自然素材で建てる家✳︎港区芝の工務店✳︎エアサイクルハウジング
  • 04Nov
    • 『住む人の健康と長持ちする建物』をつくり続けて43年目の画像

      『住む人の健康と長持ちする建物』をつくり続けて43年目

      こんにちは。日本橋から港区芝へ事務所を移転して1ヶ月が経ちました。どんな様子かなぁと、先月遊びに行ってきました。まだ少しダンボールがあるものの、だいぶ落ち着いて頂いた欄のお花がキレイに咲いていました。引っ越し前、事務所移転に伴い大掛かりな断捨離がスタートしました。長年保管していた書類を全てデータ化するとのことで私もお手伝いに。データ化する中で、30年前の社報が出てきたんですが今も変わらない会社の信念というか根幹が書かれていたので、これは自慢できることだなぁと思いご紹介させて頂きます。すべての基本は「プラス」にある個人の人生・仕事・社会活動等人間が生きていく上で、もっとも重要なことは何でしょうか。それは、以外と当たり前のことにあるのではないでしょうか。ひとりひとりの心構え・考え方にすべての基本があるのではないでしょうか。それは、自分自身の回りで起こるすべてのことを、どうすれば「プラス」に考えられるかではないでしょうか。◉プラス発想◉プラス思考◉プラス行動これが、人生の成功者になれるかどうかのキーワードでしょう。毎日毎日を、今この時を、常に「プラス」を意識して生きていく努力を惜しまないことではないでしょうか。ではどうしたら「プラス」の人生をおくれるのでしょうか。マイナスをしないと考え、実行していくことの方が簡単なようです。『怒らない』『愚痴を言わない』『嫉まない』『悪口を言わない』『自己中心で物事を考えない』『自己卑下をしない』『責任転嫁をしない』『逃げの姿勢をとらない』『後ろ向きにならない』だれでもが毎日知らずに陥っていることですが、とても自分の人生をダメにしていることなのです。私たちは本当に施主のことを思っているでしょうか。施主がお金にしか見えていなかったら不幸の始まりです。施主のために、こころのそこから健康住宅をすすめていますか。社員や職人は売上を上げるための道具と思っていませんか。思っていたとすれば、本当に不幸になるでしょう。相手の立場にたって、思いやれる。それが仕事の発展の基礎です。そして、その心構えが「プラス」発想の第一歩です。(1990年3月PACニュースより一部抜粋)いかがでしょうか。30年前の社報なんですが、今もブレていないんです。『住む人の健康と長持ちする建物を』この気持ちを忘れずに2020新しい事務所でスタートを切りました。今後とも変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます【新住所】〒105-0014東京都港区芝2-30-15 MMSビルディング2階TEL:03-6811-5085/FAX:03-6811-5086都営三田線/三田駅 徒歩5分JR山手線/田町駅 徒歩8分オンラインセミナーもぜひご利用ください「自然エネルギーを利用して快適に暮らす健康住宅」社報番外編『マジメか!!』という社報の裏面にはなぜか宴会の写真が載っていたり、個人情報が丸出しプライバシーという言葉はない時代だったようですさて、この可愛いOLは誰でしょう派遣の事務職からいつのまにか営業をしていたそうで気がついたら社長に…そうです現在のエアサイクルハウジング代表です社長になるなんて知る由もない初々しさ昔の社報はネタがありすぎるので、持ち帰ってきました。また掘り出し情報を案内致します港区芝裏道編市川社長から裏道が面白いよ!と教えていただきお散歩しました。ぜひお家づくりのご相談の後、はしご酒はいかがでしょうか新旧の融合と飲み屋のバランスが絶妙な裏道です。※銭湯は、はしご酒前にすませましょうはしご酒アドバイザー嶋田あいでした

  • 19Oct
    • マンションで水漏れしましたの画像

      マンションで水漏れしました

      今日はリフォームで起こったある事件をご紹介します。 都内にお住まいのAさん。 築40年のマンションのリフォームをご依頼いただきました。 工事を始めたら、床の下で水漏れが起きている事がわかりました。 水道鉄管の老朽化が原因の水漏れ。 お風呂の下には水たまりができていました。 Aさんのお宅は1階の部屋だったので、下階に漏水しなかったために発覚が遅くなったようです。 この水漏れによる湿気の影響か、北側の部屋の壁の壁紙をはがした内側にもカビがびしっりでした。 こんなふうに、リフォーム工事が始まって、壁や床・お風呂やキッチンを外してみると、「住まいの病気」が見つかることがあります。 その時に大切なのは、なんといっても「現場対応力」なんです。 どのような事態が起きても現場で臨機応変に対応できる力。 その場に応じた適切な対応や工夫できる力が不可欠です。 リフォーム・リノベーションだけでなく、一戸建ての新築住宅を手がけているからこそ「現場対応力」には自信があります。 豊富な知識とアイディア、高度な技術で、お客様にベストな提案をさせていただきます。 Aさんのお宅では、水漏れしていた鉄管を新しいものに交換することにしました。 床下に張り巡らされている配管を全て交換するには大掛かりな工事になってしまうため、一部の配管は壁の中を通すことでコストを抑えました。 工期が長くなると、その間の仮住まいの費用も増えてしまうため、工期短縮ためにも、壁の中に配管を通すことをご提案しました。 カビが気になる北側の部屋の壁は、新しい下地をつくり、Aさんのご希望通り「漆喰」で仕上げました。 外から入る光が漆喰の壁で拡散し、明るく広がりのある空間になりました。 漆喰は湿度を調整するチカラがあるので、北側の部屋の結露も改善され、心地よい住空間になると思います。 家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方 新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けます メルマガ登録はコチラ 東京・ 港区芝の工務店 エアサイクルハウジング㈱ 公式HP  http://www.passive.co.jp/ tel     03-6811-5085 メール  passive@pppac.com 住所   東京都港区芝2-30-15 MMSビルディング2F 施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 09Oct
    • さいたまの家 ガレージ工事中ですの画像

