エアサイクルハウジングのブログ「はじめよう!空気の流れる家づくり」
  • 27May
    • ヴィンテージマンション 無垢の床張り

      杉並のリフォーム現場、定例打合せに来ました。無垢のナラフローリング仕上げが完了。きれいに養生され、一部和室や押入れのための下がり壁下地が組まれています。リフォーム、リノベーションの場合、新築時の図面を参考に、工事を想定、お見積をしますが、図面がないケースや、リフォームを重ねていて、想定と現況が異なることが、少なくありません。解体時、工事中、現況を施主さまにご覧いただき、変更の必要があれば、都度ご相談して先に進める。この積み重ねが、満足、納得頂くリフォーム、リノベーション工事には欠かせません。来月11日からいよいよ漆喰作業が始まります。マンションリフォーム事例

      NEW!

      テーマ:
  • 26May
    • 雑古紙再生、やさしいトイレットペーパー。

      こんにちは、スタッフの三宅です。東京都町田市にある『共働学舎』さんのトイレットペーパーをはじめて購入しました。社会福祉法人共働学舎は、障害をもつ人のための授産施設で、再生紙づくりの他、ペットボトルのリサイクル、廃油せっけんづくりなどの事業も行っているそうです。通常売られている古紙トイレットペーパーは、新聞・ダンボール・牛乳パックなど上質な古紙を漂白して、再生しているそうですが共働学舎さんのトイレットペーパーはここがちがう!再生されずに処分されてしまう雑古紙(古雑誌・菓子箱など)を、漂白剤を使わずに100%雑古紙の無漂白トイレットペーパーを作っているそうです。なにがいいの?いうと 漂白剤を使っていないので、発がん性物質であるダイオキシンの心配がありません。 再利用されることの少ない雑古紙を利用することで森林資源を守ります。  嬉しいですね~。身体にもやさしく、環境にもやさしい。 素晴らしい活動をされていらっしゃいます。 50個入り。大きなダンボールで届きました。 一緒に同封されていた手書きのメッセージに心が温まります 当社も今日から共働学舎さんのトイレットペーパーです。 普段何気に使っているトイレットペーパーですが、古紙にも一歩奥があることをはじめて知りました。 日頃私たちに何ができるかな?と考えると、紙を大切に使うことが一番です ね。 ペーパーレス化もそのひとつです。そして紙は少しだからと普通ゴミに混入させるのではなく、 資源ごみとして出すことを心がけていきましょう   自然と健康と暮らしをデザインする エアサイクルハウジング株式会社

      2
      テーマ:
  • 25May
    • 長持ちする家、外装リフォームで一層きれいで長持ちへ!

      先日外装リフォームをさせて頂いた入居宅@国分寺。塗り壁の上に塗装をかけて、木製の桟やフェンスの重ね塗りとベランダの再防水工事をさせていただきました。家並みに溶け込みながら、ほんのり暖色を加えたグレイの外壁が際だっています。植栽も合わせて計画すると、本当に豊かな外観になります。合せて10年点検をさせていただきましたが、基礎や小屋裏など普段見えない箇所もまったく支障ない状態で安心されていました。建替えをされた施主のM様より「この家に住んで、じめじめとか全くなくて、タイルなど好きな素材に囲まれて、心地よくて。本当に楽しく暮らしています。」嬉しい限りのお言葉を頂きました。10年を越えて、点検や家でのお困りごとなどの相談を頂きながら、ずっとお付き合いさせていただく関係でいられる仕事って有難いです。さいたまのT様ご夫妻が語る家づくり、動画でご覧いただけます。

