おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。





おはようございます。

おのころ心平です。


本日、5月最終日。

 

まるで、夏休みの終わり

8月31日のような・・・。



昨日、上弦の月の

お話をお送りしましたが、


こちらのニュースを見て、

たまげました。

   ↓


大阪大学 大学院理学研究科の

横田勝一郎准教授・寺田健太郎教授らが率いる

研究グループは、月周回衛星「かぐや」の

プラズマ観測装置によって、


月の表面全体から流出する炭素を

世界で初めて観測しました。


この観測結果から

月には誕生時から炭素が存在することが

強く示唆されます。


巨大衝突によって形成された

と考えられていた月には、

炭素などの揮発性物質は存在しない

とこれまで考えられていました。


今回の観測成果から、月の誕生について

揮発性物質を残らず蒸発させる

従来の巨大衝突モデルから、

揮発性物質が残ることを許容する

新しい月誕生モデルへの転換が期待されます。



***



月誕生の謎・・・。


その主流をになってきた

「ジャイアントインパクト説」に、


とうとう修正が迫られる事態と

なってきました。



***



月は、いったい

どう誕生したのでしょうか?


地球の生物全体に

影響を及ぼす天体だけに、


その誕生の謎は、

そのまま僕ら生命とは何か?

という謎を読み解くことにつながります。


月の満ち欠け、

月の遠近サイクル。


これからも新事実が

どんどん出てくるでしょう。


そうして、

これまでの考え方、

当たり前に思っていた

知の堆積や価値観が


どんどん変化していくはずです・・・。



***



5月、、、


外出も少なかったし、

会う人も少なかったのに、


いろーんな出来事が起こって、


ココロの内側が

嵐のように、

過ぎ去った1ヶ月。


明日6月1日を

月曜日で迎えるにあたって、


この1ヶ月の生活と

内面の経験を


大切に、

とても大切に、


身に記憶して

おかねばならないと

思います。



***


さあ、新たな価値観が

どんどん突き抜けて行く時代。


あなたの準備はできていますか?


本日、公開最終日。


     ↓


実存的変容とは?



        ↓


 


おのころ心平です。


今夜は、

上弦の月です。


全国的に晴れなので、

きれいにお月様がみえそうですね。


 

 今日から1週間は、




ぐんぐん月は満ちていき、

6月6日(土)に、満月を迎えます。


今週は、緊急事態宣言明けの

とても大切な引き寄せ週間と

言えるかもしれません。



今さら、引き寄せ・・・、



と思う人もいるかもしれませんが、


月のリズムで、

4つのフェーズで俯瞰すると、


引き寄せの上弦

手放しの下弦



とで、バランスをとっています。



なんでもかんでも

引き寄せればよい

というものではなく、


バランスをもってこそ

意味を生じます。


***


引き寄せの法則を

僕なりに解説しておきますね。


ここに、鉄クギがあります。


強力な磁石で「磁化」します。



磁化された鉄クギは、

磁石を外しても、


ピンなどくっつけて

自ら磁力を持ちますね。
なぜでしょう?

この時、鉄クギの内部では、

クギを構成 する鉄分子が

一定方向にそろっています。



内部の分子に

方向性を与えられた鉄クギは、


自らN極、S極をつくり出し、

その方向に沿う形で、

「磁場」を形成します。

そして、この磁場は、

自分の方向に

あったものは惹きつけ、

不必要なものは弾き出します。


これは、人間も同じ。

さいしょは本や映画や憧れの人、

あるいは、メンターなどとの出逢いで

引き起こされた磁場は、


磁化された人の内部で

磁束を強化し、

自分にふさわしい現象を

引き寄せていく磁力を広げていく、

ということです。

 

 
***


今の月のサイクルの

始まりである新月は、

5月23日でした。


5月23日から

昨日5月29日までの間は、


全国解除があり、

生活再開モードでした。


この中で、あなたがよく、

あるいは強く

イメージしたことは

何だったでしょう?



そのイメージに基づき、

磁場を強めていきましょう。



あれもこれもと方向がぶれると、

何が引き寄せらるか

わからなくなってしまいます。


新月期(5月23日以降)

に脳裏にあったイメージを

思い出しましょう。


そして、今週は、

そのイメージによる具体的な

出会いや材料や情報を

ひっぱってくる磁場が

あなたの周りに生じる、


と思って過ごしてください。

成就の満月は、6月6日(土)です。


***


新月からスタートした

こちらの動画公開は、

明日5月31日まで。


    ↓

●メッセージ動画1 2500年越しの大変革の時代


●メッセージ動画2 実存的変容とは?



        ↓


 



おはようございます。

おのころ心平です。


今月5月は、

上弦の半月が2回。





5月1日と、本日5月30日。


ちょうど、

ま半分の90度になるのは、

お昼の12:30です。


上弦の月は、

新月から満月へ満ちていく

プロセスの真ん中に当たります。




この上弦の月は、

月の星座としては、


おとめ座を反射しています。 

おとめ座は、正義と天文の女神

アストライアーが手に持っていたという、


 
 

はかり(ものさし)を象徴し、


これから派生して

きちんとはかる、

ていねいにものごとをこなす、

几帳面の星座と言われるようになりました。


また、おとめ座には、


・正義感
・潔癖さ
・勉強熱心
・現実的
・管理能力
・判断力に優れる
・予定を立ててから行動する計画性
・地に足のついた堅実な生き方
・努力なくして収穫なしという信条


・独立心
・てきぱきと行動
・状況のコントロール
・健康と体型を気にかける
・規則正しく管理
・平穏
・慎重
・綿密
・分別がある

という意味が含まれていますが、



今日は、


そんなおとめ座が

シンクロニシティを起こす

上弦の月とクロスする、

おとめ座上弦の月

 


***

このおとめ座の

丁寧さエネルギーを

活用するために



この土日は、

上品なふるまい・丁寧な所作を

意識してみましょう。


そして、

できるなら今夜、

明日からの1週間の、


具体的なスケジュールを

立ててみましょう。


つまり、

来週土曜日6月6日に迎える

満月までです。


月のサイクルは、


新月で始まった願いが、

 ↓

上弦で具体的な材料を引き寄せ、

 ↓

満月までにひとつの形をつくります。

 ↓

そして、下弦で微調整され、
 ↓

また新たなサイクルの土台となっていきます。

本日、上弦の月からの


満月までの1週間は、

人生で言えば青年期です。



ぜひ友人、知人、そして家族と、

たくさんコミュニケーションを

とって下さい。


しばらく会っていない友人に、

ふと電話をかけてみるのも

よいでしょう。


コミュニケーションステージの1週間、

おとめ座が効いていますから、


なるべく丁寧な

コミュニケーションを念頭に。

 

   ↓



          ↓