「ケ・セラ・セラと生きて、セ・ラビと酒を飲み・・・」大叩き男(イラストレーター渡辺隆司)のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

台風・塩分控えめ・酒も控えめ・ふくらはぎ痛いし・でもちょっと涼しいし





渇水・給水制限・田んぼの水不足、なんて時に来る台風って、やっぱり「神風」の一種なんだろうね。
ただ、恵みの雨であっても、ぴったり望み通りの雨量なんて訳にはいかないが。


カテーテルアブレーションの再手術の後、ここまで脈の乱れは全く無し。
5千歩以上歩いたり、ちょっと多めに酒を飲んでも大丈夫。

手術の後、なぜか血圧が下がって、ずっと120〜60くらい。
手術前は150〜70くらいが普通だったのに。
これも手術の結果なのか?

一応退院以来「塩分控えめ」を意識している。
つまみを買う時に、必ず袋の裏に印刷されている「塩分量」を見るようになった。
残念なのは、うまそうなつまみはみんな塩分量が多すぎること。
う〜〜ん、味気ない(笑)。

台風のおかげで、あの体温越えの狂気の暑さが一段落した途端、ならば「練習行きたいな」なんて気持ちが自然に湧いてくる。
ただ、ヒッコリーでの練習場打ちは、確実にヒッコリークラブの寿命を縮めるのでやりたくない。
そこでもう使わなくなった古いクラブの山を掘って、バブルシャフトのアイアンセットを見つけた。
ウィルソンのファットシャフトアイアンで、フェースは色気も何にも無いキャビティで、グリップも腐りかけているが...「ネックの太い」特殊な形状のシャフトは、かなり強引に言えば「少しだけヒッコリークラブの挙動に似ている」(笑)。
この気温が続くなら、来週の手術後チェックで異常が無いとわかったら、軽く打ち始めたい。

気になるのは、3月に痛めた左足ふくらはぎの肉離れが、今も左膝の裏側関節近くの痛みとしてずっと残っている。
歩くぐらいならなんとかなっているが、もっと激しく運動した時にあの痛みがぶり返さないかが心配。

というわけで、当座現代クラブ(といっても20年くらい前のしか無いけど)に現代ボールで復活の準備を始めたいと思っている。
(この現代ボールがもう手元に無いので、安いボールも買っておこう)

秋の本格シーズンにはヒッコリークラブを使うつもりだけど、それまでボーッとただ冬眠していたくはない。



あまりの暑さに...



「昭和は遠くなりにけり」...なんだよな。
今年が何年か、なんて最近全然覚えなくなった。

うちのあたりでは、毎日気温が40度近い。
「家のドアを開ければ、そこは湯船」、だ。
このままだと、近いうちに最高気温50度にでもなるんだろうね。

顔を上げて世間を見れば、ぷーちんは戦争をおっ始め、太陽コロナは大爆発し、巨大地震が頻発し、台風は勝手に巨大になりやがる。

世界は、普通に波乱万丈だ。
俺の望みなんて、大人しく、平和に地味に慎ましく、目立たぬように生きれたら、もうそれで満足だってのに...

ビートルズはとっくに終わって、吉田拓郎が「もうやめる」と言い...そういえば、最近はゆっくり音楽を聴くことって無いな、なんて気がついて。

カテーテルアブレーションの手術は成功して終わっても、まだたくさんの薬を飲んでいる...て事は、今はまだ薬で体調調整中って事なんだろね。
安心して油断しちゃダメだっていう訳だ。
...そういえば、先生が「脱水にはくれぐれも注意」って言ってたっけ。

今日から7月。
今年も半分が過ぎて、その過ぎた半分は全く「予定通り」にゃならなかった。
このクソみたいな暑い季節が過ぎて涼しい風が吹き始める頃には、もうちょっとやりたかった事をやりたいな...


とりあえず、後半戦スタートの日に....一応「やりたい事」を真面目に考えておく。


(あまりに暑くて、涼しい部屋で考え事をするとすぐ眠くなるのが問題だ。)







連日40度越え...狂気の暑さの中だって



声を大にして言いたい。
今日で手術から10日、この連日の40度越えって言う狂気の暑さの中「一度も脈が乱れてない!。

5年前の手術の時には、手術後にちょっと息を弾ませるような動きをしたら時々脈が飛ぶのを確認した。
不安になって中原先生に聞いてみて、「僕らだって脈は飛びますよ、すぐに戻れば問題ないです。」と言われて安心したものだった。

今回、流石にこの殺人的な暑さの中で無茶な運動をする気にはならないが、用事があって炎天下1キロを早足で歩いたり(往復2キロ)はした。
その時は意識してスピードを一定にして休みなく歩き、脈を測ってみた。
結果脈拍は多くなるものの、自分で感じられる脈の乱れは一回も起きなかった。

