およびごしながらZ

およびごしながらZ

引き続き、私、はしの「及び腰ながら前のめり・・・」な日々を
こっそりと世に発信しているページです。

はしと申します。

2017年ありがとうございました!!
2018年もよろしくお願いいたします!



ブルドッキングヘッドロックvol.29
『田園にくちづけ』
http://www.bull-japan.com/ 


全日程終了いたしました。ありがとうございました!


今後ともどうぞよろしくお願い致します(^^)

テーマ:

最近、仲良くしていた友人と友人宅の猫が引っ越してしまうので悲しみにくれていたのですが、帰宅してメダカを見たときとても癒されました。


元気に泳いでいてかわいい。


動画を撮ってみました。

素早いところを撮ろうと思って。


前回、メダカにも色んな性格がある、って書きましたが、当たり前ですね・・・。

分かりやすいのは、臆病なのとそうでもないのと、鈍感なんだか何なんだか堂々としてるのとか、そういうところです。

 

臆病なメダカたちは、私が近づくと、光のような速さで逃げます。

ヒュン!ヒュン!ヒュン・・・!

(全く動かないときもあって、それは寝ているのかな、と思います)

 

いつもエサをあげているのに、そんなにパニックになって逃げなくても、と思います。が、おそらく水槽を変えるときなどに、

「この大きな生き物(私)が僕達(メダカ)を追い回した・・・!恐ろしかった!」

と、トラウマになっているのでしょう。

 

動画貼り付けるので、よかったらその素早さをご覧ください。

そういえば、メダカの動画をUPするのは始めてかも。

 

アメブロの設定、いまいちわかっていなかったからか。放置していたし(^^;)

 

 

 

全然早くないですね…でも少しヒュンってしてますね。

ほんとは瞬間移動のように早いです!

早すぎて動画撮れないわ!


これが何匹も一斉にヒュンヒュンすると、何かの図形が書けるような、いつも見るたびにそう思っています。


テーマ:

10年ぶりの再会…タップシューズ!
カビだらけになっていなくて良かった。
感動…ずっと練習したかったので。



近所の教室、3箇所の体験レッスンを巡って、一番丁寧に指導してくれたところに通うことに決めた。家から一番近く、それも通い続けるには大事な要素だと思うので嬉しかった。レッスン料は3箇所の中で一番高かった。

先生は女性で、結構なお年だとは思うけれどいくつなんだろう。姿勢がすごく良くて、厳しい感じかと思いきや、おっとりもしていてとてもキュート。でも、「違う違う」と違っているとすぐ指摘してくれる。どうして出来ないかもきちんと説明してくださる。

他の生徒さんも私の母くらいの年齢かしらと思うような方もいらして、たまにおしゃべりが弾んで開始時間を過ぎることもある。全員女性。元気なおば様たちに混じっておばランドの私もタップを踏む。

ちょうど同時期に入った方があと2人いらっしゃって、他の方とは別メニューを新入り3人で確かめながら出来るので、すごくラッキーだったと思う。

足が思うように動かなくてもぎり取りたくなるときもあるけど、なんとか追いつけるようにがんばろう。

しかしやはり週一回だけではなかなか先へ進まず。字手練したいと思っても、家ではやはりドタドタ響くし、先日、事務所のスタジオでためさせていただいたのだけど、やはり床が平らでないと難しいということが分かった。コンパネかせめてベニヤがあれば出来るかなぁ。
ネットで調べると、マイタップ板を自作してらっしゃる方もいて面白かった。自分でも出来そうなものもあり、考える。

そろそろ2ヶ月、という頃、私はそのクラスに通えなくなってしまった。新しい仕事が土日休みなので、平日のそのクラスには通えない。替わりに渋谷のスタジオで同じ先生が受け持っているクラスへ通うことが出来るんだけど、あの水曜昼の新入り3人組みで一緒に出来ないのは残念。たぶん8月から復帰できるとは思うのだけど…。

実は今、研究所時代の仲間と一緒に練習できないかな、と考えていて、だって結構な人数いるはずで、当時の音源とか持ってたら、そのまま流せばみんな出来るはずだから、自主練習の会をしたい。ちなみに私はわすれてしまったステップがありすぎて、あと「タタタタ、タタタ、タタタタ・・・」と音だけ覚えているステップもある。すごく聞きたい・・・!教えていただきたい…(^^;)

みんなに声かけてみようかな。


テーマ:
メダカたちは冬を越しました。

しかしながら、1番小さかったメダカちゃんは春先にいなくなっていました。元気だったけど、どこを探してもいないので死んでしまったようです。せっかく冬を越したのに…

↓小さいメダカたちの水槽。防寒対策のネット。


以前36で書いたようにその他に、大人1匹、高校生くらいの白メダカが2匹いまして、大人メダカ最後の生き残り1匹さんは、なかなかの長生きでした。いつも元気で、私が近づいても逃げるどころか、エサだと思って近づいてくるし、よく食べる。かわいいやつでした。
なので先日帰宅して水槽を見たとき「あっ!」と声をあげてしまいました(いつものパターンですが)。
元気だった大人メダカがひっくり返って沈んでいたのです…
寿命だと思います。今までありがとうよ。あの世で仲間たちと泳いでおくれ。

