ネットビジネスで経済的自由を手に入れる秘訣!

ネットビジネスで経済的自由を手に入れる秘訣!

好きな時に好きなだけ好きな事をする。人生の自由を手に入れるためローリスクで初められる稼ぎの秘訣を伝授します。


わずか3時間の作業をするだけで初心者が
10万円継続的収入を簡単に手に入れる方法


 

メルマガ登録者限定プレゼント



テーマ:


ある程度の検索需要があり
上位表示できる可能性がある
キーワードを見つけたら

後は記事を量産するだけです!

と言いたいのですがその前にやることがあります。
ライバルチェックです。


あなたが見つけたキーワードを
実際に検索してみて下さい。

出てきた検索結果に、これから作る
あなたの記事やサイトが割り込んで
上位表示しなければなりません。


検索結果の上位に表示されていても
広告と表示されているものは
関係ありませんからね。

それ以外で最上位に表示されている
サイトをクリックしてみて下さい。


あなたのサイトと見比べた場合


正直、
勝っていますか?負けていますか?


どうですか?


負けてる。。残念! ショボーン

その次は?そのまた次は?


1ページ目にあなたが割り込む余地は
あるでしょうか?

あると感じたならば迷わずGoです!



えっ、判断基準が雑じゃないかって?


確かに。

無料ブログか独自ドメインか?
まとめサイトや知恵袋など
判断する基準はあります。

でも、作り込まれた無料ブログに
適当につくった独自ドメインサイトは
勝てないです。

その後の頑張りで逆転することは
ありますけどね。

既存のサイトに負けていると感じるならば
少なくとも現状すぐに上位表示は
難しいです。


それらを踏まえての判断基準です。
参考にして下さい。

上位に表示されているサイトの
運用年数
記事数
文字数


が多ければ多いほど基本的には
強力なライバルとなります。


個別的には

無料ブログの場合、最終的には勝てます。
勝負しましょう。

ヤフー知恵袋の場合、勝てます。
でも頑張らないと返り討ちにあいます。

Naverまとめの場合、すこし強敵です。
でもつけ入るスキは十分あります。
条件次第ではチャレンジもありかも。

大手企業などの作り込まれたサイトの場合
諦めましょう。
お金を掛けまくったサイトは強敵です。

あと、


タイトルにキーワードが含まれているか
どうかも重要です。


あなたの見つけたキーワードを
タイトルに含んでいるサイトが多いほど
ライバルが多いということです。

検索する時にallintitle:~ で検索すると
タイトルにキーワードを含んでいる
サイトが検索できます。

ライバルの少ないところを狙って
勝負を挑むわけですが


前にも言ったとおり
上位表示して集客できるかどうかは
運と作業量の積み重ねです。

行動あるのみですからね!

とは言うものの
地味な作業ですし時間もかかります。
でも心配しなくて大丈夫です!!

慣れれば何てことないです。
回数こなして慣れるしかありません。


どうしても
楽したいなーって人は
ツールを使う方法もあります。

そのかわりお金はかかりますけどね。
興味がある方はどうぞ
 ↓ ↓ ↓
コンテンツSEOツールの決定版【コンテンツスカウターZ】



 

でゎでゎ爆  笑

 

 

 

 

 

友だち追加で

5万円が手に入るマニュアルプレゼント中!


テーマ:

 

キーワードの検索ボリュームを調べるには
Googleのキーワードプランナーを使います



現在は有料で広告を出さないと
細かな数字は見れませんが

無料版でも傾向と対策には十分
利用できます。


調べられる月間ボリュームは
10~100
1万~10万
100万~1000万


などとかなりザックリですが
大まかな分類はできるでしょう。



上位表示できるかどうかの目安として
競合性が表示されます。

これも
高・中・低とかなりザックリです。


もちろん高の方が競合が多いということで
上位表示が難しいということです。

同じ競合性のキーワードの場合は
入札単価でも優劣を判断できます。

入札単価とは実際にリスティング広告を
打つ場合の料金のようなものなので

入札単価が高い=人気が高いなので
上位表示がが難しくなります。



月間検索ボリューム
競合性
入札単価


を使って

一定数以上の検索数があり
上位表示が可能なキーワードを
探し出していきます。


どうしてもわけ方が大まかなので
同じランクの複数のキーワードで
迷うことが出てきます。

その場合はグーグルトレンドなど
他のツールを併用します。


私のオススメを紹介しておきます。
aramakijake.jp
http://aramakijake.jp/


このサイトでは月間予測検索数が
わかります。

予測がキッチリ数字で出ますので
単純明快わかりやすいです。


とはいえ


精度がどうのこうのという話も
ありますが

あまり頭ガチガチに考えないで下さい。


データにこだわり過ぎると
記事が書けなくなったり
ちぐはぐになりますからね!

