Tascal PCサポート情報

自分のサポート情報の覚え書きならびに、
主にタスカルお客様に向けての、
サポートトラブルや、
PC関連サポート案内です。


テーマ:

先日記事でご案内いたしました、GoogleDriveアプリが終了になり、バックアップと同期アプリに変更になる件にて、

私のお客様で、勝手にアプリが後継の「バックアップと同期」に書き換わっています。

 

・PC用Googledriveアプリがバックアップと同期アプリに変更となるためアプリの変更が必要

https://ameblo.jp/pctascal/entry-12309707995.html

 

その場合、下のようなポップアップが出てきます。

 

 

基本、そのままで問題は無いのですが、バックアップを設定してしまったりすると、

GoogleDriveの契約容量(無料プランでは15GB)によってはクラウドの容量不足になる可能性があります。

 

また、個人でしたら良いのですが、複数の人でアカウントを共有してデーターやりとりをされて見える方、

このバックアップと同期アプリは、つなげたスマホやデジカメの写真をクラウドにバックアップする機能があるので注意が必要です。

 

自動バックアップ設定してしまい、いつの間にか知人に自分のスマホ内写真が流出していた・・・なんて事もあり得ます。

 

今度のバックアップと同期アプリの場合、スマホやデジカメをつなげれると下のようにバックアップを促すポップアップが現れます。

 

 

ここで、「バックアップ」を選んでしまうと、スマホ内の写真がGoogleDrive(Googleフォト)に自動バックアップされるという事です。

 

複数でアカウントを共有していて個人の写真が流出したり、

個人アカウントでも写真をたくさん撮って見えて、気づかぬうちにバックアップ→GoogleDriveが容量オーバーでパンク・・・という事態が想定されます。

 

バックアップと同期アプリの入ったパソコンでスマホやデジカメを充電される方は、

設定→設定にて、

 

"新たに追加された写真をGoogleフォトにアップロード”にチェックが入っていたら外し、

その下の「USBデバイスとSDカード」をクリックし、

"カメラ又はスマートフォンを接続するとファイルをバックアップできます”

のチェックを外して→OK

 

にて、自動バックアップを行わなくなります。

 

 

 

 今回の自動バックアップ機能はイレギュラーで使って見えない方には良い機能ですが、理解していないと訳わからなくなります。

 

何にせよ、アプリを勝手にサポート終了にするのは仕方ないにしても、勝手に仕様の違う後継アプリに書き換えてしまうってのは・・・・どうなのよ?Googleさん!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ITmediaの記事を見てびっくりしました。

 

一部引用のみしていますので、

気になる場合、まるっと転載というわけにはいきませんので、リンク先記事をご確認ください。

 

-----------------------------------------------------------------------------------

・iOS 11のカメラ保存形式を「JPEG」「H.264」に戻す方法

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1709/21/news082.html

 

iOS 11から、A10 Fusion以降を搭載したiPhone、A10X Fusionチップ以降を搭載したiPad Proのカメラ撮影時に、保存されるフォーマット形式が、新しい画像フォーマット「HEIF」と、動画フォーマット「HEVC」に変更されている。

-----------------------------------------------------------------------------------

 

A10チップと言うことは、iPhone7以降と言う事ですね。

 

私のiPhone5sでは変更点はありません。

下は私のiPhoneのカメラ設定の画面です。逆にこの状態なら今まで通り何の変更もありません。

JPEG&H.264フォーマットで保存されています。

 

 

iPhone7以降をお使いの方は、今まで通り互換性のある JPEG & H.264 フォーマットに設定を戻すか、

それともApple曰く“高効率”の、 HEIF & HEVC フォーマットのままで行かれるか。

 

まあ、iPhoneのみでお使いの場合は関係ないでしょうし、必要なら変換できるみたいですからデフォルトで良いのかもでしょう。

 

しかし今回のiOS11、いろいろとデフォルト設定が変わりまくりですね。

知らないといろいろとびっくりな内容が今回多すぎです。

 

私&私のお客様でまだiPhone7以降&iOS11の方はみえないので今回実際に確認ができていませんので、ITmediaの記事中心からの案内になってしまいましたが、結構重要だと思ったのでご紹介しました。

 

 ところでこれ、メールに添付する場合はどうなるんでしょうね。

そのままなのか。それとも自動でJPEG等に変換されるのか・・・

 

iPhone7ユーザーさん、お試しください。 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日から配信開始されたiOS11。

 

動作が(iPhone5sでは)重いとか、熱くなるとか、バッテリーが思ったより早くなくなるとか有りますが、

その中でも使っているとちょっと気になるところが。

 

思ったよりパケットをくうのです。

 

なんで?・・・と調べてみたら、フォトストリームでiCloudフォトとiPhoneは同期するのですが(設定していれば)、

それが今まではWi-Fi回線のみだったのが、今回より4G回線でも行うようになった模様です。

 

つまり、写真撮りまくるとすぐにiCloudフォトにアップロード&同期するので、パケットが結構早く消費されるのです。

 

20GB以上の大容量契約されてみえる方はまだしも、2~5GBぐらいの契約で、写真を結構撮られる方は、この機能をオフにした方が良いと思います。

 

どうもアップルは今後はandroid同様iCloud中心に、クラウド同期を主にして持って行きたい模様ですね。

ファイルアプリを追加したのもその現れかと。

そして、Wi-Fiだけでなくできれば常に同期していきたい感じですので、この写真以外でもデフォルト設定が変更されている可能性があります。

 

しばらくはご自分の使用パケットを確認なされた方がよろしいかもしれません。

 

 フォトストリーム4G回線同期の解除方法は、

「設定」 → 「写真」 → 「モバイルデータ通信」 

にて、モバイルデーター通信をオンからオフに変更します。

 

 

 

 

iOS10までは標準でオフでしたので、それで問題なければ、その方が良いと思うんですけどね・・・

 

たとえば、LINEやInstagramなど、調子に乗って写真を100枚撮り、それを加工して、気に入らない写真を80枚消したら、
それを全部リアルタイムで同期しますので、単純計算1枚あたり6MBとしてこれだけでこれだけでフォトストリームに1080MB(=1.08GB)パケットとるって事ですよ~。

 

5GBなんてすぐでっせ・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。