もっと短い距離も歩いたり自転車に乗ったりを何度か繰り返したが、安定していた。
流石に大汗をかくほどの無理はしてないが、自分でも「乱れない脈」に驚きを感じている。
「不整脈が出ないってのは、ありがてえなあ」って気持ちが、心の底から湧いてくる。


もちろんこの季節、ゴルフや長い距離の散歩は酷暑が落ち着くまでしばらく控えるが、最高気温が30度程度になったら5,000歩以上の散歩や、ゴルフ練習(現代クラブで)を始めたい。

とりあえず、熱中症対策に気を使って6月を終える。


カテーテルアブレーションの再手術をした事で、「俺の諦めていた可能性をまた感じられる」ようになったとしみじみ思う。


しっかり肥満対策と血圧対策・塩分控えめ、忘れずに。

カテーテルアブレーションの再手術・3...手術成功・退院

止血のために身動き出来ず、そのために飯も食えず腰も痛くなる1日をベッド上で過ごして、翌日にはやっと体を起こす許可が出る。

やっぱり、ベッドを起こして「座る」形になると、本当に楽だ。






昨日はうまく食べられなかった食事、これがこの日は俺の好きな「冷やし中華」だったり「ハンバーグ」だったりする!
手術前にはこの「心臓食」ってやつが、「あまりにも淡白」な味付けのために「旨い」も「不味い」も関係ない「味がない」状態だったのに...なんだか、「旨い味」がする。
これは俺が「塩分」の少ない味付けにやっと慣れて来たせいかも、なんてマジ思う。
なにせ、今まで塩分取りすぎて腎臓が注意信号と中原先生にも言われたし。
「この病院の食事は他の病院より美味しい」という評判を入院前に奥さんから聞いていたのが、「そうかもな」と納得する気になった。
(ただ、俺は他に入院したことないので、ほかの病院のことは知らない。)




それにしても、という話。
この病院の看護婦さん(今は「看護士さん」なんだっけ?)は、よく働く。
見ていると全員休む暇もなく動きっぱなし。
昔と違うのは、今は電子カルテとやらが普通になって、皆パソコンデータと交信しながら細かな作業をこなしている。
そのために、一つ一つの作業の細かいチェックに、結構時間がかかる。
ミスは少なくなるんだろうけど...

それプラス、例えば夜勤の看護師さんは俺の右隣の患者一人に、一晩に10回以上呼ばれる...プラス、いろんな警報を鳴らすために、そのたびダッシュして駆けつける。
俺は関係ないけど、「おつかれさま」なんて声をかけたくなる。

で、残念なのが、皆大きなマスクを外す事なく働いているために、見えるのは目と髪の毛だけ...誰が誰やらサッパリ覚えられない。
「髪の長い人」とか「ちょっと逞しい人」とか「メガネと細身の人」とか、自分の担当の人も最後まで誰だか分からなかった。
(まあ、余裕がなくて名前を覚える気もなかったんだけど。)

でも、ずっと感謝だけはしてましたからね。
どうもありがとね。



早いよね。
心臓の手術して2日で退院だよ。
「俺、一昨日心臓弄ったんだよね?」なんてのが、自分でも冗談に感じる。

でも、でも「脈が乱れてない!」

5月からずっと、脈拍は100を超えたり、血圧計がデタラメな脈拍でエラーを起こして、何度やっても測れない。
他人に俺の脈を測らせると、「キャッ」と言って「脈、メチャクチャですよ!」なんて今にも俺が死にそうな顔をする。
何かをやろうという気になっても、ちょっと動くと息が切れて動悸がして「俺、大丈夫か?」なんて気持ちになって挫折する。
ゴルフをやりたくても、野山を歩く元気が全く出ない。

そんな状態が、今は全くない。
もちろん、これから色々動いてみて様子をみるけど、ちょっと動いた限りでは脈が早くなることはあっても、全く乱れが出ない。

中原先生が言っていた「これでもう棺桶に入るまで大丈夫です」を信じて、秋からは大復活をしてやるつもり。

今の俺は、無敵.....に近い(笑)。

カテーテルアブレーションの再手術・2...手術

これまた、先に言っておくけど...俺には霊感は無い。
幽霊に会ったこともないし、妖怪を見たこともないし、UFOを見たことも無い。
酒は飲むけど、薬の類は一切経験無いし、幻覚なんぞも見たことが無い。

ただ、前回(5年前)の手術の時に、「麻酔で意識をなくしてから(自分の感覚では)すぐ終わった」と感じていたものが、少し経ってからその手術の間に見ていた夢を思い出した、という事があった。

さて
5年前と同じように、手術当日までの準備を終えて朝一番で手術が始まる。
尿管挿入でめちゃ痛い思いをしたのに、結局モタモタして手術室での挿入となった。
体格のいい看護士さんに押してもらって、俺の乗ったベッドはエレベーターに乗ったり、長い廊下を走ったりして手術室へと向かう。
何かの映画のように。





手術室に着くと中原先生が迎えてくれて、スタッフを紹介される。
執刀は女性の先生で、中原先生はモニターを見ている。




この日最初の手術なのでサクサクと動いて、すぐに頭を固定され顔に箱を被せられ..
すぐに「え?なにこれ!?」って言う驚きが...