      さいたまの家 ガレージ工事中です

      古いガレージの塗装を剥がして、きれいにしてから、左官屋さんが大判タイル調にカッコよく仕上げてくれました。 次は床のコンクリート工事です。ここでも特殊左官技術が使われるので、仕上りが楽しみです。Before After

  • 01Oct
    • リフォームする家ついて行ってイイですか?第7話~大工さんのエエ仕事!無垢の木で筋かい編~の画像

      リフォームする家ついて行ってイイですか?第7話~大工さんのエエ仕事!無垢の木で筋かい編~

      こんにちはふだんパート主婦たまに家づくり密着を楽しむ嶋田あいです。前回は友人M子のリフォーム解体編を書かせて頂きました。解体工事が終わると、待ちに待った大工さんの出番です働くパパは〜光ってる~ライトで照らされている大工の松本さんですこれまでのリフォーム密着話はこちら第1話~母との終の住処リフォーム決意編~第2話~母はまだ恋していた編~第3話~サッシ屋さんに密着してみた編~第4話~設計士さんに密着してみた編~第5話~仮住まいへのお引越し大失敗編~第6話~築48年の壁の中はいかに!?解体工事は衝撃編~大工さんは2ヶ月間ひたすら設計士さんの作成した図面と睨めっこしながら、裸になった骨格からのお家を丁寧に無垢の木で補正し、つくりあげていきます。しかしながら、リフォームの難しいところはまっさらの土地の状態から始められないので、解体した全ての場所の確認作業から始まります。基礎や外壁はもちろんですが、バルコニー、屋根、雨樋等に亀裂、ひび割れ、欠損、腐食などが見られないか。床下、1階・2階の天井裏に、白蟻の被害がないか、また断熱施工の状況や構造材の乾燥状態等なども丁寧に確認します。今回は築48年のお家という事もあり、解体後の状態が心配されていましたが、雨漏れもシロアリ被害もなく、木材は腐れもカビもなくいい状態を保っていました◎まずは基礎補強筋かい祭りをご覧くださいなんでこんなに筋かい入れなきゃいけないのと思いませんか?それはこの地震の多い日本において何度も法改正をしてきた歴史があります。かなりざっくりですが、1981年の建築基準法施工令大改正木造住宅においては・壁量規定の見直し・構造用合板やせっこうボード等の面材を張った壁などが追加・床面積あたりの必要壁長さや、軸組の種類・倍率が改定2000年の建築基準法改正木造住宅においては・地耐力に応じて基礎を特定し地盤調査が事実上義務化・構造材とその場所に応じて継手・仕口の仕様を特定・筋かいの端部と耐力壁の脇の柱頭・柱脚の仕様が明確に・壁倍率の高い壁の端部や出隅などの柱脚ではホールダウン金物が必須に・耐力壁の配置にバランス計算が必要筋かいは建物の変形を抑える働きをします。住宅に及ぼす地震や台風などによる水平力の向きは一定ではありません。色々な向きの外力に耐えられるよう、筋かいをバランスよく入れることが大切なんです。この配置や無垢の木の性質を考えて組めるのは本物の職人さんしかできません。今では当たり前の基準が整っていなかったのです要するに。築48年の住宅ということは耐震はほぼアウトM子と2人で家の写真を撮りながら話してました。あい『今まで基準以下の家に住んでたんだね…』M子『ほんとだよ、ここで生活してたかと思うと…恐ろしいよ』リフォームする家について行ったら完成したら見えない壁の中の大事な仕事をする大工さん汗だくで黙々と丁寧な作業をする大工さんに密着すると『惚れてまうやろーーー』って。建築現場はいろいろな意味で危険がいっぱいだと学びました酒飲みライター 嶋田あい2018年5月よりエアサイクルハウジング(株)ブログ内にお邪魔中家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ事務所移転のお知らせ東京・ 港区芝の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel     03-6811-5085メール  passive@pppac.com住所   東京都港区芝2-30-15 MMSビルディング2F施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 25Sep
    • 大変うれしいコメントの画像

      大変うれしいコメント

      こんにちはエアサイクルハウジング岩見です先日新築の引渡しを終えたお客様が引越を終えて、初めてエアサイクルハウジングの家で夜過ごしたとメールをいただきました。「窓は閉めてあるのに、さざ波のように部屋の空気が動いて、自分の呼吸のリズムにそろうこともあり、この家は息をしていると感じました。とても楽に眠れます。」というとてもうれしいお言葉をいただきました。エアサイクルハウジングの家は流れる空気を意識して建築方法・材料を工夫しています。そして電気などの機械設備に頼らず夏も冬も快適に過ごすことができる家を作ります。お客様が建てた家に喜んで住んでいただいて、こんな素敵なメールをいただけるなんて、営業冥利に尽きる!この大変うれしいコメントでした。【今日のおススメ】もっと太陽の光や風を家の中に取り込む工夫先日お客様のお宅を訪問した際、ちょうど天窓から太陽の光が入ってきて、とても部屋中が明るく、照明を全くつけなくても雲の日でしたが、過ごすことができました。「この家は照明は要らないね。太陽の位置もわかるし日時計付きの家かな(笑)」いつも知的でユニークさのある感想をいただけるお客様らしいコメントでした。(光や風を取り込む工事事例)・天窓(トップライト)を設けて天空からの光を採り入れる・吹き抜けを設けて二階からの光を一階に届ける・ロフトを設けてハイサイド窓を設ける・壁や天井を、漆喰(パターン)にして光を拡散させる・内装の仕上げを明るくする健康な家づくり・リフォームを検討されているお客様は是非ご参考になさってください。家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・港区芝の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-6811-5085メール  passive@pppac.com住所   東京都港区芝2丁目30番15号 MMSビル2階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 20Sep
    • 「マンションリノベーション講座@港区芝」開催の画像

