我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング

我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング

~子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?~


テーマ:
◆ 叱らない子育てのしかたを知らなかったのですね。

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

すっかりブログの更新が滞ってしまいました。

実は母が亡くなりました。

91歳で天寿を全うした母でしたが、どんな別れでも悲しく寂しいものです。


私が幼かった頃、母はとても厳しい人でした。

天真爛漫で、のんびり屋の私は叱られてばかり。

何がよくて、どんなことが間違っているかなんて、

子どもには分らないのですが…

「なにをやってもダメな私」と自信を持てない子になりました。

小学校に入ると、先生から

「積極性のない子」「自主性のない子」と言われました。

母はまた私を責めました。

母の思うような子どもになれない私は、

ますます自己肯定感の低い子になっていました。

叱られてばかりいたら、新たな行動なんて起こせないものです。

積極的になど、もちろんなれないものですよね。

そんな当たり前のことに気がつかなくて、

いつしか母と同じ子育てをしている私がいました。

頭では否定しているのに、

叱らない子育てのしかたを知らなかったのですね。

きっと、母も同じだったのだと思います。

それに気がついてから、

「子育てで大切なこと」をお伝えしたくて、カウンセラーになりました。

振り返ってみると、今の仕事は、母の子育てのしかたがきっかけだったのですね。


母は私が大人になってからは、なにも干渉しなくなりました。

むしろ本当によく応援してくれました。

母の応援がなかったら、私はここまでこれなかったと思っています。

弱音を吐かない頑張り屋さんでした。

生真面目で正直すぎて、それでいてユーモアのある人でした。

最後は点滴だけで1年と3ヶ月生き続けてくれました。

それは母にとって望む選択だったのか、今でも複雑な気持ちになります。

でも私にとっては、母が「生きている」というだけで心の支えになりました。

そんな娘の気持ちを知っているかのように、母はよく頑張ってくれました。

精一杯生きた母に… 「ありがとう。そしてお疲れ様でした。」と伝えました。




~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。


テーマ:
◆ 子どもから考える機会を奪ってしまうような気がするのです。

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

我が家のベランダにはミカンの鉢植えがあって、

ここに時々アゲハ蝶がやってきます。




そして卵を産んでいくのです。

気がつくと、幼虫が何匹もいて、

ミカンの葉っぱを食べ尽くしたりします>_<

このちっちゃなミカンの木から、何羽のアゲハ蝶が飛び立っていったことでしょう。

子ども達が小学生の頃は、夏休みの観察日記の題材として大活躍。

親子で早起きして、

羽化する瞬間に立ち会って感動したものです。


思い出は尽きないのですが、

あるとき、秋も深まり始めた頃にさなぎになった幼虫がいました。

他の幼虫はすでにさなぎから羽化して飛び立ったのに、

寒くなっては、羽化できないのではないかしら…

と、気をもんだものです。

そのとき、アゲハ蝶の生態を調べて、分ったことは、

蝶として生きていくのに気温が低すぎる時は、

さなぎのまま越冬して、暖かくなってから羽化するということでした。

自然界の生き物は本能的に気温や時期を察知して生き延びるものなんですね~

幸いそのさなぎは、間もなく蝶に羽化して、

いつの間にかベランダからいなくなっていました。

私は虫が大好きな子ども達のおかげで、

卵から羽化するまでの蝶の一生を観察することができました。

それまでは「はらぺこあおむし」のような絵本の世界でしか知らなかったのです^^;

触るとイヤーなにおいを発する幼虫。

アゲハ蝶からは想像できないあのグロテスクな形。

どうも好きになれなかったのですが、

今では可愛いとまで思えるようになりました。

子ども達に感謝です^^

その蝶なんですが、とても考えさせられる実験を知りました。

幼虫がさなぎになって、蝶として羽化するとき、

大変だからと、さなぎを切って蝶が出るのを助けちゃうと

その蝶は、

「飛び立つ力を自分で身につけずに外に出ちゃった」

ということで、自然界で生きていけないそうなんです>_<


子育ても同じだなぁと思いました。

子どもは悩み、自分で考え、行動しながら成長します。

親の目から見たら失敗にしか見えないこともあるでしょう。

親は経験豊富ですから、最短でラク~に、うまくできる方法をたくさん知っているかもしれません。

でも、それを教えてしまうことは、

子どもから考える機会を奪ってしまうような気がするのです。

「どうしよう!」

と、言われたら、チャンス!

