東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ

インテリアコーディネートの専門知識をもつアンティークコンシェルジュと、経験豊富な熟練した修復士の常駐する安心・信頼できるお店です。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

海水浴機とは・・?

そろそろ梅雨明け。そして本格的な夏の到来です。

夏といえば海。

 


Brighton 2010

 


今日は海に関する少し変わったもののご紹介です。


「Bathing machine/バスイングマシーン」ご存知でしょうか。強いて日本語に訳せば「海水浴機」。

主としてヨーロッパにおいて18世紀から20世紀初頭にかけて使われていたもので、
構造的には木もしくは帆布で覆われ、車輪のついた小屋のようなものです。


浜辺で乗り込み、馬によって海中まで引かれていき、ある程度の深さの場所に設置されます。内部で水着に着替え、海の方を向いた出入り口から海に入り、そこで海水浴を楽しむ・・・という仕掛け。




Sea bathing in mid Wales c.1800
(Public domain)



なぜ浜辺に小屋を建ててそこで着替えないの?と思われることでしょう。当時の水着は露出度の低い物ではありましたが、それでも浜辺であっても水着で歩き回るのは不適切だと考えられていました。特に女性は。




This 1870 illustration from the magazine, Punch, captures the awkward faux pas of opposite-sex encounters at the beach: 
"Ahem! Pray Excuse me, Madam, My Bathing-Machine I think."
(public domain photo)


そこで考えられたのが、水着になったらすぐに水に浸かれる「海水浴機」ということです。



Woman in bathing suit Germany, 1893
(Public domain)


そこまでして海水浴をする必要があるのか、と思いますが、当時は「海水浴は健康に良い」とされていましたので、余裕のある層はこぞって海水浴を楽しんでいたようです。



浅瀬にみっちりバスイングマシーンが並ぶ様は不思議な光景ですが、よく考えればプライバシーが守られるし、中に荷物を置いておけるので、当時の社会としては理にかなったシステムだったと言えるでしょう。



次に海に行ったとき、ちょっと想像してみるのも愉しいかもしれませんが、いかがでしょうか。




by N










 

パンカーダ 夏季休業のご案内

早いものでもう7月。いきなり暑い日が続いております。

 

パンカーダでは以下の日程にて夏季休暇をいただきます。

 

8月

12日(月曜日振替休日) 通常営業 12-18時

13日(火曜日) 夏季休業

14日(水曜日) 定休日

15日(木曜日) 夏季休業

16日(金曜日) 夏季休業

17日(土曜日)  通常営業 12-18時

 

 

 

写真は英国の夏、ホテルの窓から。夜に降った雨に濡れたラベンダーが綺麗にみえました・・・。

 

 

酷暑が続きますが、どうか皆様ご無理なさいませんように。

営業日に、自由が丘でお待ちしております。

 

byN

 

6月9日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。

6月9日(日)は、有楽町 東京国際フォーラムにて開催される大江戸骨董市に出店いたします。

 

お買い得なステンドグラスなどをお持ちする予定です。銀座からすぐですので、銀ブラついでにお越し下さると嬉しいです。(お買い得ステンドグラスはお持ち帰り限定でのご提供予定ですのでご了承ください)

 

9時から16時までの開催です。15時過ぎからは撤収にかかりますので、お早目のご来場がおすすめです。

出店場所は「C2-1」。会場の真ん中あたりとなります。広くて沢山の出店者がいますので、迷いやすいかと思います。もしも見つからない場合は以下までお電話ください。

 

05054746649

*出店時以外は繋がらないのでご注意ください。

 

 

雨予報がでると中止の可能性があります。ご来場予定の方は大江戸骨董市のオフィシャルサイトで状況を確認の上お越しください。


大江戸骨董市オフィシャルサイト

 

 

 

 

もしも中止の場合は、パンカーダ実店舗は家具を移動しつつ、開けることができれば開ける感じになります。


随時ウェブショップのトピックスを更新いたしますので、お手数ですがご確認ください。
 

 

ご来場を心よりお待ちしております。



by N

(大江戸骨董市には修復士Sが参ります)

パンカーダの看板が新しくなりました

もう5月。

 

