行くどー!今週末もキャンプじゃ!!!

行くどー!今週末もキャンプじゃ!!!

ほとんど毎週キャンプに行っている我が家のキャンプ日記です。
一番行った時は、年67泊。一年の内に2か月は外泊…(笑
最近は、冬はスキー。それ以外はキャンプ&車中泊旅三昧。
帰り道はプチ観光を楽しんでいます。

さぁ~て、今週末はどこに行こうかな~?

キャンプを始めて今年で16年目。15年間で712泊平均すると…年間47.5泊

ほぼ毎週キャンプとなり、1年のうち2ヶ月はテン泊。

1年目(2003年)には、11泊 。2泊目は四万十川 でした。(笑

2年目(2004年)には、25泊 。GWは四万十川 へ、夏休みは北海道 へ!

3年目(2005年)には、60泊 。GWは九州 へ、夏休みは北海道 へ!

4年目(2006年)には、48泊 。なんと初めての雪中キャンプまで…(大汗

5年目(2007年)には、37泊 。次女キャンプデビュー。デビューキャンプでおたふく…(凹

6年目(2008年)には、32 。全て長女と父子キャンプ。

7年目(2009年)には、39 。次女が再デビューし、原点回帰のファミリーキャンプ。車中泊で2度の東北旅 も!

8年目(2010年)には、56泊 GWは東海・北陸 へ、夏休みは四国・中国 へ、SWは愛知へ

9年目(2011年)には、52泊 。夏休みは四国・中国を通過して九州 へ。SWは勢い余って岐阜へ!

10年目(2012年)には、67泊 。冬はスキーで17泊!GWは東海・紀州 の旅。夏休みは、四国・淡路島 の旅~♪

11年目(2013年)には、43泊 。そのうちスキーで11泊!GWは信越・北陸 へ。年末は…初めての沖縄!

12年目(2014年)には、58 。年始は沖縄旅 !GWは立山 へ。夏休みは北海道 、そして年末は南九州旅

13年目(2015年)には、59。長女が高校受験ではあったけど、年始は南九州旅、GWは能登半島、SWは紀伊半島旅

14年目(2016年)には、62。GWは信越旅、夏休みは次女とフェリーで四国旅、年末は長野をぐるっと囲んで包囲網

15年目(2017年)には、63泊。GWは久しぶりの東北旅、夏休みは初青森泊、年末は城巡りの後初京都泊。

NEW !
テーマ:

【6/2 2日目⑫】

 

 

ってことで、氷壁の宿 徳澤園。

氷壁の宿ってのは…井上靖さんが書いた氷壁の題材?となった宿ってなことですな。

 

 

徳澤園の外壁には…

CAMPSITE CHECK-IN COUNTERとある。

下にも書いてあるけど、キャンプ場受付なのだ。

 

 

ほれほれ。

玄関入ったところに受付があるのだ。

まだ受付してもらったことないけど、いつかはここで!と思ってるんだな。

 

 

まあ、こんな立地のところなので、キャンプだけって方よりも山に登るぞー!って方の方が多いだろうし、だとすると早朝撤収・出発がマストだよね~

だからこんなものがあるんだね。

まっ、逆に言えば、キャンプの受付をするとタグが渡されるってことだけど。

 

 

宿の隣には売店もあるでよ。

中に入ってみると…

 

 

ガスカートリッジまで売ってますですよ。

気温が下がるからホッカイロもあるし。

至れる尽くせりですな~

 

 

ちとお値段高めだけど、ジュースの自販機もあるし…

 

 

ビールの自販機もあるぞ。

一晩で売り切れたりしちゃうのかな?

どうなんだろう?

 

 

そうそう。

もちろん水もあるでよ。

食堂もあるから、現金さえあれば食材・飲料持たずにキャンプもできちゃうかも!?

 

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 

 

 

 

 


テーマ:

【6/2 2日目⑪】

 

 

いや~随分と歩いてきた…あとどれくらいなんだろ?と、GoogleMapを立ち上げて、大まかな距離を把握しようと思っても圏外…

んじゃ、まだか。歩くか…を数度繰り返し。

気がついたら看板が。

あわわ。もうほぼ徳沢じゃないか!