      1
      テーマ:
  • 24May
    • 免疫力を高めるために⤴︎⤴︎

      こんにちは!嶋田あいです。前回、お酒ネタからスタートしてしまったので、友人からは病み上がりで呑んでいいのか?!と叱咤のお言葉を頂きました。ご心配お掛け致しましたo(_ _*)o結論から申し上げますと、入院中も飲食に制限はなかったので大丈夫ですただ、食べ過ぎ飲み過ぎは病気でなくても身体に負担が掛かりますので、今は美味しいお酒を少しだけにしておりますの。(つい最近まで暴飲暴食だった人がよく言えるな、しかし)病気のコトは次のCT検査の結果で、食事療法の効果と合わせてまた記事にしたいと思ってます。こんな感じで退院後はゆるゆる働きながら食事を見直していたんですが、コマーシャルって怖いですね。健康食品の宣伝を見ると…全部、ぜっーんぶ欲しくなる!!青汁もにんにく卵黄も発酵黒酢もしじみ習慣も養命酒だって、もう手当たり次第に試したくなる。そう、これは、病人あるある。常に買おうか悩んだ時は、本当に必要か?あなたにコレをずっと続けるお金があるのか?継続する強い意志があるのか、もうひとりの真面目アイが出てきてくれます。そんな葛藤をしていたところ、エアサイクルハウジングの市川社長から、『明日、面白いイベントあるからyou来ちゃいなよ』とお誘いが。すみません、正しくは『カイロプラクティックの先生を紹介したいから下北沢に来れないかな?』行きたい!きっと健康の私のためになる話なんだ!聴きたい事もいっぱいある!でも明日仕事あるし、まだ体力的にも都心まで行く自信ないしと…断念。。したかと思いきや!仕事早退して行ってきました西武線山手線小田急線もうね、本当に行って良かった、社長に感謝ですちゃんと油を選んでますか?摂らないといけない油と摂らなくてもいい油。食事療法を手探りでスタートした私には、もう目から鱗のお話でしたセミナー終わりに先生に聞きました。あい『先生、術後なんで免疫力をまず上げたいんです!』先生『生姜とにんにくを毎日摂って下さい』あい『生姜は摂ってるんですが、にんにくは胃に負担がかかるんです』先生『にんにく油を作るの、油に入れると成分が変わるから料理に毎日使えるでしょ♪』腑に落ちたコトはすぐやります、ハイ↓朋子先生のにんにく油とあまりで作ったにんにく醤油朋子先生はアメリカで日本の栄養士とは違う食品科学、生理学、心理学、自然療法、食事療法、ハーブ学、ストレス管理など様々な臨床における栄養学全てを修めてきているから、ひとりひとりの病気を総合的に多角的に診れるんですねそんなカイロプラクター朋子先生は話しやすくて面白くてキュートでお酒好きそしてそして、セミナーの場所を提供してくれたしもきたふぁーむさんのモリンガ茶とヴィーガンケーキも絶品で本当に有意義で幸せな時間になりました次回は5/26(土)15:30〜開催するそうなので、健康な食と住まいに興味ある方はぜひ下北沢まで足を運んでみてください心が少し疲れている方も元気になれると思いますよ予約はこちらから☆イベント情報☆しもきたふぁーむの食と住まいのセミナー第二弾、待望の週末開催です!身体と環境に優しい“食と住まいのセミナーVol.2“ ~自然素材リフォームと油のはなし~しもきたふぁーむさんで教えて頂いたモリンガ茶という免疫力UP⤴︎⤴︎のお茶を今も飲み続けていますが、この効果がまたまたスゴイので改めてお知らせ致しまっす好きな人と会うことが1番の免疫力になるのかもしれませんねライター嶋田あい

      5
      テーマ:
  • 23May
    • 「家を買う」から「家をつくる」時代へ!