東京は夏の暑さとなったり冷たい雨が降ったりして、目まぐるしいお天気ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。。

 

大雨のあとの爽やかな五月晴れの日に、パンカーダの看板が新しくなりました。

 

 

パンカーダのアンティークコレクションと、英国の大聖堂内部のドローイングを組み合わせたデザイン。

 

 

背景は英国のカントリーサイドが広がっております。ひっそりと気球が飛んでいるのにお気づきいただけますでしょうか。

 

 

パンカーダは5月3-5日はお休みをいただき、6日より通常営業いたします。ご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

by N

 

 

春には優雅なマホガニーのデスクを

東京は強い風ですね。

 

ソネイヨシノはすっかり終わったようですが、私の自宅前では八重桜が盛り。この風で花びらがいっせいに降り注いでいました。

 

 

さて、今日は前回に引き続き、もうひとつのデスクのご紹介です。


優雅なマホガニーのライティングデスク。デスクトップ両側に設えてある小さなキャビネットがポイントです。

 



向かって左手のキャビネットは縦型の仕切りつき。

 


 

 

向かって右手のキャビネットは通常の棚板仕様で、は外すことも可能です。




 

最近はデスクにPCは必須化と思いますが、このキャビネット両側のくぼみが、PCを開くのに丁度良い大きさです。とりあえずノートPCを開いておいてみました。

 



キャビネットの間は47cmございますので、大きめのモニターでも置くことができるのではないでしょうか。(ベース部分はモールディングが回っているのでもう少し狭いです)

2つある引き出しは、A4サイズがヨコ位置で余裕で入ります。

 



軽やかに立ち上がった4本の脚は優雅な曲線を描き、お部屋の中で格別な存在感をもつことでしょう。



こちらのデスクは現在ウェブショップには掲載されておりません。

 


自由が丘店頭にございますので、ご来店いただければすぐにご覧いただけます。

軽やかな春に、優雅なヴィクトリアンのデスクを手に入れてみるのはいかがでしょうか。


■英国
■主素材:マホガニー
■推定製造年代:1890年代
■サイズ:幅99/奥行51/高さ100cm
■天板までの高さ:73cm

 

by N

 

200年を経てきたジョージアンのデスク

いつの間にか4月も半ば。

遅く咲いた桜はあっという間に散って、日々暖かさを感じるようになりました。

4月からは新しい暮らしに入った方も多いのではないでしょうか。お引越しや模様替えなどで、家具を見直す方も多いかと思います。

ただ、アンティーク家具に関しては、慌てて買うよりも、生活とご自身の好みを見極めながらじっくりと探すのがおすすめです。

アンティークという特別な嗜好品と、家具という実用品。人間の生涯よりも長く在りつつも、どちらも兼ね備えたひとしなと、今この時を暮らすことは、貴方の人生に間違いなく贅沢な彩りを添える事と思います。




前段が長くなりました。今日は嗜好と実用を兼ねた、アンティークのデスクをご紹介いたします。



自由が丘の小さめ店舗に入りきらず、長く倉庫にあった物を自由が丘店舗に運んできてみました。





ジョージアンのニーホールデスク。





優に200年は過ぎた端正なデスクは、幅72cm奥行49cmと小ぶりなサイズで、小柄で品の良い英国紳士を思わせます。


実は足はほとんど入らず、膝の先くらいしか入れることはできません。そのぶん収納力は抜群で、一番上の大きな引き出し、左右に小さな引き出しが3つずつ。そして中央部のドアを開ければ、思いがけなく広い空間を持っています。




 

内部の棚板は自由に外すことが可能。

 

 

幕板と見せかけた隠し引き出しもございます。

 




限りなく美しい杢目が天板を覆う様は見飽きることがありません。


 

一般的なデスク、というよりは、収納を兼ねたサイドデスクとしてお使いになるのがお勧めです。



実はこのデスクは、個人的に「パンカーダにある家具の中で最も欲しい物」のうちのひとつ。(たったひとつには絞り込めませんので複数あります)


自由が丘店舗に来たことで、出勤するたびにウキウキと眺めております。




価格や引き出し内寸などの詳細はウェブショップにてご確認ください。

 

 

 

 

