元パチンコ店長が語る「業界話」と「オンラインカジノの日々」

元パチンコ店長が語る「業界話」と「オンラインカジノの日々」

パチンコは立派なエンタメ企業!
大手パチンコ店勤務、業界歴11年の元パチンコ店長が語る業界の話と、オンラインカジノについて。

前回は、地区組合に加入していなかった(組合に入れてもらえなかった)為に、警察(生活安全課)から嫌がらせを受け、営業許可を受けた住所が、50文字以上もある長いものになったという話でした。

その続きです。


他にも、地区組合に加入できなかった店舗が、警察(生安)の嫌がらせを受けた事例として、新台入替の許可が下りなかった事がありました。

不許可となった理由は、新台のうち1台の玉が飛ばなかった為です。

その為、非はその店舗にあるのですが、通常は玉が飛ばなかった台のみ検査の受け直しになるのが普通で、一緒に書類提出した遊技台すべて(50台以上)を不許可にするというのは、聞いたことがありませんでした。

もちろん、新台入替のチラシを打ってしまっているので、新台目的で来店したお客様の対応で、お店は大変だったそうです。
(概ね、次の検査を受ける事ができるのは約1週間後です)

クレーム対応


他にも、この店舗は、地区組合や生安から嫌がらせを受け続けました。

例えば、政治的な会合(G7とか)や地域の祭りなどがある場合、警察は警備に駆り出されるので、パチンコ店は新台入替や、書類提出を自粛する事があります。

地区組合に加入していれば、自粛期間や、生安の予定(要望)などを教えてもらえるのですが、その店舗ではそれらを教えてもらえませんでした。

その為、自粛期間を知らずに警察に書類を出しに行ってしまった所、生安の担当者から恫喝されたそうです。

以降、この担当者からの風当たり(嫌がらせ)は壮絶を極め、さらにもう一回、新台入替が不許可になる事がありました。

続く・・・。


[ 補足 ]
地区組合について、もう少し説明をしておきます。

地区組合は、その地域のパチンコ店の店長(もしくはオーナー)が集まった組織ですが、どの店でも加入できるわけではなく、組合長やその地域の店長(オーナー)が許可しないと加入できません。

つまり、昔からその地域でパチンコ店を営んでいる店長(オーナー)は、今までの利権を守る為に必死なので、その地域にコネを持っていない企業は排除される傾向にあります。

なお、基本的に組合長が大きな権限を持っていることが多く、表面上、合議制に見えても基本は独裁制です。
(あくまでも私見です)

昔、マルハンが新店をオープンする際に、銃弾を撃ち込まれたことがありましたが、あれも利権がらみだと思われます。


人気ブログランキングでも、(一瞬でも)1位を獲得を目指しています。
達成できたら、1日30分の作業で、アメブロのパチスロジャンル1位を獲得した戦略・戦術を公開予定、"ポチッ"とお願いします。ビックリマーク
↓↓↓

パチンコ・パチスロランキング
前回は、地区組合に加入しようとしても、断られる事があるということ、

地区組合に加入してないパチンコ店は、警察(生活安全課)からの風当たりが強くなるという話でした。

その続きです。


警察(生安)から見た場合、地区組合に加入しないようなパチンコ店は輪をみだす問題児です。

その為、生安の風当たりも自然と厳しくなります。

実際に、勤めていた会社が生安から受けた嫌がらせで、営業許可を受けた住所が、お経のように長い事がありました。

般若心経

例えば、普通なら、

東京都千代田区霞が関2丁目1-1
(上記は警視庁の住所)

のような住所ですが、

生安から営業許可をもらった住所は、

東京都千代田区霞が関2丁目第二区画測量地帯内第一特定土地区画第三ターミナル内第一区画三番地

といった漢字の羅列が50文字以上続くものでした。
(上記の住所は例なので、実際に存在するわけではありません)

なお、このお経のように長い住所は、お客様向けには公開せず、警察に提出する書類で使用します。
(お客様向けに公開する住所は、普通の住所があります)