      「マンションリノベーション講座@港区芝」開催

      こんにちはエアサイクルハウジング 新人営業 岩見です。9月14日から新事務所での営業が始まりました。まだパーテーション工事が終わっていないので、ダンボールが散在していますが、かなり事務所らしくなってきました。この連休で工事も完了します。関係会社様からたくさんお花や観葉植物を頂いて、玄関回りはいい香りがします。新事務所初セミナー開催決定2020年10月10日(土)10:30~東京都港区芝2丁目30番15号 MMSビルディング2階(新事務所)セミナールームにて「マンションリノベーション講座@港区芝」を開催します。講師は、弊社代表 市川です。リノベーションとは、今あるものに新たな機能や価値を付け加えること今お住まいのご自宅も、ちょっとした工夫で更に使いやすい家になります。市川ならではの女性目線の新しいリノベーションのご提案をします。お申し込み方法・詳細は⇒https://www.passive.co.jp/event/家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・芝の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-6811-5085メール  passive@pppac.com住所   東京都港区芝2丁目30番15号 MMSビルディング2階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 14Sep
    • 事務所移転のお知らせの画像

      事務所移転のお知らせ

      このたび弊社は令和2年9月14日より、下記に移転することとなりました。これを機にさらに業務の充実を図り、皆様のご期待に添えますよう一層の努力を重ねてまいります。今後とも変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。【新住所】〒105-0014東京都港区芝2-30-15 MMSビルディング2階TEL:03-6811-5085/FAX:03-6811-5086都営三田線/三田駅 徒歩5分JR山手線/田町駅 徒歩8分

  • 04Sep
    • 木製バルコニーをリフォームの画像

      木製バルコニーをリフォーム

      【木製バルコニーをリフォーム】 上の写真は新築の時に2階のリビング前につくったHさん宅のバルコニーです。 広さはたっぷり5畳。 洗濯物干しだけでなく、夏は3人のお子さんがプール遊びをしたり、お兄ちゃんが机を出して勉強したり、時にはご主人のお昼寝の場所として一年中大活躍しているそうです。 無垢の風合いを楽しめる様に、防水はしていなかったのですが、すのこ状に張った木の床の傷みが気になると、ご主人からご相談がありました。 見たところ隅の方がプカプカして釘が効いてない状態でした。Hさんのお宅のバルコニーリフォームはこちらでご紹介しています。https://iezukuriblog.com/?p=5479 家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方最新情報をメルマガで、いち早くお受け取りいただけますメルマガ登録はコチラ

  • 27Aug
    • お客様とのコミュニケーションは大事!の画像

      お客様とのコミュニケーションは大事!

      こんにちは。新人営業 岩見です。お久しぶりです。毎日暑いですね。。。いかがお過ごしでしょうか?本日は、7月末リフォーム工事が完了したお客様のお宅に行ってきました。キッチンの引き戸が軽すぎるのが気になるというお客様からご連絡を頂き、建具屋さんと一緒にお伺いしました。建具屋さんのソフトクロージングの調整作業で、開閉しやすくなりました。お客様から戦後の疎開の思い出や、若い頃に行った旅行の話。この家を購入された経緯、若かりし頃の御苦労された話などいろいろなお話を聞かせて頂きました。お客様がこの家を大切に思われていたお気持ちが少しわかった気がします。「家を建てる」ことは、お客様にとっては、人生の大きな決断です。お客様の家を建てることに関わるとは、お客様と多くの時間を共有し、話をして、お客様の思いを理解すること。大変な仕事だなと痛感しました。反面、家を通してですが、お客様ととても身近な存在になれる嬉しさもあります。末永くその家で快適に暮らして頂けるよう少しでもお役に立てたらいいなと改めて思い直させてくれた今日の訪問でした。   本日のおススメ  「 引き戸 」引戸は開けっ放しでも邪魔にならない。ここがドアとの大きな違い。   引戸おススメポイント ①引き戸が締り切る手前でゆっくり締まってくれるソフトクロージングを付けることができるのでお子様がバーンと思いっきり締めても、大丈夫!②自然の風をとりこむドアだと風で勝手に閉まることもありますが、引き戸ではありません。自然の風を利用して涼しく過ごす工夫もできます。1階など家族が集まるところは引き戸で風通しのいい環境を作ってみてはいかがですか。家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 03Aug
    • リフォームする家ついて行ってイイですか?第6話~築48年の壁の中はいかに!?解体工事は衝撃編~の画像