      今日は、書籍『やっと出会えた本物の家』より、家をつくるについてご紹介させて頂きます。ちょっと、いやだいぶ時代に逆行して、大工さんでしかつくれない家をつくるんだ、と声を大にしている。まず図面を見てもらう。面倒くさそうな顔をする大工さんだったら、きっといい家はつくれない。かつてはかなりこだわった家づくりで腕を振るってたという人でもそういう顔をする、それはしばらく「だいはち」で済むような仕事をしていて、それに慣れてしまったのだと思う。同じように生活のため自分の技術が生かせない仕事をしていても、いつか機会があれば腕を振るいたいと思っている大工さんだったら、図面を見るや、「お-つ、こういう仕事したかったんだ」と、気持ち良い返事が返ってくる。少人数でこつこつと自分の姿勢を曲げずに納得のいく仕事だけしている大工さん。私たちの家づくりは、こうした大工さんたちによって成り立っている。こうした棟梁の現場でいざ上棟となると、これまた素晴らしい。同じような考えの仲間が数人、ばっちりのチームワークで意気揚揚と組み上げていく。類は友を呼ぶ、まだまだ世の中捨てたものでない。それは大工仲間だけでなく、いろんな職種の職人へと繋がっていく。和やかな現場、きれいな現場、現場は家づくりに関わる人間の姿勢、家づくりに向かうこころがそのまま反映される。特に職人さんが楽しく仕事している現場は気が入っていてあたたかい。だから、時間も手間も惜しまない、そんな家づくりにこだわり続けたい。ただ、人の手がかかるものはお金もかかる。後は、お金の使い方ということになってくる。予算の中で、お金のウエイトをまず手の部分にかけてほしい。家づくりは、ソフト面ハード面と両側面からのさまざまな検討を要求され、しかも何年もいや何十年も先へ目をやらなければならない。家のつくり方や材料の選定を誤れば、家は腐り、人間の肉体がそして神経までが狂ってしまうとあれば慎重にならざるを得ない。その慎重さやシビアな目が、下手をすると手づくりの良さを否定してしまうことにもなる。現場で手でつくっている限り、工場でつくる製品のような精度は求められてもできない。床に無垢の木を使った場合、乾燥等きちっとした管理のもとにつくられた板材でも、多少の伸縮は生じるし、いろんな条件が重なればきしみ音などもでてくる。建具だって手づくりであれば、季節によって動きが悪くなり調整が必要となってくる。工場生産の新建材のドアや枠材であればそうした心配は少ない。手づくりの味わいは一つとして全く同じものはできないこと。ましてや使う木だってみんな違う表情をしている。しかも無垢の木は割れたり狂ったりという自然の性格がある。それがいやだと集成材を使う、工場で組みたてたパネルになる、さらには木は止めて、鉄やコンクリートの家にということになってしまう。色合いも材質もばらつきのない既製品、工業製品を寄せ集めてつくられる家、カタログや展示場で見た家とほとんどイメージの変わらない家がほしかったら家は買うという選択になると思う。私たちは、家づくりを決心されるまで、できるだけ多くの建築中や完成住宅、入居者宅をご案内している。どういう家づくりをしているか、その施工レベル、使っている材料を見ていただき、体感していただく、実際に建築した方からのアドバイスを聞いていただく。そして、伴にする時間が長ければそれだけお互いの考え方が理解し合えるし、家づくりに対する基本的な姿勢が合うかどうかの判断にもなると思う。間取りも、仕様もデザインも一つとして同じ顔のものはないし、同じ木を使っていても架構、柱や梁の出し方によってさまざまな個性が現われてくる。住まいに工業製品のような均一の精度を求めれば、家をつくるということからどんどん遠ざかってしまう。キッチンだって、家具だって自然の安全な材料で手づくりにしたいと思っている。何人もの人の手によってつくられていく家、その一人ひとりの思いが伝わって、目に見えない気、パワーが生み出される。そうした気持ちの入った、一つひとつ違う顔、違う個性の住まいをつくり続けていきたい。エアサイクルハウジングの家づくり 注文住宅施工事例

      2
      テーマ:
  • 22May
    • 裸足に心地よい素材でマンションリノベーション

      こんにちは。企画営業の内藤千春です。弊社エアサイクルハウジングは、無垢のフローリングや漆喰など、本物の素材で新築、リフォームをする工務店です。今日は裸足に心地よい素材をつかったマンションリノベーションのお話。そもそも、マンションって壁をとったり、キッチンやトイレ、浴室などの水回りの配置も変えられること、ご存知でしょうか?水回りは、給水、排水経路が無理なく確保できることが前提ですが、マンションの構造自体はコンクリートの床、柱、梁で強度を保っていますので、間仕切りの壁などは取り外し、変更が可能です。(構造で水廻りを仕切っている場合もありますので、100%変更可能とは言い切れませんので、実際には竣工時の図面を確認した上でご提案いたします)築15年のマンションをフルスケルトンリフォームしたI様邸の事例。床は無垢のナラフローリングです。床はお好みによって、他に杉やヒノキ、栗、パインなど様々な無垢材で施工が可能です。I邸は、比較的硬い材料で重いテーブルなどの家具を置いても傷がつきにくいように、また風合いから ナラを選択されました。ナラやクリなどの広葉樹は目が詰まった材料なので、硬い、その分、触ると冷たく感じます。杉やヒノキなどの針葉樹は、目が詰まっていない分柔らかい足ざわりで、触ると暖かく感じます。柔らかい分、キズが付きやすいのがデメリット。でも暑いときに不快かというと、無垢材は自然に湿気を吸いこむので、裸足でのると気持ちいい!つまりどちらの材料を選んでも、湿度は調整してくれますから、お値段、場所の用途、お好みで選んでいただけたらと思います。リフォームをお考えの方には、サンプルの板材に裸足でのってみて頂き、好きなものを選んでもらうようにします。足は手よりもずっとずっと敏感なので、その心地よさに、皆さんびっくりします。マンションリノベーション@練馬

