翻弄される世界。 | おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba
新型コロナウイルスに関する情報について

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。

おのころ心平です。


とうとうアメリカでも、

ワクチン義務化の方向へ。

    ↓


米メディアによると、


バイデン米大統領は

連邦政府機関の職員全員を対象に

ワクチン接種または定期的なウイルス

検査を義務付ける方針を決めた。

29日に正式発表する見通しだ。


米国ではデルタ株の拡大で、

27日の新規感染者(7日間平均)が

約6万3千人と1カ月前の約1万2千人

から急増。


このため26日には退役軍人省が

同省で働く医療関係者を対象に、

連邦政府機関で初めてワクチン接種を

義務化すると発表していた。


***


それなのに、こちら。

    ↓

全てのウイルスは感染宿主の中で複製され、

時間とともに変化する。


つまり、数えきれないほどのバージョンの

新型コロナウイルスが広まっていて、

それぞれがわずかな遺伝情報の違いによって

分かれている。


その多くは公衆衛生上、ほとんど影響はないものの、

感染が広がれば、新しい危険な変異株が

生まれるチャンスも高まる。


今のところ、昨冬インドで最初に確認された

デルタ株以上に懸念される新型コロナウイルスの

変異株は見つかっていない。


世界保健機関(WHO)は6月、デルタ株をこれまでで

「一番強い」変異株だと呼んだ。


新たな研究は1回のワクチン接種では

デルタ株に対して、他の変異株と同じような

効果が得られないと示唆している。


イングランド公衆衛生庁(PHE)の分析では、

ファイザー製のワクチンを2回接種した場合、

デルタ株に対して88%の有効性があるものの、

1回接種した場合の有効性は33%だ。


もともとのウイルス株に対して、

その有効性は2回接種で95%、

1回接種で52%だった。



***


せっかくリスクを背負って、

ワクチンを打っても、

どんどん生じる変異株の出現に

よって、元の木阿弥・・・


なんかもっと、

本質的な知恵というものは

ないものでしょうか・・・。



先生方に聞いてみます!

     ↓


ゲストスピーカー14名

帯津良一先生、対馬ルリ子先生、永田良一先生、天外伺朗先生、

明橋大二先生、関口由紀先生、小野陽子先生、池田裕美枝先生、

三浦直樹先生、西村靖子先生、降矢英成先生、山本竜隆先生、

黒丸尊治先生、医療ジャーナリストの増田美加さん


  


4,700名突破!です。





無料開催、視聴権ゲットのエントリーはこちらから。


          ▼