• 13 Dec
    • 寒いのが苦手ならパーマをかけてみては 「行216」

      寒ければ寒いほど力が湧き出る、そう寒拳だ。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊冬なんで寒いのは寒いのだけれど、ここ数日は特に寒さが厳しいようでTVを見ていてもキャスターがブルブル震えながら気温について話をしている。かなり防寒しているように見えるが、震えるほどに寒いのか?まるで某歌手のように震えまくってるなぁ…なんて思いながら、そんな寒さに僕は興奮している。そして寒さではなく、ファッソで心が震えているのだ。今回のモデルさんはいつもパーマのかかりがあまり良くないそうで、最近はパーマから離れていたそうな。ハイトーンで綺麗な色の髪だけど、若干毛先がパサついてる感じ。DL3〜で明るい見た目の割に強くしっかりした髪。一般的なデジがいいかなぁと思っていたけど、施術する方からホットクリープのオファーがあったので今回はファッソを使用したホットクリープで施術スタート。例によってファイラメで前処理をし、ファッソのツケ巻きに入る。1剤はカール1M+1Sを(1:1)こちらを中間から毛先のパーマが欲しい部分に塗布し、テンションをかけてワインディング。ノンテンションよりも、ある程度テンションをかけた方がファッソのような低アルカリ系薬剤とは相性が良いように思う。ワインディング後はデジ機にて加温。55度5分+3分。中間水洗後、2剤2度づけ15分で終了。ウェット状態しっかりとリッジが出ていて、モデルさんのご希望通りの仕上がりに。このままスタイリングしてパーマだしだし感でも良さげだけど、寒くなってきているのでしっかりドライしていきます。優しくふんわり乾かすと…こんな具合です。しっかりとかかっている分、一般の方でもサーって乾かすだけでスタイリングしやすいかと思います。ふんわり優しくもいいけど、やっぱ僕はしっかりの方がが好きだなあと改めて思いましたね。今回の臨店では、かかりの良さと柔らかさとツヤ感という、ファッソの特徴をしっかりお伝えすることができました。寒い日が続きますが、パーマをかけてると暖かそうに見えるのは僕だけでしょうか?どうも暖気があのクルクルの中にいてくれそうな気がして…なので僕は常にホットです。是非、お試しください。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      NEW!

      47
      テーマ:
  • 12 Dec
    • えらいはえらいであってえらいではない 「行215」

      一休さんの謎かけみたいだけど、えらいえらい。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊先日、同僚達と会話をしていた時のことです。ん?何かおかしいぞ…と違和感があったので、それを皆に訴えたのです。何かおかしくないですか?皆さん?って。しかし、結果から言うとおかしいのは阿南の方だということになりました。どういうことか説明しますと、例えば僕のいうカレーと西山さんや門田さんのいうカレーは別物なのです。そう、問題は【イントネーション】にありました。だから僕のいうカレーは田舎者の彼らからするとカレイ(魚)になるし彼らのいうカレーは都会育ちの僕からするとカレイ(魚)になる。今まで話が噛み合わない時などは、僕の性格の問題かなと割り切っていたのですが…なるほどなるほど、イントネーションのせいもあったのね!って1人納得してしまいました。これ以外に言葉自体が伝わらないこともあります。九州を代表する未来都市大分県生まれの僕が、四国で初めて聞いて驚愕したのが「えらい」です。友人らと校庭を走り回った後に、皆口々に「えらいなぁ」「えらいわ!」「はぁ…えっらぁ…」などと言っているわけです。えらい?僕の中で【えらい】は【偉い】でしかないので、誰を褒めてるんだろう?走り回った自分を激励きてるのか?なんて思っていたら、えらい=しんどいという意味らしく、たいそう驚きました。「うわぁ、こんな言葉絶対使わんわ…」って思ってたら慣れとは怖いもんで、あっという間に僕も「えらいえらい」使うようになりましたね。イントネーションはまだしも、方言になると伝わらないことって多いです。なので県外に仕事しに行くと基本は標準語を使い、お相手の顔を見ながら伝わってるだろうか?と考えながらお話をさせていただいています。自分からすると生まれた頃から慣れ親しんできた言葉や発音も、そうでない人からすると意味がわからなかったり、場合によっては怖がらせてしまったり不快にさせることもあります。現に僕も苦手な方言やイントネーションがありますし…内容は同じでも伝わり方が180度変わるなんてことだって起こりますしね。自分の普通は他人の異常だったり、自分の常識が世間の非常識だったり…色々ありますから…。よくよく、考えて。でも。くよくよ、せずに。生きたいものです。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      96
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 感謝と衝撃のiPhone8 「行214」

      やっぱりな、こうなると思ってた。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊オレンジコスメという果実感丸出しな企業名なのですが、iPhoneにiPadにApple WatchにMacBookにタートルネックにNバラに丸メガネに…と林檎感満載な僕です。とはいえ、iPhoneだけは前にブログで書きましたように少し古めでございました。iPhone6を使い続けていましたのでね。経年からくる傷以外はないし、綺麗なiPhone6だったのですがやはり段々とモッサリしてきてました。そろそろ変え時かなぁ…なんて思い社長に前々から相談していたのですが、先日あっさりiPhone8に変えてもらえたのです。阿南の新しい仕事用携帯がこちら!ピンピカですよ。最初についてるフィルムも僕はなかなか剥がしません。剥がれてきたらそれに準ずるまでで、自分から意識して剥ぐようなことを僕はしないわけです。iPhone8の背面は久しぶりにガラス化しているようでピカピカしてます。ということは指紋もべったりつくわけです。フィルムに指紋見えますよね?でも剥がないでおいたのでフィルムの下はピンピカです。ただ、これ美しくいれるのだけど受話がまるで役に立たない現象が起きてきます。上の画像からわかるようにフィルムがピチッと貼られているので、iPhoneを耳に当てても相手の声がまるで聞こえません。仕事に悪影響がでる、もう剥ぐしかないのか…そう思いiPhone8に最後のハグをしたところピンっと閃きました。「声が聞こえないなら、スピーカーにすればいいじゃない」フランス革命ならぬフィルム革命です。それからというもの僕はスピーカーを活用するようになったのですが、その革命は短命でした。いつものようにスピーカーでお客様と話しているも、社長が近くに寄ってきました。ん?どうしたんだろう?なにか御用なのかな?そう思った刹那…ペリペリペリ。くるりんと僕のiPhone8をハグしていたフィルムを剥ぎとり大切な部分を露出させるという、恐ろしい行為に及んだのです。あまりの出来事に僕は放心状態。しかしお客様との会話はスピーカーで継続中で、社長に抗議することもできず…。そういえば社長が言ってたっけ。「誰もやらないなら、オレがやる」そういう姿勢で仕事に臨むことがあってもいいって。でも、これは…「誰も剥がないなら、オレが剥ぐ」iPhone8を与えてくれた上に、仕事上の教訓も与えてくれる素敵な社長の話でした。僕も社長に倣って人の勝手に剥いでいこうかと思います。なんて書きながら、最初についてるフィルム貼り続ける人なんてそうそういないわなぁ…と自分の馬鹿さ加減に赤面した次第です。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      101
      テーマ:
  • 10 Dec
    • じゃがいもに関する重大発表「行213」