いったん、「どうしようか?」と返してあげたら

子どもは自分でどうするか考えますよね。

そうやって少し離れて見守ってあげているうちに、大人になっていくのですね^^ 



~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。

テーマ:
◆ 気学でも、そう教えていたんですね!

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

私たちの悩みのほとんどは人間関係ですよね。

あの人が嫌いとか苦手だとか。

親子関係でも、そうですね。

どうしても子どもが好きになれない。

子どもにイライラさせられる。

子どもを見ていると、不安でしかたがない…

「私にとって、○○な存在で困っているんです。なんとかできないでしょうか?」

と、カウンセリングにいらっしゃいます。

そうですよね~

相手に変わって欲しいと思いますよね。

それで問題解決ができるでしょうか。

うまくいくのは希で、

場合によっては問題がますますこじれてしまうこともあります>_<

人は自分の意志で行動したいもの。

他人から説得されたり強制されたりするのは、嫌いですから。


最近、気学を教えている人のお話を聴いて、納得したことがあります。

気学とは、皆さんもご存じのように、

生れた年月日の九星と干支の五行を組合わせた占術です。

興味があって、少しずつ学んでいるんです^^

その気学の5つの心構えの一つに

「好き嫌いを捨てましょう」というものがあります。

苦手な人や困った問題が起きたときは、

被害者のポジションではなくて、自分自身の問題だと、とらえてもらうということです。

「このことは私に何を教えようとしているの?」

「私はなんのためにこの問題を引き寄せたの?」

という考え方です。

気学でも、そう教えていたんですね!


カウンセリングでも

「私がその人を苦手だと思うのはどうして?」

「私はその人の何にイライラしているの?」と、

主語を私にすると、自分の問題だということに気がついて

思いもしなかった気づきを得られることがよくあります。

相手の問題のように見えていたものが、

実は自分の深いところにある問題で、

相手の問題行動を引き寄せていることもあるんです。


すべて自分の問題だととらえることができると、

出来事の見え方が変わって、

スルスルっと問題が解決していくんですね。

7000年の歴史がある気学。

深いですね~。

自分の問題だとわかれば、自分がなりたいように変わっていけばいいだけ。すべては 「自分自身がどうなりたいか」 にいきつくということなんですね^^





~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。


テーマ:
◆ 子どもに「学校に行きたくない」 と言われたら…

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

子どもに「学校に行きたくない」と言われたら…

どうしますか?

私は以前、「どうして行けないの?」と聞き返したことがあります。

すると子どもは「行きたくないから」と言って、口を閉ざしたまま。

何を言っても私の言うことに耳をかしませんでした。

「どうして・・・」という言葉はどこか、責めている感じがするものですね。

その上私は、「学校には、行かなければならない」 という気持ちを強く持っていました。


「明日は学校に行けそうなの?」

「どうしたら学校にいけるの?」

という問いかけばかりでした。

子どもは学校に行きたくないのに、

学校に行く前提で話しかけられて、

理由さえ話せなくなっていたのですね。

親に本当のことを話すことって、特に思春期の子どもには抵抗があるかもしれません。

いつも叱られていると、ウソをつくこともあるでしょう。

否定されそうで、本当のことが言えなくて、部屋にこもることもあるかもしれません。


一度、「○○しなくちゃならない」とか「○○すべき」を取り払って

「どうしたの?」とか「どうしたいの?」と

話を聞くことから、始めてみるのはどうでしょう。

そうは言っても、親としては子どものためと、一生懸命なんですよね。

このまま学校に行かなくなったら将来が不安だし、

甘やかしてはいけない、厳しく躾けなくちゃ自立した大人に育てられないと。

でも、そう思えば思うほど、子どもの心が置き去りになってしまいがちです。


ウソをつく、引きこもる…

子どもの問題行動だと思いがちですが、

親の一方的な押しつけやコミュニケーションからくるものもあります。


最初は子どもの話を聞くことから。

信じて見守ることで、子どもは成長するものです^^




~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。




テーマ:
◆ 「自信のない私とは決別できました。」

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

子育てをしていると、今まで感じたことのない感情に気がつくことがあります。

私は母親としての自信がゆらぐ時が何度もありました。


長男が初めてハイハイして向かった相手は、友人のところだったときもそうでした。

次男が大好きで大好きでしかたがなかったのは、幼稚園の先生だったときも。

「お母さんなんか、大きらい!」と言われたときは、心がえぐられるような悲しみを覚えました。

子どもたちは私よりほかの人の方が大好きなのはどうして?

私はどうして子どもたちと深い絆を築くことができないの?と。

子どもに対してさえ、母親として認めてもらえているのか

自信がなかったのです。

先日、以前の私と同じような悩みをかかえたMさんのカウンセリングが終わり、

こんなご感想をいただきました。

湯澤さん、今日はありがとうございました。

カウンセリングを通して、今まで経験したことのない方法で

自分と向き合うことができました。

私が自信を持てない原因を探り、その出来事の見方を変えることで、

自信のない私とは決別できました。

子どもたちの成長を優しいまなざしで見守ることができる母親になります。

そして、私を「もう大丈夫」と言ってくださり、ありがとうございました。

そのことをいつも心にとめておきたいです。

中略

教えていただいた「自信を持つ秘訣」は忘れません。

2週間に一度お話ができるのが楽しみだったので、それがなくなり残念です…(>_<)

中略

どうぞお体には気をつけて、変わらずお元気で。


Mさん、本当によかったですね!

Mさんは保育園に通うお子様と信頼関係が築けないと悩んでいました。

子どもとの信頼関係…親なのに、でも親だから苦しかったんですね。

心の深いところで自分を認められなくて、子育てに自信がもてなくなってしまったのです。

いつも「もっともっと良いママでなければならない」と自分を責めてしまっていたんですね。

Mさんはカウンセリングで自分が

「そのままの私でいたい」と心から望んでいることに気がつきました。

「できてもできなくても、それが私で、そのままの私でいい!」

と自分を認められるようになって、初めて

自分に自信を持つことができます。


自分に自信を持つこと。

自分を信じること。

それは目には見えないし、根拠もないものですが、

この気持ちがあると、不安も感じないし、

何があっても心は折れません。


他人に振り回されないで、自分軸で生きていくことができます。

それでも少し不安な気持ちに襲われそうになったら

Mさんにお伝えした「自信を持つ秘訣」を実行することで

「なにがあっても大丈夫」という気持ちを呼び起こすことができます^^

子育ては自分見つめのきっかけを作ってくれます。

お母さん自身が満たされることで、子どもを信じて優しく見守ることができるようになるんですね^^ 




~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。


テーマ:
◆ 変えたいと思ったら、あきらめないでくださいね。

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

今日は何の予定も入っていない日。

のんびりとテレビを観ながら、部屋の掃除をしていたら、

朝の情報番組で「1分でヒップアップ!ストレッチ」というのを紹介してました。

私は長続きしない割にはこんな情報が大好きで^^;

掃除の手を休めて一緒にやろうとしたら…

そのやり方はすでに2年ほど前に代々木の体育館で教わったやり方だったんです!

当時は「ヒップアップ」が目的ではなくて、「ぴんしゃんウォーキング講座」として参加したんですけどね。

私はなんと「ぴんしゃんウォーク二スト」としての認定証も持っているのです。




もちろん今日のテレビで紹介されたもの以外にたくさんのものを習得しました。

エクササイズのあとは背筋もピンとして気分はスッキリそのものだったんですが、

すっかり忘れていました。

あのエクササイズを続けていれば、今頃は10歳は若返っていたかもですよね。

「有効な情報を手に入れながら、生かしてないってどういうこと?」って

今朝はちょっと自分にイラっとしました^^;

本を読んでも、セミナーに参加しても

「いいと思ったことが取り入れられない」とモヤモヤしませんか?

それは、

私たち人間は自ら変化を好まないからなんです。

たとえ、今の状況が辛くても、慣れ親しんだ環境が一番だと思いやすいということです。


「仕事をやめたいと思うけどやめられない」とか

「悪い習慣を変えられない」

もそうです。

これは自分を守るための無意識のシステムが発動しているからなんです。

身体には環境が変化してもすぐに反応しないように、一定に保つ機能が備わっています。

外気が寒かったり、暑かったりしても体温は、保たれていますよね。

それと同じように目に見えない思考や習慣、癖などにも働いているそうです。

だから、三日坊主になるのもしかたがないかも…

なんですが、

最低でも21日間やり続けると習慣になります。

そして、カウンセリングでも、直接無意識に働きかけることで、やめたい行動や習慣を変えることもできます。

変えたいと思ったら、あきらめないでくださいね。


そして思い出したのですが、

私がぴんしゃんウォークの講座に参加した理由は、

姿勢を整えることとポジティブ思考の関係をクライアントさんにお伝えしたかったからでした。

心と体は密接につながっていますからね。

その点では、以前より姿勢はよくなってますし、

時々カウンセリングでも姿勢の話をさせていただいています。

ちゃんと役だっていましたね。

ムダはないものです^^




~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。

テーマ:
◆ SOSの発信だとわかれば、対応の仕方も変わってきますよね。

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

昨夜は私がお世話になっている「日本メンタルコーチング学院」での講座に、リソースパーソンとして参加してきました。

話題になったのはリストカットのこと。

カッターナイフなどで手首を傷つけるこの自傷行為は

以前から問題になっていますが、今は低年齢化しているんですね。

ネットも普及していますから、子どもたちの方が対処の仕方に詳しかったりします。

周囲の人たちは「どうしてそんなことをするの!」と責めがちですけど、

本人さえも、うまく言葉にできないのです。

それだけつらい感情をかかえ、追い詰められた末の行動なんですね。

私たちはそのつらい気持ちに早く気づいてあげることが大切なんだと思います。

先日開催した「思春期講座」でも、お伝えしたことなんですが、

このような自傷行為も、嘘をついてイヤなことから逃げる行為も

暴言を吐いたり、暴力をふるったりすることも

スタイルは違いますが、すべて子どもからのSOSです。


一見不可解で、困った行動が

SOSの発信だとわかれば、対応の仕方も変わってきますよね。

思春期講座を終えて、こんな感想が寄せられました。

自分では気づかないことに気づくことができました。

親子の関係も自分がどう対応してきたかがわかり、

今後どうすればいいのかも具体的に知ることができました。

早速役立ちそうです。           Aさん 


子育てって、無意識にしていることがほとんどです。

自分では気づかずに、子どもの自尊心を傷つけていたり、

主体的にやろうとする気持ちを邪魔してしまったり、

母親なんだからしっかりしなくちゃと頑張りすぎて

子どもをコントロールしてしまったり…

子どもがどんな気持ちなのか、見えなくなってしまいがちです。

だからご感想のように、

ご自身の子育ての仕方を客観的に見れるようになることがとても大切です。


愛着と自立って深い関係があるんですね。

子どもが小さいうちから、今日学んだことを知っていると、

子育ての仕方が全然違ってくると思いました。     Tさん


そうなんです。

愛着形成はとても大切です。

先ほどのリストカットも愛着形成と深くかかわっています。

うまく形成できないと生きづらさをずっと抱えることになります。

愛着障害が原因の不登校もあります。

問題行動も起こしやすくなるんです。

それは自分自身を大切な存在だと思えなくて不安だからなんです。

これからはカウンセリングと合わせて、今回の講座のようなセミナーも開催していきたいと思います。

このブログでもお知らせしていきますね。




~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。

テーマ:
◆ 「思春期の子どもとはこういうものだったのか!」と、よくわかりました。

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

秋は高校受験を控えているお子様にとっては、学校説明会の時期ですね。

電車に乗り込んできた男子。

少し後から乗ってきたお母さんらしき人が、話しかけようとすると、

態度で嫌がっているのが見てとれて、思わず微笑んでしまいました。

この年頃は、人前でお母さんと話すことを嫌がるんですよね。

気恥ずかしいんですね。

そんな光景を見ていると、「あー、思春期だな~」って思います^^

この思春期の時期に高校受験があるんですね。

行きたい学校へのあこがれはあるけど、

今の自分には自信がない。

志望校をどうするか…

心が揺れる時期でもあります。

ホントは不安で不安で仕方がないのに親には素直になれなくて、

強がってみせたり、イライラして物に当たったり、

親と口をきかなっかったり。

そんな不安定な心の思春期の子どもたちを理解して、

親としてどう接していけばいいのかを学びたいと

昨日は「イライラしない 思春期の子どもの見守り方講座」にお父さんやお母さんが参加してくださいました。

寄せられた感想をご紹介しますね。

ホルモンと脳が思春期の子の不安定な心と身体の原因だということがわかり、納得しました。

「あ~、ホルモンか!」 「あ~、脳か!」という言葉は  

子どもを理解する上でも、自分自身を落ち着かせるのにも

とてもいいなあと思いました。             Yさん


そうなんです。

この時期の子どもたちは量的にも質的にも急激な体の変化が起こるため、

精神的に不安定になっています。

脳もまだまだ未完成。

怒りや悲しみや不安を安全に抱えられないんですね。

それを分かりやすく、心の中で唱えやすくしたのが、

「あ~、ホルモンか!」 「あ~、脳か!」なんです^^

講座では皆さんが大きくうなずき納得した様子でした。


今さらなんですが、「思春期の子どもとはこういうものだったのか!」というのが、あらためて良くわかりました。

早くわかっていれば、子どもの思春期にもっとできることがあったのかもしれないと思いました。

ポジティブリフレーミングは楽しかったです。

いろんなことに応用できますね。

自分で言葉を発するときは、心がけたいと思いました。  Tさん


思春期の子どもたちの不可解な行動…

その意味が分かってくると、親としてどう応援してあげればいいのかが分かってきます。

そしてポジティブリフレーミングで

子どもの短所としか思えなかったところが、素晴らしい長所だということに気がついて、

子どもへの見方が変わってきます。


講座では、まず自分自身の見方を変えてもらいます。

自分の短所だと思っているところを書き出してもらって

他の人に長所に変えてもらって、紹介してもらいます。

「わぁ、私がすごく素敵な人になってる~」と、

ちょと感動するシーンなんです。

長所と短所は表と裏の表現の違いだけ。

皆さん、そこで大いに納得!

講座の最初では

「子どもにどう接していいかわかりません!」

「不安ばかりです」

と、おっしゃっていた皆さんが、笑顔になって帰っていかれました。

まだまだ感想をいただいていますので、続きは次回に^^





~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。



    

テーマ:
◆ 言葉一つで未来が変わるかもしれません。

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

日曜日の夕方。

家族連れで賑わっているレストランで、友人を待っていました。

少し早めに着いて、のんびりコーヒーを飲んでいたら…

仕切りの向こうの席から

お父さんらしき人の声が聞こえてきました。




「お前は最初から弱気なんだよ」

「そんなんだから肝心な時に力が出せないんだ」

「動きが鈍かったし…」


お父さんのダメだしはえんえんと続きました。

向かい側に座っていた小学校高学年くらいの男の子はうつむいてじっと聞いていました。

きっと何かの試合に負けてしまったのでしょう。

男の子は食事ものどを通らない様子^^;

私は自分が言われているような気分になって、

ちょっと胸が苦しくなってきました>_<

お父さんは息子君が試合に負けちゃって、ふがいなく思ったのでしょう。

もっとやる気を出してもらいたくて、ハッパをかけているのでしょうね。


でも、負けてしまって気落ちしているところに

できていないところばかり指摘されたら

ますます落ち込んじゃうものですよね。

私も子育てをしていた頃に陥ったパターンでした。

こんなときに、子どもが元気になってやる気が出る声かけができたらいいですよねー。

実はみつけたんです^^

☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「惜しかったね~」

「次はどうすればいいと思う?」

☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この二つの言葉が会話の中に入ると、

負けたことが大きな問題とはとらえられなくなり、

意識が次の未来に向かっていきませんか?