 


桜の花の見ごろは終わりましたが、駅からパンカーダの裏手まで続く緑道は新緑に溢れています。

 


店先には修復士Sが咲かせたチューリップが咲いております。



春の散歩がてら、ジョージアンの小さなデスクに会いにいらしてみてはいかがでしょうか。



by N

3月10日は大江戸骨董市に出店いたします。

3月10日(日)は、有楽町 東京国際フォーラムにて開催される大江戸骨董市に出店いたします。

 

 

9時から15時までの開催です。東京フォーラムの工事の関係で、終了時刻が通常より1時間早くなっておりますのでご注意ください。14時過ぎからは撤収にかかりますので、お早目のご来場がおすすめです。




出店場所は前回と同じ「A5-6」。やや東京駅側となります。広くて沢山の出店者がいますので、迷いやすいかと思います。以下の図を参考にいらしてください。

 

 

 

3月9日現在、10日の予報は晴れ、最高気温10度、最低気温3度となっています。風もでそうですので、冷えないようにお気をつけてお越しください。

 

 

雨予報がでると中止の可能性があります。明日は大丈夫そうですが、念のためご来場予定の方は大江戸骨董市のオフィシャルサイトで状況を確認の上お越しください。


大江戸骨董市オフィシャルサイト

 

 

 

 

もしも中止の場合は、パンカーダ実店舗は家具を移動しつつ、開けることができれば開ける感じになります。


随時ウェブショップのトピックスを更新いたしますので、お手数ですがご確認ください。
 

 

ご来場を心よりお待ちしております。



by N

(大江戸骨董市には修復士Sが参ります)

 

 

 

癒しの空間=N.Cafe

パンカーダのすぐそばに、可愛らしいカフェがオープンいたしました。


 

N.Cafe。

 



こじんまりとしたお店ですが、小さな暖炉もあり、暖かい雰囲気で溢れています。


 

木曜日の昼下がり、ワンプレートランチをいただきました。

 



野菜たっぷりで食べ応えのある優しいお味。
カフェオレは大きなカップで供され、いつまででも居たくなりました。




営業日は木金土のみですが、パンカーダにお越しの際には是非お寄りになってみてはいかがでしょうか。



N.cafe
目黒区緑ヶ丘2-4-8
営業日:木・金・土 11:00〜18:00

公式インスタグラム
https://www.instagram.com/n.cafe2024


by N

パンカーダ イースターフェスティバルのご案内

気が付けばもう2月ももう少しで終わり。


陽が落ちるのがどんどん遅くなり、桜の開花の便りを心待ちにする季節となりました。


春といえばキリスト教において重要なお祭り、復活祭/イースターがやってきます。今年のイースターは3月31日の日曜日。

パンカーダでは昨年はお休みしてしまったイースターフェスティバルですが、今年は開催いたします!期間は3月31日までとなります。





春が来る悦びに満ちた明るいお祭りに合わせ、パンカーダではご来店の皆様にもれなくミニカードをプレゼント。


イースターのみならず、4月から新しい生活を始める方に向けてのメッセージカードにしていただいてもよろしいかと思います。


そして本体価格合計5万円以上お買い上げの方はエッグハントをお愉しみいただけます。エッグの中からくじを見つけていただき、もれなくプレゼントを差し上げます!


日々暖かくなる陽ざしを味わいつつ、自由が丘散歩をお愉しみいただくのはいかがでしょうか。


ご来店を心よりお待ちしております。



by N

1月のパンカーダ店内の様子

1月に入り寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

パンカーダでは少し店内の模様替えを致しました。

 

入ってすぐにはチッペンデールのダイニングテーブルをレイアウト。

 

 

セティは少し奥まった場所に配し、おこもり感ある雰囲気に。

 

 

広々とした場所に置くのももちろん素敵ですが、小さめの空間にぴったりと置くのも良いな、と改めて思いました。

 

 

 

東京は冬は乾燥しますので加湿器が欠かせません。

 

 

皆様のご自宅でも、あまり乾燥するようでしたら、加湿器をかけることをお勧め致します。

 

 

しっとりと暖かい場所で、ご来店をお待ちしております。

 

 

by N

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>