おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

おのころ心平オフィシャルブログ「ココロとカラダの交差点」Powered by Ameba

病とその人の背景に潜むココロとカラダの繋がりを、西洋・東洋医学・科学・物理など様々な角度より検証し病気の“本当の原因”を探ります。





おのころ心平です。

 

日本では体温が

37度以上になると熱があると
言いますが、

米国では38度以上です。

 

欧米人と日本人とでは、
血液の温度に差があります。

 

体温というのは、

血液の温度と筋肉の熱量が
もとになっていて、


日本人の場合、

血液の温度は37〜38度で、

欧米人の血液の温度は

1〜2度高くおよそ39度あるのです。

この差は大きいですね。

 

***

 

日本人同士では、

冷え性の人も

カラダが温かい人も、


血液の温度は

37〜38度で一定に保たれており、
違いはそんなにありませんが、

 

じゃあ、

すぐカラダが冷える人と

そうでない人の違いは何か?

というと・・・


***

 

人のカラダはつねに

皮膚から放熱していますが、

 

体温とは血液からの熱と

皮膚からの放熱のバランスと
言えます。


つまり、冷える人は、

血液の温度が低いわけではなく、

「血流」がよくなくて、

 

血流がよくないと

皮膚への熱の補充が

追いつかなくなり、
体表が冷えていってしまうのです。


***

 

基礎代謝の1年変化も、

日本人には特徴があります。

 

四季折々の変化の中で、

日本人は基礎代謝量が

季節によって変わります。

 

夏は

体内の基礎代謝が下がりますので、

食が細くなるのがほんとうなのです。

 

夏バテ防止に精をつけると言って
カロリーの高いものを食べると、

これは逆に、太る原因になります。

 

冬になると

日本人の基礎代謝量は
夏より8%も上がり、

そのため食欲も高まります。

 

***

 

冷房によって

カラダが冷える人には、

 

気づいたときにいつも、

 

手首回し、

足首回し、

 

そして寝る前の股関節開きで

体循環を促進しましょう。


ついついアイスクリームを食べて

腸を冷やしてしまう人には、

 

食べるなら、

就寝2時間前は避けること、

 

また一気に食べてしまわず、

半分とかをゆっくり

噛むように食べるとか

工夫をして、

 

腸の、急激な温度低下を

できるだけ防ぐこと。

 

そして、今日も食べたので、

なんとか消化、

温度回復よろしくねー、

とおなかに手を当ててあげることを

やってあげましょう。

 

少しの違いですが

やるとやらないとでは秋口に

大きな違いを生むのです。

 

おのころ心平の心理学WORKS、8月は・・・

◆詳しくは、こちらから。

 

おのころ心平です。

 

カラダの発する症状は、

 

解釈の仕方によって

あなたの日常生活を振り返る

機会になり得ます。


例えば・・・


・まぶたの痙攣

→自分だって甘えたい、そんな私にも「OK」を出したい


・鼻炎

→濃密な人生を送りたい、いろいろ詰め込みたい


・虫歯

→誰かを攻撃したい、けど、できない


・口内炎

→自分の価値観を大事にしたい、けど、脅かされている


・首こり

→親や目上の人、子供や目下の人との板挟み


・腰痛

→家族、同僚や友人関係での不公平感


・痛み一般

→制限の枠をとりはらいたい、自分の可能性を知りたい


・睡眠障害

→家族、親戚との信頼感が得られない、一人でがんばる

 

 

***

 

 
五感を通じて得られる

ココロの体験は、


・嗅覚を通じて深まる経験 

……【正直な人間になる】


・視覚を通じて深まる経験 

……【人生の選択力を高める】


・聴覚を通じて深まる経験 

……【内面探究できる人間になる】


・味覚を通じて深まる経験 

……【自分流に人生を受け止める】


・触覚を通じて深まる経験 

……【自己存在を認識する】
 
のように、

 

自分の身の回りとの関係を

みなおすチャンスなのです。
 

こうしたバランスの中で、

あなたはあなたの軸を見つけます。

 

     ▼

 

おのころ心平の心理学WORKS、8月は・・・

◆詳しくは、こちらから。

 

おはようございます。

おのころ心平です。

 

淡路島に、

昔から住むおじいちゃん

なんかは…、

 

「夏になるとな~

虫と、人が、増えるんじゃあ」と・・・。

 

む、虫扱い・・・・。

 

***

 

にしても、

淡路島の海は、

とてもきれいです。

 

もうあんまり泳ぎに行くことも

少なくなりましたが、

子供が小さい頃は、

ほんとによくお世話になりました。


 

海岸で寝そべり、

じっと雲の動きを眺めていると

不思議な感覚におそわれます。

 

雲って、不思議です。

 

大空でいろんな模様を創ります。




 

すごく意味ありげな形をつくったり、

すこしの間、同じ形を保ったと思ったら、

ちりじりに霧散していきます。

 

その様子をパターン化して

世界中の雲の状態を

まさに「クラウド化」したら、

 

僕は、未来予測が

可能になるんじゃないか、

なんて夢想してしまいます。


 

あなたは、

雲から連想する言葉って何ですか?

 

自由?

浮かぶ?

青空?

雨?

アルプスの少女ハイジ?


 

天空の城ラピュタ?


 

風立ちぬ?

 

おー、

宮崎駿監督作品ばかり。

 

僕の頭の中の雲のイメージは、

ジブリなのか・・・

 

いや、

 

南都五車星のひとり、

雲のジュウザがいました!


 

雲と言われると、

 

自由気ままで、しかし、

かっこよく、大切なものを守るために

そのポリシーに散った、

 

雲のジュウザを思い出すのです。

(きわめて個人的ですみません)

 

***

 


たしかに、曇って、

月を隠したりもしますけど、

 

直射日光を上手にセーブして、

生態系環境の適温適湿を

守ってくれています。

 

やわらかく太陽の光をさえぎって

ときに雨雲となって、

照らされすぎた場所に

潤いをもたらします。

 

形を変え、自由気ままに

遊んでいるように見えながら、

大事なものを守ってくれる。

 

雲を見てると、

僕には妖精の集まりに

見えてしまうことがあります。

 

太陽や月の光と、

 

僕らの間の関係を、

さまざまな様相に

演出してくれるもの・・・

 

ああ、曇って、いかしてる。

 

 

おのころ心平の心理学WORKS、8月は・・・

◆詳しくは、こちらから。