      時は来た。それだけだ。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🥔えぇ、そうです。相変わらず喰らってます。もうね、貪り喰らってますよ。私は貝になりたい。つい、そう思ってしまうほど喰い続けています。あぁ、すみません。日曜恒例の…そうそう、例のやつですよ。お芋です、お芋。いつもなら読むのここでやめて〜なんて書いてますけど、今日はタイトルからもわかるように重い話です。お芋だけにね。これが阿南だ、我こそはジャガイモよりの使者だ、カルビーさんCM起用または弊社とコラボいかがですか?なんてことを願いながら喰らい続けていたわけですが…もはや…それも…終わりにせねばなりません。冷めたわけではないですよ?尋常じゃないくらい、僕はポテチを愛しています。それこそ自社製品と同じくらいに愛しています。でも、自社製品は愛でても太らないけどポテチは愛でれば愛でるほど体型にね…。そういうわけで、来年のいつまでかわかりませんがサヨナラです。ここに書くらいですから本当に卒業です。僕のじゃがいも話を楽しみにしていてくれた数少ないマニアの方々、今までありがとうございました。今後はじゃがいもを離れたところから見て意見や仕事のお役立ちになるような情報を「じゃがいも」ジャンルでは発信していきますので、改めてよろしくお願い致します。正直、寂しいです。これは僕の人生そのものでしたから。ただ、僕の人生において芋を引っ張る現象が少なからず起きているので仕方ありません。ほんと、いもいもしいです。なんとかやっていけないか?幾度となく話し合いを重ねました。仲裁役をメタバリアやグリーンポッドがかってでてくれましたが効果的ではなかった。なぜなら僕があまりいも激しすぎたから。こんな言葉聞いたことありませんか?結婚は判断力の欠如離婚は忍耐力の欠如再婚は記憶力の欠如あまり良い言葉達ではありませんが、なるほどなぁと思いました。この結婚に関する言葉を、僕とじゃがいものマリアージュに例え直すとさらになるほどなぁとなります。来店は判断力の欠如行ってしまうんですよ。製造年月日の新し芋のを求めて。購買は忍耐力の欠如買っちゃうんですよ。カッコつけてQUICPayで!!体揺らしながらさぁ。暴食は記憶力の欠如開けちゃうんですよ。1袋2袋3袋4袋5袋…あれ何袋目?開けた袋の数ではなくて、飲んだコーラの量でリミットをはかる。…書いても書いてもこの想いを書ききることなんて出来ない。かといって卒業しないわけにはいかない。だから早くまた入学できるよう、日々精進するのみです。人生いもいも 男もいもいも 阿南だっていもいも 咲き乱れるの。実際、再開の目処が立たないほど製品発売が続きますのでお楽しみにしていてください。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      87
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 事情通の西山さん 「行212」

      耳は良いのに髪はやばいことになってしもたんや。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊昨日、僕の意に反して僕の髪にちょうど良いパーマがかかったってブログ書いたんですけどね。僕はカリカリパーマ好きなので、流行を捉えてる西山さんとは仕上がりイメージ共有が出来てないのが問題だぁ!とか書いたんですけどね。実は僕も西山さんにパーマかけまして。西山さんのご希望は「毛先が少し動けば良いです」ってやつで、まぁ簡単にいうと緩くかけてね!ってこと。こっそりロッドを細くしようと画策してたんですがそこは西山さん、僕の性格を正確に把握。ノーチャンスでした。しかし1剤放置からテストカール、中間水洗でチャンス到来。しっかりかかるように時間を調整した結果…もうね、ゴリゴリにかかっちゃって。ちなみにベースがブリーチ毛やったもんで、過還元もあって西山さんの髪は過激になってしまった。イメージ共有ってやはり大事だ。基本直毛なんで、西山さんはパーマ欲するんですよ。でも履歴が繰り返しのブリーチにパーマにアルカリカラー3回…それでもね、かかるんですよ。ドライ時は多少ゴリゴリ感落ち着いてますけど(引っ張って乾かしてますからね)ウェットでは僕の理想的なかかり方。やはり好みが出てくるんですねぇ。まぁ、強弱の好みはあってもパーマかかったんだしって思ってたら翌日の彼の髪は悲哀に満ちていました。彼は一言「阿南さん、髪切りにいってきます。」まだ縁を切られないだけマシと思うほかありません。でも、また同じ状況なら同じようにキツくキツくパーマをかけると思います。【僕色に染めたいから】似合うと思うんですよね。だから提案し続けますよ。相手の要望聞くだけなら他の人でも出来るわけですし、それを踏まえた上で新境地開拓していくのが「天晴れな仕事」ではないでしょうか。僕はそう考えてます。さて、そんな西山さん。髪の状態はあんまりになっちゃいましたが、耳の状態はすこぶる良好でしてどこから仕入れてきたんだ?!っていうような話をたくさんしてくれます。他メーカーさんの動向や、競合商品、最新の美容情報や体験談、流行、あとここでは書けないような話まで本当彼の耳はすごいです。美容にかける熱意がとんでもないですしね。常にアンテナを張って活動してるんだろうなと思います。僕はそういうことに疎いので結構知らないことが多いのですが、西山さんが色々と教えてくれるので助かっています。有難いことです。その割に恩を仇で返すスタイルですが。(ゴリッゴリにパーマかけていくスタイル)どんな職種でも情報を集められる人は重宝されます。人が知らないことを知っているわけですから大切な人材です。きっと彼のコミュニケーション能力の為せる技なんだろうなと思います。僕のブログを読んでくださっている方であれば、いずれ西山さんに会う機会もあると思うのでその際には色々と聞いてみてください。なんでも知ってますし、良い人です。その時の目印はクリクリパーマ、覚えていてくださいね。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      110
      テーマ:
  • 08 Dec
    • イメージの共有はほんと難しい 「行211」

      これがジェネレーションギャップなら切ない。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊12月に入り1週間が経ちましたが、なんだろう12月感があまりないような…多分あれこれやってたり考えてたりで、12月にありがちな手持ち無沙汰感が少ないからなんだろうな。時間が足りないとは思わないけど、まだまだ効率良く時間を使えるんじゃないかなと日々奮闘中です。そして今回は自分の髪の毛にパーマをかけてみました。自分でいうのもなんですが、髪質だけは一級品の超良い具合のクセ毛なのでパーマなくてもいけそうなんですが、それでもパーマをかけてるっていう実績がほしいんですよね。なんか…アナキン髪に気を使ってるんだね…って。パーマをかけてることはメリットでしかなく、デメリットは自分の場合1つもありません。全てポジティブであり、ネガティブはゼロです。まぁ、あえて…あえてネガティブにかんがえるとですね。昔はパーマをかけるとオダギリジョーやら瑛太やら、へへへ…そんな時もあったんですやで。今は茂木健一郎。昔の自分を見てると涙が出そうになりますね。こんな、時代も、あったねと。ま、ま、まぁ、そんなこんなで来年登場するパーマ剤でパシッとかけてもらいました。結構クリッとしてるでしょ?でもこれじゃ緩いんですよ。僕が求めてるのは雀の巣みたいにモジャモジャ。それは流行らないって却下されちゃいまして、上の仕上がりに。コールドパーマなんでウェットだとクリッとしてるんですがね。これを乾かすとね、伸びてるでしょ?僕の好みではないんですよね。でも、周囲には褒められるっていう違和感。そのくらいがちょうどいいよって、それ以上はやべぇやつだよってね。さすが西山やるおるわ。ただ、やはり僕としては例え今風じゃなくてもダサくても、もっとハードなクリクリが良かったなぁとか思ってます。手触りも質感もいいし、それなりにかかってるしいいのはいいんですけどね。僕の「しっかりかけてね」と西山の「しっかりかける」は違うわけで、もう3年くらい一緒にいてお互いの髪をやりあったり、僕がいかに面倒くさいやつか、好みはどんなのか熟知していてもイメージってのはズレるんです。これが一般のお客様ならどうでしょうか。きっともっとイメージの共有は難しいはずです。しかしイメージを共有できていなければ継続したパーマに繋がることはありません。強すぎず、弱すぎずジャスティス。求められるのはそこでしょう。「どんな形に?」と同じように「どのくらいの強さで?」がパーマは大切です。自分でかけてみることで改めて「強弱」の重要性を感じました。ちなみに僕が西山にかけると、やたら強くかかります。好みがでるんすよね、僕の。人って機械じゃないから、心境や好み、その日の気分で「強弱」って案外変わるものです。ぜひ一度確認してみられてはいかがでしょうか。きっと、新しい発見もそこにあるはずです。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      108
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 色作りに夢中になっているのだ 「行210」

