ROKA BLOG
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

徒長した苗は・・・

ヒガンバナ、圃場の周りは若干盛りを過ぎていますが、やはり彼岸の頃に満開になります。不思議なものですね。

狐彼岸

 

オレンジの中央にグリーン、細弁。アケボノショウキランをぐっと小型にした感じです。

 

親不明のオリジナルですが、花色からキツネノカミソリが関係しているのは確か。母親はオーレア・ラティフォリア(中国産オーレア)が可能性大です。

 

そろそろリコリスも後半になってきました。

 

さて、今年の種まきは天候が悪くて多くの方が四苦八苦されているのではないでしょうか?

 

当方、順調に言っていた発芽ですが、先日の1週間にも及ぶ曇りと雨で徒長してしまったものがありました。

双葉の頃に日照不足だと一気に徒長してしまいます。でも、その後の天気で元気になってきました。

残念ながら、伸びてしまったものは元には戻りません。

 

で、どうするか?

 

移植の際に深植えします。

ピンセットのラインぐらいまで植えます。

通常よりも深めの穴をあけて、苗を入れて、

後は脇を軽く押さえて完了!ピンセットのラインよりも深めになってしまいましたが、大丈夫です(笑)。

 

ね、すごく簡単な対応でしょう?

 

種まきから育苗、いろいろトラブルもありますが、あきらめずにやることが大事!途中で修正は出来ますので(笑)。

この交配系統、幼い双葉の苗も移植しました。

セルもスケスケになってきました。

同じように播いても、これから発芽してくるものもあります。自家採種はどうしてもこうです。

 

だた、すでに1か月が過ぎているので、発芽の兆しが見えないものはそろそろさよならの決断の時です。きりよく今月いっぱいは待つことにしましょう。

移植した後のセルに生えてくる場合もあります。移植の先にこぼれたんですね。

 

親不明ながらも拾い上げましょう!数は少ないですが、花が咲くと交配系統が分かったりする場合があるので、そんな時はちょっと感動しますよ(笑)。

今期は3棚で終了しそうです。昨年よりも断然数が少ない・・・。

 

齢も重ねてきていますし、ちょっと楽させてもらいましょう。

 

と、言いながらスペースが空くと何かしらで埋まってくるんです、これが!

 

楽させたくないのは、どうも自分の様です(笑)。

雨ばかりで・・・

追加無料配布種子への申し込みありがとうございました!

 

現在20名近くの申し込みがあり、お陰様でほぼ種の行き先が決まりました。

 

パンジー・ビオラについては、ご説明した通りの種子なので出来るだけ早い段階で播いていただいて、まだある命を拾っていただければと思います。

 

アヤメ、モミジアオイ交配、ハナショウブについては、すぐに播くことも出来ますが、小苗での冬越しがネックとなりますので、防寒対策が出来ない場合は来春に播種された方が無難です。

 

これらはパンジー・ビオラと違って多年草。残りますが、「いい花が咲いたわ」とそこで満足するのではなく、種を取ってさらに代を進めてください。そこからが育種の面白みなので、エンドレスで楽しんでいただければありたいです(笑)。

 

さて、全国ニュースにもなりましたが宮崎、まあ雨がよく降りました!

 

ここ一週間ずっと雨が続いてたのですが、特に昨日は激しい雨が明け方前から昼過ぎまでずっと降り続けている有様。往年の映画ファンの方なら、黒沢映画の雨がずっと降り続いていると言えばこの臨場感が伝わるかもしれません(笑)。

 

大雨には結構慣れているのですが、これほどの雨量と長時間は初めてのような気がしました。

 

被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

 

さてさて、そんな状態のハウスの中は・・・。

移植のダメージはほとんどありませんでした。

最初の移植分です。ハウスのサイドは急に晴れた時に対応が出来ないので、ある程度開けっ放し。雨が打ち込みましたが、さしたる傷みもなく育っています。

双葉段階の苗も根付きました。ここから更に個別のポット上げが理想ではありますが、その時間が取れないので圃場植え込みの時に分けようと考えています。

とにかく光線不足で徒長気味になってしまいました。でも、これから天気が続けば回復するので大丈夫!(笑)

苗も順調だったのが徒長・・・。

 

皆さん、こんな風に伸びていたら明らかに光線不足です!でも、伸びても対応策はありますので、ガッカリしないでください。その策は後日に・・・(笑)。

 

気が滅入る天気ではありましたが、ささやかな喜びもありました!

バリサンセット×?

 

ゼフィランサスの交配が種まきから3年目に開花しました!残念ながら花粉親が不明。

 

バリサンセットはオレンジに底がイエロー、子供はほぼホワイトなので、もしかすると白花のキャンデタかもしれません。何はともあれ咲いた事が嬉しい!(笑)

左:ミニキャン実生、左:上記交配種

 

大小、ホワイトのバリエーションが増えました!

(プミラ×キツネノカミソリ・綾町産)R3-2

 

以前紹介した系統の妹株が咲きました。

 

薄紅の極小輪。このサイズであれば画期的ですが、これは球根が充実すればプミラサイズに変わってくると思います。今の時だけの淡い夢ですね(笑)。

 

台風一過と言いますので、これから更に季節が進みます。段々ウキウキしてきます(笑)。

無料種子配布への申し込みありがとうございました!&追加のご案内!

今日は朝から雨、無料種子配布の発送を一日がかりで行いました。

 

先週中に届いたものに関しては、全て発送。本日届いた分については、遅かったので対応できず・・・。でも、明日には投函できると思います。

 

申し込みがあっても多くて40名程度だろうと考えていたら、金曜日の段階で40名を越えそうな勢い、本日50名を越しました。

 

割り振りで考えていたのですが、た、足りない・・・。

 

と、言う訳で冷蔵庫から種を取りだし、嵩増しをしました。ですので、内容や発芽率が変わってくると思いますが、ご了承ください。

 

アヤメ交配もそこそこ人気!そのもの自体はネットオークションなどで流通がありますが、交配種はほぼ無いので興味を持たれた様子です。育てたものから種播きするとまた変化が出てくると思います。

 

モミジアオイ交配は結構人気!種はその交配の後代系統になりますになります。代を進めているので、そろそろ絞りであったり、多弁咲き、花型の変化、斑入りなど変化の兆しが出てくるのではないかと思います。そんな兆しのものが出ましたらご一報を!(笑)

 

ハナショウブもこれまた意外と人気!これもノハナショウブの種の流通はあっても園芸種はありませんからね。

 

さてさて、パンジー・ビオラMix、嵩増ししすぎて余剰が出ています。ですので、追加のご案内です!

 

◎無料配布種子のご案内(追加分)

 

1.パンジー・ビオラ(06~10年採種)Mix ~ 20名程度余剰

 

2.アヤメ交配実生Mix ~ 20名程度余剰

 

3.(モミジアオイ×タイタンビカス)の交配実生Mix ~ 10名程度余剰

 

4.ハナショウブ交配種子 ~ 終了!

 

以上、容をよくご確認されて、申し込まれてください。


<申込先>

〒889-2154

宮崎市学園木花台桜2-3-1


川越路可


*ご希望の種子を必ずご記入ください(ハナショウブは終了しました)。

*種子は無料ですが郵送代として84円切手を送って下さい。返信用封筒は必要ありません。

*発芽試験は行っておりません。

*外国への直接発送は行っておりません。

*1、2については大丈夫だと思いますが、3については数が足りなくなる場合もありますのでご了承ください。

 

申し込み期間:2021.9.15(水)投函分まで

 

最後のチャンスです!ご希望の方は申し込まれてください!(笑)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>