押川雲太朗の万事いいかげん

押川雲太朗の万事いいかげん

漫画家 押川雲太朗のブログ。日々の何でもない事や、たまに仕事の告知など、書いていきます


テーマ:

ども、村田です。

 

こんな書き出しでは、

もうなんのことやらわからない人もいるかもしれません。

 

麻雀プロの村田光陽が、たまに押川ブログにお邪魔しているのです。

 

あれは、忘れもしない、忘れもしない、、、

いつだったっけ?

 

雲プロのみなさんで、このブログを書き連ねていた時に、

酔っぱらった押川さんが、

「君もブログを書いてみないかね?」

 

酔っぱらった私が、

「いいね、やりましょう」、と安請け合ったのが事の始まりです。

 

たいへんコスパがよろしいですね。

 

ここのところ麻雀業に時間を取られることが多く、

すっかりこちらにご無沙汰しておりました。

 

一説には更生したとのウワサもでているようですが、

それだけではありません。

 

実は、激しい恋もしておりました。

 

普段している麻雀のお店の手伝いは、お店にいる時間が

長くなることがあります。

巷の雀荘でもありがちなのですが、10時間以上の滞在になることも。

 

ずっと麻雀を打ちっぱなしというわけにもいかないので、

途中で食事をとりにいくことになります。

 

卓が落ち着いてから。だいたい昼の3時ごろが多いでしょうか。

あそこのランチは2時まで。

あそこの中華は2時半まで。

職場が決まっているときには近所で美味しいものを食べられる店は

貴重な情報となります。

 

チェーンの牛丼にしちゃおっかな、と思ったその時!

衝撃的な出会いがありました。

カレー屋さん。

3時過ぎても営業しているカレー屋さんです。

営業時間は11時から21時。

麻雀屋なみに働いているのも好感度アップですが、

さらに、この店のカレーが私の好みにどんぴしゃり。

辛くないのです。そして、どのメニューも気がきいていて美味しゅうございます。

 

どうにも辛いカレーが得意でない私には、まさにオアシス。

 

辛いのは人生だけで充分だろ?

 

浮気性なのか、1軒の店に通い詰めることのない私ですが、

このカレー屋さんには食事休憩のたびに足を運ぶことになります。

 

しかしなんとしたことでしょう。

ある日のこと店に入ろうとすると、

 

店主「すみません、ライスが切れちゃって」

その日は断念せざるをえません。

 

翌日もチャレンジしますと、

 

店主「これから買い物に行くので店をいったん閉めます」

 

ひとりで切り盛りしている店なのでいたしかたありません。

 

3回かな。

女のこを誘って、3回続けて断られたら、

ちょっと頭を冷やしたほうがよいともいいます。

最近ではストーカー疑惑がたってしまいますからね?

 

ああ。

付けあわせの福神漬けをゴッソリ入れすぎたから、

嫌われちゃったのかな。まさか、そんなことないよな?

 

3日目の日は少しドキドキしながらカレー屋に向かいます。

遠い青春の日に、好きな女のこに思いを告げる日のように。

 

「いらっしゃいませ」

なんとその日はそのままお店に入れたではないですか!

 

そして私は告白します。

「チキントマトカレー、お願いします」

 

私とカレー屋さんとの蜜月は、はじまったばかりなのです。

 

ぽっ。

 

 

 

 

 


テーマ:

東上野の洋食屋「サム」が先日閉店となりました。

 

上野駅の東のごみごみしたところ、その近くに雲プロもあります。

 

昔ながらの洋食を食べさせてくれて、

味もちゃんとしていました。

 

特筆すべきは、かなり高齢まで店をやっていたということです。

 

80歳ぐらいの夫婦だと思います。

 

店主(多分サム)は厨房で料理を作っているのですが、

座りながら料理を作っています。

 

おばあちゃんは料理を運ぶ以外椅子に座っています。

 

一人弟子のような人がいるのですが、

多分その人も70歳ぐらいだと思われます。

 

こんな状態でちゃんと美味しい料理が出て来るので

ちゃんと修業した一流の料理人なんだろうなあと思うのですが、

よくは知りません。

 

残念ですが、その年までよく頑張りました、お疲れさまでしたと言いたいです。

 

ところで、上野・浅草間には

ながく個人で経営している私のお気に入りの料理屋がたくさんあります。

 

代を継ぐ人がいなくて、やめてしまう店も多く

残念です。

 