 

 

 

ほれほれ。

日本アルプス 徳沢ロッヂだぞ。

てことは、もう徳沢だぞ。

なんて思いながら歩いていたら、目の前が急に開けた!

 

 

テント!

 テント!

  テント!

   でも、自分はテント持ってきてねぇ~orz

 

 

しかし…

やはり山岳テントの世界。

モンベルのステラが多めね。

あとは…アライテントかな?

こうやってみると、黄色いステラが多いな。

これじゃあ、酔っぱらってたり、暗い中だと自分のテントが分からない恐れがあるよな~

でも、最近、色違いのフライも売りだしたから、これからは大丈夫なのかな?

 

 

しかし、テントの先にはこんな建物があるんだよね。

ある意味高規格キャンプ場なのかもしれぬ…

泊まったことないからわからないけど…

 

 

 

 
ほらね。
最近は4色に増えたらしいんだよ。
自分のは黄色だけど…

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 


テーマ:

【6/2 2日目⑩】

 

 

そして、森の中を進む。

やっぱり人数が減ってるから、先を歩く人も減るし、反対に歩いてくる人も減る。

しかも、前回来た時に、クマが出没した区間に入ってくるから、また心細かったりして。

でも、遠くではあるけれど、人気があるってのはほっとするもんなんだな。

 

 

ET?

それともアンパンマンのまゆと目と口を除いた状態?

なんだかそんな風に見えてしまう。

 

 

しばらく歩いていくと、パッと視界が広がる。

山はやらないので、奥の山がなんていう名前なのかはわからない。

でもまあ、こうして山を眺めるのもいいもんだ。

しっかしな~次女も大きくなっちまったな~

でも、こうしてみると、思ったより足が長いな。

とても自分の子とは…(爆

生憎、胴の方が長くてね。

 

 

ふと、天を仰ぐと、そこには飛ぶ物体が!

いや、人が!

一瞬、あの背中にでっかい扇風機をつけて飛ぶタイプかと思ったら、無音で旋回しているから違うタイプだね。

しかし…このあたりだとどこから下りてくるんだろ?

 

 

なんて眺めていたら、下りてきた。

逃げろー!なんてね。(笑

でも、上高地では初めて見たかも。

ここだと、人力で上がって飛んで下りてくるんだろうな。

今まで見たのは、だいたい山頂まで車で上がっていって飛んで下りてくるのがほとんどだった気がする。

そういう意味では、自力であがるわけだから、その一本、一本が大切な気がする。

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 


テーマ:

【6/2 2日目⑨】

 

いざ、徳沢へ!ってことで、明神から先へ進む。

いつも思うんだけど、大正池-河童橋-明神池辺りは観光客も多く、歩いている人も多いんだけど、明神から先になると、ガクッと人数が減る。

確かにツアーとかで来ている人も多いだろうから、そういう人はたっぷり時間が取れないんだろうな~などと勝手に思ってる。

幸い、我が家は時間の制約のない旅なので、思う存分いられるんだけどね。

 

 

んで、進むのは、相変わらず林の中って感じ。

でもね、これが面白いのよ。

普段見慣れない草木を見ながら行くのがね。

平日はなかなか一緒に過ごすことのできない娘と二人きりで歩くってのもいいものでね。

普段聞けない話を聞いてみたりね。

 

 

んで、歩いていたら、なんともかわいらしい葉っぱがあったのでパシャリ。

これはなんという植物なんだろうね?

このほかにも…

 

 

こんな葉っぱもあったよ。

なんていうのか、こんな二階建てのようになる葉っぱなんてあるんだね?

