押川雲太朗の万事いいかげん

押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます

2019年のプロ野球でのドラフト会議が行われ、

阪神は1位から5位まで、甲子園出場の高校生を指名しました。

 

久しぶりにわくわくしました。

 

多くのタイガースファンが同じ気持ちだったことでしょう。

 

若い選手たちが成長し、活躍する未来を想像すると

「楽しい気分になるな」と言われても無理です。

 

しかし、次の瞬間思いました。

 

「来年の補強は本当に大丈夫なのだろうか。」

 

 

去年のドラフトでは暗い気持ちだったことを思い出します。

 

育成を含めた7人中5人が社会人と独立リーグ。

 

高校でも大学でもドラフトにかからなかった選手たちです。

 

彼らは即戦力として取っているのですが、

本当にその実力はあるのか。

 

年齢的に言って、

将来の四番やエースといった夢は持てません。

 

「すぐ使えなければ、クビにするしかないんだぞ。

こんなその場しのぎのドラフトでいいのか。」

どうしてもそう思ってしまいます。

 

ところが、その中から近本、木浪の二人が一軍に定着しました。

 

前言は彼ら二人にとって失礼な発言でした。

 

彼らがいなければ今年のタイガースはどうなっていたことか。

 

そういう意味で、2018年のドラフトは成功だったと言えるでしょう。

 

しかし、それでも去年のドラフトの直後

暗い気持ちだったことは事実です。

 

今年の高揚感は2012年のドラフト以来です。

 

1位は藤浪を引き当て、2位で北條をとりました。

 

「この二人が甲子園で活躍するとき、タイガースに黄金時代がやってくる。」

そう思ったものでした。

 

ところが今、藤浪は二軍調整中。

 

北條はショートのレギュラーを取れずにいます。

 

変わりにショートを守るのが、

高校、大学でチョイスされず社会人を経験してタイガースに入った

同級生の木浪であるというのは皮肉です。

 

もちろん私は、今も彼らに期待しています。

 

藤浪にはエースとしてマウンドに戻ってきてもらいたいし、

北條にはホームランを量産するようなバッターになってもらいたいと思っています。

 

ただ、高校生を指名するという事は

不確定要素が大きいというのも事実だという事が言いたいのです。

 

また高校生がレギュラーに定着するためには、

うまく育っても3,4年かかります。

 

十分な戦力があれば待つことも出来るでしょう。

 

今のタイガースは果たして十分と言えるのでしょうか。

 

私は今年のドラフトに大賛成です。

 

毎年こういうドラフトをやってもらいたいと思っています。

 

ただし、来年の補強は大丈夫なのかと思ってしまいます。

 

チームの成績を決める最も大きな要因は

選手の努力でも監督の采配でもありません。

 

編成。

 

結局、どれだけ戦力を持っているかなのです。

 

ドラフト会議の終盤、育成ドラフトが行われます。

 

各球団が選択終了となった後、

いつもソフトバンクと巨人が多くの選手を指名するのを

私は苦々しく見ています。

 

なぜ彼らがそれほど選手を必要とするのか。

 

それは、三軍制をしいているからです。

 

多くの選手を保有し、その中から勝ち残ったもので戦えば

チームが強くなるのは当然のことです。

 

またこの2球団は外国人も余剰に抱えています。

 

調子の悪くなった助っ人を入れ替えるためです。

 

そこにも淘汰されたものだけを使うという競争原理が働いています。

 

良い選手がいない、良い外国人がいないのを

スカウトや編成部長のせいにしていませんか。

 

選手が良い働きをするのかなどということは

どんな目利きでも使ってみるまでわからないのです。

 

それを補うシステムを採用せず、

個人の能力だけで勝とうとする考え方は

戦略として劣っていると言わざるを得ません。

 

「阪神は、来期外国人の打者を取るため

ドリスとは契約しないかもしれない。」

などという憶測が聞こえてきます。

 

なぜドリスほどの実績のあるピッチャーが

そんな話になるのでしょうか。

 

契約すればいいじゃないですか。

 

それどころか、常に二軍に外国人が3,4人いても

良いのではないでしょうか。

 

もちろん、私は球団の内情を知りません。

 

