月刊・クロモリロードバイク

月刊・クロモリロードバイク

パナソニック・クロモリロード(Panasonic Cr-Mo)で自転車ツーリング

久しぶりのブログ更新です。

ロードはずっと乗ってるんですけど、ブログ更新のモチベーションが無くなってました。

 

今日は阿蘇方面走ってたんですが・・

ネジが貫通してパンクです (p_-)

前にも似たようなパンクありましたけど、今回のは酷い。。

リムも一部傷ついてます。

 

 

タイヤ裏側も毛羽立ってますね。

タイヤブート貼ってチューブ交換して走るか、それともチューブをパンク修理して走るか・・

 

タイヤブート貼ると段差でチューブがダメになるんですよね。

200~300キロぐらいは持つんですけど、できればタイヤブートは貼りたくない。

 

 

しばらく迷ってチューブ修理することに。

パッチがあるのでタイヤ裏の毛羽立ちも多分大丈夫でしょう。

 

パンクは5mm厚のゴム板を携帯しておき、その上でタイヤレバーを使い圧をかけて修理してます。

こだと出先でも確実に修理できます。チップトップのパッチを2枚、一部重ねて貼ってます。

 

 

ネジが貫通した部分が膨らんだりしてくればタイヤ交換しないとダメですけど、大丈夫そうな感じ。

まだ1000キロちょっとしか走ってないタイヤなので、もうちょっと持ってほしいところ。

 

30キロほど走って帰ってきた分には問題なさそうなので、もうちょっとこれで走って様子見です。

 

 

 

今乗ってる、パナソニックのクロモリロードも、走行距離1万9000キロになりました。DASH!


チェーンは定期的に交換してますけど、スプロケットに関しては今まで1度も交換してません。


もうすぐ2万キロだし、スプロケもけっこうすり減ってきてるかな・・、


という事で、新品のスプロケットを購入! にひひ





買ったのは、今使ってるのと同じ、5600系105の12-27Tスプロケット。


それで、どのぐらいすり減ってるのか確認しようと、古いスプロケットと重ねて見ると・・






全然すり減ってないみたい。ガーン


ロー側3枚はばらせないので、それ以外の歯を見比べてみましたけど、どれも殆ど新品と違いが分からない状態・・


1万9000キロ走って、新品と殆ど見分けが付かないっていうのは、よっぽど負荷がかかってないって事??


だいたい、普段はアベレージ20キロ程度のスピードだし、踏み込んで飛ばすようなことも殆どないので、すり減ってないのかも。


変速の調子が悪いと言うような事も無いし、とりあえず交換の必要はなさそうなので、しばらく今のスプロケットを使い続けることにしました。




キャットアイのヘルメット用ブラケット(5341831N)を買いました!メラメラ



 

このブラケットをヘルメットに取り付けると、ヘルメットにキャットアイのライトを取り付けることが出来るようになります。にひひ



ベルクロでヘルメットに取り付けるようになっていて、角度調整も出来ます。





OGKのヘルメット、リガスに取り付けてみた感じ。


ヘルメットにライトを付けられれば、見た方向を明るくてらせるのでけっこう快適になるんじゃないかな?


と思って買ってみましたけど、実際取り付けてみると・・




けっこう重い・・ガーン


写真はボルト300(HL-EL460RC)を取り付けてみた所ですけど、重量120g程ですが長時間の使用は首が疲れて厳しいかも。




ウノ HL-EL010 (56g)だと、そんなに重さを感じることもなく、まあ快適です。


ウノだとそんなに明るく照らすことは出来ないですけど、補助的な感じで使う分には悪くないかな・・?



と思ってちょっと使って見ましたけど、ウノだとあんまり約に立たないです。カゼ


明るいライトだとちょっと重いし・・。

結局、ヘルメット用ブラケットはヤフオクで売却しちゃいました。