      リフォームする家ついて行ってイイですか?第6話~築48年の壁の中はいかに!?解体工事は衝撃編~

      こんにちはふだんパート主婦たまに家づくり密着を楽しむ嶋田あいです。前回は友人M子の仮住まいへの引越しまでを書かせて頂きました。仮住まい先ではどんな暮らしをしているのでしょう。少し覗いてみましたテーブル下でくつろぐ猫さんん?それテーブル??持ってたっけ?なんてことでしょう板1枚と畑のカゴで即席テーブルを作っていたとはしかも猫2匹ちゃんと収まる設計ではありませんかこれまでのリフォーム密着話はこちら第1話~母との終の住処リフォーム決意編~第2話~母はまだ恋していた編~第3話~サッシ屋さんに密着してみた編~第4話~設計士さんに密着してみた編~第5話~仮住まいへのお引越し大失敗編~仮住まいへの引っ越しがぶじ終わると、解体工事が始まります。まず、解体に入る前には近隣へご挨拶をさせて頂きます。工事の音はもちろんですが、色々な業者の出入りがあるので家の前に車を停めさせて頂いたりとご迷惑をお掛けすることもあるので、とても大切な工程です。大型トラック2台が横付けされたりします。お母様も一緒に回ってくれることになりました。コロナ禍の大変な時期だったこともあり、インターフォン越しでご挨拶予定でしたが、ご近所の皆さん、わざわざ出てきてくださり温かい言葉をかけて頂きましたお母様はいつも自分の畑でできた野菜を配りつつご近所の付き合いを大切にされているので、お人柄だなぁとつくづく感じる一場面でしたご挨拶用に使い勝手の良い布巾と、パンフレットちゃっかり宣伝も忘れませんそして、施主様から鍵のお預かりし破棄していい家具とそのまま置いていく家具の最終確認をします確認①エアコンと食器棚とチェストはいるよー確認②古い棚は全部いらないよー確認③お母様ベッドはいるよーこんな感じで最終確認をします。M子宅のリフォームは完全なスケルトンにするわけではなく、使っていない兄弟たちの部屋や物置、メンテナンスしたばかりのシステムキッチンや浴室、洗面所、トイレはそのままです。また寝室の床や台所の床も既存のままにしておくので、仮住まいに必要のない大型家具は置いて行けます。そして、いらないものは解体ゴミと一緒に引き取らせて頂きます。確認④長年愛用のお母様の作業台は破棄して大工さん手作りの棚と机が入ります。お楽しみにー確認⑤M子の勉強机も断捨離確認⑥M子のベッドは新しく新調だ大切なものを間違えて破棄してしまわないよう、丁寧にひとつひとつ確認します。そして、解体に入ります。なかなか見れない解体工事中の現場をぜひ見たいと思い、業者の方にお願いをして侵入しました解体①玄関からドキドキのスタート解体②台所はシステムキッチンと床をまもりつつ解体③リビングからの眺め寝室との間の壁(確認②奥の壁)を取り壊しました。解体④寝室からの眺め確認③のベッド横の押入れと壁がなくなりリビングが見渡せます。解体⑤寝室の壁の中は衝撃的わかりますか拡大解体⑥48年前の断熱材(グラスウール)はホコリとカビで真っ黒になっていますアレルギー体質の人だったら一発アウト。強靭な母と娘で本当に良かった断熱性と通気性の両立を考え、どんな選択をしたかはまた次回の密着で書かせて頂きますね解体⑦解体終盤リビングからの骨格全体は圧巻の眺め解体⑧解体終了リビングから二階を見上げますとM子の部屋も一望大工さんに材木の状態を聴きました築48年のお家とは思えないほど雨漏れもなくシロアリ被害もなく材木が健全な状態を保っていたので、屋根も定期的にメンテナンスして大事に住んでいたのがわかる。通常の木造リフォームだと屋根裏や水回りの材木が腐っていたりするので、解体してから修繕費用が追加されるケースもあるけど、今回は安心してすぐにリフォーム工事に取りかかれるとのこと。しかし、耐震強度はもちろん今の基準以下、断熱材も機能していないからリフォームするにはいい時期だったんじゃないかな、とタイミングについてもお墨付きを頂きました本当に必要なところだけ、快適にさせる今回のリフォームはコストを落とせるだけでなく、余計な荷物を運ばなくてもいいのでご高齢のお母様には精神的にも肉体的にもいい選択だったんだなぁと解体現場をみて強く思いました。リフォームする家について行ったら48年間、台風からも地震からも家族を守った材木の強さとお父様が建ててくれた家を守ろうとするお母様の愛と目に見えないところの大切さを知ることができましたライター 嶋田あい2018年5月よりエアサイクルハウジング(株)ブログ内にお邪魔中家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 02Aug
    • 身体に優しい家の画像

      身体に優しい家

      はじめまして。新人営業の岩見です。これから実際に家を建てる現場で感動したことを皆さんにお伝えしていきたいと思っています。これから家を建てられる予定の方、リフォームに興味がある方の参考にしていただけるとうれしいです。今日は鎌倉の家の最終引渡しでした。人生初の引渡し。正直ドキドキでした。こちらのお宅は、化学薬品をできるだけ排除した身体に優しい家でした。2F青森ヒバのお風呂は圧巻!風呂の戸を開いただけで、青森の森林へ瞬間移動。木の匂いがとても気持ちのいい空間でした。木の表面は、木肌と呼ばれているそうです。人間の皮膚と同じ、優しくヘチマで洗うのがお勧めだそうです。また乾燥対策も必要だそうです。洗うときも化学製品も使用しない方がいい。木と人間は同じなんですね。自然素材にこだわられた施主様のこだわりの空間でした。ヒアリングで生まれた1Fリビング内3畳のスペース。M子様曰く「ゴロゴロスペース」私も実際座らせていただきました。ここでお昼寝したら気持いいだろうな。そこに座るとキッチンや吹き抜けの2F廊下など家全体が見渡すことができました。とても居心地がよく、肩の力がフッと抜ける気がしました。いつもお忙しい施主様ご夫婦にも、ここに座ってリラックスして頂けると嬉しいです。自然素材に囲まれて「健康に暮らす」っていいなと感じられた初めての引渡しでした。【今日のおススメ】~安心の畳~直接肌に触れるものだから、安心できる畳を選んでください。昔昼寝をして、顔に畳の跡が残っていたことを思い出します。笑今の畳の8-9割が中国産。中国のイ草は輸送の間に、大量の防カビ剤の燻蒸を受けています。日本のイ草も大量の農薬が使われています。そんな畳に顔をつけることができますか?弊社の畳は、無農薬・減農薬実現のために努力した植田さんの「あんしん稲わら畳」。食品レベルの安全性を求めた畳です。詳細は⇒https://www.passive.co.jp/material/nature_tatami.php健康な家づくり・リフォームを検討されているお客様は是非ご参考になさってください。家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 05Jul
    • リフォームする家ついて行ってイイですか?第5話~仮住まいへのお引越し大失敗編~の画像