だから、外国人を余剰に抱える事や

三軍制がどれだけ困難なことなのかはわかりません。

 

ただ、巨人やソフトバンクに勝てない理由だけはわかっています。

もう決まりと思われたセ・リーグのペナントレースは

巨人の連敗で面白くなってきました。

 

阪神に関しては、私はあまり楽観的ではありません。

 

結局Bクラスだろうなと思っていますが、

上との差が少しずつ縮まっているのも事実ではあります。

 

そんな中、先日阪神のドラ1ルーキー近本が

新人安打記録を更新しました。

 

とてもめでたいことです。

 

最近の木浪の活躍も含め、

ルーキー二人の活躍はタイガースにとって

とても喜ばしい事です。

 

 

 

ところで、シーズン安打数というものは

歴代で考えた時とても難しい部分があります。

 

というのは、試合数が少しずつ多くなっているため

昔と今では同じ数字でも価値が違うように思うのです。

 

セ・リーグの新人安打記録は

長嶋茂雄の153安打です。

 

近本は9月5日137安打で

あと16本でセ・リーグ記録に並びます。

 

しかし、長嶋が新人の時の試合数は130試合で

今より13試合少ないです。

 

現在タイガースは125試合を消化しており、

後5試合で16本はほとんど不可能です。

 

打率を考えてみても、

新人の時の長嶋の打率は.305で

近本は現在.269。

 

もちろん近本に新人安打記録を塗り替えてもらいたいのですが、

それを達成しても長嶋茂雄に及ばないのは明らかです。

 

この事は中日の京田が新人の時にも思いました。

 

京田の新人安打記録は149安打で、

これを抜いて「京田よりすごい新人が現れた。」となって欲しいものです。

 

新人安打記録について、私が本当にすごいと思っているのは

1998年坪井智哉の135安打です。

 

新人のこの年、坪井は最初からシーズンに出ていませんでした。

 

打席数が少ない中で、135安打は驚くべき数字なのです。

 

打率.327は今も新人最高打率です。

 

ところで、近本のこのめでたいニュースを

手放しで喜べないことがもう一つあります。

 

前代未聞の新人安打製造機坪井の新人安打記録を抜いたのが高山。

 

そしてそれを抜いたのが近本です。

 

しかし、坪井も高山もそれ以後

新人の時ほどの成績が出せませんでした。

 

近本には「新人の時はすごかったのに。」と言われてほしくないのです。

 

今のバッティングを変える必要はないと思います。

 

来年にはきっと1年間を乗り切る体力もついていることでしょう。

 

一つ課題があるとすれば、走塁です。

 

走塁技術を磨いて、来年こそはぶっちぎりの盗塁王をとってください。

 

私は今年のはじめ、周りの人たちに

「この近本という選手が毎試合出るならば、ぶっちぎりの盗塁王をとる。」

と宣言していました。

 

もう山田や大島が盗塁王争いをする時代に終止符を打ってください。

 

そしてもう一つ、近本には達成してもらいたい記録があります。

 

年間ダブルプレー無しという記録です。

 

来年も再来年も。

 

遠い未来、近本がダブルプレーを打った時、

「近本、10年目にして遂に初のダブルプレーです。」

などという実況を聞きたいものです。

今年の夏は休まずに仕事をしようと思っていたのですが、

お盆あたりから何もせずにダラダラと過ごしております。

 

その間、高校野球も終わり、タイガースは東京ドームで

巨人に三連敗をくらい、息の根を止められました。

 

少し応援しているオリックスも最下位を脱出できず、

海の向こうでは、レッドソックスも

プレイオフに進むことができそうにありません。

 

全てが終わった感じで、

ますますやる気の起きない気分です。

 

何もしないことが悪いわけではないのですが、

やらなければいけないと思ってやらないのは

やはり気分が晴れません。

 

そこでふらりと旅行に行ったりしてみたのですが、

やはり気分は晴れません。

 

結局やるしかないのです。

 

走らなければならないと思っているのに、

止まっているのは辛い気分になるだけで、自分が損です。

 

そういう時は、歩いてでも良いから前に進むべきです。

 

そういえば、ブログもしばらく書いていません。

 

せめてここから始めようと思います。

 

「一歩前へ。」

そんなふうに思う夏の終わりでした。