自分の知ってる草花では、茎は茎で、葉っぱは茎から生えてるんだけどね。

葉っぱを通して茎が伸びるなんてのは知らないな~

 

 

と、思ったら、こんな風に葉っぱの上に花の咲くものも。

でも、3枚の葉っぱだから、葉っぱの上ってのは適当じゃないかも。

にしても、見たことない。

 

 

と、思ったら、さらに難解な葉っぱが…

下は8枚の葉っぱなのに、上は4枚。

しかも、葉っぱの中心から、伸びてるし。

ん~、知らない事いっぱい。

何度か上高地に来て、徳沢まで歩いてるけど、認識したのは初めてな気がする。

覚えてないだけってのもあるかもしれないけど。(爆

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 


テーマ:

【6/2 2日目⑧】

 

小梨平キャンプ場を越えると…そこは上高地国有林。

って、看板があったからそう書いただけだけどね。

大正池から、ずーっと林の中でしたよ。河童橋付近を除けばね。

 

 

そろそろ熊鈴を…

ってことで、次女につけてみた。

って…この鈴はどこかで拾ったものなんだけどね。

カウベルタイプの鈴を2つ持ってたんだけど、1つはどこかにいっちゃったから、その代わりにね。

 

 

んで、先へ進んでいくと…うわっ!てな場面に遭遇。

いや~すげぇな。白レンズ奥にすんごい奴が!

あんなにでっかいレンズだと、どれくらい遠くのものまで撮れちゃうんだろ?

まあ先立つものが…なんですけどね(爆

 

 

そんなことをしているうちに明神に到着。

さて、ここで少し休憩して、徳沢に向かうべ。

 

 

ってことで、おにぎりパクっといったら出発です!

 

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 


テーマ:

【6/2 2日目⑦】

 

 

えぇ~それでは、小梨平キャンプ場のレポに行く前に…事件現場です。

実はここ…と書きだそうと思ったんだけど、はて?Blogで書いてなかったか?と検索したら、書いてました…

 

幼い日の思い出を確認 2016夏旅前哨戦 まずは家族で上高地③

 

まあ、上のリンク先に跳んでもらえれば書いてあるんですけど、プラスアルファも含めて書くと、長女が小さいころにこの川で愛用のおしゃぶりを落としたんです。

橋の上から川を眺めてみたら、魚が泳いでいたので、興奮のあまり魚を指さして「おしゃかなー!」と。

その瞬間、口にしていたおしゃぶりがポローンと川に落ちちゃったんです。

その後、どんぶらこ~どんぶらこと、梓川の方へ流れ出ていきましたとさ。という事件があったんです。

実は、この後の後日談もありまして…

もうね、おしゃぶり中毒というか、おしゃぶりがないと口さみしい状態だった長女。旅先で失くしたら大変だー!ってことで、前々から2つ持たせていたんです。

なので、寝ているときは、口におしゃぶり、片手におしゃぶり。

加えていて、温かくなってきたら、手に持つおしゃぶりと一瞬で取り換えるなんて技も習得してたりして。(笑

んで、この時も2つ目のおしゃぶりがあったんで、難をしのげたんです。

1つは自分の目の前で、しかも自分が落としちゃったのが理解しているのか、2つ目がないじゃないか!と怒られることはなかった。

んで、その2つ目。

実は、親としてもおしゃぶりを使ったのは失敗だったんじゃないか…と思っていたところだった。

だって、おしゃぶりがなければ寝てくれなかったりするからね。

 

上高地で1つ目のおしゃぶりを落としてからしばらくして、今度は自宅のトイレでポチャーンと落としちゃったんだよね。2つ目。

もうね、これ幸いと、トイレはうんちやらおしっこやらが流れるところだから、そこに落ちたら口にはできないということを滔々と説明したら理解してくれたらしく、その晩からおしゃぶりがなくても寝てくれました。

しかしまあ、小さいころだったのにも関わらず、やっぱり人間理解するってことが大切なんだと気づかされました。

なので、次女にはおしゃぶりは一切使ってません。

あれ?話の流れが変だけど…まあそういうことで。

 

 

んで、事件現場を通り過ぎると、そこは小梨平野営場。

看板には「小梨平野営場」と書いてあるけれど、左側の立て看板には「小梨平キャンプ場」とある。

だから、どっちでもいいってことだよね?