      リフォームする家ついて行ってイイですか?第5話~仮住まいへのお引越し大失敗編~

      ご無沙汰しております。ステイホーム太りなのか更年期なのかとても身体がダルおも〜い嶋田あいです🐷さて。世の中が緊急事態宣言中の話に遡りますM子宅ではステイホームにもってこいのお片づけが粛々と行われていました。掘り出しものが出てくる出てくる。こんなの出てきたら…片付けが進まないやつですねこれまでのM子リフォーム密着話はこちら第1話~母との終の住処リフォーム決意編~第2話~母はまだ恋していた編~第3話~サッシ屋さんに密着してみた編~第4話~設計士さんに密着してみた編~『リフォームする家ついて行ってイイですか?第4話~設計士さんに密着してみた編~』こんにちは友人M子がいてもいなくても勝手にM子宅に侵入しているリポーター嶋田あいです密着取材も第4弾へ!第1話~母との終の住処リフォーム決意編~…ameblo.jp今年に入ってから少しずつ片付けは進めていたものの、やはり築48年の蓄積された思い出はそれ相当の量だったようで。。しかも兄弟が他県を越えられず助っ人を失うWの緊急事態。壮絶な片付けの記録まで提供してくれた器のデカいM子。家族全員のいらない服をまとめたり開かずの間のその奥の押入れを開けたり思い出なのかゴミなのか…外に集めだした庭はもはやナントカ屋敷普通の取材では見れない生の現場ですね。これは事件ですトラック2台がクリーンセンターまで二往復したそうです。ここまでくると捨てるという快感になりますね。この凄まじい廃棄を経てようやく引っ越し準備にとりかかるわけですが、今まで一度も引っ越したことがないM子。なかなかの試練が待っていました。それは部屋選びから始まります。備忘録として問題点をまとめてみました。問題①お母様が不動産屋ではなく知り合いの大家さんに相談してしまった。問題②お母様が仲介先を作らず1人で知り合いの条件をのんで部屋を決めてしまった。問題③選んだ仮住まいがエレベーターなしの3階、しかもペット不可。問題④お母様が引っ越しも畑友達に頼んでしまった。ぜんぶ…お母様‼️これがM子が言っていたお母様の暴走癖。私はこの話を聞いた時に、末恐ろしいと動揺しましたなぜなら私は離婚してから子供と3回引っ越しをしてきたのですが、2人の荷物だけでも十分な量だと知っていたし、集合住宅は思いのほか隣の音が聞こえること。そして、ご高齢のお母様を考えたら3階は有り得ない。不動産屋が介入していないトラブルもあるんじゃないかと心配になりました。M子に1階にした方が?今からでもペット可にした方が?お節介だと思いながらも変更できないか伝えましたが、時すでに遅し。M子もこの時はまだ呑気に、仮住まいの部屋は見ていないという余裕。お母様が内見をし、部屋もキレイだしクーラーもついていたとのこと。私は不安しかなく、とりあえず引っ越しには手伝いに行くからと伝え当日。世の中が静まり返っていたGW中、M子宅では仮STAYするための引っ越しが始まりました。私が到着してすぐに畑から助っ人がやってきました。どんな青年が手伝いに来てくれるのかと思ったら…まさかの70代後半のオジサマ引っ越しメンバーをご紹介します。リーダー70代、M子と私40代2人の計3人。不安すぎる!!!まず梱包された荷物をせっせとトラックに積み込みます。リーダーは手慣れた様子で紐を回し、一便スタートしました。M子の運転する車にも荷物を詰め込み、後ろから追いかけます。今どき見ない隣のトトロ風引っ越し風景に大爆笑しながら仮住まい先に到着。さて、この3階に素人3人は何往復すれば荷物が積み終わるか…不安な気持ちで積み下ろし作業を始めたところ、リーダーが紐を使って持ち上げようというのです。こういう事です。最初は半信半疑でしたが、やってみたら断然ラクなのでこのスタイルでせっせと荷物を上げていきました午後から50代のオジサマが助っ人に入り大型家電と家具を運び込み女性陣は部屋の掃除と荷物の仕分けにとりかかりました。仮住まいに入ってから気づいたんですが、エアコンが何年も掃除されず放置状態。これは不動産屋を介入しなかったので、メンテナンスの部分が欠落していました。知り合い契約での敷金礼金がないという事はこういう事になります。お母様の行動力と畑ネットワークとマンパワーには驚嘆しましたが、やはり餅は餅屋。ちゃんと業者は挟んだ方がいいと心から思いました。引っ越し中でも猫はマイペースですはい、こうなりますそして庭に出れない猫ちゃんたちのストレスは夜泣きという形になり不眠の日々が続いているそうですどうか、仮住まい探しは慎重に…そして若いうちに。リフォームする家について行ったら引っ越しも賃貸契約もしたことのない親子がテンヤワンヤの仮住まいのアリエッナイ状態と出会うことができましたこれから現場では100%自然素材の漆喰工事見学会を開催しますお申込みはこちら家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 08Jun
    • 【間取りのヒント】小さな土地に広く住む工夫

