商品・製品を守る知恵 by弁理士バッカス

商品・製品を他人の模倣から守るヒントを提供します。

さあ、知的財産を活用しましょう!


テーマ:

酒飲みバッカスです。



昨日は、男の飲み友達の友達が彼女を探しているからというので月島の「だけん」で3対3の合コンを開催…


「だけん」は、焼酎バーと言った感じですが、料理がかなり充実してます。


また、焼酎なども含めたかなりの種類が飲み放題になるメニューもあるので、焼酎好きにはお奨めです。



今回の合コンは、僕の男の飲み友達とその友達に女友達を会わせるという僕には全く何の楽しみもないイベント…


最近、合コンといえば、こんな合コンばかりですプンプン


しかも、男女同人数にそろえたら、女友達から「バッカスさんが人数に入ってたら、女性側が一人余るじゃん!」ですって…がっかり


僕周りには美人さんが多いので、今回の女性メンバーも綺麗どころを集めたのですが、バリバリ仕事をしていて、仕事にも誇りを持っているタイプなので、みな、気が強い(笑)


僕はオブザーバーに徹して、男性陣の邪魔をしないように、合コンが始まると、端から成り行きを見守っていました。


しかし、なんか、女性陣の反応が悪い…


このままではマズイと思ったので、途中から話しを色々振りながら一生懸命に盛り上げましたよ(笑)


しかし、男性陣は押しが弱くて、相手に連絡先を渡すだけで、女性陣の連絡先も聞かずで終わりました。


両方に通じている僕がいるからやりにくかったのですかね~?


しかも、終わった後に男性陣だけで門前仲町のショットバー「C」に飲みに行ったのですが、そこで、今回のメインである飲み友達の友達が


「向こうの感触を聞いてください。向こうがこっちを気に入ってくれているなら、こっちから連絡してみます。」


ですって…ガクリ


正直、男性側は僕を含めてカッコいいタイプではないし、女性側は美人でモテるタイプで男友達に不自由しているわけでもないんだから、女性側からアクション起こしてくるわけないと思うんですが ため息


基本的に気に入れば、こっちから攻めるタイプの僕には良く分かりません…


人って、相手に好意を持たれると、こちらに対しても好意を抱くことが多いのだから、彼女を探している側がアプローチしなければ、そんなに相手から一方的に好意を抱かれる可能性は低いと思います。

傷つくのが怖いんですかねがっかり


本当に最近はこんな男性が増えてますね。


AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

バッカスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。