ROKA BLOG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アサガオ、今年の種まき結果から その3

天気は安定してきたのですが、とにかく日差しが強い!

 

じりじりと焼けると言いますが、外に出ると一瞬でそんな感じです。

 

一度軽い熱中症にかかった身としては、もう無理はしない。しかし、眺めていても草は無くなりませんので、夕方近くなって草むしりです。ここ数日は夕方にかけて雲が出てきているので、作業は順調に進みました。

 

曇り空のありがたさを、改めて知る今日この頃です(笑)。

 

さて、アサガオの続き。種まきしたもの、ほぼ開花も見られました。

 

現時点で83系統。これくらいが、管理できる数ですね、身に沁みてわかりました。欲を出してはいけない(笑)。

[蒼い×(紅しだれ×ペールブルースカイ)]青斑小並葉白系

 

小輪系のバリエーションを求めての交配でしたが、関わった全部の色が消えて白に。アサガオ、あるあるです(笑)。

 

ここから再度、分離するのではないかと期待して播きましたが、全部の個体が白。

 

それでも続けていたり、交配に使うと別の色が分離してくるでしょう。白使ったのに別の色が出たというのは、おそらくこのような理由です。これも、アサガオあるある(笑)

 

花径約5㎝の小輪、これはこれでいいのですが、これだけいろんな色や模様を見てしまうと物足りない。

 

おそらく別の色交配で、他の色が引き出せると思いますので、挑戦!(笑)

(青多福葉白多様咲き×鹿苑)青多福葉青縞多曜咲き系

 

葉の形よりも「多曜」が目的の系統。そうなると、花も大きく豪華になるのではないかと…(笑)。

 

一見で「わあ、凄くなった!」まではいきませんが、多曜にはなっておおらかな感じにはなりました。

 

上の個体は、葉形は違いますが、花は’鹿苑(ろくえん)’そのもので「黒鳩吹雪」です。

 

下の個体の方は、ごく薄い水色にかすかな絞り。

 

どちらもいいですが、やはり下の個体の方に惹かれます(笑)。

青林風葉鮮ローズ系

 

交配記録が外れてしまい由来が分からないのですが、花を見ると曜白の何かを使った系統です。

 

間違いなく林風葉のバリエーションを広げる目的の系統で、林風葉は伝わっています。

 

花だけ見ると断然、上の車絞の方がいいのですが、これまでにない貴重さは曜白です。悩みます(笑)。

スノーフレーク

 

最近注目を集めているアサガオです。

 

青桔梗渦葉青紫曜白桔梗咲き。桔梗咲きで曜白がこれまでになかった模様です。

 

どこでだれが作ったかは不明。名前からすると海外品種のようにも思えます。

 

毛無のタイプがあり、画像のものは毛があるタイプです。だから?って感じですが(笑)。

 

下の個体は、自然交雑個体。何と交雑したのか分かりません。

 

青並葉で濃青車絞曜白、これはこれでいい花です!

(矢車×暁の光)×(ダスティモーブ×矢車)

 

曜白を増やして「多曜白」にしたら派手になるんじゃいないかと言う交配。

 

見事にド派手になりました!(笑)

 

でも、増えた分、曜の間隔がバラバラ、これを整えていくのはかなり大変そう。反対に、切れ弁にする、八重咲にするなど、ごまかす手もないことはない(笑)。

 

要は、今ある花を見て判断するしかないのです。そして、いろんな方向性を見出していく。これが大事です!(笑)

アサガオ、今年の種まき結果から その2

無料配布種子への申し込み、ありがとうございました!

 

返信用封筒を同封してくださり、ご住所だけではなく、第4種郵便種子の記入までもしてくださった方もあり、本当に感謝!

 

おかげで夫婦で夜なべをすることもなく、相方からバイト代の請求も来ません(笑)。

 

発送作業は順調に進んでおりますよ(笑)。

 

暑中見舞いのお言葉も多数、この場をもってお礼申し上げます。

 

さすがに今日は落ち着きましたが、台風の影響でここ一週間ほどは、たたきつけるような雨が降ったかと思うといきなり太陽が照り付けるの繰り返し。

花は咲くものの、傷んで記録や交配が出来ずじまい。病気が出ていたのがさらに広がってだいぶ株が弱りました。

 

それでも、天気が安定すれば幾分回復するのではと考えています。

 

さて、記録の続き。

 

記録はPCの方でもするのですが、ブログでもやっておくと本当に自分でも参考になりますので、頑張ってやります!(笑)

(恋しぐれピンク×花吹雪)青弱斑蝉葉ローズ曜白絞り系

 

「曜白に絞り」と言うこれまでにない模様が出たのですが、F2では消えてしまいました。

 

かすかに雰囲気のあるものからセルフで種を採ったのですが、F3の結果はこのような感じ。

 