      「広々と暮らせる家を建てたい」 これは家を建てる方なら誰しもが思うこと。 でも首都圏では土地面積に制約も多くて、「この面積で自分が思い描く家は建つのか」「窮屈な家になってしまうのでは」と、はじめは心配される方も多くいらっしゃいます。 そういう時はコンパクトでもひろびろ暮らせる間取りの技法を取り入れましょう。 床面積の大小に関わらず、視線が遠くまで伸びる工夫がされていると広さを感じます。様々な方法がありますが、その一部をご紹介します。 ----------- 広々と暮らせる間取りの技法 その① 近隣の視線を気にすることなく開けられる窓をつける 外の景色を家の中に取り込む窓をつける方法です。 窓は大きくなくても構いません。椅子に座ったときの視線の高さ、作業をするときの視線の高さ、視線の先に外が見渡せる窓があることで開放感を生み出します。 美しい自然や風景を家の中から楽しむこともできます。 せっかく窓をつけても、外から家の中が見えてしまうような窓だと、外からの視線が気になって、一日中カーテンを閉めっぱなし…という事になってしまうことも。 近隣からの視線を気にすることなく開けられる位置であることも大切なポイントです。 ---------- 広々と暮らせる間取りの技法 その② 部屋と部屋の間は壁にしないで建具で開け閉めする 今すぐ仕切らなくていい部屋は、壁でなく引き戸にしましょう。 個室として使用したいときには、引き戸を閉めて。普段は扉を開けて開放的に。 外からの光や風の通り道ができるので、廊下や奥の部屋まで明るく気持ちの良い空間になります。 ------------- 広々と暮らせる間取りの技法 その③ ドアや間仕切り壁の上部を空ける 人が広さを感じる感覚は、部屋の面積だけでなく、どこまで視線が抜けるか…が影響します。 壁の上部を空けることで、視線が廊下の先の天井まで届き、広さを感じることができます。 においや音が気になる場合は、ガラス(または透明のポリカ板)をはめて、光と視線だけを通す方法もあります。 引用元:エアサイクルハウジングの家づくりブログ家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 04Jun
    • こども部屋はいらない?

      東京足立区にお住まいのHさんのお宅では こども部屋ではなく リビングにスタディコーナーをつくりました。 勉強も遊びの一部だから、楽しい。伸びる。 お父さんとお母さんの作戦勝ちです。 無垢の木や自然素材をたっぷり使った住まいは、 東京でも、まるで自然な中にいるような、のびのびした子育てができます。 子育てが楽しくなる。家事が楽になる。 そんな間取りをご提案しています。 「写真で見る施工事例」はこちらからもご覧いただけます。 *実験用のシンクでオリジナル洗面室をつくる *リビング階段 *玄関アプローチに手水鉢を *テイストを揃えた空間つくり *オーダーメイドでつくるアイアンの窓手摺(まどてすり) *勾配天井のロフトつき2階リビング *癒しのお風呂(バスルーム) *アイアンと格子のてすり 引用元:エアサイクルハウジングの家づくりブログ家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 01Jun
    • 【キッチンリフォーム】家事をしながら子供とコミュニケーションを取れるように

      「キッチンからリビングにいる子どもの様子を見たい」というご要望にお応えした、マンションリフォームです。 マンションの独立型キッチンはリビングルームやダイニングルームといった他のスペースから区切られているところにあります。 そのため、キッチンに立つとリビングの子どもたちの様子が見えません。 家族の会話が遠くで聞こえるけど、自分は会話に入れないのが寂しい…という声もありますね。 ダイニングルームやリビングルームにいる家族を見ながら料理ができる対面キッチンは、子育て中のご家庭にはとても便利ですが、独立型キッチンから対面式キッチンにリフォームするにはかなり大掛かりなリフォーム工事が必要になります。 「キッチンからリビングにいる子どもの様子を見たい」 「対面キッチンにしたいけど、できるだけシンプルな工事にしたい」 といったご要望にお応えしたキッチンリフォームをご紹介します。 ◆before◆ キッチンで立つとリビングがほとんど見えません。そこで、シンクの横と前のタイル壁を解体することにしました。使いにくい吊戸棚も撤去します。 ▼ ◇after◇ 壁の一部を外しただけで、キッチンが開放的に、明るくなりました。 キッチンとリビングがつながることで、リビングで遊ぶお子さんとの会話がスムーズに。 幅広のカウンターは出来上がった料理を置く配膳台としても便利です。 リビングから見たところ ◆before◆ ▼ ◇after◇ キッチンのとなりの部屋の収納を、リビングから使えるパソコンコーナーに変身させました。 キッチンから目が届くので、お子様の勉強スペースとしても活躍しそうです。 家事をしながら、勉強中のお子様からの質問にも答えられますね。 使いやすいキッチンにしたい 明るいキッチンにしたい 古くなったキッチンを新しくしたい キッチンの収納スペースを増やしたい 作った料理を置く場所がほしい キッチンから子供の様子が見たい そんなご希望を叶えます。 引用元:エアサイクルハウジングの家づくりブログ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 26May
    • 玄関は家の顔です【施工例6選】

      【玄関施工事例】 玄関は明るく清潔感あるデザインがお勧めです。 また下駄箱や玄関収納の位置や形をしっかり検討すると、靴が出しっぱなしにならないですみますよ。 玄関の床はタイル以外に「洗い出し」という方法があります。 左官技術の一つで泥などの汚れが目立たないと好評です。 「写真で見る施工事例」はこちらからもご覧いただけます。 *実験用のシンクでオリジナル洗面室をつくる *リビング階段 *玄関アプローチに手水鉢を *テイストを揃えた空間つくり *オーダーメイドでつくるアイアンの窓手摺(まどてすり) *勾配天井のロフトつき2階リビング *癒しのお風呂(バスルーム) *アイアンと格子のてすり 引用元:エアサイクルハウジングの家づくりブログ 東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱ 公式HP  http://www.passive.co.jp/ tel    03-5255-3771 メール  passive@pppac.com 住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階 施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 20May
    • 抗菌・抗ウイルス作用のある漆喰