      髪が紙のようで八染は絵の具のようで。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊小学生の頃だったかしら?絵の具を与えられて、赤や青や黄色をパレットで混ぜて紫作ったりみどり作ったり…とにかく新しい色を自分で作れるのが楽しくて楽しくて。そんな感覚をいまさらですが【八染草彩】にもっています。【八染草彩】は商品名の通り八色のオーガニックなんていうと語弊があるな…うん。八色のオーガニック系の…いや、これもあかん。八色のケミカルとオーガニックの融合した…粉…パウダー…うん!これなら…あり?かな。いやね、オーガニックって使うの難しいんですよ。だってオーガニック入っていようがケミカルはケミカルだし、イメージ先行での商品紹介なんて胡散臭いじゃないですか。魅力的なイメージは推していきたいけど、そもそもケミカルは悪でもなんでもないしね。って趣旨変わってしまいそうなので話を戻しますが、【八染草彩】の魅力はずばり無限に色を作れるところです。現代では多くの素晴らしいカラー剤がありまして「髪へのダメージが少ない」「臭いが少ない」「頭皮にしみない」「低コストである」「短時間で染まる」などなど時代によって推されるポイントは変わりますが今も昔も最も重要視されるのはカラーだけに「色」ですね。特に最近は「色」についての発信をよく見ますし施術する側だけでなく、される側のお客様も強く意識しているように思います。SNSなどでも「こんなパーマかけたよ!」っていうのはあまり見かけませんが「こんなカラーしたよ!」というのは頻繁に目に入ります。時代を読んで、流行の色味が出せるカラー剤を発売しているメーカーさんってほんと凄いなぁと思う反面、うちの八染ちゃんでも出来るのになぁとヤキモチ…もちろん【八染草彩】は基本水溶きでアンダーを削らないので、トーンダウン前提です。(トーンアップはライトナーmixです)アンダーを削らない分、その計算と色を作る手間…いや、これを手間ととるか色作りの喜びととるかで【八染草彩】の受け止められ方は変わってきます。オレンジコスメに所属する僕ですら、作られた色に慣れてしまっていて、つい最近まで色作りの興奮を忘れていたほどです。従来のクリームカラーに比べると明らかにダメージは小さいし、毛髪強度も下げない。ハリ、コシ、ツヤはしっかり出せて、色持ちも良い。ただ、難しい。じゃあ、その難しいがなくなれば…あ、やばい。【八染草彩】めっちゃ面白いじゃないか!って良いとこばかりが見えるようになったわけです。例えばオレンジコスメの社長を綺麗に染める。結構白髪率高めで、部分によっては髪が痩せこけてる。パーマもテストで頻繁にするので傷みもなかなか…こんな髪に八染で(光が当たって明るく見えますが、実際は下の画像のようになじんでます)地毛に馴染むようにトーンダウンさせて、オレンジコスメの社長なのに、オレンジ味を嫌われるため赤を消してって施術をしています。ちなみにBK:BL:CLを混ぜて「壊れかけのレディオ」って名前のカラーにしました。イメージでいうと、思春期に少年から大人に変わる…道を探していた汚れのないままにって感じで、要は何も聞こえないし、何も聞かせてくれないっていう、どんな歌詞やねんそれ?みたいな。葛藤をカラーにしたわけです。だから深みとコクを感じる…なんて施術者アナキンは思っています。並行して毛束にも「壊れかけのレディオ」を染めて検証もしているので、近いうち皆様にも詳細を公開したいなと考えています。パーマが得意なメーカー。それならカラーが得意なメーカーって側面があってもおかしくないだろうと。【八染草彩】は8色しかありません。でも8は見方を変えれば∞(無限)です。絵の具を混ぜるようにカラーを作ってみませんか?あの時の興奮・発見・楽しみを【八染草彩】で是非!了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      109
      2
      テーマ:
  • 06 Dec
    • もう観ました?オレンジコスメTV 「行209」

      あ、サトサト…あ、サトサト…それがしサトキンでござるぅ〜。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊僕がアナキンと自称すのはスターウォーズが所以です。決して某ユーチューバーさんではございやせん。が…サトキンについては傾奇者へのリスペクトを込めてやらせてもらいました。今回はオレンジコスメTV第4弾ということで企画段階からちょっと趣向を凝らしたいなと考えておりました。内容は真面目なんだけど、美容業以外の方が観てもなんかおもろいなこの会社…っていう風に思われたかったのでへへへ、こんな時は先輩べっちの出番です。きっと生まれて初めてこんなメイクされただろうな、ってくらいガッチリやりました。おかげで見た目のインパクトは抜群です。そして肝心の内容ですが、今回は【ビビリ毛】に焦点を当ててみました。この【ビビリ毛】ようは最強のダメージ毛ってやつで、基本的に直りますなんて言ってはいけない危険な髪です。そういう髪に出来ることって極端な話、切る。ことが一番だと思ってます。変にアクション起こしてさらにダメージ与える可能性もあるわけで、かなりリスキーですからね。それでも、やはり質問で聞かれることの圧倒的に多いのが【ビビリ毛治癒系】です。アンセスなら酸性だから直せるのではないか?ファイアプリシリーズを駆使して直せるのではないか?可能性の否定はしませんが、現時点で元どおりにすることは難しいと思います。というのも上で書いたように、とにかくリスクが大きいからです。栄養補給がしたい、とかであればどうぞトリートメントしてあげてくださいってなりますが【ビビリ毛】を直すというのは形状を元あった形にするということです。ちなみに【ビビリ毛】には大きく分けて2つありまして1つが「還元」によるダメージから起きたビビリもう1つがアイロンなど「熱」から起きビビリです。このうち還元の方はそのビビリの形にパーマがかかっている感じですから、少しそのビビリパーマを緩めて真っ直ぐにしてやれば比較的誤魔化しがまだききやすいのかなと思いますが、熱の場合は厳しいですね。生卵を目玉焼きにしたあと、その目玉焼きを生卵に戻しなはれや!っていうくらいに厳しい…というかミッションインポッシブルかな。ですから【ビビリ毛】を治癒するためには…おっと、それはサトキンの出番でした。動画内で実際にサトキンが治癒していますので、是非一度ご覧になってください。https://www.youtube.com/watch?v=cemnNaHYIvY&feature=shareまだまだ認知度の低いオレンジコスメTVですが、今後も更新を続けてまいりますので、皆さんからのいいねとチャンネル登録お待ちしております。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      110
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 宝塚歌劇団 「行208」

      歌って踊れて美しくて…って最高かよ。どうも、オレンジコスメ過激団の自称トップスター阿南です🍊昨日に引き続き関西方面でおります。今日は昨日の笑いの新喜劇とは、一味違うステージを観に行きました。タイトルにあります【宝塚歌劇団】未婚の女性だけで構成された歌劇団で…ってまぁ知らない人はいませんよね。そう、女性オンリーで男役、娘役をして観客を楽しませてくれます。僕のヅカ歴は…あぁすいません、ファンはヅカって略すんですって。(ウィキペディアにのってました。)僕は中学2年の修学旅行で見た以来なので、実に20年ぶり2回目となります。中学生の時は正直あまり良さがわかりませんでした。だって女性が低い声だして男みたいなことしてるわけですから、そういうものだっていう認識がなかったので違和感しかなかったです。ただ、すげえなこの人ら…っていう印象だけは残っていたので、オッさんになった今なら良さを実感できるのではないかと昨日に引き続きハードルを上げておりました。(昨日は笑いの、今日は歌や踊りなど)えぇ、今回も結果から書きますと尋常じゃないくらいに感動しました。ヅカには男役と娘役にそれぞれスターと呼ばれる方々がおります。容姿や技量によって抜擢されるようですが、素人目からみてもスターはズバ抜けてるなと思いました。ただ、スターばかり観てても凄いのはスターなら当然ですから、あえて脇役というか台詞のない団員に注目をしてみると、そこに[宝塚歌劇団】が今日も愛される理由を見た気がしました。まだまだ大きな役をもらえない団員も全力で歌って踊っているんです。もちろんプロだし、あの宝塚だからそれは当然って思いますよね?でも、よく考えてみてください。2000人の観客の目はほぼトップスター男役、娘役に注がれています。このトップスターが動員を左右すると言っても過言ではない…なんて書くとガチ勢に突っ込まれそうなのでやめときますが、なんせ大役以外の団員に目を向ける観客はそう多くないでしょう、多分。声が出てるか、ちゃんと踊ってるか。こういう目立つ部分で力を抜く人はさすがにいないだろうと思ったので、僕はずっと手の指先だけに注目していました。トップスターの背後、スポットライトの当たらない中でどんなことしてるかな?って思ってみてると、例えばお酒を飲んでいるシーンでは手首はだらりと下がり、力ない指先で酔っている風。品性を求められるシーンでは指先までピシッと力を入れて、上品な育ちの良さを醸し出す…ほとんど見えないんですよ?暗いし、実際背景の方が目立つくらいです。それでも徹底的に指の先まで演じてるんですよね。これがプロ意識と言われればそれまでですが、ほんとにプロなら当たり前ですか?これって。僕は当たり前とは思えなくて、トップスターから名もない役の団員まで、それぞれに課されていることを徹底的にやりきる姿に感心しました。まぁ、素人なんで細かいことはわからないので、とにかく「当たり前じゃねぇからな?当たり前じゃねぇからなこの状況!」って加藤浩次ばりに思ったわけです。宝塚歌劇団じゃなくても、皆でなにかを作り上げる仕事って多いと思います。その仕事の中には目立つスターもいれば、それを支える脇役もいるだろうし、裏方として目に見えないことをせっせとする人もいるはずです。どんな仕事も、眩しいほどに輝く者だけで成り立っているわけでなく、真っ暗な中で汗を流し気を吐く者達も含めて全員で作っているんです。だから手を抜いてはいけないし、自分のパートは徹底してやり遂げねばならない。驕りや慢心、甘えや緩み、いずれかでもあればそれは「足を引っ張る」なんてかわいいもんじゃなくて、皆で完成させようとしているものを「ぶち壊してる」のと同じことです。僕みたいひねくれ者が見ても【宝塚歌劇団】にそんな粗は見当たりませんでした。だから素直に感動したと絶賛できるわけです。それぞれがそれぞれの場所で一生懸命に持てる力を出し尽くしてるってのが見えるから、なおさらですね。昨日からその分野でのトップの仕事を観ていますが、ほんと学ぶことが多いです。美容師時代に、一流ホテルに行って一流のサービスを体験し学ぶ。みたいなのをしたことがありますけど、それに似てます。きっとこの【宝塚歌劇団】を観て感じたことも、明日からの活動で大いに活かしていけるはずです。ほんと最高の時間でした。オォ!!ハァッ!!スーパーボイジャー!!オォ!!ハァッ!!了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      123
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 笑いは人の薬 「行207」

      こんなに笑うなんて思ってもみなかった。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊朝からなんかテンションが上がらず、青く広がる天候とは裏腹に我は曇天模様みたいな感じだったので正直どうしたものか…と1人物思いにふけっておりました。初めて生で吉本新喜劇を観れるのに、こんなテンションで笑えんのかなぁ…と。まだ土曜日が休みじゃなかった学生時代。半ドンの学校終わったらひとまず帰宅。テレビをつけると新喜劇のあのテーマが流れ出し、目の前にはオカンが作った焼き飯(チャーハンではなく焼き飯)それをがっぽがっぽ口に放り込んで新喜劇見終わったら家飛び出して遊びに向かう…みたいな。でも正直テレビで観てて笑ったことなかったんですよね。はいはい、ベタベタ、またやってるわーみたいな。どんな大御所出てきたとしても、逆に笑わないと的な空気満載でさ、テレビの前で気を使ってみたりね。で、それを生で観れる。ただテンションは何故か上がらず…。つまり僕が「笑う」ハードルはとんでもなく高かった。なんせ笑いに行ってるのではなく、笑わせてみろや!(笑わせてくれや…)って感じでしたからね。結果から言うと、若手からベテラン、漫才に腹話術にコントに落語に新喜劇にと、数時間とにかく笑いっぱなしでした。ん?誰だこのコンビ?聞いたことないなぁ。数秒後腹抱えて爆笑。おいおい、大ベテラン出てきたわ。終始笑いっぱなしの大爆笑。(この人らってこんなに面白いの?!すごい!ってなったよ。)あんなに自分で笑いのハードル上げてたのに、僕も含めて会場を笑いで埋め尽くすなんて、芸人さんってほんとにすごいなと思った。何気に僕も一瞬だけM1目指してたことあるんだけど、人を笑わせるって相当難しいんですよね。「笑われる」のは簡単だけど「笑わせる」のはかなり難しい。(そういうわけでノゾムアナン(コンビ名)は即解散してしまった。)で、吉本新喜劇ですが感動するほど楽しかったと同時にとても勉強になりました。営業職はもとより接客・サービス業の方には是非生で観ることをオススメします。めっちゃ笑えて楽しい!にプラスして必ず得るものがありますから。プロの芸人さんのようにはいきませんが、僕も楽しい時間をお客さんに提供したいので「笑い」を意識して仕事してみようと思います。ひとしきり笑い終えると気づいた時には曇天から快晴に変わってました。笑うって素晴らしい。今日笑わせてもらった分、明日は僕が誰かを笑顔にしたいなと思います。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      117
      テーマ:
  • 03 Dec
    • なんとなくで生きていきたい 「行206」

