教室の先生が苦手なクレーム対処の3つのコツとは | 高橋貴子の飛常識なパンお菓子料理教室開業集客:横浜東京
新型コロナウイルスに関する情報について

高橋貴子の飛常識なパンお菓子料理教室開業集客:横浜東京

飛常識な料理教室開業スクール Living起業アカデミー。WEB苦手を完全サポート。現役教室オーナーが教える失敗しない自宅教室開業バイブル。横浜【綱島】で開講。受講生は全国より来訪。スカイプも対応。

 

本日のテーマは、

 

「教室の先生が苦手なクレーム対処の3つのコツとは」

 

ということで、お話をしてみたいと思います。

 

 

お客様からのクレームや苦情というのは、

 

教室業など、接客に関わるお仕事をやっている場合、切り離せない問題になるテーマになります。

 

 

クレームは、必ずしもその先生ご本人が悪くなくても、発生してしまうというケースもあります。

 

もちろん、ご本人の対応の問題で起こるクレームもありますが、そうでない場合もあるという事ですね。

 

 

ですので、クレームが100%全くゼロというのは想像しがたいと思います。

 

ご本人が完璧なサービスをやっているつもりでも、

 

人というのは、その人の価値基準で受け取りますので、

 

そもそも判断の基準が違うからです。

 

 

 

とは言え、防ぐ準備はもちろんした方が良いのです。

 

それでも発生してしまった後に、どう対応するのが良いかを知っておくのが大事だということですね。

 

 

 

続きはコチラから

https://ss-bible.com/mind/3711/