      1
      テーマ:
  • 21May
    • 所沢からこんにちは♬

      初めまして( ´艸`)埼玉県所沢市在住の嶋田あいと申します。15年前、エアサイクルハウジングの前身だったPAC(パッシブエアサイクル)住宅の営業をしておりました♬その頃、家を建てた方の中に奇跡的に覚えている方がいらしたら光栄ですいつもお子様担当をしていたので、一緒に公園に行っていた子が今は高校生位になっていると思うと…やはり他人の子とゴーヤは育つのが早いな〜と、ひとり感慨に浸っております。(///∇//)すみません。さてさて、このたび色々なご縁があって好きなことを書いてもいいよコーナーを頂きました!継続苦手ですが…ありがとうございます!この15年は…うっかり結婚、あっという間に妊娠し出産、まさかの離婚、ひとり親での子育て、4回の引越しと4回の保育園転園、何度も繰り返す厄介な病気、そんな生活に合わせて数々の仕事をしながらテンヤワンヤな暮らしを息子としておりました文字にすると子供の被害者感がハンパない・°・(ノД`)・°・堪忍な。そんな様々な失敗や経験、人との繋がりの中で、健康について、幸せについて考える時間が増えてきましたが、常に考え方の基礎にあるのはエアサイクルハウジングで教えて頂いた『シンプルに生きる』というと事でした。そう、悩んだ時こそシンプルにそして家づくりの仕事から離れてもずっとずっと憧れていたマイホーム🏠友人に家を買う人がいたら放っておけないわけでして、建売なのか注文住宅なのか、なぜその選択をしたかまで聞いてしまうお節介おばさんでもあります。そんな家が好きなおばちゃんは、お酒はもっと大好きなので、いつか皆さんの家づくりの経験や考えを伺いながら呑めるイベントがあったら楽しいなぁと夢を見つつ♡日々の暮らしや子供との関わり、大好きな日本酒やお酒のウンチクなど決して誰のためにならないネタも書いていきますが、温かく見守っていただけると幸せでございます色々なお話をさせていただきながら家づくりも私も、身近に感じて頂けたら嬉しく思います。さて、日本酒をこよなく愛する私から今週のオススメ日本酒です🍶庭のうぐいす はなびえ福岡県久留米市の酒造さんで、いつも純米吟醸を頂いてます。季節ごとにラベルも変わるので、それも楽しみライター 嶋田あい

      4
      テーマ:
  • 20May
    • 6/23,24の週末 エアサイクルラクーネルの家 完成見学会決定!

      こんにちは。企画営業の内藤千春です。■ 家づくり、納得いくものにしたいけれど、一から考えていくのはちょっと面倒。■ いまどき、自然素材の家でしょ。■ 構造は耐震性があって、長持ちしなくては!■ 毎日の家事が楽にこなせて、お掃除も楽ちんだといいな■ 収納はしっかりあって、ごちゃごちゃしないように■ 家族がハッピーになる家唐突ですが「こんな願いを叶える家」あります。エアサイクルハウジングのセミオーダー住宅、エアサイクルラクーネルの家詳しくはこちらから。千葉市で建築中のエアサイクルラクーネルの家の完成見学会が決定しました。6/23(土)、24(日)10:00~15:00 イベント情報

      1
      テーマ:
  • 19May
    • リフォームと建替え~我が家はどちらが得?