 

 

今日もみなさん張ってます。

って、まだまだ午前中なんだけど…

昨日から張ってるのかな?それとも…朝一で上がってきて張ってるのかな?

それとも、今日、山から下りてきて張ってるのかな?

山をやらないから、よくわからないんだけど、どう見ても山登り系テントだと思うんだよな~もちろん、平地のキャンプ場でもみるテントではあるけれど。 

 

 

ステラ、ゴアライズ、エアライズかな?

最近は、モンベルのステラも黄色ー!って印象だったけど、フライの色の種類が増えて、自分で選んで買えるようになったんだよな~

確かに、これが全部ステラだったら…

どれが自分のテントだかわからなくなるからな。

 

と、ここまで書いてて思い出した。

そう。

自分もいつかは上高地でテント泊!と思ってたんだけどね~

今回も実現しなかった。

その原因は…今朝、上高地に来ると決めたから。

そうなんだよ、そうなんだよ。

夏旅で出掛けた時も、あそこに〇〇さんが…、そこには△△さんが…と思うんだけど、いつそこに行けるか、行くかわからないから、事前に一緒に遊びましょ!と連絡できないんだよね。

だから、今回の上高地もその日に決めたから、準備ができてない…

 

ん?

いやっ!そんなことはないぞ。

普段から、ザック1つでキャンプすれば、いつでも対応可能じゃないか!

じゃあ、まずはザック1つにキャンプ道具を集約することを…

 

って、それができてれば、何をするにも苦労しないわな。

まっ、永遠の課題っつーことで(爆

 

自分の検索用に、前回の小梨平キャンプ場レポのリンク貼っとく。

 

でもなあ。沢渡からのバス代と1人800円のキャンプ場代を考えると、結構な高規格キャンプ場並みの料金になるんだよな~


テーマ:

【6/2 2日目⑥】

 

 

河童橋に到着!到着は11時ちょっと前。まあ、もう昼時だから、全然早い時間じゃないから、結構混んでるんだよね。

そりゃ、人気スポットだから当たり前なんだけどね。

他の誰も写らないように写真撮るのって、結構大変なんだよね。

 

 

穂高連峰をバックにパシャリ。

この時も、人が渡る隙間に一瞬でシャッター押したわさ。

なんとか一人で写ってるけど、俺の影が…(笑

まあ、二人で来た証明ってことで。

 

 

いやいや、影じゃあ誰だかわからないからね。

ってことで、ちょいと前に撮った写真も上げちゃいましょう。

金曜の朝に髭を剃って以来、24時間以上たってるから…ちと、顔の下半分が黒々してますが…orz

 

 

んで、穂高連峰。

相変わらず、雲が取れん!

一度でいいから登ってみたいという気持ちもあれば、そりゃ、大変だから下から眺めているだけの方がいいぞという気持ちと。

でも、幼稚園時代に、〇〇穂高って同級生がいたんだよな~。きっと親が山好きなんだろうな。

 

 

うむ。

あまり油絵をまじまじと見ることはないんだけど、ちょうど無人で置いてあったので、ゆっくり眺めてみた。

思ったよりというと、どこ見てるんだ?と言われそうだけど、結構、凸凹なのね。

水彩画と違って、こう、なんていうんだろ?

若干柔らかい色付き粘土をこすりつけてるようなイメージかな?

近づいてみると、その辺りが気になっちゃうんだけど、遠目に見てるとすごく似て見えるから不思議。

生憎、自分には芸術的センスはないから、なんとも言えないんだけどね。

それでも、描きたくなる気持ちはよくわかるな~。いい景色だもんな。 

 

 

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 

 

 

  


テーマ:

【6/2 2日目⑤】

 

 

猿。

子猿が二頭。親猿も二頭いるから、四人家族かな?

小さい子猿はかわいいやね。

でも、小さい子どもがいるってことは、ちょっと近寄ったりすると危険かもね?