なぜか、箱の中で俺の目の前にモニター映像が「リアルにはっきりと」見える。
「え?今の手術ってこんなサービスまでするの?」なんて思う...「すげえなあ、科学の進歩って」という驚きと感動(な訳がないんだが)。
このモニターは芸が細かく、患者用と医師用のボタンまでついているのが見える。(冷静に考えれば、麻酔の効いている患者がどうやってボタンを押すんだよ、って話(笑)。)
後から考えれば、こんなモニターが見えるってこと自体が、すでに麻酔が効いている証拠なんだけど...その時の俺は、先生が「体が大きいから、麻酔が...」と言いかけたのを聞いていた。
そこへ、いきなり太ももの付け根に「グサッ」という感覚と痛みが!
俺は慌てて「先生、先生!まだ麻酔が効いてません!」と叫ぶ(叫ぼうとしている)。
でも、口はピクリとも動かず、当然声も出ない。
痛みも、落ち着いて見れば何も感じていない。
モニターの中では俺の3D人形の中をカテーテルが動いて行くのを、先生と助手の先生が操作している。
体の近くでは女の先生が何か操作をしている。





凄いと感じていたのは、その3D映像の人形の中を行くカテーテルの「場所の感覚」が、実際の自分の体の中を行くカテーテルの感覚と一致している事...だんだん体の中を太ももから心臓に向かって上がって来る。
その動きに先生の「そこを右」とか「もっと上」なんて言葉が重なる。
俺は頭の中で、先にやった血管の3D映像の中を心臓への道を見つけながら進んでいるんだ...と思っている。







その3D映像の人形の中で、いよいよカテーテルが心臓に待って近づいて来る...と、自分の中でもカテーテルが食道を横切って、心臓に着いたような感覚がある。
「ああ、これからやっと本番の心臓の手術か」なんて思っていると...先生の「ちょっと焼いてみましょうか」なんて声の後、前回も感じたあの「胸が焼ける感覚」が...
「え!ちょっと待って!」と、俺が焦る。
「これから何箇所も焼くのを、俺はリアルタイムで経験したくない!」とビビる。
「それは嫌だ、どうしよう?」なんて焦りまくるのに体は動かない。
そんな、混乱の次の瞬間!!

「終わりましたよ」

という女の先生の実に優しい言葉。
これが現実の声...やっぱり今までのは夢だったんだ。
...良かった〜〜〜。

あまりに鮮明でリアルな映像だった為に、えらく疲れたような気がするが...映像が所々カットされたり、こうして嫌だと思った瞬間に終わったり、いろんな部分で矛盾があったりを自分で見つけているこの流れ...それを証拠に「これは自分で初めて経験する幻覚だ」って確信しているのに、ワクワク感が止まらない。







まるでアバターの映画のようなSF的展開の後で、現実世界から聞こえてきた先生の「終わりましたよ」と言う言葉は、なんと言う優しい言葉だったろう。
それを理解した途端、飛び上がって「ヤッホー!」って叫びたくなった。
(もちろん体は動かせないけど)

これはどうも、俺だけの特殊な体験だったらしい。
後で中原先生にこの「自分に起きた出来事」を話してみると、「そうした幻覚が出る麻酔だったのかなあ...」と不思議がってた。

実際には、「手術はあっという間」に終わったという話が普通に経験者から聞かれる。

ただ、俺には生まれて初めての、リアルで鮮明な不思議体験だった。






そのあとは結構大変で、昼から飯を食っても良いと言うんだけど...ともかく止血のためにしばらくは右半身絶対安静で、上半身を起こしてはいけない状態で、横になったまま動かせるの左手だけ。
真横になって昼の握り飯を食べても、味もなく顎が疲れるだけで...腹は減っているのに飯が食えない。
夕飯は背を30度まで起こせるって言うので、無理やり握り飯に漬物を挟んで食べてみたけど...なんとも食べ難かった。
まあ、手術当日くらい俺は飯抜きの方が健康に良いんじゃないか、と...薄々感じているんだけどね。

ただ、我慢してれば翌々日には退院できると言うので、ともかくひたすら安静にして我慢....

不整脈は、全く感じられない。


次回、「退院」に続く。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>