ROKA BLOG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

今日の圃場 2024.3.22

春分の日を過ぎて、また折り返し点を過ぎました!

 

やらねばいけないことがありすぎて、遅々として進みませんが、もうこれは地道に進めていくしか策はなし。

 

そう自分に言い聞かせてやっています(笑)。

 

さて、今日の圃場

満開!今が一番きれいな状態かもしれません(笑)。

 

こんな素敵な空間にいながらもそれを楽しむ余裕もなく、ただひたすら記録、交配、種袋の準備(苗の順番どおりに並べる)を行っています。

 

それを一巡すれば、後は楽なんですが、この作業が一番手間がかかる。一日やって、半棚。あと3日あれば、一巡できそうです。

バラやヘメロカリス苗を移植して位になりましたが、まだそこに辿り着けず…、いつになることやら(笑)。

 

考える時が滅入るので、考えません(笑)。

 

圃場の作業にも辿り着けず…。

バラは草の中。これも選抜と言い訳をする(笑)。

反対側は時間がちょっとあった時に、マルチ張りまでは出来ました。

秋に発芽のバラ苗は植え込んで、順調に生育中!

オールドローズを使った交配、小さなとげとげ密集!これからの長雨、暑さに耐えられるか観察です。

メロカリスは小さかったのですが、ハウスの場所確保のために植えこみ。育っては来ています。

種まき用土を育苗用土に再利用したので、ここでビオラ咲いています。

 

ブルーはトリカラービーコン、イエローは原種ですが、アエトリカかマセドニカの判別はラベルがなかったら分かりません(笑)。

奥の圃場のバラも順調に育っています!

兄弟桜はすっかり葉桜、実が成っています。

土手にはスミレが!

 

パンジー・ビオラは能書き言えるのですが、スミレはさっぱり分かりません(笑)。

川の中では、ハマダイコンが花盛り!

 

川の水が濁ってくると、田んぼの代掻きが始まった証拠。

 

宮崎はここから一気に初夏に向かいます。

 

作業は目白押しですが、やれる分しかできない。あきらめか居直りか、地道にやれることをやっていきます!(笑)

早いもので3月

2月は逃げ月、なんてことを言いますが全く持ってそのとおり!(笑)

 

作品展の終了お礼をお伝えしなければと、考えてはいたのですが、作品返却に始まって、その週には育種講座。

 

また、長雨で病気、薬散、手入れ等々連なってすっかり体力と気力を失ってしまいました。

 

やっとのことで天候も回復、ちょっと気分的にも元気が出てきたので久しぶりの投稿です(笑)。

 

本日のハウスの様子。

長雨上がりには早々に薬散。いくらかの効果はあったようですが、やはり天候と気温が味方。

 

シミや病気が出ている花、葉は全部処理して廃棄。何とか持ちこたえています(笑)。

 

よく頑張った!(笑)

今日は、朝方はるか長崎、佐賀、福岡からお客様。こんな田舎に訪ねてくださってありがたいことです。また、喜んでいただけたようで何より(笑)。

 

その後は、ずっと苗の手入れと記録と種袋の整理。拾うものにはラベルを立てて、その順並びで封筒。

 

これがかなりの手間がかかるのですが、それが出来れば後は種取だけですので、楽になります。

カーネーション交配も動き始めました!

 

ずっと9㎝ポリポットのままなので気になるのですが、鉢増しまで辿り着けない(笑)。

合間を縫って、バラの接ぎ木を5つ。でも、今回は2つしか成功していない感じです。

バラもどんどん発芽。移植時期を過ぎたのもありますが、こちらも辿り着けない(笑)。

と、無理に時間を作ってひとまずこの半棚分の交配は終了!

 

種が熟すまでおよそ1か月、なんとか3月中には交配を終わらせなければなりません。

 

いつになったら交配に辿り着けますやら…(笑)。

 

その他にもやらなきゃいけない作業が目白押し。怒涛の3月始まりました!(笑)

第16回パンジー・ビオラ作品展、始まりました!

2月3日(土)から、第16回のパンジー・ビオラ作品展始まっています!

例年のこの時期は晴れ続き、ところが今年は数日前から雨続きで準備が進まず…。

 

それでも決まっていることなので、仕上げに必死

 

そして、やっとのことでの開幕となりました!残念ながら雨でのスタートです。

 

16回やっているわけですが、本当にこんな天気は初めてです(笑)。

そんな天気の中で写真(初日の3日撮影)なので、画像もピンボケ傾向。すみません。

 

ただ、5日(月)以降は天候回復で、その後も雨の心配はなさそうです。

今回は40名と1グループの方に参加していただきました。

 

とにかく出展作品が多い!(笑)

 

ですので、お店の中は花でいっぱい。個性的な花たちに圧倒されます!

画像だけでも、その個性の違いがお分かりになると思います!

 

その「違い」を見ることが出来る展示会でもあります(笑)。

滅多に見ることもできない原種も展示!

 

この原種が、平成のパンジー・ビオラを「令和のパンジー・ビオラ」として、ワンステージ上げてくれることは間違いありません!

 

そう、この展示会、オフ会でも話しましたが、このワンステージ上がる兆しがはっきりしてきた展示会でもあるのです(笑)。

そして、いつもの金屏風展示!

 

これは、平成の時代に外国から来たパンジー・ビオラは、すっかり日本人の花になったという展示でもあります。

 

11日の日曜日までの展示。

 

ただ、最終日は遠くからの引き取りの方もいらっしゃいますので、15時過ぎには見られなくなる作品もあるということをご了承くださいませ!

 

日本のパンジー・ビオラのトレンドを知りたい方は、必見の作品展です!

 

皆様のご来場をお待ちしております!(笑)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>