      前にこのタイトルつけたらHPの閲覧激減して闇堕ちした。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊今は亡き[古今亭志ん朝師匠]が残した言葉「なんとなくで生きていきたい」これが僕には非常に刺さった。もともと、のんびりやでのんきにのほほんとしているので「なんとなくで」ってのはそのまま自分の生き方に繋がったからである。ただ翌日のオレンジコスメHP閲覧数は激減し(ヘマチンSPを紹介した時は結構良かった)僕は自分を否定されたと思い一瞬落ち込んでしまった。半年以上前、雨の日だったなぁ…。「なんとなく」って聞くと、なんか適当な感じがするけど、適当ではなく適度、適当ではなく適切って捉えてもらった方がいいと思う。このブログも「なんとなく」っていう割には、会社名出してるから毎日美容絡みのことを、仕事のことを、見る人にとって有意義なことを書かなくては…って悩んだ時期もあった。そういう悩みの中で書くブログって見返してみると、ほんとにつまらない。うわぁ…困ってるよオレ、みたいな。そもそも誰かに強制されたわけでもなく、まして毎日書けなんても言われたことすらないし、それなのに自分でプレッシャーかけて追い込こまれて。毎日書きだしちゃったもんだから、飯食ってても、遊んでても、風呂入ってても、何やってても毎晩ブログ書き終えるまでリラックスできなくて。やりたいことやってるはずなのに、しんどいわけ。書くのが苦手ではないってだけで文才があるわけでもなく、人が喜ぶようなネタの宝庫ってわけでもなく、じゃあなんで僕はこういうこと始めたんだろう?って。そうそう「なんとなく」始めたんだよね。あー、なんか発信するべきじゃないのかなぁ。誰かやってくれないかなぁ。でもやってくださいよってお願いするにしても、やりたまえって指示するにしても、オレやってからじゃないと言えないよなぁ…そう思って社長に「なんとなく」始めますからって言ったんだよね。そして、ついでにどうせなら毎日書きますからって「なんとなく」言っちゃって。書きながらなんて奴だこいつ…って自分に思うけど、この始まりを思い出してからは書くことがまた楽しくなった。どんなことでもそうだけど始まりってあるわけじゃないですか。でも続けていくとその始まりを忘れてしまうんですよね。だから「初志貫徹」や「初心忘るべからず」みたいな言葉が生まれたりするのかな。そして後輩2人にはなんか悪いことしちゃったな…とか思うわけで。僕が「なんとなく」始めたせいで、2人も流れの中でスタートを切ってさ。嫌ではないだろうけど、出来るだけ楽な方がいいと思うんですよ。しなくて済むならしない方がゆっくりできるし。でも、今の時代に当たり前のことだけやってて勝負できるわけないですもんね。むしろチャレンジする機会さえなくなるわ…って思う。だから何かやってほしいとは思うけど、別に毎日である必要はないし、短文駄文大歓迎だし、ゆるくいこう、ゆるく。(僕のじゃがいもジャンル見たらお分かりですよね)自分にも後輩にも世間様にも総じて何が言いたいかというと「なんとなく」でいいじゃないかと。悩みや重圧、苦しさや悲しみ、生きてれば色々あるけど全てに答えが出せるわけじゃないし、どうしようもないことだってたくさんある。それらに付き合う時間が惜しい。どうせなら気楽がいい。「なんとなく」で「なんとかなる」し「なるようになる」って思いませんか。ふふふ、また小僧から和尚さんへ一歩近づけたかな。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      105
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 今年一番の作品を見つけた「行205」

      まさか師走に見つけちゃうとはね。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🥔今年も残すところ1ヶ月となりました。ほんと早いです、え?!もう年末なの?って感じで…今年あと何回じゃがいもネタが書けるかなぁ?なんて考えてたら書きたくなっちゃったので、最近見つけた年1(29年度ナンバーワン)をご紹介しますね。えぇ、そうです。もう何度も言ってきたのでおわかりかと思いますが、例によってポテチのことなので「おいおい、オレンジコスメだろ。美容のこと発信せぇよ。」と思われる方は門田のブログを見てやってください。僕が見ても勉強になる良いブログなので、皆さんのお役に立てることがあるかもしれません。さて、では早速書いていきますね。皆さんにも一押しのポテチってありますよね?定番のうすしおやコンソメだったり、季節限定の夏ポテトやアラポテト、地域限定の○○醤油味とかね、まぁ色々あると思うんですよ。カルビー、湖池屋という有名どころ以外のポテチメーカーを入れれば膨大な数のポテチが市場にありますからね。一押しは人によって様々でしょう。しかし…そんな色々や様々を押しのけるパワーを持ったやつを見つけてしまいました。それがこちら。「北海道の大地で育ったじゃがいもです」もうね、そのまんま商品名なわけ。ちなみに、とあるスーパー限定商品なので、コンビニなどでは販売していません。それでも大手なのできっと皆さんの目に触れる機会はあると思います。どこでも買えそうでいて、買えないってのがいい。(ネットでポテチ買うのは御法度です。)普通はこういう系は手にとらんのですよ。なんだかなぁ、中途半端な気がして。それでもどストレートなネーミングに惹かれて一袋だけ買ってみたんです。「とりあえず試してみるか」的な。この「とりあえず試す」までもっていくのって実はかなり難しいことです。お菓子だからそんな難しく考えなくても…ってなりがちですが、人生で食べれるポテチの量って決まっているわけで、その中で無駄芋はしたくありませんから。だから「とりあえず試す」ことなく信頼のおける物を僕くらいになると選ばざるをえんのです。今回はパッケージが囁いてきましたね。生産者の顔が見えてるじゃないですか。「私達が一生懸命育てました」って声が聞こえてきますよね。だからこの時期にどうなの?っていう寒色系の袋ですが、生産者の熱意は僕を滾らせましたね。袋を開けたら鼻先を突っ込み呼吸するのが僕のジャステイス。スーーーーハァーーーーースーーーーハァーーーーースーーーーハァーーーーーこの呼吸によってオホーツクの塩が僕の全身へ回ります。食べる前に生産者へのグッジョブが出たのは久しぶりです。少し小ぶりなお芋さん達で、イメージでいうと夏ポテトとアラポテトの中間みたいな感じです。カットも塩分もね。これが限定?って思うほどに美味しすぎて、翌日には5袋(トータル400g)買いに行くハメになりました。今年はポテチ業界にとってかなり大変な年だったと思います。なんせジャガイモがないんですから。作ろうにも作れない。僕のようにファン達は非常に辛い時期も過ごしたはずです。(思い出すだけで寒気がしますよ)そんな中でカルビーさんはどこよりも早く手を打ち、消費者を裏切らないアナウンスから販売再開、恒例の季節商品に加えて47都道府県別のオリジナルポテチの発売、とどめに店舗限定まで発売しファンの心を完全に満たしました。本当に素晴らしいです。でも、カルビーさんはもう30年度のS/Sに向けた商品や展開をがっちり用意しているんだろうなと思います。全身全霊で出し尽くしたら、次に向かってこれまた全力。次はどんなことをしてくれるんだろう?って期待しちゃうんですよね。スタンダードはクオリティを保ちながら常に向上を目指しているっていうのも素敵な点です。大企業だからと胡座をかかず、トップランナーとして業界を引っ張っていってるわけです。(ただ一つだけ注文があるとすればダブルとかトリプルとかは芋を殺すからやめるべき。本質を見失う恐れがありますよね、それやっちゃうと。芋を食わせるのか、粉食わせるのかどっちなんだい?的な)師が走り回るほどに忙しいから「師走」なんて12月は言われていますが、そんな忙しい12月を元気に乗りきるためにも「北海道の大地で育ったじゃがいもです」はお役立ちすると思いますよ。この揚げた芋を買うためだけに僕も走り回るほどですから。見つけたら必ず食べてみてください。後悔はさせません。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      102
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 達観と諦観 「行204」

      達観とか悟りとか、とりあえず好きなんすよ。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊結構最近のことなんですけどね、珍しく感情をコントロールできないほど怒り狂ったんですよ。前にブログで書きましたがアンガーマネジメントはずっと続けていたので、タレ目タレ眉という見た目に合わせて落ち着いた人間になれてるなぁと思っていました。しかし、そんなささやかな努力むなしく「プチッ」といきました。ただ、誰にも迷惑をかけることなくスーーーッと怒りは冷めていったので、あぁ僕も悟りの境地(達観)に達したか…なんて思ってたわけです。で、これまた最近ですがその「怒り」を掘り返して…まぁ感情のマネジメント的なことを学ぶ機会がありまして。それに取り組んでいるときに、ふと気づいたのです。僕がしたのは「達観」ではなく「諦観」だったのではないかと。ちなみに簡単に違いを書くと「達観」が考え抜いた末の境地で「諦観」は諦めた末の境地である。とのこと。あの時の僕はどうだったろうか?「怒り」という感情をコントロールするために僕は考えることをしただろうか。答えはNoで、その時の僕は「もうどうでもいいや、知ったこっちゃねぇ、金輪際まともに関わらない」と考え尽くす前に、投げてたなと。考えるだけ無駄で、諦めることが有益なこともあると思うし、今回はこれで良かったと再確認していますが、ここは間違わないようにしなければなりませんね。感情は自分のなかで起こるものだから、それを自身でコントロール出来なければ、他の人でも物事でもどんなことでもマネジメントできるはずがありません。ずーっとモヤモヤしていたことが、この衝撃的な「怒り」をキッカケに諦観まで進み、結果としてステージを上げることが出来たように思います。そう考えると「怒り」って悪くないなぁと。もちろんコントロール出来ればですけどね…何かコトが起きた時には、しっかりと考える方が理性的だしオススメしたいとは思いますが、考えたって怒ったってどうしようもないこともあります。そういう場合は「諦観」してみてはいかがでしょうか。考えることに力を使って疲弊するより、サッと諦めて次へ力を回す方が良い。「諦める」って書くとなんかヘタレな感じしますが「諦める」も「境地」まで達すればなかなかのものですよ。「達観」と「諦観」自身に対しても、他者に対しても、仕事でもプライベートでも、うまく向き合って素晴らしい和尚になりたいなぁ…なんてたまには小僧みたいなことを書いてみました。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      109
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 恐ろしく早いパーマ、オレでなきゃ見逃しちゃうね 「行203」