      築20年・30年を過ぎると、家も傷みだしそろそろリフォームしようか、建て替えにしようかと考え始める頃ではないでしょうか。間取りも設備も一新して新しい家にしたい でも、柱とかまだ使えるところもありそうだし と悩んでいらっしゃる方にリフォームと建替えの判断基準や、健康住宅のために大切なポイントをお伝えします。リフォームと建替えのメリット・デメリットや、それぞれの費用の目安を知って家づくりのご計画にお役立てください。調布駅から3分 親子でくつろげるカフェ aona(あおな)にて セミナーを行いますのでお気軽にご参加ください。家づくりセミナー@調布リフォームと建替えのメリット・デメリット~我が家はどちらが得?日時    2018年5月28日(月)10:00~11:30    場所    カフェ aona(あおな)最寄駅  調布駅より徒歩3分定員    4名様参加費  無料(ワンドリンク付)内容◆セミナーの内容 ・家族が安全で健康に暮らせるための家づくりのポイント ・リフォームと建て替えのメリット、デメリット ・リフォームと建て替えの場合のそれぞれの費用の目安リフォームか?建て替えか? その判断基準を知ることができたら、あとは自分たちにピッタリあう依頼先を見つけて、夢の実現に向かって進みましょう!◆講師紹介エアサイクルハウジング代表 市川小奈枝「業界歴30年。様々な注文住宅、リフォームを経験。建替えとフルリフォームの事例紹介、そして建替えか?リフォームか?を考える時の判断基準をお教えします。」     ヘルシーホームアドバイザー 正田純子「大手住宅メーカーに10年間勤とアレルギーっ子3人に子育ての経験を活かし、安全で健康に暮らせる家づくりのヒントをお伝えします。」    申込はこちら  家づくりセミナー@調布  5月28日開催! エアサイクルハウジングホームページ

      テーマ:
  • 18May
    • PAC住宅 夏の過ごし方~日射を防ぐ、どうしても暑いときはエアコンを少し

      こんにちは、企画営業の内藤千春です。今日は、7年前の夏のブログ、ご紹介します。***PAC住宅を建築してから4年我が家の夏の過ごし方をご紹介します。ワンコが二代目のもくめになり、時の流れを感じますが、基本的な暮らし方はずっと変わらずで。心地よい家はそのままです。<敷地の条件>接しているのは東道路道路幅は8mあり ゆったりしていますが南・西・北はそれぞれ隣家があります。冬は東・南の恩恵を受けるべく、南にL形に開いた間取りです。夏のこの時期、1Fは直射日光を避けられるため、エアコンオフでもかなり涼しいです。2Fは日当たりが良い分、夏の対策が必要です。対策1 南側の屋根の軒を伸ばし、日射を防ぐ対策2 東側の日射遮蔽のために ブラインドを採用対策3 扇風機の活用(1Fに1台、2Fは小型のものを3台    リビング、寝室、梅雨時の洗濯ものように和室にて使用)この3つでかなり効果がありますが、やはり1Fよりは数度暑くなるため、暑さが厳しくなる日はエアコンをドライ回路で使用し、扇風機を活用しています。 涼しそうな我が家のシェルティメリーです。エアコンは終日使うのではなく、昼間在宅の際は数時間単位で様子見夜は寝苦しいときはタイマーで1~2時間程度使用しています。今日まで熱帯夜ほどの暑さの夜がないので多少暑さはあるものの途中で起きることはほぼない状況です。そんな日の翌朝は、午前中窓を開けないほうが熱気をいれずに涼しく過ごせます。それはPAC住宅独自の夜間の畜冷熱効果があるから。スーパ越屋根が負圧を利用して空気を引き抜くことで夜の涼しさを、床下換気口から取り入れる。その涼しさは基礎のコンクリート室内の下地材の石膏ボードに蓄えられて翌日も壁を触るとひんやりとする、そんな状態が保てるのです。夏のPACの仕組み 詳しくは、こちらへhttp://www.passive.co.jp/method/passive/summer.html この季節ならではの夏の体感も個別でご案内しています。ご要望ある方は、営業担当 市川・内藤までご連絡ください。http://www.passive.co.jp/company/index.html 今夜の外気は温度 28℃、  湿度64%室内は    温度 27.7℃、湿度58%ほんの少し、室内環境がいい位ですね。

      3
      テーマ:
  • 17May
    • 築30年の家を漆喰リフォーム

      1・2階をオール漆喰の壁、無垢材の床、バリアフリー、リビング・キッチン改修等を行ったリフォーム事例をご紹介します。リフォーム前             リフォーム後混ざり物のない漆喰(しっくい)八王子市 Kさん築30年の家を、漆喰の壁と天然木の床にリフォームしたK様のお宅におじゃましました。漆喰を選んだ理由は何ですか?ご主人家をリフォームする際に、まず化学物質をなるべく使いたくないと思ったんです。それで、本を読んで調べて、壁は漆喰が良いんじゃないかという結論になりました。自分が喘息だということもあったのですが、こどもたちには化学物質を遠ざけてあげたいと思ってました。こどもの身体に有害なものが蓄積されることに心配があったので、自然の物でリフォームしてあげたいなという気持ちが強かったですね。続きはこちら 他では珍しい『100%自然素材の漆喰』 エアサイクルハウジング ☆イベント情報☆しもきたふぁーむの食と住まいのセミナー第二弾、待望の週末開催です!詳細・お申込みは身体と環境に優しい“食と住まいのセミナーVol.2“ ~自然素材リフォームと油のはなし~