これで、ちびメダカ1匹、子メダカ2匹、高校生くらいの白メダカ2匹、になりました。
ちびメダカと子メダカは大きさがほぼ同じだったので、一緒にすることにしました。

大人メダカ用の水槽が空いたので掃除して、でも周りについた緑の藻みたいなのって簡単に取れないんですね。魚には良いらしいので残しておくことにして、ここへ一緒にした子メダカ3匹、大きくなってもらうことを期待して、引っ越しました。

高校生の白メダカ2匹は現状維持。

水槽が4つから2つになりました。 
※中央黒い石の上に2匹写ってます↓


広い水槽でのびのび育ってくれ。
これからは暑くなるので気をつけないと…高校生メダカ達ももっと広いところへ引っ越し考えなきゃな。

テーマ:
家に帰って来ました。
旅は終わりました。
お騒がせしました。

瞑想するSPAC役者の皆さん…瞑想!

下の写真はしりあがりさんのイラストの旗。あちらこちらに。

ふじのくに⇄せかい演劇祭2018改めて素敵なお祭りでした。


本当はもっと沢山お芝居観たかったけど、それでもストレンジシードで沢山のパフォーマンスを観ることが出来て大満足。
チケットも持たず勢いだけで来てしまい、一人不安な気持ちで静岡の街をウロウロした去年とは大違いでした^_^;
計画は大事。

何より、15年ぶりの「マハーバーラタ  」を観ることができた。こんなことはなかなか無いです。
15年間、私の中のNo.1で、でも、そのことを話してもク・ナウカを知ってる人も「マハーバーラタ  」を知っている人も周りにほとんどいませんでした。でも今は話題になって沢山の人が知ってる!
嬉しいな!
私の中のNo.1は相変わらず東洋博物館で観たク・ナウカ版ですが、2018のマハーバーラタも大変美しく楽しく心揺さぶられました。木に移る神々の影。大きくて本物の神様が降りて来たみたいだった。はぁぁ…ため息が出る。

このシリーズので、今まで何百本のお芝居を観て来たって書きましたが、書いてて、そんなに観て来たのか…と思います。多分1000本以上観てきたんじゃないかな…せ、1000本…(・・;)

大学生の時先輩に、面白い芝居ばっか見てないでつまらない芝居を100本目観ろ、と言われ、もう100本以上面白いのもつまらないのも観てきたけど、私の中に勉強する気持ちが(持っていたつもりだけど)、今思うと全然足りなかったんだな。
これからどう生きるか。

私にとって人生の節目となる2018年、のGW。

一緒に旅してくれた丹ちゃん。現地で出会ったみっちょさん工藤ちゃん。SPACの布施ちゃん、宮城さん。焼津の方からコップをリュックに詰めて来てくれた画家の間野君。浜名湖のほとりで温かく迎えてくれた阿部さんご夫婦。
皆さん本当にありがとうございました。

素晴らしい旅にすることが出来ました。


帰宅して家計簿にメモメモ…まずはぷぅ脱却です。ぷぅって世界に向けて発信するのは結構勇気が要りますね(当たり前だ)。

2日間で16回の更新…^_^;
最後長くなっちゃったけど…読んで頂きありがとうございました!!

テーマ:
12の続き、去る者追わずの話です。
一人で宿泊するはずだったのが、丹ちゃんと2人になり、当日現地で遭遇したみっちょさんと工藤ちゃんも泊まることになり(空室があったのです!)、4人で同じカプセルホテルに泊まることになりました。
終演後、街中で夜ご飯を食べて、夜道を35分ほど歩いて、楽しかったけどチェックインしたのが0時すぎ。
それからお風呂に入って(みんなで温泉♩)、寝て、起きて、私が顔を洗いに行くと、みっちょさんがチェックアウトするところでした。昼から東京で用事があるのでもう帰らねばならないそうで、また!と挨拶。
その後、丹ちゃんと私はカプセルが隣同士だったので、一緒にチェックアウトしましたが工藤ちゃんがいない。
ロビーの女の子に「工藤ちゃん?」と呼びかけるも振り向いた彼女は違う人でした。建物出たところにも女の人が!なんだこっちか!「工藤ちゃん!」ところがこちらも髪の長い別の女性でした。髪の長さ全然違うじゃん!スミマセン…

とにかく工藤ちゃんはいなくて、きっともう旅立ったのだろうという結論に達し、連絡を取るなどという野暮なことはせず、私たちは街に出ました。
11に続くわけです。時系列が…(TT)

昨日あんなにしゃべっていたのに「またね」も何もなく居なくなってて面白かった(思い出し笑いしてしまう…)。みっちょさんもいない…。
昨夜の出来事は本当にあったことなのかしら。

旅は面白い。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス