読み聞かせの楽しさを伝える絵本読み聞かせ講師・上甲知子の「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

読み聞かせの楽しさを伝える絵本読み聞かせ講師・上甲知子の「絵本で子育て講座」出前します【小田原 湘南 横浜 静岡】

絵本の読み聞かせを味方につけると子育てはもっと楽しくなります
「読み聞かせなんてめんどくさい」という方も、簡単に楽しくできるときだけ続けられる「絵本で子育て」をお伝えします

NEW !
テーマ:
これぞ

「愛」





いやむしろ

「愛」がなくちゃ無理でしょ







ここまでで30分以上かかる








ゆでて

皮をむいて

ペーストして

クリームにする

なんてねえ




このままでは誰も食べない









フードプロセッサー活躍






牛乳とバターと砂糖を加えて煮ます






マロンクリームの出来上がり












以前、栗をいただいたときに
茹でてむいただけでは誰も食べなくて
クリームにしたら
抱えて食べてたからね

そんなに喜ぶなら、と思ってさ。







くりくり (ことばであそぼ)
ひろかわさえこ作
アリス館





ぐりとぐら
中川李枝子作, 大村百合子絵
福音館書店








これは「愛」でしょ、やっぱり





フランスパンにつけて食べると激ウマですよ、おねーさん


























※追記:「栗」への愛というよりは「家族」への愛です、はい。









にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村



テーマ:
9月25日は満月だそうです(2018年)




満月の絵本
と言えば
わたしの場合、一番に思い浮かぶのは
あの絵本なんだけど

この絵本も

満月の絵本だわ


すてきな三にんぐみ
トミー・ウンゲラー作
今江祥智訳
偕成社






満月を描いた絵本 というわけではないのだけれど

月がとても印象的に描かれていると思うのです


すてきな とは言え、3人の泥棒が主人公です

泥棒するときの月の色。

どんどん変化するんです。

月だけを見ながらページをめくって見てください。

満月って
出たてはオレンジっぽくて
のぼるにつれて
色が薄くなっていく

たくさんの色を使わずに描かれているのに
あえて月の色を変化させて
時間経過を表しているのかなあと。

(実は、色が変わっていることに気づいたのは
何度も読んでもらっていたうちの子でした)
(わたしは気づきませんでした)


そしてまた
みなしごのティファニーちゃんをつれて帰ったのは
三日月の夜。

日にちが経過していることがわかる。

別に説明されなくもて
感じることができる。


満月の絵本 っていうと

この絵本を思い浮かべるなあ









お月見の会に参加しました






テーマ:
この絵本は欲しい

買っちゃおっかな〜


買っちゃうだろうなあ


先日、ミキハウス子育て総研(株)さんに
ご依頼いただき
パパ向けの絵本のお話をさせていただいたのですが








せっかく都内に出てきたので
一緒にお茶してくださる方を募ったところ

ずっと昔から
わたしのブログを読んでくださって

ここぞ というときに
運命を変えるくらいの情報をくださる方に
お会いしたんです






↑手作りのぐりとぐらの幼稚園バック!!







その方が
持ってきてくださった絵本です


こんにちワニ
中川ひろたか文, 村上康成絵
わははは!ことばあそびブック
PHP研究所






うわ〜

これ
小学校の朝の読み聞かせで読んだら
サイコー楽しいじゃん


どうしよう

欲しいわあ











メルマガでは

こうしてダメ元で
直前に
一緒にご飯食べてくれる人など
突然募ります、ダメ元で(笑)


会ってくださってうれしいです




コーヒーがついて500円のビーフシチューランチ

神明いきいきプラザ内のコミュニティカフェにて。
ゆっくりできておすすめです。
浜松町駅からすぐでしたよ。






テーマ:
先日、娘の高校の文化祭で焼きそばを焼きました。




汗だくでした。
大きな鉄板で1回に16パック分の焼きそばを焼きました。

PTA出店の焼きそば担当は、3年続くそうです。

今年で3年目のお母さんが手際が良くて、かっこよかったです。

2年後は、あんな風にかっこよく焼きそばを焼けるようになっていたいわ。











それはそうと、すごく嬉しいことがありました。

帰りの電車を乗り換えのホームで待っていて

到着した電車に乗り込もうとしたときに



後ろから

「とんちゃん、ですよね」

「メルマガいつも読んでます!」

とお子さんを抱っこしたママに話しかけられたんです。



!!!!



わたし「わかります?」

ママ「わかりますよ!」



お名前を伺うと、2年半前に働くママ向けの絵本講座に参加してくださったママだとピンときました。



それからずっとお会いしてなかったけど

ずっとずっとメルマガ読んでくれているそうです。



「いつも楽しみに読んでます」って、ほんとに嬉しいです。



わたしからしたら

こんな脳内ダダ漏れのラブレターを読んでくれて

ありがたいしかないです。



自分では面白いかどうか、わかりません。

こうして、実際に読んでくれてるママに会えて

声かけてもらえて

「読んでます」なんて言ってもらえるなんて

ほんと嬉しいです。





今朝、たまたま、1部だけセルフマガジンをリュックに入れたんです。

(今日はいいかな)と思ったけど

念のため、持って行こう と1部だけ、出かける間際にリュックに入れたんです。



よかった、それを渡せました。



2年半前には、まだ、なかったセルフマガジン。

いつでも、送りますからね








この日は特に、汗臭くて
申し訳なかったけど

こんな風に話しかけてくれるなんて
しかも、握手まで求めてくださって
ほんとに恥ずかしいやら、嬉しいやら。



そのメルマガはこちらからご登録いただけます。










にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
にほんブログ村





テーマ:
子どもの成長は嬉しい

早く大きくなってほしい

いろんなことが自分でできるようになってほしい








大きくなる

背が伸びる

体重が増える

自分でできるようになる

そういう成長は目に見える
測れる


では
子どもの心の成長は?

目に見えない

でもわかる

それが

わたしのお伝えする
「絵本で子育て」
です


目に見えない
けど
わかる

心の成長に気づけるのは
ママ、パパです


そして
ボ〜ッとしてたら気づけない

気づけなくても
ちゃんと子どもは成長していく

だから大丈夫 なんだけど

せっかくなら
そこらへんも楽しんで
子どもとの毎日を過ごしたい


せっかくなら
たわいもないことを
喜びながら
日々を過ごしたい



例えば

なんども同じ絵本を読んで欲しがる

これって
「やだな」
「違う絵本にしてほしいな」
と感じるか

それとも

「こんなに同じ絵本をなんども楽しめるなんて、うちの子すごいな」って感じるか

ぜんぜん違うでしょう?

実際、すごいんですよ
だって
大人になったわたしたちは

同じ本を何度も何度も読めますか?

10回も20回も30回も読んで楽しめますか?

そんなことができる あなたの子ってすごくないですか?

自分の「好き」がわかってるんですよ

それってすごいことですよね


そして、その「好き」の絵本が変わる

こっちの絵本に変わる

それも一つの「心の成長」じゃないですか?

そんなたわいもない一つ一つを
楽しめたらいいなって
思ってるんです



そんな絵本のお話をします


最近だと
西荻窪のフォトスタジオで
お子さんと一緒にご参加いただけます
授乳やおむつ替え、おやつの持ち込みなどオッケーです
ベビーカー置き場あります

image






絵本で子育て講座
たったふたつのたいせつなこと

日時 2018年9月25日(火)10:30〜12:00

場所 スタジオミルクさん(東京都杉並区西荻北2-5-1 1F)

参加費 おとな 3500円(当日現金でお支払いお願いします) 

詳しくはこちらをご覧ください