マンダラ思考とマンダラ手帳講座

【番外編】

2020年3月28日(土)

オリジナルマンダラチャートを創ろう!!!

image


今すぐお申込みの方はこちらっ!

下矢印下矢印下矢印

お申込・お問合せはこちらへ

 

 

 

こんな方におススメです!!

 

チェック 自分の趣味や研究の成果を、わかりやすくまとめてみたい!

 

チェック 連休に旅行に行きたいが、どこに行きたいのか、なかなか決められない・・・(^^ゞ

 

チェック 自分史を、ビジュアル的にまとめてみたい。

 

チェック 今年こそ達成したい目標がある! 作戦を立てたい!!!

 

チェック 新しい企画を、わかりやすくプレゼンする資料をつくりたい!

 

チェック 自分のコンテンツを整理したい!

 

…などなどなど。

 

 

そして、そんな悩みを解消したいのだけれども、

 

チェック なかなか自分のための時間がとれない・・・orz

 

 

そんなお悩みをお持ちのアナタ!

月に一度、

自分としっかり向き合う時間を確保しておきませんか?

 

 

 

マンダラチャートとは?

 

「曼荼羅?」

「宗教か?」

「怪しげだな・・・」

 

と思われた方。

 

安心してください。

ツボとか数珠とかお札とか売ってません。

 

 

おそらく、世界で一番有名なマンダラチャートはこちらです。

 

下矢印

 

下矢印

 

下矢印

 

このカタチが、『マンダラチャート』です。

 

経営コンサルタントをされていた、

クローバ経営研究所の故松村寧雄先生が開発されました。

 

仏教の曼荼羅図からヒラメキを得たマンダラチャートは、視野を広げる発想法です。

 

真ん中にテーマを入れ、四方八方に発想を展開していきます。

発想を広げながらも、同時に整理されていきます。

 

ビジネスはもちろん、人生のあらゆる事柄をテーマにすることが可能です。

問題解決や企画、旅行プラン、リスト作成などなど。
 
言葉で理路整然と表現できないコト・モノこそ、
マンダラチャートの得意分野です。
 
なにせ、
この世のルール「空(くう)」と
心の仕組み「唯識(ゆいしき)」を
映像化したツールなのですから…虹

 

 

 

講座はどんな感じ?


本講座は

人生を豊かにするための考え方(マンダラ思考)と、

それを実践、習慣化するためのマンダラ手帳活用術を学ぶ3時間講座ですメモ

 

 

が、

今回は番外編!!!

 

 

今回は、このマンダラチャートを使って

自分だけのオリジナルマンダラチャートを創っていきますよ~キラキラ

 

 

大谷くんは、プロ野球の選手になるための目標・戦略を立てました。

 

それ以外にも、マンダラチャートは

いろいろなモノ・コトを表現できます。

講座に参加された方の作品を、ご紹介していきますね音譜

ご紹介させていただいた方のブログは、

記事の最後でご紹介させていただきました。

 

   赤薔薇

 

こちらは、

やまやえみこさんの作品です。

「はがき絵で旅する北海道ガーデン街道」

image

お客様と企業をつなぐ販促ツールとして、はがき絵を描かれているやまやさん。

 

スケッチに出かけられた北海道のガーデンを、美しいはがき絵を交えてマンダラにされました。

住所や食事処もあわせて紹介してくださっているので、これからお出かけする方にもお役に立つマンダラチャートです照れ

 

 

   龍

 

こちらは、KEIKOさんの作品です。

「神仏と私とマンダラ手帳のご縁の法則」

image

自分の人生半世紀の軌跡を、マンダラチャートで振り返るという試みです。

神仏マンダラ手帳という視点から、人生を振り返るのがユニークです^^

 

マンダラ手帳で仏教とつながった?

と思っていたら、実はそうではなく。

幼い頃からずーっと、神仏とのご縁に守られていたことに気づかれたのだそう。

 

自分の人生の意味・価値に、ご自分で気づかれたのが凄いなぁって思います。

 

見えるもので、見えないものを表現できるのも、マンダラチャートの特徴です。

 

 

   本

 

 

こちらは、暮らしの読書コンシュルジュ・ユズさんの

『「お喋りな本だな」講座 種わたしリスト』です^^

image

読書が生活の一部になっているユズさん。

 

パステル和アートのナッツさんとのコラボレーションで活動されている「お喋りな本だな」講座を、マンダラで展開されました。

 

ご自身のココロが動かされた本を、ワークを交えながらご紹介されています。

 

ご自分の言葉で語られているので、こちらのココロにも響くんですよね音符

 

 

   クマ

 

 

B型チャートは、マス目が多くて、なんだか難しそう・・・

という方は、A型チャートをどうぞ!