そして、ポイントは

どこをどうすればいいか、子ども自身が考えることです。

それが、子どもの「自主的なやる気」を育てていきます。

子どものやる気を育てる言葉…

それを知っていたら

言葉一つで子どもの未来が変わるかもしれません。

この週末に予定している

「イライラしない 思春期の子どもの見守り方講座」でも

お伝えしていきます。

どんな言葉がどんなふうに子どもの心に響くのか

確かめ、感じあいながら、日常生活に生かしていけるような内容です。


テキストも出来上がり、今からワクワクしています!

お子様が思春期真っ最中なら、

すぐに生かしていけるものばかりですし、

これからでしたら、気持ちに余裕がでてくると思いますよ。

お席はまだ若干、空いています。

お申し込みはこちらからどうぞ^^



~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。


テーマ:
◆ 自然に癒されてきました^^

こんにちは。親子関係専門カウンセラーの湯澤恵美子です。

先日、日光に行ってきました。

日光は、今年2度目。

前回は神社やお寺を中心に回りましたが、今回はめいっぱい自然にふれてきました!

すっかり日光の自然に魅了されてしまいました。

皆さんにその素晴らしさをブログでちょっとおすそ分けしたくなりました。

日光白根山の登り口まではロープウェイで。

山々はすでに紅葉が始まっていました。



ロープウェイを降りると、目の前に日光白根山がドーンとそびえていました。




高山植物もあちらこちらに。

登山口の手前にある、二荒山神社にお参り。

おみくじを引いたら大吉でした^^



二荒山神社というと、日光東照宮の近くにある神社だと思っていたのですが、

なんと、中禅寺湖のほとりには中宮が、そして、今回のところと、全て同じ神社だということがわかってビックリ。

日本で伊勢神宮に次いで第二位の広い境内なのが二荒山神社なんだそうです。

実は長男が小学生の時の修学旅行先が日光でした。

彼は行く前から二荒山神社に興味を持って、それはそれは詳しく調べ上げたのです。

「お母さん、二荒山神社ってすごい神社なんだよ!」

当時の私は日光東照宮にしか興味がなくて、その「すごい」の意味さえ、詳しく聞いてあげることができませんでした。

それが、ずっと気になっていました。

「へぇ、すごいねぇ!」と、共感してあげたかった。

彼の神社や古跡好きは大学生の時に開花して、暇があれば日本全国を旅していました。

そして、社会人になった今も。

彼にとっては生きる活力になっているんでしょうね。

あの時、共感はしてあげられなかったけれど、好きなことを見つけられて、本当に良かったと思っています。

子どもが興味を持つことって、親には理解できないこともあります。

でも、目を輝かせて話すって、よほどのこと。

それを応援してあげることは、子どもの自信にもつながります。

と、今なら自信を持って伝えられるんですけどね^^;

白根山の登り口には天空の足湯があります。


広ーい空を見上げながらの足湯は最高!

そして、空には鳳凰や龍の形をした雲が上空の風に流されて、まるで駆け巡っているかのように見えました。

まさに天空のパノラマそのもの。


しばし、雲の動きを楽しんだ後は、

ロープウェイを降りて、

湯ノ湖でトンビの鳴き声と湖から吹く風の心地よさを感じて、ふーっと一休み。


久しぶりに訪れた華厳の滝は、台風の影響でいつもの55倍の水量!

その迫力にすっかり圧倒されてしまいました。



最後に石造りの「明治の館」で食事。

ふんわり優しい味のオムライスとレモンの酸味がさわやかなチーズケーキが最高でした!



五感すべてで、自然を満喫してきました^^

~ 我が子の将来が「不安」から「楽しみ」に変わる子育てカウンセリング~
子どもの問題行動、思春期の反抗、不登校、なぜこんなにイライラするの?

【メルマガ】本来のあなたらしさを引き出して「私だからできる」になる方法

カウンセリングのお申し込みはこちらから 

お客様のご感想 

お問い合わせはこちらから 



カウンセラー 湯澤恵美子 
 


いい子症候群、自分の意志がない、NOといえない、嫌われたくない、人が怖い、自信がない、頑張りすぎる、自分を犠牲にする、失敗が怖い、自己否定、ストレス症状、孤独感、無力感、その他トラウマやPTSD症状の克服、自分を変えたいなどの悩み解消いたします。