一度消えたら、やはり系統選抜だけでは再現は難しいとよく分かりました。ですので、淋しいですがこの系統とはお別れになります。

 

組み合わせを変えて再挑戦ですね!(笑)

[(キキョウローズ×暁の露)×(恋しぐれチョコ×暁の露)]青斑蝉葉青暈覆輪系

 

暁の露のようなぼかし覆輪を選んだのですが伝わらず、F3で恋しぐれチョコ由来の曜白が出現しました。

 

交配が複雑になればなるほどいろんな形質が出現しますが、反面固定化は難しくなる。

 

桔梗咲きの遺伝子もありますので、これもいずれは出現する可能性があります。

 

どちらかを残して、もう少し追ってみたいと思います。

<浦春>青林風立田葉青紫切咲き系

 

花色の変化はあるものの、切れ咲きは繋がってきました。また、林風立田葉も林風が抜けているものも出ますが、繋がっています。

 

これは、〔青立田葉淡藤切れ咲き×(青林風葉白×青柳葉濃青采咲・出物)〕の変化アサガオ同士の交配系統

 

桔梗咲きや矮性(木立)の品種は、すでに種が販売されていますので、なじみのある変化アサガオ。

 

同様に、切れ弁もなじみになればと考えて選抜中です!(笑)

 

名前は、若くして旅立ってしまった俳優さんの名前から。個人的にアサガオは青年のイメージです。

 

ひとまず、切れ弁をまとめることが出来れば、多弁咲きの血を入れて…と、すでに次の構想があります(笑)。

(サンスマイル・パープル×花吹雪)青弱斑並葉くすみ赤紫車絞系

 

‘サンスマイル’は矮性(木立)の品種。そのバリエーションを目指しての交配系統です。

 

変異の多くは潜性(劣性)、ですので通常品種との交配では通常の蔓に戻ってしまいます。そして、またまた絞りが消えました。

 

ただ、花は大きくなっています。サンスマイルと戻し交配すれば、やや花大きめの矮性は出てくるかなと。

 

絞は、花吹雪でもいいし、何かほかの絞りを掛けることで多分再現可能。

 

そしてこれらを交配すれば…、そして、そのF2以降に…。

 

と、データーが揃ってくると以降の計画を立てることができますし、どれくらいの年月がかかるかと言うことも分かってきます。

 

で、その結果を見て、以降を修正していくという流れです。ですから、記録は大事!(笑)

桔梗渦葉白時雨絞系

 

愛好家の方からいただいた系統です。

 

黄葉は緑になりましたが、時雨絞は出ています。時雨絞は、このように花弁の一部に出たり、半分に出てしまったりとかなり不規則で通常とは違う絞になります。

 

桔梗咲きは流通しているものはわずかですが、愛好家の方々は実にいろんな桔梗咲きを持っていらっしゃいます(笑)。

 

さあ、天気も安定してきましたので、記録、交配、手入れが始まります(笑)。

種子配布(追加)のご案内!

暑い日が続いております。

 

そのせいでしょうか、冷蔵庫の調子が悪くなり、このままいくとせっかく保存してある種がダメになってしまいます。

 

そこで急遽、07~10年採種の種をMixで配布することにいたしました。

 

また、実家の電気配線も調子が良くなく修理依頼に。今日はほぼ一日、その工事の立ち合いをしながら配布用の準備でした。

 

12年以上前は何をしていたか。極々小輪系、宿根ビオラの交配系、原種系などが出てきました。また、廃盤になった当時の品種も多数。しばし、回想の時間…。確実にそれを踏まえて今があるんですね!

 

配布はこれらのMix。

 

まだある命を拾っていただけたらと思います。これらは時間の止まった種、その命を繋いで新たな進化をさせていただけたらと思います。

 

◎令和4年(2022年)度パンジーパンジー・ビオラ07~10年採種混合種子無料配布(追加)


<申込先>

〒889-2154

宮崎市学園木花台桜2-3-1


川越路可


*発送作業が大変になってきたために、申し訳ありませんが、84円切手を貼った返信用封筒の同封をお願いします。

*発芽試験は行っておりません。発芽率はよくないと思いますので、それをご了承の上、申し込みください。

*外国への直接発送は行っておりません。

*数量は多くありませんが、申し込みいただいた方には全て配布いたします。

 

申し込みの期間は、本日7月25日(月)より1週間、7月31日(日)の投函までとさせていただきます。

 

 

さてさて、本日のハウスの様子。

アサガオ、蕾の見えるものは自宅に移動。残りの株、油断したら病気が出てしまいました。

 

ひとまず花確認までは頑張ってほしい!

今年は、挿し芽苗の勢いが半端ない!元株よりもこちらの苗の方が開花が早い場合もあります。

遂にケイトウにも手を出してしまいました!(笑)

 

結果が出るのが先か、こちらが倒れるのが先か、一進一退の攻防が始まりました(笑)。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>