      2
      テーマ:
  • 15May
    • 夏 涼しい家を建築的につくる

      こんにちは。企画営業の内藤千春です。週末、お時間を頂いて入居宅@国分寺O様邸に取材に伺いました。兵庫にいらした時代から、東京で土地を購入され、ご入居まで、10年近いお付き合いのご夫妻。詳細はスタッフ正田がつくる来月の月刊誌 風のたよりに譲りますが…初めてパッシブエアサイクルの家を体感された時のご主人の一言が印象的でした。夏の盛りに大阪 住吉の家に一歩入られて「涼しいですねー」入居前で、エアコンがまだ設置されていないのに、です。関西の夏は、なかなか厳しい暑さなのに、です。それはなぜか?建築的に風や太陽の力を取り入れて、実現できます。機械や動力、電気は使いません。建てたら、ずっと続いていく機能です。詳しくはパッシブエアサイクルの家とは?をご覧下さい。南道路の恵まれた立地条件を活かしたアプローチ、庭も素敵です。

      2
      テーマ:
  • 12May
    • ノンホルマリンで健康住宅とは

      こんにちは。スタッフの三宅です。新築住宅の見学に行くと、目がチカチカする・・・頭が痛くなる・・・臭いがきつい・・・そんな経験ありませんか?実際にお客様から「工事現場や新築住宅の臭いがダメなんです」というお声をたくさん頂きます。今日は、家の中の化学物質について弊社書籍より、一部掲載させていただきます。ノンホルマリンで健康住宅とはホルマリン、ホルムアルデヒドを含む水溶液。われわれには消毒用として馴染み深い。小学校の理科室にはホルマリン浸けの標本がいくつも並んでいたし、病院の器具などの消毒に使われていて、危険という印象はなかった。ところが新築住宅に入った瞬間に感じる刺激臭や目の痛みは、建材などに使われるホルマリンが原因であった。ホルマリンのガスは粘膜を刺激し、皮層を硬化させる。しかし希釈液でも強い殺菌作用を持つことから、住宅、家具、衣類と、あらゆるものに使われている。建材に含まれるホルマリンは、接着剤の添加物として合板や集成材に使われる。そして畳やカーペットのダニ騒動以来、一挙に増えてきたフローリングのほとんどが合板でつくられる。床のフローリング、壁のクロスに使われる接着剤、階段やカウンターに使われる集成材、下地材、つくりつけ家具、システムキッチンの収納と住まいに使われるホルマリンはかなりのものである。用途の広さそして刺激臭を伴うというところから、健康によくない化学物質のトップに挙げられるホルマリン。最近はノンホルム、低ホルムの合板、ホルムアルデヒドを含まない接着剤を使った家づくりが健康住宅として注目を浴びている。完全に住まいからホルマリンをなくすことは不可能にしても、健康に支障のないレベルまで減らすことはできる。だからといって健康住宅とはとても言えない。そもそもホルマリンが注目されるようになったのは、室内空気汚染の問題が顕在化してからのこと。ホルマリン以外にも住まいには健康を害する化学物質は山ほどある。しかも、なぜそうした化学物質を使わなくてはならない住まいとなってきたかを考えれば、住まいから化学物質だけを取り除いても本質的解決にならないことはいうまでもない。日本の住まいは木や畳の床、漆喰壁や土壁、襖や障子でつくられていた。こうした自然素材は湿気の多い時には吸湿し、乾燥してくると放湿するという素材そのものが吸放湿性を持っている。しかも断熱材も使われていない、風通しのよい家だった。今のように床は合板のフローリングやカーペット、壁はビニールクロス、天井もプリント合板や下地が合板で表面に薄い単板の突板をはった仕様が多くなり、しかも風通しの悪い住まいのつくりとなれば、ホルムアルデヒドの入っていない合板や接着剤を使うというのは健康住宅に近づくまだ第一歩としか言えない。例えばビニールクロスを貼る時の接着剤や合板のホルムアルデヒドの濃度を気にするよりも、紙や漆喰へ、そして無垢材の使用へと目を向けていくべきだと思う。もちろんコストの問題もあるかも知れないが、無垢材だって多少節があってもよいと考えればそれほどコストにはねかえらない。安全なピニールクロスというのも出ているが、湿気の調整という視点からも紙・木・土を使いたい。そしていくら自然の素材を使っても家のつくり方、そして住まい方を見直さない限り自然の素材は生かされない。自然の素材は、太陽や風といった自然とのつながりの中で生かされる。畳や布団、木綿の布、木のまな板、みんな太陽の紫外線を必要としている。室内を風が通ることで湿気の調整もはかられる。室内空気汚染の問題から派生した自然素材を見直そうという動きは、健康に住まうこと、イコール、エコロジーという分野へと視野を広げさせてくれた。家はもちろんのこと、生活、生き方そのものが自然と伴にという精神にかなっているかを人のこころに問いかけてくれている。健康な住まいを実現するにはもっともっとトータルな視点から見つめることと、一人ひとりの生活の意識がエコロジーへと向かうことではないだろうか。身体にやさしい安全な素材にこだわり取り入れています。自然素材 & 化学糊を使わない漆喰家づくりのヒント・イベント情報をいち早くお知らせ!質の良い素材で心地いい家を建てる エアサイクルハウジングメールマガジンお申込みの方に「住んでみて、わかったこと」家づくりを経験した建主さんのご感想を集めた冊子プレゼント致します。お申込みはこちら エアサイクルハウジングメールマガジン配信中!