しかし街は新陳代謝を繰り返します。

 

そうやって少しずつ新しい店に変わっていくのだから、

仕方のないことです。

 

問題は、その場所にどんな店が入るかです。

 

若い料理人が希望に燃えてそこで店を開くなら

大いに歓迎します。

 

しかし、世の中なかなか私の思惑通りにはいきません。

 

一番残念なのは、チェーン店が入ることです。

 

「すぐ近くにもそれと同じ店があるんだからういらないよ。」
という気分になってしまいます。
 
二番目に残念なのは、
中国人の経営する中華料理屋が出来る事です。
 
中国人の中華料理屋が全てダメとは言いません。
 
美味しい店もあります。
 
もっと言うと、昔は美味しい店が多かったです。
 
ところが最近、どうも雑に作った料理を出す店が多いのです。
 
しかもどこへ行っても同じような看板、同じようなメニューなのです。
 
多分、彼らのネットワークの中で
看板の作り方、メニューの作り方、サービスのやり方などの情報が回っているのでしょう。
 
どこに行っても漬け物の代わりにザーサイ、
デザートは杏仁豆腐です。
 
ちなみにこのザーサイ、昔は塩抜きをしておらず、
どの店もしょっぱかったのですが、
ある日を境に塩抜きをするようになりました。
 
中国人はザーサイを調味料として使います。
 
スープや炒めるときに使うのです。
 
おそらく日本人は漬け物をそのまま食べるので
ザーサイもそのまま出せ、ということになったのでしょう。
 
ところが日本人もこれをあまり食べないので、
塩を抜いたほうが良いという情報がネットワークを駆け巡ったものと思われます。
 
つい最近ではザーサイが高いので
他のものに変わりつつありますが…。
 
私に言わせれば、中国人の中華料理屋は個人経営ですが、
結局チェーン店みたいなものなのです。
 
 
ずいぶん話が横にそれました。
 
「サム」の後に入ったのも、中国人の中華料理屋です。
 
雲プロの打ち上げで入ってみました。
 
ほぼ7時なのに、客は我々だけ。
 
ずいぶん寂しい状態です。
 
最近は中国人の中華料理屋がアッチにもコッチにも出来て
飽和状態になっているようです。
 
価格競争も起こり、
新参者が成功するのはなかなか難しい状態かもしれません。
 
ところで、中国人の中華料理屋は
そこが一度中華料理屋になると
その店が潰れても、また看板を変えて中華料理屋になる傾向があります。
 
この傾向は、韓国料理屋でも同じです。
 
やはり彼らのネットワークが関係しているのでしょう。
 
「この店がもし潰れても、またここは中華料理屋かな。」
 
そんなことを思いながら
「ここは昔サムだった。あの辺におばあちゃんが座り、
厨房におじいちゃんが座っていた。」
と昔日の思いにふける押川雲太朗でありました。

テーマ:

世間はサッカーワールドカップロシア大会で

盛り上がっているようですが、

私の心はドヨ~~ンと沈んでおります。

 

6月25日現在、阪神タイガースは

セ・リーグの最下位に落ちてしまいました。

 

貯金2で交流戦に入ったのですが、

終わってみれば、借金3。

 

再開したペナントレースで広島に三連敗。

 

この広島の三連敗で流石にガックリ来ました。

 

去年も広島に相当やられました。

 

広島に勝たなければ阪神の優勝はありません。

 

「今年も終わったな。」というのが正直な感想です。

 

とはいえ、これはシーズン前から予想していたことです。

 

タイガースの低迷の原因は、打線の不振によるものですが、

既にオープン戦の時からそうでした。

 

新加入のロザリオや期待の若手がまったく打たないために

オープン戦最下位になったのです。

 

少しでも調子の良さそうな選手を日替わりで使っていますが

打てない状態は今も続いています。

 

色々あがいてみても、笛吹けど踊らずという状態ですが、

やっていることは間違っていないと思います。

 

色んな選手にチャンスを与え、

飛び抜けた成績を残す者が出て来るのを待つしかないのです。

 

三割に近い成績を残せる者が出てくれば、

それはレギュラーです。

 

そういうバッターが揃えば、

必ず点の取れるチームになるはずなのです。

 

今はその過程だと思って待つしかありません。

 

だって、私がタイガースに出来ることは何もないのですから。

 

将来に希望を持って待ちたいと思います。

 

あの永い暗黒時代を待ち続けた私ですから。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.