データが完璧だからといって
必ず上位表示して集客できるとは
限りません。



運と作業量の積み重ねが
アクセス数となります。

より確率アップのエッセンスが
キーワード選定となります。
 

 


 

でゎでゎ爆  笑

 

 

 

 

 

友だち追加で

5万円が手に入るマニュアルプレゼント中!


テーマ:

 

あなたが設定した見込客が検索しそうな言葉
想像してみて下さい。


採用するすかどうかは別にして
いろいろ想像して言葉を出していくのです。


言葉を出し終えたら次はその言葉を
検索窓に打ち込んでみるのです。

すると検索窓にずらーっと言葉が
出てきます。

これはサジェスト機能といって
あなたが打ち込んだ言葉に続けて
一緒に検索される言葉の候補です。


このようなサジェストキーワード
見つけるツールは他にもあるので
使ってみましょう。


関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
⇒ http://www.related-keywords.com/


goodkeyword
⇒ https://goodkeyword.net/



あなたの見込客が検索するであろうキーワードと
そのキーワードと一緒に検索される
関連キーワードをたくさん見つけましょう。


キーワードの候補が集まれば次の作業は
検索ボリュームのチェックです。


バッチリあなたの見込客が検索する
キーワードだったとしても

キーワード自体の検索される回数が
少なければお客様は集まりません。

もし、月間10回しか検索されない
キーワードだったとしたら

あなたのサイトがたとえ検索結果で
上位表示されていて

しかも全員が見たとしても10回しか
表示されないということです。



月間100万回検索されるキーワード
だった場合はどうでしょうか?


祝100万PV 達成!!


となるのは
残念ながら難しいでしょう。


なぜなら100万回検索されるキーワードで
上位表示されるのが難しいからです。


ということで検索ボリュームを
チェックする時は

必要最低限の需要がありつつ
検索結果で上位表示できる可能性が
あるキーワードを探さなければ
いけないのです。

 


 

でゎでゎ爆  笑

 

 

 

 

 

友だち追加で

5万円が手に入るマニュアルプレゼント中!


テーマ:

コンデンサーマイク  

 YouTuberならずとも動画や音声コンテンツなどを配信する機会は多いものです。

 

 アフィリエイターが商品のレビューを動画で配信したり、メルマガ読者獲得のために音声特典をプレゼントするといったこともごく普通に行われています。   

 

しかし、その配信するコンテンツの音声品質が低かったりするとせっかくの企画も台無しとなってしまいます。 

 

 

音楽番組や専門的なコンテンツではないので、音質には特にこだわらなくても良いと考えていませんか?  

 

 聴ければ良い、情報が伝われば良い、という時代ではありません。

 

 

伝える内容や情報が良いのは当たり前で、それにプラスして伝え方にも配慮が必要な時代に突入しているのです。  

 

 

配信するコンテンツのクオリティー

品質 

YouTubeに投稿されている動画をよくみて下さい! 

 

一昔前なら企業が制作していたような動画や、音楽PVのような動画がゴロゴロしています。

 

しかも配信しているのはすべて個人レベルです。   

 

商品レビューを動画で発信しているのがあなただけなら、ノイズだらけの音声だろうと録音レベルが極端に小さくて聞き辛くとも発信する内容がしっかりしていれば通用したでしょう。 

 

なぜなら、 

 

そうゆうコンテンツを発信しているのがあなただけだからです。 

 

 

しかし現在は聞きやすく作られたコンテンツが溢れています。

 

発信している内容で勝っていても最後まで聞いてくれないのです。

 

 

想像してみて下さい。

 

 あなたがPCの操作方法をYouTubeで検索したとして、ノイズが多くて聞きづらい動画を最後まで見ますか? 

 

同じような動画の候補がずらーっと並んでいるのですよ。

 

 

 私なら迷わず他の動画を見ますね。  

 

 このようにあなたが丹精こめて作ったコンテンツが、音質が悪いという理由で敬遠されたりするのは非常にもったいないことです。

 

 

なぜなら

動画や音声配信の音質は簡単に向上させることができるからです。

 

この記事の続きはこちら
 

Ameba人気のブログ