      抗菌・抗ウイルス作用のある漆喰 壁や天井の内装材としてお勧めしている漆喰ですが、豊かな表情の美しさに加え、素晴らしい性能があります。 強アルカリ性であることと、さらに表面になるたくさんの細孔によって 抗菌作用がありカビに強い ウイルスを吸着して無害化 シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドを吸着 湿気やにおいを吸着して清涼感のあるお部屋に 湿度を適切に保つのも漆喰の得意技 感染症を心配して加湿器で室内の湿度を上げすぎると、窓の結露や風通しの悪い収納内のカビを誘引してしまうことがあります。 室内を適切な湿度に保ちつつ結露やカビを防ぐには、合板やビニールクロスよりも無垢の木や漆喰が効果的。 それは室内の湿気が高い時は吸収し、湿度が下がれば保有している水分を放出してくれるから。 ご家族の健康のためにも、リビングや寝室などの漆喰はお勧めです。 ↑こんな思い出作りもできますよ。 ご希望の方には漆喰サンプルを差し上げます。下記までお問合せください。 https://www.passive.co.jp/contact/ 引用元:エアサイクルハウジングの家づくりブログ 東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 15May
    • リフォームする家ついて行ってイイですか?第4話~設計士さんに密着してみた編~の画像

      リフォームする家ついて行ってイイですか?第4話~設計士さんに密着してみた編~

      こんにちは友人M子がいてもいなくても勝手にM子宅に侵入しているリポーター嶋田あいです密着取材も第4弾へ!第1話~母との終の住処リフォーム決意編~第2話~母はまだ恋していた編~第3話~サッシ屋さんに密着してみた編~そして今回は、設計士さんにも密着してみました母、娘のリフォーム計画ということもあり女性が抜擢。建築基準判定員でもある一級建築士堀川雅代さんにM子のリフォームをお任せする事になりました。猫ちゃんもすでに堀川さんに心を許しています。“寝心地がいい部屋を考えてにゃ”通常は日本橋事務所にて打ち合わせを重ねますが、今回はご高齢のお母様ということもありご自宅で。今回のリフォームポイントを堀川さんに聞いてみましたお母さまがエアコンが苦手ということから、風通しを意識して風が抜けるよう建具の高低差や配置を意識しました。現在の居間の木板貼りがお気に入りと言うことで、リフォーム後も居間の壁は無垢板貼りを採用させていただきました。また、調湿と保温に優れる漆喰塗りも一部採用させていただくことで心地よさに加え、インテリアのアクセントにもなるのではないかなぁと思っています。ご要望にあった冬のあたたかい住まいを実現できるよう、断熱サッシ、断熱パネル、居間には床暖房も入ります。改修後も、2匹の猫ちゃんとの暮らしと、読書やお料理、食事が楽しめる空間をイメージしました。改修前のお家とお庭の雰囲気がとても良いお住まいなので、改修前の良さを消してしまわないよう気にかけました。【着工ひと月前の図面】1階2階ふたりの希望を聴きながら図面を作っていきますができあがってからも、細かいヒアリングや確認は続きます。サッシの色はお母さんの好みを聞きながら居間の床はナラの木で、壁はサワラの木にすることから無垢の木の色を伝え選択しやすいようにアドバイスしていました。その他、インターホンのカメラや電話の位置分電盤や床暖房のリモコン位置も確認していきます。コンセントの希望位置はM子担当仕事で不在だったので、メモに残してくれました。打ち合わせ風景このように相談を重ねながら図面を変更していくわけです。この後も解体初日や大工さんが入る日からも何度も足を運びます。設計士さんは図面書いたら終わりだと思ったら大間違い最後の最後まで責任を持って担当します。リフォームする家について行ったら母と娘、真逆の意見や些細な会話のやりとりを傾聴し双方の着地点を見出していく女性設計士さんならではの優しさと、きめ細やかさを覗く事ができましたそういえば三密に密着取材は入ってないよね…ソーシャルディスタンスを守りながら密着しすぎない取材をしております家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 05May
    • リフォームする家ついて行ってイイですか?第3話~サッシ屋さんに密着してみた編~の画像