 

こちらは、Yさんの

『わくわく北海道ツアー』

image

本州からいらしたお客様をご案内するために作成されたそうです^^

 

マンダラチャートは、とても相性がいいようです。

旅の準備にも使えるし、

旅のしおりにもなるし、

旅のご報告・まとめにもバッチリですチョキ

 

 

 

今回は、いつもの教室を飛び出してのCAFE開催です。

美味しいコーヒー付きですコーヒー

image

 

 

初めての方でもご心配なく^^

テーマを見つけられるように、
「お宝マンダラを創ろう!」ワークもご用意しておりますコインたち
 
理屈よりも、実際に手を動かしていただいた方が早いです。
 

右脳と左脳の両方を刺激するこのカタチが、

箇条書きにはないヒラメキを生み出してくれることを体感していただけますヨOKキラキラ

 

 

 

こんな効果を期待できます!
 
ひらめき電球自分の中にある「お宝」を発見できます!
 
ひらめき電球自分の強みに気づくことができます!
 
ひらめき電球好きなことをビジネスに活かすことも・・・♡
 
ひらめき電球仲間と一緒なので、お喋りの中から気付きを得ることができます!
 
ひらめき電球出来上がった作品を、マンダラチャートフェスティバルに応募してみましょう!
 
ひらめき電球なんせ、よいご縁がつながり、広がり、深まります。
 
その結果・・・
 
ひらめき電球人生とビジネスが豊かになります。
 
 
キラキラの人生を!
image
 
 
 
参加された方の感想

 

 
これまでにいただいた感想をご紹介しますね。
 
むらさき音符もともと考えていたテーマと違うものも出てきて良かったです!
  いろいろな交流が出来て、いろいろなアイディアがもらえました。
 
ブルー音符今日もたくさん考えました!
  行動に落とし込めるよう、一つずつ決定事項を増やしていきたいです。
 
ピンク音符「お宝マンダラ」、たくさん見つけられて良かったです!
  ありがとうございます!!
 
ブルー音符記録をまとめておくヒントが得られました。
  今まで手つかずだったことをまとめて、今後に活かせそうな気がします。

 

ピンク音符自分の好きなことを発信することで、ビジネスチャンスを創ります!
  ありがとう!
  自分とじっくり向き合う時間は大事です!!
 
 
などなど、多くの感想をいただきました。
ありがとうございますお願いキラキラ
 
 
 
講師は、ほんのり津軽訛り。
 下矢印下矢印下矢印

マンダラチャート認定講師 さとうゆきえ

松村寧雄先生と。

 

札幌市在住。

青森市出身

ねぶたの時期には毎年帰省しています。

 

20代の転職ジプシー時代を経て、土木舗装会社の経理事務で、仕事の面白さに目覚めました。

仕事と家事、趣味や資格取得などを両立させるため、様々な手帳の使い方を試してきました。

その頃、松村寧雄先生と出会いました。

マンダラ手帳は、単なる目標達成ツールではなく、人生を豊かに創り上げる道具だと気付き、2010年マンダラチャート認定講師の資格を取得。

image

主婦兼サラリーマンならではの、人生とビジネスを豊かにする考え方と、手帳活用術をお伝えしています。

 

詳細なプロフィールはこちらへどうぞ

 

 

お待たせしました!

講座の詳細はこちらです

  下矢印下矢印下矢印

 

実践!マンダラ思考とマンダラ手帳講座

 

クローバー日時:2020年3月28日(土) 13:30~16:30

 

クローバー場所:ミサキコーヒー&ロースタリー

札幌市西区西町北18丁目5−14   
最寄り駅:地下鉄 東西線:宮の沢駅
 

 

クローバー持ち物:

今回は手ぶらでOK!!!!

あらかじめテーマを決めていらっしゃる方は、資料などをお持ちください^^

 

クローバー受講料:3,000円 ※コーヒー等、ドリンク1杯付

クローバー年間フリーパス:20,000円(4月までの販売です)

 

クローバー定員:8名様!

※会場の都合上、今回は少人数制です。

 お申込みはお早めに・・・!

 

 

お申込みやお問い合わせは、こちらのボタンでお願いします^^

  下矢印下矢印下矢印

お申込・お問合せはこちらへ

 

 

ご紹介させていただいた作品の

作者さんのブログをご紹介させていただきますね^^

 

やまやえみこさん

「はがき絵で、あなたのファン創りを!」

image

 

KEIKOさん

「札幌☆Gardentreeガーデンとアロマと健康で幸せライフ」

image

 

 

ユズさん

「ユズのしあわせ手帖」

image