      1
      テーマ:
  • 11May
    • 外壁 再塗装リフォームで、美しさ、グレード感を増す!

      国分寺の入居宅にて外壁の再塗装工事が始まりました。画像は、玄関庇の木部を再塗装したところです。今年で新築からちょうど10年の節目、美しさを保つため、再塗装工事を行います。外壁の色は、少しだけグレイを大目にして、しっとり大人な外観でグレード感アップを目指します。また天窓は、メーカー日本ベルックス10年の節目で安全点検を推奨されていて、足場をかけるこの機会に合わせて点検行います。天窓の場合、可動タイプは室内側から脚立などで点検が可能ですが、動かないFIXタイプは外部足場が必要となります。パッシブエアサイクル(PAC)住宅だから、基礎や構造、壁の中は長持ちする家だからこそ、外装を10年位のスパンでお化粧直しをすると一層長持ちが進みます。長持ちする理由はこちらエアサイクルハウジング 5つの特徴

      1
      テーマ:
  • 09May
    • 建て替え?リフォーム? 判断基準のポイント!

      こんにちは、スタッフの三宅です。ゴールデンウィークが明けた途端、急に寒くなって気温変化についていけずです風邪が流行っていますので、みなさんもどうぞお気をつけくださいさて、今週末は『建て替えか・リフォームか迷った時の判断基準のポイント』をセミナーでお伝えします。今、建て替えにしようか・リフォームにしようか迷っていらっしゃる方、また将来のために知識を身につけたいと思っていらっしゃる方、必聴です。家づくりセミナー 詳細・お申込みはこちら 建て替えとリフォーム、我が家はどちらが得なの?家づくりのヒント・イベント情報をいち早くお知らせ!質の良い素材で心地いい家を建てる エアサイクルハウジングメールマガジンお申込みの方に「住んでみて、わかったこと」家づくりを経験した建主さんのご感想を集めた冊子プレゼント致します。お申込みはこちら エアサイクルハウジングメールマガジン

      1
      テーマ:
  • 07May
    • ヴィンテージマンション 大工工事スタート

      解体工事が無事終了し、いよいよ大工工事が始まりました。材料を運び入れて床の下地作りから。現状段差がある状態を平らにするのが、一番のミッションですので、水平をとるために必要なこちらのマシーン。活躍が、楽しみです。床の工事は、レベルを調整、防音、床暖房、無垢のナラフローリング仕上げになります。マンションリフォーム@練馬 事例紹介

      2
      テーマ:
  • 02May
    • ゴールデンウィーク休業のお知らせ

           ~ゴールデンウィーク休業のお知らせ~こんにちは。いつもお世話になりありがとうございます。誠に勝手ではございますが、当社では、下記の期間休業とさせて頂きます。2018年5月3日(木) ~ 2018年5月6日(日)※5月7日(月)より通常通り営業いたします。尚、上記期間のお電話及びメールによるお問い合わせにつきましては、7日(月)より順次ご対応させて頂きます。何かと御迷惑、ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。エアサイクルハウジング株式会社