今は、パソコンが普及したこともあり、警察書類もワード(word)で作るのが当たり前になったので、このお経のように長い住所でも苦ではなくなりましたが、

自分が一般社員だった頃の(警察)担当者は、ワードで作った書類を認めなかったらしいので、フォーマットが決まっている書類に関しては、全て手書きで書類を作っていました。

つまり、お経のような住所を毎回、手書きしていたということです。

なお、最低でも月2回は新台入替をおこなうので、その度・・・。

他にも、変更届もよく提出するので、手書きする頻度はもっと高かったはずです。

続く・・・。


[ 補足 ]
なお、このお経のような住所になるのは、新しく田畑や林などを開拓して、パチンコ店を建てる時になるようです。

もちろん、そういった開拓をしてパチンコ店を建てたとしても、普通はきちんとした住所をもらえます。


[ 補足2 ]
少し、警察(生安)の立場で考えます。

パチンコ店を新しく建てる時、大なり小なり、必ず会社にクレーム電話がきます。

そして、警察にも

風紀を乱すようなモノは排除すべきだ!

といった抗議の電話がかけられます。

警察はそれらの対応をしているので、その元凶を生み出すパチンコ店は鬱陶しい存在であることは理解できます。


人気ブログランキングでも、(一瞬でも)1位を獲得を目指しています。
達成できたら、1日30分の作業で、アメブロのパチスロジャンル1位を獲得した戦略・戦術を公開予定、"ポチッ"とお願いします。ビックリマーク
↓↓↓

パチンコ・パチスロランキング
前回は、警察という組織は怖いな~という話でした。

では、本題に入っていこうと思いますが、その前に注意事項を・・・。

都市部と地方、東日本と西日本では、業界を取り巻く仕組みが違う場合があります。

その為、このブログで書かれている内容が、お住まいの地域に当てはまらないこともあるのでご留意ください。


さて、ご存知の方も多いと思いますが、パチンコ業界には、組合というのが存在します。



この組合というのは、各都道府県ごとにある県遊協と、地区ごとに設置されている地区組合があり、多くのパチンコ店は地区組合に加入することになります。

まず、「何故、地区組合があるか?」なのですが、

一つは、警察(生活安全課)との連携を深めるためと、もう一つは、共存共栄の為です。

例えば、地区組合では新台入替のルールが決められていることがよくあって、

・新台入替の前日は必ず休みにしなければいけないとか

・新台入替は、2週間以上空ける必要があるとか

・競合する地域内では、新台入替が出来るホールは1日3店以内とするとか、

こういったルールが、各地区組合で定められています。
(ルールが全くない組合もあります)

つまり、中小規模のパチンコ店は、資金力のあるパチンコ店には勝てないので、新台入替の回数を制限したり、店休日を設けなければいけないといったルール(縛り)を作ることで、大手が市場を独占しないようにするのです。

ただ、地区組合への加入は任意となるので、組合に加入しないパチンコ店もあります。

もちろん、組合に加入していなければ、組合のルールは守る必要はありません。

じゃあ、資金力のあるパチンコ店は、地区組合に加入しないのではないかと思われがちなのですが、実際は加入したくても、加入できないことの方が多いです。

つまり、加入したいと言っても、地区組合側から加入を拒否られます(特に地方は)。

んっ?!、資金がある大手には地区組合に加入してもらった方が、中小規模のパチンコ店にとっていいんじゃないの?」と思いますよね。

そう話は単純じゃないんです。


もう一つの地区組合の役割って、何だったか覚えてますか?