子どもを守ろうとするだろうから。

でも、ここは木道から離れた場所の猿を望遠で撮ってるので大丈夫。

 

 

引き続き、林の中の木道を進むと…

 

 

あ~。

木の上にいる猿の写真を撮ろうと近づく人たち。

私は近づきません。いきなりとびかかられても困るしね。

この時は大丈夫だったけど、あとで、木道にいる猿と一緒に写真を撮ろうと近づいた人は威嚇されてたな。

お互いに適度な距離ってのがあるから、気を付けないとね。

 

 

きのこ。

小さなきのこが枝に生えてた。

なんともいい感じなので、一枚撮っておく。

 

 

これまたいい感じの新緑だったので、一枚。

Blog用に写真を縮小してるんだけど、いまいちそのソフトを使いこなせてないからか、なんとも微妙な写真になるんだよな~

キリっとしないというか、ぼやけてるというか…

撮影者に似るのかな?(バキ

 

 

進む道も林の中から、梓川に近づいてきた。

ところどころで、梓川を目にすることが増えてくる。

いつもそうだけど、ほんとに梓川は綺麗だなぁ。

透明度が抜群だよね。

泳いでる魚もきれいに見えるし。でも、遠くからみると、きれいな水色。

いや~仕事で荒んだ心が洗われるね。

 

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 


テーマ:

【6/2 2日目④】

 

 

大正池を過ぎると、林?の中の道を行く。

ところどころに大正池にそそぐ小さな川があっていい感じ。下界はほぼ夏!ってな気温なんだけど、上高地に上がる前で12度との表示があった。そこから標高がもっと上がっているから、寒いかと思いきや、直射日光が当たると暑い。でも、この写真のような木陰に入ると、涼しいというか寒い。

だから、長袖を着てみたり、脱いでみたりの繰り返し。

まあ、そうして温度調節をしないと風邪ひくからな。

 

 

まるでサルノコシカケが階段のようになっている。

次女と、あそこに猿が実際に腰掛けたらどうなるかな?

ちゃんと座れるかな?

それとも落ちちゃうかな?などと、答えの見つからない会話をしながら先へ進む。

 

そういえば、その昔、自分のばあちゃんがサルノコシカケは癌に効くからと見つけたらとってこいというから、随分と実家近辺ではとって帰ったな。

今となっては、懐かしい記憶だ。 

 

 

 

途中、若干開けたところで写真を一枚。

左側の枝が、鹿に見えてね。

いや、この首の長さはキリンか?

でも、角の長さは鹿だよな~なんてね。

 

 

視界が開けた。

穂高連峰がきれいなんだけど、雲が取れないな。

あの雲がなくなると、青空にドドーンと穂高連峰が出てきて、映えるんだけどな~

まあ、天気はどうにもならないから、仕方ない。

 

 

その先で、また林の中に入ると…

笹の藪がガサガサ音を立てる。

まっ、まさかクマじゃ…なんて見ていると、そこには猿が。

 

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 


テーマ:

【6/2 2日目③】

 

再び、大正池に写る穂高連峰。

この扇形に迫ってくるこの感じがいいんだよねぇ。

山はやらないからあれだけど、でも、涸沢ではテント泊してみたいんだよな~

 

 

でもって、またまた登場の焼岳。大正池の生みの親ですな。

なんでかって?

焼岳が梓川をせき止めて、そこが大正池になったそうですよ。

 

 

確か…焼岳は今も活動中なんじゃなかったっけか?

って、調べてみたら、常時監視対象なんだそうです。

最近、ハワイのキラウェア火山もそうだけど、なんだか噴火のニュースが多いんだよな~

 

 

そんな焼岳を大正池越しに描いている方々。

別に絵が得意じゃないからなのか、こうやって描いている人たちってすごいと思う。

長い時間をかけて描くんだもんな。

いつかはこんなことができるようになるのだろうか?

いや、その前に面倒臭がらずに写真を撮ることが先決か。いつも適当に撮ってるだけだからな。

もうちょっと考えて撮ればいいのにねぇ。素面のときくらい。(爆

 

 

月日が経つのは早いもので、こういう立ち枯れの木々も本数が減ってきてるような気がするんだな。

 

 

見たよ~!と↓応援クリックお願いしま~す。m(_ _)m

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。