Peko's Gun Box
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今日の1丁!

ELAN Marion Cbretti Model

結果的には私が監修したみたいなモデルですが、グリップやリバースカットの無い9mmコンバージョンスライド、9mmバレルに映画と同じフロントサイト! 特にこだわって作られた9mmマガジンやJスコットのグリップなど細部にわたって再現された完全版の1丁です。
ぜひ手に取ってみて下さい。

















今日の1丁!

1911A1 Pre War コマーシャルモデル
帰国の際、名古屋の友人からビッグガンのパンフレットをいただきました。エランさんのビッグガンモデルをもらい受けましたのでこれはコラボするしか無いっしょ!(爆) 裏表紙の広告も良いですね!







BULLITT (1968) のDiamondbackのグリップについての考察

たくさんの方がもうこのことについて書かれていて今さらではありますが私がこのお題に参戦するのはおこがましいのですけどどうにも気になっていたので!(爆)

 

OTHERSのページに BULLITT (1968) のDiamondbackのグリップについての考察 をアップいたしました。お暇な方は覗いてやってくださいまし!

 

www.pekosgunbox.net

 

 

 

S&W Hand Ejector

Bonnie and Clyde の記事でクライドのリボルバーはM10というのは違うのでは?という指摘をいただきました! 確かに間違いでしたので早速記事を一部訂正させていただきました。

 

 

 

Bonnie and Clyde !

今年は新年早々から色々なことがあり、サボりまくりというのもありますがリクエストされていた記事をやっと上げることができました。

気になる映画の中のガンのページに Bonnie and Clyde (1967) 俺たちに明日はない をアップしました。 お暇な方は覗いてやって下さいませ!

www.pekosgunbox.net








今日の1丁!

BRN-180

先にご紹介したフレームは皆さんお察しの通りこういう形になりました!(爆)

このアッパーフレームアッセンブリーはAR-18/180のデザインをそのままに今の技術で再現したものでそのままAR-15系のフレームに乗せることができます。以前から知っていましたがARのフレームに?と思っていたのですけどなぜ組んだかと言いますと最近になってこのストックが発売になったからで(爆)早速このフレームで組んでみた次第です。あっという間にストックはバックオーダーになってしまいました。バレルは10インチから18.5インチまで4種類あるのですが長さはもちろんオリジナルにならって18.5インチにしました。あの三叉のフラッシュハイダーも再現されています。

AR系のグリップならなんでも付きますが自分が選んだのはM16A1の初期型です。もちろんランヤードリングを付けるためですよ!(笑) リングはAR18のグリップから拝借しました。

このクランク型レバーは萌えますね!(爆) これはなぜこんな形をしているかと言いますとデフレクターの役目をするのですよ。薬莢が当たって後ろに飛んでこないようになっているんです。

50年も前にデザインされたライフルが今の技術で蘇ったという感じですね!














自慢の逸品!

なんと4年ぶりに自慢の逸品のページに投稿をいただきました!
それも大好物のブレンテンを投稿していただきました。
お暇な方は覗いていって下さいませ。

http://www.pekosgunbox.net/




今日の逸品?

AR系のフレームを入手しました!
中のパーツはAR15のパーツそのまま使えるわけです。
さてこのちょっと変わったフレーム、どんな形になるかはこの次で!





今日の1丁!

実銃でDENGEKIモデルを再現してみました! DENGEKIモデルとはスティーブンセガール氏のExit Wounds と言う映画の中で使われたコンパクトガバメントの事です。私のホームページで以前紹介したのでご存知の方もおられると思います。 手持ちの3丁をバラして組んでみました。(爆)







今日の1丁!

Colt 1911A1 Pre War Modelの1/3モデル!

これよく出来ていて装填排莢も出来るんです。ダイキャスト製でズッシリ重く(?)フォルムも良い感じなのです。(爆)










1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>