ROKA BLOG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アサガオが発芽してきました!

連日の雨、がしゃがしゃとよく降っています。

 

と、思えば昨日は梅雨の晴れ間で、一気に32度を超えて日本一の気温になってしまいました。

 

まだ、暑さに体が慣れていないせいもあるのでしょう、その湿度の高い中での作業で久々にぐったりでした。

ハマナス

 

咲いてきましたが、この雨では交配も出来ず、またそんな気力もなく…(笑)。

藤袴(伊勢系)

 

屋外でも咲いていますが、この雨でボロボロ。ハウスに避難しているので見ることが出来ます。ハナショウブは鑑賞期間が短めですからね。

花柱の先が切れ込んでいます。「蜘蛛手」と言います。

 

伊勢系にはこの蜘蛛手の品種があり、他の系統にはほとんど見られない特徴です。

アサガオ、1ポッター(135ポット)を2日かけて播き終えました。今回はこの数で終了です!

 

系統分と昨年の交配分です。

早いですね、もう発芽が始まりました!

135ポットと言っても、数粒播くので数はたくさんになります。

 

でも、一部は行き先が決まっていますので、今期はある程度ゆとりを持って対応できると思います。

松島斑時雨絞りを使った交配。

 

双葉が赤みを帯びますので、ある程度は判別がつきます。

 

これを見ると銅葉の系統の育成も可能なんじゃないかと思いますが、今までにないので難しいことかもしれません。

 

発芽し始めてまた忙しくなりそうです!(笑)

 

さてさて、種の配布は準備が進んでおりまして、5月24日(月)にご案内の予定です。

 

ワクチンではありませんが、皆さんに行き渡るように十分に確保出来ましたので、慌てられなくて大丈夫です!(笑)

梅雨入りっ!

宮崎は5月12日に梅雨入り・・・。

その通りの雨が今日もしとしと降り続いています。

 

平年だと5月の終わり頃の梅雨入りですが、今年は19日も早めです。

 

「早えーよっ!」と思わず叫んでしまいました!(笑)

 

梅雨入り前の晴れを見計らって、ジャンジャカと種の整理を行って冷蔵庫に仕舞っていくのですが、それが出来ません。

 

でもやらねばならない。このままだとカビが生えてしまいますからね。

実生のバラたち。株の状態が正常ではないのに花を咲かせています。その健気な姿に心打たれます。

 

養生して元気な姿での花を見たい。

ハナショウブも花が増えてきました。

美吉野(伊勢系)

 

花型や花弁だけでなく、花柱の色も品種判別のポイントになります。

朝日空(伊勢系)

 

伊勢系がやっぱり好きですね!後悔しないようにハナショウブもやっておこうと・・・、これも一つの終活です(笑)。

 

種の整理も大事ですが、こちらも遅れると困るので今日はアサガオの種まきを開始しました!

昨年は苗が多すぎて管理しきれなかったので、今回はポッター作業も1回だけ。でも、いくらかは追加がありそうです(笑)。

今日は系統分だけで終了!数があるので選ぶのに思いのほか時間がかかりました。

 

後は交配分と、入手品種で終了の予定です。

アサガオの種

 

到底播き切れない数があります。

 

そこでっ、今回のパンジー・ビオラの種子配布のおまけに付けることにしました。

 

夏の朝の一服の清涼を楽しんでいただければと思います!(笑)

種の整理をやらねば!

昨日は母の日、お花屋さんが一番忙しい日でもあります、その準備も含めてとても忙しい一週間でした(笑)。

 

おかげさまで昨年以上に忙しくて疲れて、先週末のブログのUPはスルーしてしまいました。

 

ようやく一息つけてUPしています。でも、やらねばならない作業はたまりにたまって…です。

在来のアマリリスは満開状態!

 

ビッタツムという原種の血を引く系統の様です。宮崎の地になじんであちこちで花を咲かせていて、赤い色のタイプもあります。

 

さて、交配のアマリリスは、

パピリオ✕アラスカ

 

開き切るとさらによくなりました!(笑)

ムタビリス実生21-1

 

こちらも開き切るとピンクのグラデーションが優しい色合いになりました。ただ、セルフではなくて交雑の可能性も高そう。

 

要観察ですね。

ピンクサクリーナの交雑種。

 

こちらの方がより「サクラ」っぽいかも(笑)。

 

さてさて、今年の種採りの結果です!

早いものは12月から脇に掛けていますので、封筒の色やボールペンの文字も色あせてきているのもあります。

 

いつもに比べると数と量も少なめ。

 

秋の交配が結実が殆ど取れなかったことと、春先になって親株が急に枯れる事態になったためです。

 

秋はその後の寒波がおそらく原因、春先は金が動きやすい気温であったためだと思われます。30年やってきて初めての経験でした。

 

長年やっていると、コロナ同様に初めてのことが起こるものです(笑)。

親株系統分

交配分

 

今年は本当に少ない!まあ、たくさんやっても全部は播けないんですどね。これでも全部は不可能(笑)。

 

明日からはまた雨の予報。

 

それも週末まで続くようで、気象予報士の方が、梅雨のはしりではなくで梅雨そのものになってしまう可能性もあるとのことでした。

 

種の整理は晴れの時でないとでないので困ります。何とかそうなる前に保管してしまわなければなりません。

 

さてさてさて、今期の種子配布用の種もある程度は目途が立ちました。

 

今期は例年とは違った内容になりますのでどうぞご期待くださいませ!例年どおりに今月末にはご案内で来そうです。

ハナショウブも咲き始めました!

北野麗人

 

長井古種系です。

 

アサガオの前に、ハナショウブもちょこっと交配を行う予定です。

 

交配病、種まき病の症状は相変わらずです(笑)。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>