八王子高尾 ピアノ教師 の日記

桐朋学園大学ピアノ科卒業後個人でピアノを指導しつつ演奏活動を続けております。八王子市高尾駅より徒歩5分です。
皆様と音楽やピアノについて、交流ができれば幸いです。ピアノについてのご質問等も是非お寄せ下さい。
oyuki42koba☆yahoo.co.jp ☆を@にかえて下さい。


テーマ:


プレインヴェンション苦手!

インヴェンション無理!


シンフォニアを前にして絶望!


レベルや経験に無関係でバッハ苦手という方が多いです。
しかし、良い演奏に近づきたいと願うならバッハは避けて通れません。

多くの生徒さんが苦戦します。
苦手意識から嫌いになったり、ピアノをやめる事になっては本末転倒です。


私の所で初めてピアノを学んだ生徒さんは、ほとんどバッハに拒否反応がありません。

はい、すみません。自慢です。

なので、「バッハへの道」を考えてみます。


今練習している曲を見てみましょう。バッハでなくて良いです。
楽譜はシューマンの有名な「トロイメライ」です。

http://www.youtube.com/watch?v=i2K5-x2BgPQ


「歌う」という事をもう一度意識して下さい。
一番解り易い例として、スラーを確認して下さい。

音符の上にある、龍のヒゲの様なものです。

1394586731960.jpg


「なめらかに」、「音をつなげて」、と習います。
文章の句読点の様なものと考えて構いません。

スラーがあれば、そこは一息で歌います。

会話に例えてみましょうね。
1、「うわぁ~、これ、きれいねぇ~」
2,「うわぁ~、これきれい、ねぇ~」

少しニュアンスが違ってきます。
1の、「ねぇ~」はため息まじりかもしれません。
2の、「ねぇ~」は誰かに同意を求めているのかもしれません。


これがスラーの意味する事です。


そして、次ここが重要です。

スラー開始は、きちんと意志を持って歌い始める事。

例え、もやもやを表現していたとしても、ピアニシモでも同じです。

そこからきちんと歌うのだ!という習慣をつける事が大切です。
(何となく弾き始めるは、絶対いけません)

そして更に重要な事です。

スラーの最後は必ず丁寧に終える事。
例え、フォルテシモでも、引き裂かれる様な終わり方でも同じです。

決して無意識に弾いたり、勢いに任せず、自分でコントロールする事が大切です。


うわぁ~っ!これぇっ!きれぇっ!
聴き苦しいですね。これではいけません。

スラーの最初は意志を持って始める事。スラーの最後は丁寧に終える事。

これは、例外なき大原則です。絶対守って下さい。


ある程度のレベルの方は、曲の中に多くのスラーがあるでしょう。

左右の手を問わず、それを全部徹底す
る事が本来必要です。

入門の、音の少ない時から徹底する必要がある、大切な事です。
なので、うるさく注意してます。・・・再度自慢です(笑)

それをおざなりにして曲を進めた方は、レベルと不釣合いにバッハが苦手です。


とはいえ、大変難しいです。再度トロイメライ見てみましょうね

頭がおかしくなりそうですね


そう、これ、大変な難曲なのです。

1394586731960.jpg


なので、まずはできる所から見直してみましょう。
そして、それを少しずつ増やして下さい。

ん?なんでそれがバッハへの道なの?

2声、3声、独立してきちんと歌わなくてはなりません。

バッハを勉強された方は、曲の隅々までいかなるパートも丁寧に歌います。


まずは1つのフレーズで良いのです。丁寧に歌う習慣をつけましょう。

次回は、「楽譜に隠れた歌を見つける」事に続きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

yukikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。