      わかる人がわかればいいんじゃないかと。どうも、オレンジ✖︎コスメのアナン=ゾルディックです🍊今日もがっつり「試しの門」開けてきました。(講習させていただきました。)早けりゃいいってわけじゃないけど、お客様からすると早いにこしたことはないだろうと。【効率を高めるか】【行程を減らすか】早さを求めるなら、どちらかが必ずかかわってくるのだけれど、なんにせよ【減らす】ってのはあんまり好きじゃないもんで(無駄に増やすのも嫌い)どうせなら【高めて】いきましょうということで、「恐ろしく早いパーマ」やってまいりました。【モデルさん】ヘナ、マニキュア、ご自宅でカラートリートメント、数日前にデジパの履歴あり。数日前にデジパしただけあって、毛先がクルンとしててアナン=ゾルディック的には今のままでも良さげ…と思いました。髪の状態もかなり良かったので、デジパに使用した薬剤を聞くと「ワンダー」とのお答えが。ワンダーとはオレンジ✖︎コスメの代名詞的なパーマ剤です。ただ、モデルさん的にはゆるふわというよりはガッチリとかけたいというイメージがあったようで、それなら「恐ろしく早いパーマ」でいきましょうということに。【使用薬剤】前処理/ファイラメ1剤/ファッソカール M2剤/ファッソカール ②まぁ、もうおなじみかつ安定のメンツです。だいたい、毎回、いつも同じメンバーと再会。みたいな。ある意味RIZEだなって、そうなると僕はジェシーか。【プロセス】(恐ろしく早いので非常に短文です。)前処理後つけ巻き、デジ機55度で5分加温、中間水洗、2剤2度づけ15分、終了。【仕上がり】かなりリッジが効いています。僕的には少々強くいきすぎたかな?と思っていたのですが、これくらいでちょうどいい!とのことでした。むしろもっと強くても全然良かったらしいです。ウェーブが好みの方にはコールドパーマの方がオススメなのですが、乾かしてクルンクルンに巻いた感じをスッと作るにはこれくらいかかってる方がスタイリングしやすいようです。ウェーブはコールドでカールはデジパでそんな風に何度も書いたことはありますが、結局のところお客様がなにを希望しているかが大切ですよね。そこのすり合わせというかイメージの共有がパーマの難しいところで、仕上がりだけみるとデジパにしては強すぎ?ってなります。しかし、ドライ時にもしっかりパーマが残り、なおかつ強めにクルクルと巻いた感を簡単に出すという触れ込みなら仕上がりくらいかかっていいのかなと。美容師さんはパーマ出せるけど、お客様は案外出すのに苦労したり…って話ありますもんね。こちらから見るとかかりすぎでも、実際にその髪と毎日付き合う方からすると、それぐらいじゃないと!って想いは結構多いのかもしれません。どんな形に?はもちろん大切ですが、どれくらい強く?の部分も意識してパーマスタイルの提案・共有をしていきたいなと思った次第です。だんだん中庸はなくなるのかなぁ。ククルーマウンテン(東横イン)より剤を込めて。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      115
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 感動の押し売り始めました 「行202」

      買ってもらえるまで押して押して押しまくります。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊さて、そろそろ始めるかってことで昨日から新たな試みを始めました。その名も「感動の押し売り」まぁ押し売りなんて言うと響きはよくありませんが、うっかり感動しちゃった…程度のことではなくて感動しますよ?間違いなく感動するよ?ってハードル上げて上げて上げまくって、それでも感動させたい!!的な。僕的には押し売りな感じです。感動に価格はつけれないので高いも安いもありませんがね。具体的な内容は小出しにしていきますが、感動に使われる材料は【八染草彩】ただ1つです。オレンジコスメってパーマ特化メーカーでしょ?って自分たちもそう思ってるし、実際多くの方にそう思われてますがカラーもご用意がございます。しかも一般的なクリームカラーじゃなくて、パウダーカラー(粉のやつ)この【八染草彩】とにかく良いカラーなんですよね。ほんと自社自賛ですけど、良いカラーだと思います。ただ、扱いが難しい。シビア?とでも言うんでしょうか…もともとが水溶きなのでアンダーを削りません。ということはですよ、色付きの画用紙の上に色をのっけていくだけですから、作ったカラーの通りに染まるとは限らないんです。下地がありますからね。それと合わさった時の色が結果になります。そこを予測して色の調合やタイムまで計算してやらねばなりません。八染草彩は美容師さんの技術や経験がモノを言うカラーです。愛用されている方は言います。「八染には無駄な色が入っていない。だから自分が作りたい色を完全に作れる。お客さんが一番喜ぶのは自分の希望通りの色になった時、それをオレは八染と作れる、最高じゃないか。」さすが愛用していただいているだけに絶賛です。もちろん色が作れるから絶賛なんです。今までのオレンジコスメの八染ご提案方法って、ハリコシが出るとかダメージが少ないとか、毛髪強度を高めるとか…自分で書いててもなんだかわかりにくい部分ばっかりだったなって。特に一般のお客さんならほぼわからない部分。ダメージだってどうとでもやりようあるもんね。【傷まないブリーチ!】とかってあるくらいだしね。で、肝心の色の部分は出し方が難しいので敬遠気味だったんだけど、やはり愛用している方が言うように八染の最大の魅力は【色】なんだろうなと。色って不思議なもんで、赤にも色んな赤があるし、例えば僕の好きな赤と貴方の好きな赤は【赤】というジャンルは同じでも詳細はきっと違う。女性、男性、若い、年配で見え方も感じ方も違う。そこを一発でバチッと決めるのがプロフェッショナルなんだろうけど、ある程度妥協点はあるんじゃないかなとか思う。そこに妥協を許さず完璧に希望通りの色を作ることができるアイテムが「八染草彩」です。初めて自分の髪色を変えた時のこと思い出してみてください。それと同じ感情を八染なら提供できると確信したので、バンバン押し売っていきたいなと思っているわけです。難しいか簡単かは正直使い手によっても変化しますが、目の前のお客様にとって唯一無二で希望通りの色をご提供するわけですから、ハードルは低くありません。ただ、それを超えた先には貴方にしか作れない【感動】が待っていると僕は思うわけです。現在、期間限定で八染草彩サンプルキャンペーンを実施しています。(数に限りがございますので無くなり次第終了)是非お取引ディーラー様、または阿南までご連絡ください。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      109
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 闇火風処 「行201」