そうです。

警察(生活安全課)との連携を深める為です。

なので、地区組合と警察(以降、生安と書きます)は協力関係にあります。

ということは、地区組合に加入していないパチンコ店は非協力的ということで、生安にマークされます。

つまり、生安から嫌がらせを受けることになるのです。

続く・・・。

[ 補足 ]
自分がパチンコ店で店長をしていた5年以上前の話なので、今は組合の在り方も変わっているかもしれません。


人気ブログランキング、(一瞬でも)1位を獲得を目指しています。
達成できたら、1日30分の作業で、アメブロのパチスロジャンル1位を獲得した戦略・戦術を公開予定、"ポチッ"とお願いします。ビックリマーク
↓↓↓

パチンコ・パチスロランキング
実は、アンケート欄を作っておきながら、ずっと放置していたテーマ(リクエスト)があります。

それが、

パチンコ店と警察の癒着について

です。

何故、放置していたかというと、このテーマに触れるのが少し怖かったからです。

警視庁

(警察官というより)警察という組織は、

警察正義

だと思い込んでいる節があり、

あくまでも自分の考えですが、一番手に負えない人間(組織)は、

自分 is 正義

だと思っている奴です。

例えば、チンピラやゴト師、マナーの悪いお客様などは「出さない店が悪い!」という責任転嫁をしますが、多少の罪悪感はあるので、揉めたとしてもフルスイングで殴りかかってくることはなく、大概は威嚇ですみ、話し合いで解決することが多いです。

一方、「自分 is 正義」だと思っている人間は、話し合いの余地すらなく、(暴力ではなくても)躊躇なくフルスイングで襲いかかってきます。


さて、何が言いたかったのかというと、

(自分を正義だと思っている集団(組織)≓)警察は怖い・・・」ということです。

その為、これから書くことは自分から見た場合の視点である事、自分が勤めていた会社に迷惑をかけてはいけないので、あえてフィクションを混ぜていることをご留意ください。

次回から、本題に入りたいと思います。


[ 補足 ]
閉塞した組織内で発生する"正義感の恐ろしさ"がわかる漫画。

【漫画】警察官をクビになった話
https://www.keikubi.com/entry/2018/10/28/175934

なお、作者の方が警察官になれなかった事に対しては、(警察学校の)正しい判断だと思います。


人気ブログランキング、(一瞬でも)1位を目指しています。
もし達成できたら、1日30分の作業で、アメブロのパチスロジャンル1位を獲得した戦略・戦術を公開予定です、"ポチッ"とお願いします。ビックリマーク
↓↓↓

パチンコ・パチスロランキング
明日で、アメブロを始めて1年が経過。

実は、ブログを始める前に目標を作っていたのですが、

それが、

アメブロのパチスロジャンル1位獲得(達成)

にほんブログ村ランキング1位獲得(達成)

人気ブログランキング1位獲得(未達)

でした。

お陰様で、2つの目標は達成することができました。

また、1日の最高PVも111,970を記録することができ、アメブロ総合ランキングでも、25位を獲得することが出来ました。




ちなみにブログを始めたきっかけは、

パチンコ店長時代に、ブログを書いて集客するつもりでしたが、業務が忙しくて全く更新できずに挫折したので、リベンジをしたかったからです。

あと、自分たちの世代(バブル後の氷河期世代)は、一部のエリートを除いて、50代でリストラされると思っているので、その対策として始めました。

このような経緯で始めた、

元パチンコ店長が語る「業界話」と「オンラインカジノの日々」

ですが、1日に30分程度しか時間が取れない環境のなか、想定以上の結果が出たので、少し自信を持つことが出来ました。
(ただ、オンラインカジノの実践記を書くと、記事が非公開になる事は想定外でしたが・・・。)


さて、狙って、ある程度の結果を出すことが出来たので、その時とった戦略・戦術をブログもしくは、PDFで公開しようと考えています。

もし、その戦略・戦術に興味があったら、"ポチッ"と押してくれると嬉しいです。
人気ブログランキングでも、(一瞬でも)1位を獲得できたら、ブログやPDFで戦術を公開します。ビックリマーク
↓↓↓


パチンコ・パチスロランキング


[ 追記 ]
ちなみに、最初に書いた記事がコレ。


遠隔操作に関する記事。

パチンコを毛嫌いしている人の中には、"嘘"や"妄想"をまるで事実かのように書いている人がいるので、最初は絶対に遠隔操作について書こうと決めてました。


暇つぶしになった、面白かったな・・・と思ったら、"ポチッ"と応援お願いしますビックリマーク
↓↓↓

パチンコ・パチスロランキング