商標権に用尽はある? | 商品・製品を守る知恵 by弁理士バッカス

商品・製品を守る知恵 by弁理士バッカス

商品・製品を他人の模倣から守るヒントを提供します。

さあ、知的財産を活用しましょう!


テーマ:

特許権には用尽という考え方があることは書きました。


では、商標権には用尽があるのでしょうか?


答えは、ある、です。


商標権者から商標を付された指定商品を購入した時点で商標権は用いつくされたとして、その商品自体については商標権の効力が及ばなくなります。


そうでなければ、他人から購入した商品を転売することができず、流通が成り立たなくなってしまうことも特許権のことろで話したことと同じです。


それに、商標の機能は出所表示と品質保証が主であり、商標権はその機能を保護することを目的としていますが、指定商品に商標が付されている限り、この機能が守られるからでもあります。


では、指定商品に付された登録商標を流通の過程で他人が剥奪抹消してしまう行為は商標権の侵害になるのでしょうか?


これは、実は難しい問題ですが、侵害にならない、が原則になります。


これは、侵害は指定商品等に対する登録商標やその類似商標の使用であり、商標の剥奪抹消行為は「使用」には該当しないからです。(学説としては、商標の機能を抹消させるので、侵害になるとするものもあります。)


もっとも、侵害にはならないとしても、不法行為として、一般的に損害賠償請求は認められますので、そのような行為に対しては、損害賠償請求をするのが有効になります。

バッカスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス