた作品になっていないのは、ヒューマンドラマとして一本芯が通っていたり、ラブロマンスとしてもきっちり完結しているところがあって、さすがハリウッドって感じです。

ペップトークも・・・スポーツの試合前のようなショートスピーチ的ペップトークはでてこないのですが・・・

心を歌に乗せて・・・というのがハリウッドっぽくて素敵です。

Chapter:40 2:27’07”~

囁くように歌うナタリー・ウッドがカワユス。

まぁ、この映画での最大の見せ場は・・・大パイ投げ大会だとは思いますが・・・(笑)。

(↓ 予告編にも出てきます)










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)