      この世の法則には無常ばかりではなく、一定不変なものもある。なんて言ってると堕ちるってさ。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊お風呂っていつも何度くらいで入ります?40〜42度くらいが多いんですかね。僕はぬるま湯が好きなのですが、冬は寒いので40度くらいにしてます。シャワーは42度はないと髪や身体洗ってると冷えてしまうので少し高めです。もっとお熱いのがお好きな方もいるみたいですが、さすがに50度くらいになると浸かるのはしんどいでしょうね…。今日はそんな温度とメンズデジパについて書いてみようかと思います。では早速【モデルさん】カラー履歴のみで柔らかく細めの髪質です。毛先は少し傷みが強いような気がします。【薬剤】1剤/ファッソクリーム M2剤/ファッソカール ②普段なら熱処理が入る施術にはファイラメを使いますが、メンズでショートのモデルさんの髪がしっとりして重くなるのが嫌だったので今日は省いてます。毛先にかけるようなスタイルなら鉄板で使いたいところです。【プロセス】薬剤を根元から毛先まで塗布し放置10分でテスト。中間水洗後ワインディングしデジ機にて60→70→80度の3分3分5分で加温していきます。加温終了後クーリングして2剤を塗布し終了です。上の画像は加温中に頭皮とロッドの間にたまった熱気を外に逃がしている光景です。基本的にデジはショート向きではないと考えています。理由は「熱いから」です。今回も耐えられないくらい熱いと思いますが…と前置きをさせていただきましたが「その熱さ身を以て感じたい。」との声がモデルさんからありまして、熱いのを承知でトライしています。冒頭にも書きましたが、どんなに熱さに強い方でも耐えれて50度くらいではないでしょうか?ロッドさえ肌に触れなければと思われがちですがデジパで熱いと感じるのはロッドが加温されることで、濡れている髪から水分が蒸発していきます。そこに生じる湯気?まぁ気体がこもることで熱くて熱くて仕方なくなるわけです。ですので60度スタートで最後は80度までいってますが、熱いのは水分がしっかりある序盤のみ。終盤は温度は高いのに熱さはマシになるという現象が起きます。【仕上がり】根元まで薬剤を塗布し、根元まで巻き込んで加温していますのでサーっと乾かすだけでかなりボリュームが出ます。ワックスなどで軽くスタイリングすると、さらにボリュームアップすると思います。ブローなしですから超簡単、お手軽です。ただ、オーナーさんとも話しましたがこのスタイルをデジパでやる必要性がどこまであるのか?ってことです。もちろんデジパならではの仕上がりではありますが、コールドやホットクリープでも近いものは出来たかもしれません。特にホットクリープなら低温でいける分、熱さに耐えることもないので快適な時間を過ごしていただけたのかなとか。ただ、何事も「自分の頭でやってみる」というのはとても重要なことです。結果はこうだな?って想像できたとしても、実際にやらなくては想像は想像のままです。やることで結果の確定と次回修正点が見つかります。「熱かったらおっしゃってくださいね〜」サロンワークで自分もよく言ってたし、今でもよく聞く言葉ですが実際の熱さを知っている方はどれだけいるのでしょうか。熱さを知る人の言葉と、そうでない人の言葉は同じようで響き方はやはり違います。そういう意味でも今回の講習はとても有意義な時間になりました。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      105
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 日曜日ってこんなに人多かったっけ 「行200」

      日常カテゴリはただの日記です。オレコスの阿南、おめぇのことを知ってやってもいいよ?という上から目線で閲覧していただけると幸いです。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊僕の休日の過ごし方は基本寝て終わりです。よほどのことがない限りは外に出ません。なんてつまらない奴だと思われるかもしれませんが、大抵のことは外出しなくてもできる時代です。ここ最近、ポテトチップス以外はほとんどAmazonで買い物したり読書したり映画みたり…(こう書くとAmazonすごいなほんと)そんな僕の休日ですが、珍しく「よほどのこと」があり外に出てみました。よほど其の一【パスポート申請】ブログでも書きましたが来年は海外へ出張が入っております。休日は寝る、そんなスリーピーホロウな僕ですから海外なんていつぶりか…ってなわけで当然パスポートは失効してます。初めて自分でパスポートを取りにいきましたが、係りの方が尋常じゃなく親切なのには驚きましたね。最初から最後までつきっきりで申請書の記入方法を教えてくれました。初めてのことでドキドキしていた僕にこの親切さはありがたかったです。パスポート申請がなければ、この「親切」を感じることがなかったわけですからふむ…外に出るのも悪くないな。そう思った次第です。よほど其の二【UNIQLO感謝祭】実は僕、11月生まれでしてね。UNIQLOさんから誕生日クーポンをいただいてたんです。もちろん上で書いたようにUNIQLOアプリで買い物しようと思っていた訳なんですが…この感謝祭。とにかく凄かった(なにがかはわからないです)ようで、アプリが落ちまくるんです。せっかく買おうとカートまで入れたのに、買えない…そうなると足は店舗に向きます。しかしUNIQLO渋滞ができるほどですから、店内にいるお客さんの数は尋常じゃなかった。こんなにぶつかる?ってほどぶつかるし、お会計なんてちょっとした行列のできるラーメン屋レベルで並びましたしね。「感謝祭」の凄まじさを感じました。何がどう安いとかはよくわからんのです。でも、きっと超お得なんだろうなと思いながら白い靴下を買いました。来週末デビュー予定です。企業が感謝祭と称してキャンペーン的なものをうつ。それでこんなにも多くの人が来てくれたら、たまんねぇだろうなと。『オレンジコスメ感謝祭』あるな…これ。でも…白い靴下だけならネットで買うべきだな。そう思った次第です。しかし、まるで花火大会か?と思うほどに人も車も多くてほんと驚きました。「人が人を呼ぶ」状態。【とにかく寝る】これが自分のジャスティスでしたが、外に出ることで人の優しさに触れたり、逆に人の怖さがみれたり、外界の休日を垣間見ることができて面白かったです。あえて、人の多そうなところに凸してみる。これは某テーマパークや物産展などにも言えることですが、人がとんでもなく集まる場所には必ず「何か」あります。その「何か」は、そこにしかない「魅力」です。UNIQLOであれば【限定価格】だったり物産展なら【美食】テーマパークなら【夢】みたいに、そこでしか手に入れることができない魅力があるわけです。何故だろう?その要因を掘り下げると表面的な魅力以外のものが発掘できるので、人が多いところにあえて向かうのってオススメです。なんて、出不精が書いてみました。そういうわけで、今日は寝ます。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      94
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 世界征服がオレの夢 「行199」

      男なら一度は考えたことあるんじゃないかな。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊大人になってからはさすがに考えたことないけど、それでも億万長者になりたいとか現実的じゃないことをよく考えてた。まぁ実際に世界征服してどうすんの?億万長者になってどうすんの?って、その当時はそうなれば結構いいよな、なんかいいよな…みたいに漠然としたものしかなかったけど改めていま「どうすんの?」ってことを考えてみると面白かった。億万長者の方でいくと、カルビーの大株主になりたいとか、大豪邸に住んで高級車何台も所有してブランド物に身を包み、毎日ステーキ食って、欲しい物は片っ端から手に入れて…って、カルビー以外全てがただの見栄でしかないなと。上から見栄を取り外せば、住む家も乗る車も着る服も人並みにはあるし、毎日ステーキじゃなくても食べたい物はそれなりに食べれてる。だから結局は自分の捉え方次第なんだなってことに気づかされる。欲がなくなったわけではないけど、見栄がなくなればほとんど叶えられてるんだよね。何十人という人たちの住むわけでもないから大豪邸なんかいらないだろうし、パーティーするわけでも荷物が多い人でもない、一畳あれば僕は十分な人だしね。なんなら軽トラ買おうかな?荷台便利だよなって思うほどだし。どうせ汚れるし買い換えるんだから、気兼ねなく着れるものがいいなって。つまり、自分の分の中で満足できるってこと。見栄みたいな虚像じゃなくて、実用的か考えれる現実を重視したとも言えるかな。そうなると【世界征服】なんてもっと言えなくなるよね。もちろん僕の歳でそんなこと言ってたら総スカンだろうし。とはいえ上で書いたように欲が消えたわけじゃない。むしろ現実をしっかりみれるだけに、今以上を求めるならという欲は強くなるばかり。現実的というのは結局そこに自分をリサイズしたともいえるしね。逆に大きくサイズを変えたなら、今度はそのサイズに合うよう進めるんじゃないかなと思う。いきなり大きくはなれないから、少しずつ少しずつ大きくしていくことで【見栄】みたいな自己満感情は影をひそめるのかな。若い時は勢いでデカイことを言ってたが、順序さえ正しければその勢いを殺すことなくステップアップできるはず。世界征服や億万長者ほど途方もなくデカイことじゃないけど、自分の分の中で少しずつ確立される何かがある。この感情を大切にしながら、良い思考をもって日々精進していこうと思います。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      105
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 三ツ星(トリプル)ハンター 「行198」

