福井のお菓子屋15代目の気づき

福井のお菓子屋15代目の気づき

福井市で江戸時代元禄12年(1699年)創業、お菓子の製造・販売をしている御素麺屋です。
このブログでは15代目が日々の気づきや様々な良いところを探し・見つけ、お伝えしていこうと思っております。少しでも楽しんでいただければ幸いです。

御素麺屋オフィシャルHPでは、バースデーケーキのご予約・イベント商品のご予約・クリスマスケーキのご予約を承っております!

お得なイベントやお店、商品の情報も掲載しております!

詳しくはこちらをクリックしてくださいね→御素麺屋オフィシャルHP

こんにちは、15代目です。

職場環境の改善も大切です。

 

 

~熱中症対策~

6月というのにものすごい暑さですね。

群馬県では40度越えを記録したようです。

人の体温より高い気温ということは、人の体にも何かしらの影響があると思います。

熱中症で病院に運ばれる人もいますし、熱中症対策もしっかりとしたいところです。

職場についても、工場なんかは火も使いますし、暑い環境です。

何かしらの対策をちゃんと考えないといけませんね。

 

ありがとうございます。

御素麺屋 15代目

こんにちは、15代目です。

正解は常に変化するようです。

 

 

~能動的にすると~

誰か先生に教えてもらったことは、正解のように感じます。

確かに間違ってはいないのですが、見方を変えると正解ではないことがあります。

人から教えてもらうということは受動的な行為です。

こうなると正解のように感じやすくなります。

この見方を変えるっていう部分は、能動的な行為です。

そうすると、正解が異なることがあることにも気づけます。

これって結構大事なことですね。

 

ありがとうございます。

御素麺屋 15代目

こんにちは、15代目です。

歴史にヒントがあります。

 

 

~住んでいる地区の魅力と歴史~

先日、娘の小学校で「宝永地区の魅力」について調べたそうです。

調べていくうちに、宝永地区(宝永小学校区)にはお菓子屋・お餅屋が多いということに気づきました。

隣の地区である松本地区(松本小学校区)ではそれほどありません。

さて、それは何ででしょう?

ということで、今度御素麺屋にヒアリングに来る予定です。

 

この話を聞いた時、私もそれほど知らないのですが、

1つだけ言えることは、宝永地区は江戸時代の越前藩の城下町(の端っこ)でした。

宝永地区までは城下町、そこから一歩出ると荒野が広がっていたようです。

宝永地区(今では微妙に松本地区ですが)には加賀口御門もありますしね。

これに由来するのではないでしょうか?

 

自らの住んでいる町を知ることは大事です。

私も改めて、そういえばと気づかされたことでした。

 

ありがとうございます。

御素麺屋 15代目

こんにちは、15代目です。

日時を決めることは大切ですね。

 

 

~事務所の大掃除~

先日、事務所の大掃除をしました。

見た目はそれほど変わらなかったのですが、中身はスッキリ。

過去3年間使わない資料などはほとんど捨てることにしました。

こういった大掃除ですが、日時を決めてやらないとなかなかできませんね。

今回はしっかりと日時を決めて実施。

ようやく実施することができました。

 

ありがとうございます。

御素麺屋 15代目

 

こんにちは、15代目です。

大局観を持つことも重要です。

 

 

~次元が違う~

次元が違うことに触れることは面白いですね。

レベルが違うのではなく、次元が違うというやつです。

先日も次元が違う考えに触れることができました。

自分の小ささも感じますし、上には上がいるので、もっと頑張らないといけないなぁとさせてくれます。

こういった出会いは、自分の成長にも寄与します。

さて、今日も少しずつ成長していきたいと思います。

 

ありがとうございます。

御素麺屋 15代目