以前紹介しました「ボクシング映画 TOP45」で第13位

全米スポーツ映画Top100」で第98位

まだ紹介していないのですが、近々公開予定の

「Top 100 Sports Movies of All Time」で第81位

「The 100 Greatest Sports Movies of All Time」で第84位

と、決して評価は著しく高いというわけではないのですが、何故か必ず名を連ねている「シブそうな」作品なので、ずっと気にはなっていたのですが・・・

とあるレビューで「ロッキー」を超える痛快さと「スティング」を超えるスリルが味わえるエンタテインメントの秀作・・・という評価を目にしたことから、オイラのハートに一挙に火が着き、慌てて中古市場を漁りました。

VHS発掘シリーズの第105弾です。



ミッドナイト・スティング [VHS]
出演: ジェームズ・ウッズ
監督: マイケル・リッチー

ミッドナイトスティング 
ワーナー・ホーム・ビデオ


ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

刑務所に服役中の天才詐欺師ケイン(ジェームズ・ウッズ)は、ボクシング賭博で富を得て街の有力者になったギリオン(ブルース・ダーン)の話を知る。

ギリオンはチャンピオンのディッグズの最後の試合で、自分がマネージャーをしていながら、相手選手に大金を賭けて勝ち、街の土地のほとんどを手に入れた。

ケインは出所すると、仲間と言葉巧みにギリオンに接近した。

ケインはギリオンに、10人のボクサーを相手にしても、パマー(過去の実績はあるが、48歳の高齢ボクサー)なら勝てると豪語し、10対1の賭けの勝負を承諾させた。

ケインも凄腕の詐欺師だが、相手は街を賭博で乗っ取った男。

お互いに買収や八百長の画策、非道な裏舞台の中で試合は開催されるおだが・・・


【ペップトークの見所】

いやぁ・・・

ハラハラ、ドキドキと、こちらの予想を覆すどんでん返し・・・

究極のエンタテインメントとの評価が高いのも良くわかります。

ロッキーファンには申し訳ないですが、こちらの作品を高く評価している人が多いのもうなずけます。

ボクシング・ファンに限らず必見の作品・・・というか超オススメの一作です。

配給会社さん・・・

「お願いですからDVD化してください」

と久々に懇願したくなるVHSサルベージでした。

そしてペップトークも・・・

ケインとパーマーではなく、宿敵ギリオンが10人のボクサーに対して試合開始前にロッカールームで行うペップトークのシーンです。

0:53’58”~

ボクシングは個人プレイですが・・・

チームの個々人に対するペップトークと、チーム全体に対するペップトークを行いたいときのお手本になる、めずらしいシーンです。




↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 
▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)