      ポテトチップスに関しては世界一でしょ。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🥔本来ならカテゴリ「じゃがいも」は日曜にあがるのだが、どうしても世に発信したいことがあったので1番見ていただける確率の高い土曜日にあげることにしたのです。今日ばかりは見てほしい。例えじゃがいもに恨みがあったとしても、見ていただきたい…。いや前言撤回やはり見なくていいです。(カルビー派の人はみていいです。)まずはこちらの画像から。おわかりになるだろうか…。14円↔︎12.2円カルビーさんの方が1.8円高いよ!っていうアピールをしている。イオンのプライベートブランドがカルビーさんを冒涜しているわけだ。イオンの店内という圧倒的ホームで、ポテトチップス界の王様であるカルビーさんとPBをわざわざわざ並べて、わざわざ10g1.8円程度の差を、わざわざ品質という言葉を使ってね。おいおい…トップバリュそりゃないだろ?って。巨大な販売店が自社売り強化して、昔からの取扱商品おざなりにしていいのかよって。そもそも販売元はイオンだろうけど、製造元はどこなんですか?ってね。前は裏見ると書いてたけど、最近は表示していないため少し調べてみると製造元はなんと…【湖池屋】だった…。僕と一悶着あったあの湖池屋。まさか湖池屋が加担しているのか…?カルビーぶっ倒そう!みたいな。まぁそんなわけないとは思うが、同じポテトチップスでこのようなやり口での戦いは好ましくない。そもそもこの品質と書いてあるが、食べ比べればはっきりわかる。1.8円しか高くないのに圧倒的に美味いのはカルビーさんの方だとね。(味で勝負出来ないからg単価をもちだす)棚を見るとさもトップバリュが売れまくっているような印象を受けるだろうが、これも策略の1つ。商品補充をあまりせずに売れてる感を出す、品薄商法。カルビーさんの方は棚がパンパンだから、あまり売れてないように見えるけど、売れてるからこそ在庫を大量に抱えられるわけで常に棚をパンパンに出来るという風に解釈してほしい。1.8円の差なんて商品の値付け次第でどうとでもなることだし、パッケージ見れば違いはわかるとは思うがそもそも差はあって良い。カルビーさんの味でPBより安いなんてありえないのだから。『このくらい金額に差が出ますよ。』こういうのってポテトチップスには関係のないことだと思っていました。みんな純粋に自分の好きなポテトチップスを食べるだけなんだから、そこに金の話をもってくるなんて僕はとても悲しくなりました。不買運動だ、なんて書くつもりはありませんがトップバリュと製造元の湖池屋には少し不信感が生まれましたね。きっとカルビー王はこの程度のことなんて意に介さないのでしょうが…。三ツ星としてこの所業を書かずにはいられませんでしたし、人のふり見て我がふり直せじゃないですけど、改めて商売は信用で成り立つものだと思いました。さぁ、今日はカルビーさんのうすしお味を食べましょう。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      88
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 今は現実となっていることも 「行197」

      かつては空想のものでしかなかったのだ。どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です🍊陸を走ることも海を渡ることも空を飛ぶことも今は当たり前のようなことが、昔はありえないとされていた。多くの人達の挑戦が空想を現実のものにしたのだ。思い返せば僕が美容師を志したあの頃、パーマ剤にはどれほどの種類があったろうか。記憶ではチオとシスしかなかったように思う。どこのメーカーかなんて気にしたことはなかった。ただ、よくかかるのはチオで傷んだ髪にはシス。中間が欲しければ混ぜてチオシスかシスチオを作るだけ。それでサロンは繁盛していたし、パーマ比率はとても高かった。今やパーマ剤の種類は膨大なものになった。パーマが得意なメーカーとして活動している僕でも、わからないほど多くの製品が似たようなコンセンプトのものが溢れている。使われる還元剤もシステアミン、チオグリセリン、スピエラ、GMT、他にも沢山…多くの研究者の挑戦が、パーマ剤の幅を広げた。しかし、業界のパーマ比率はあまり芳しくない。格段に技術は進化し、新たな方法も生まれた。そして明らかに良いとされるパーマ剤は増えたにも関わらずだ。「若者の○○離れ」みたいなことはよく聞くが、パーマもそうなんだと思う。昔は髪を曲げたかったらパーマをかけるしかなかった。しかし現代では髪を曲げる方法はパーマに限らない。今はアイロンやコテがある。パーマとは髪の形状を変えるもので、ボリュームの足し引きをするものだと僕は考えていたが、それはもはやパーマの専売特許ではなくなってしまった。「髪の形を変える」ということは上で挙げたようにアイロンやコテで出来るし、カーラーでも可能、ドライヤーでも可能、つまり誰でもそれなりには出来るようになってしまった。もちろん流行のデザインなどはあるが、これはパーマ比率が下がった大きな要因の1つになると思う。技術や薬剤はパーマ全盛の時代に比べ格段に進歩している。しかし概念は昔のまま止まっているのではないだろうか。「曲げるもの」軸をブレさす必要はないが、そこからの展開や究極言えば脱却が今後必要になると思う。例えばパーマでトリートメントします。トリートメントパーマみたいに、トリートメント感の強いパーマ剤を使って施術しますよ!ってことではなく、実際にパーマ剤を使って微還元しボリュームをコントロールしながら質感をあげていく施術。微還元または低還元トリートメントと呼ばれたり、○○矯正と呼ばれたり、色々なネーミングはあるがパーマ剤を使っている以上、これもパーマの1つで、パーマを展開させた良い例。こんなこと出来ればなぁって空想から誕生したメニューの1つだと思う。パーマに絶対的な答えなんてないと思うし、いまあなたが思い描いていることもきっと現実に出来ると思うので是非チャレンジしてみてほしい。パーマはいま「曲げる」から「整える」に変わりつつある。この「整える」には曲げるということも含まれていてパーマを点で見るのではなく面で見るという考え方。技術や薬剤だけでなく【概念】も進めていかねばならない。オレンジコスメをしがらみに囚われないアウトサイダーとしてみると「単に進める」より「破壊と再生」って言葉が似合うような気がしないでもないが…。了髪のお悩みや疑問、商品のお問い合わせ、サンプルのご希望、サポート、講習依頼などの詳細はコメント欄または、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。オレンジコスメHPはこちらから今日の気付きはこちらからKeistagramはこちらから

      86
      テーマ:

プロフィール

orange-cosme 阿南

お住まいの地域:
愛媛県
自己紹介:
愛媛県松山市の美容メーカー ㈲オレンジコスメ 営業の阿南です。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。