      3
      テーマ:
  • 01May
    • 入居宅内覧 でわかること

      こんにちは。企画営業の内藤千春です。今日は、入居宅の内覧でわかることのご紹介。ご家族によって、ご覧になりたいこだわりところは異なるかもしれませんが、施主様のご好意の範囲でじっくりご覧いただきます。<室内でわかること>間取り、明るさ、スペース感、風通しの状況、それぞれの空間の内装仕上げ、収納、キッチンなどの設備、照明、目で見て、足を乗せて、触って、香って、聞いてが体感できます。・ちいさく作って広く住む、私たちがご提案する広がり空間の間取りを3次元で・実は手よりも敏感な足の裏で触れた無垢フローリングの感触(針葉樹と広葉樹では随分硬さや暖かみが異なります。)・手で触れる階段の手すりや吸放湿するクロスや漆喰・森林浴効果も望める無垢材の香り、また反対にケミカルな臭いやカビ臭などがないか・子どもたちの声がどんな風に響くか・施主様の率直なご感想そして室内での温度、湿度の様子が外気とどのように違うかも大事なポイントです。施主様かたから伺う感想は、・夏は一歩玄関にはいると、ヒヤッとする清涼さ・冬は一歩玄関にはいると、ほんわりとした柔らかい暖かさその効果をもたらす、パッシブエアアイクル(PAC)工法の要のスーパー越屋根のレバーの操作方法をご覧頂きながら、夏の排熱、冬の集熱のしくみをご理解いただきます。外部については、次回レポートいたします。

      テーマ:
  • 29Apr
    • 家族の暮らしを支える「家」をつくる

      こんにちは。企画営業の内藤千春です。エアサイクルハウジングが携わったパッシブエアサイクルのお宅は、青森から九州まで400棟を越えました。地震で壁に多少のヒビ(クラック)が入って補修、などありますが、どのお宅も丈夫に長持ちしてご家族の暮らしを支えています。熊本県益城町のお宅は、地震発生当初連絡がつかなくて心配していましたが、その後連絡取れ、家自体は支障なく、外壁クラックの補修待ちとのことでした。弊社建築でない住宅やマンションのリフォーム・リノベーション工事も増え、「自然素材や風の流れなど、私たちができることで心地よい住まいを実現するためには?」を考える日々です。そして住宅の仕事をしていてしみじみ思うのは、皆様ご家族なりの<暮らしのカタチ>があり、家づくりには更に周囲の環境も相まって、ご家族の数だけオンリーワンの家がある、まさに千差万別だと。忘れてはいけないのは、<その家族なりの暮らし>ということ。安全で安心、使いやすい、メンテナンスが楽、収納がたっぷりでなっくても必要量がある、などなどクリアすべきことはたくさんありますが、だからこそやりがいがあります。5/13(日)10:00~耐震診断士 堀川雅代さん・健康住宅づくり30年の弊社代表市川とのコラボセミナー質のよい素材で、心地よく暮らす。毎日そこにあるものだから、丁寧に作られたものを選びたい。たとえば家に帰って、自分の好きな素材に囲まれて、心も体もくつろげる空間。家族と過ごしたり、自分の時間を楽しんだり。そういう場所があるから、家に帰りたいなって思う。朝、目覚めた時に、深呼吸したくなる空気と温度と匂い。住まうことを楽しく大切に。始めよう!空気の流れる家づくり。

      6
      テーマ:

プロフィール

エアサイクルハウジング(株)

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
上質な素材で、心地いい家をつくる 日本橋の工務店エアサイクルハウジング㈱です。 パッシブエアサイ...

続きを見る >

読者になる

健康住宅書籍シリーズ
「やっと出会えた本物の家」ほたる出版
1977年から健康住宅のご提案
http://www.passive.co.jp/book/index.html

「夫婦の生活実感でつくる家」ほたる出版
http://www.passive.co.jp/book/couple/index.html

PACの仲間たち
総合建築 植田(兵庫県淡路市)
http://www.skueta.com
昭栄創建株式会社(福島県郡山市)
http://www.shouei-sk.com
仙台エアサイクル住建株式会社(宮城県仙台市)
http://www.sendai-air.co.jp/
カメラマン 林 建次さん(東京都)
http://officemigi.com/
那須の陶芸家 土門 塊さん
http://domon-clay.com/pottery/Welcome.html