      リフォームする家ついて行ってイイですか?第3話~サッシ屋さんに密着してみた編~

      こんばんは。stay homeにより、ぬか漬けはじめました🥒🍆🥕塩分摂取とお酒の量が増え続けている嶋田あいです。密着第一弾では、家族構成やアラフォーM子がリフォームを決意するまでを。第1話~母との終の住処リフォーム決意編~密着第ニ弾では、78歳のお母様にインタビューさせて頂きました。第2話~母はまだ恋していた編~そして第三弾は窓の役割についてご紹介させていただきますM子のリフォーム、あえてコンセプトをつけるとしたら、、愛着のある家は残すけど極寒の部屋とはさようなら築48年のこのお家、1階の窓がなんと14箇所、2階が6箇所。寒いわけです玄関だけでもドアをぐるっと左、上、右、そして下駄箱上と4箇所もガラス張り。寒いわけです明かりを取り入れるにはとってもいい玄関なんですが…廊下が極寒なのが想像つきますさて、お世話になるのは株式会社ひらいさん。千葉県君津市からせっせと来てくれました。現場監督や設計士さんと詳細確認しながら形や大きさが違うサッシ枠をひとつひとつ測っていきます。例えば、こちらのお母さまの寝室は断熱サッシ窓に変更。例えば、洗面所やお風呂は既存の窓にプラスして(インプラスサッシ窓)快適にしていきます。ところで、窓ってそんなに大事?と思われた方も少なくないと思います。断熱するポイントとして外壁断熱、浴室断熱、床断熱などありますが、断熱効果が高いのが窓ガラスの断熱なんです住まいの断熱性能を高めれば、冷暖房の使いすぎを抑えることができます。断熱性能が低い家に比べて、省エネ基準を上回る住宅の電気代は30年間で222万円も安くなる試算も出ています断熱リフォームは未来の家族、そして地球にも優しい投資なんですリフォームする家について行ったら窓断熱の重要性とすべての窓を測り終えるまで2時間かかるサッシ屋さんの大変さを学ぶことができました次回は、~設計士さんに密着してみた編~です。お楽しみに〜ライター嶋田あい2018年5月よりエアサイクルハウジング(株)ブログ内にお邪魔中PAC工法の開発者である田中の著書にもアルミ断熱サッシ窓へ取替する重要性が記してあります。“パッシブな設計、施工をして住居を夏向きに建てても、意外と窓のあり方を重視していない方が多いようです。いくら建築的手法で工夫しても、窓からどんどんと陽射しや照り返しの熱を室内にいれてしまったのでは、涼しく快適な空間は望むべくもありません…”やっと出会えた本物の家『夏は窓から熱を室内に入れない』より家づくりの秘訣がわかる本(電子書籍)差し上げています。電子書籍ご希望の方は、下記よりお申し込みください。電子書籍「やっと出会えた本物の家」申し込みフォーム★お問い合わせ、ご相談、見積もりのご依頼はこちらからhttps://www.passive.co.jp/contact/0120-298-110東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • 18Apr
    • リフォームする家ついて行ってイイですか?第2話~母はまだ恋していた編~の画像

      リフォームする家ついて行ってイイですか?第2話~母はまだ恋していた編~

      こんにちはリフォーム宅の猫に癒されているライター嶋田あいです。築48年のご自宅リフォームに密着第一弾では、家族構成やアラフォーM子がリフォームを決意するまでを書かせて頂きました。第1話~母との終の住処リフォーム決意編~第ニ弾では78歳のお母様の考えや本心を伺いたいと思い、インタビューさせて頂きました娘M子の建替案を頑なに拒み続け、粘り勝ちでリフォームに持ち込んだ手強いお母様どんなお話を伺えるのかしらとしかし。いくつか質問をしましたが、コクリと頷くぐらいであまり話してくれそうにありません話題を変えて今のお家について聞いてみました。すると…お母様『ここはね、最初購入したかった土地が外れちゃって。』『区画整理された、ここの土地に優先的に入れたの。』『施工会社も〇〇で決められてて、庭に埋める木も本数が決まってて。』あい『え?!勝手に植える木が決められてるんですか?』お母様『そう、だから梅の花があるの。でも外壁や内装は選ぶことはできたの。』あい『確かに、、木がいっぱい。笑』お母様『この桜はM子ちゃんが欲しいっていうから埋めたやつなんだけどね。』庭のど真ん中に…桜の花が綺麗に咲いていました🌸M子が家族の中心なのが分かりました土地探しからの話をし始めたお母様はなんだかとっても嬉しそうにそして懐かしそうに、どんな壁にしようとか、窓は増やしてもらおうとか記憶を辿りながら、この築48年のお家の思い出を沢山話してくれました。お母様『パパは家を建てるのが夢だったから嬉しかったみたいで。』『仕事が忙しかったからほとんどこの家にはいなかったんだけど。』『自分が建てたお家に、あんまり住めずに亡くなっちゃってね…』そう、お父様はM子が中学へ入学する春、娘の制服姿も見れずに癌で亡くなってしまいました。『建て替えだけはしない』ずっと言い続けてきたお母様。この本当の意味がやっと分かった気がしました。私から見たら、築年数のいった普通のお家でした。でも、お母様には土地選びからのお父様との会話や家ができた時の嬉しそうな横顔、毎朝見送った玄関汚れた壁も傷ついた床も立て付けの悪いドアも全て。この家、全てがお父様だったんだって。高校生の男の子2人と中学生の娘、小学生の男の子がいたわけです。この先どうやって生きていこう、1人でどう育てていこうって。どんだけの悲しみと不安を1人で抱えたのだろう。喪失感ははかり知れません。お父様が残してくれたこの家があったからこそ、生きてこれた。この家があったから4人を育てあげることができたと。『子育ては大変だったけど本当に楽しかった。』そう最後に話してくれました大切な家のリフォームです。現場監督や大工さんにもちゃんと伝えないとな。お父様の話になると嬉しそうに話すお母様のお顔は本当に可愛らしく何だか私も幸せな気分になりました貴重なお話を、本当にありがとうございました。お母様と別れたあと、M子が衝撃の事実を教えてくれました。M子『おかんさぁ、お父さんが死ぬ半年前にお腹に子供いたんだよね。』『流れちゃったけど、、何人つくる気だったんだろう、恐ろしいよね。』あい『え〝ーーーーーー((((;゚Д゚)))))))』リフォームする家について行ったらお父様の愛に包まれながら、まだ恋をしているピュア過ぎるお母様に会うことができました次回は、~サッシ屋さんに密着してみた編~です。お楽しみに〜ライター嶋田あい2018年5月よりエアサイクルハウジング(株)ブログ内にお邪魔中🏡エアサイクルハウジング情報🏡家づくりを勉強中の方、なかなか説明会に行く時間のない方新しい情報をメルマガでごお受け取り頂けますメルマガ登録はコチラ家づくりの秘訣がわかる本(電子書籍)差し上げています。電子書籍ご希望の方は、下記よりお申し込みください。電子書籍「やっと出会えた本物の家」申し込みフォーム★お問い合わせ、ご相談、見積もりのご依頼はこちらからhttps://www.passive.co.jp/contact/0120-298-110東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱公式HP  http://www.passive.co.jp/tel    03-5255-3771メール  passive@pppac.com住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