ヘアースタイルのイメージを自分の希望通りに伝えるには? | 服を変えれば、生き方が輝く!私がはじまるファッションコーデ

服を変えれば、生き方が輝く!私がはじまるファッションコーデ

少数精鋭で着まわせるオシャレアイテム選びとコーディネート術が学べる実践的な連続講座やショッピング同行をしています。資格、実績ゼロの主婦からでも、お客様だけでなく自分もワンランク上のオシャレ魅せコーデに変わる実習の多い養成講座も関東で開催しています。

こんにちは

パーソナルスタイリストの中原聖子です。

 

 

今日は
「自分のヘアースタイルの希望や

イメージを伝えるのって難しいなぁ」 


日頃からそう感じていらっしゃる人に向けて

息子との会話で感じたことを

お伝えしたいと思います。

  

 

うちの息子(25歳)

オシャレが大好きで

かなりのこだわり屋です(笑)


でね、ヘアースタイルにも

彼なりの希望のイメージが

あるらしいのですが

 

 

どこに行っても

思い通りに仕上がらないと言うのです。


今までにも結構

技術力が高い人に

やってもらう機会もあったのですが 


彼曰く

いまいち気に入らないのだそうです(笑)


しかし、私から見たら

まぁ別に悪くない(笑)


だから

 「どんな風に自分のイメージの

希望を伝えているの?」 と聞いてみました。 


すると

 「後ろは短めに、前はこんな風に流す感じで」 と

なんとも抽象的な言い方しか

していませんでした(笑) 


で息子は 

 

 

「おれのイメージをわかってくれる美容師は

 高いお金を払っても、安いところでも

 おらんということがわかってきた・・・・

 

 

だったら安いところでいいということか・・・・」 
と半ばなげやりです(笑) 


皆さんも、こんな経験ありませんか? 


自分では伝えているつもりに

なっているけれど、いつも結果は同じ・・・・ 


「もうどこに行っても一緒なのかな、、、、

だったら安い方がいい、、、」


洋服と一緒ですね(笑)


そこで私は言いました。 


「もしあなたが満足できてないんだったら

今までと同じ伝え方をしている限り

 

 

どこに行っても、どんなにすごいスキルの人でも

多分希望通りにはならないかもね。


今までどこが気に入らなかったのか

どこに違和感を感じて渡り歩いているのかを

ちゃんと話したことあるの?


息子 
「それがわかったら、自分で言語化しとる」 


私 
「ママもそうだけど自分でわからなくても

何かを伝えてみる努力は必要だよ

 


相手がプロだからって

魔法使いじゃないんだから。

 


いくらスキルがあったって

 

 

あなたが思うかっこいいが

相手の思うかっこいいと

一致してないかもしれないじゃない。 
 

 

あなたの頭の中のイメージは

言わないと伝わらない。


ましてやヘアースタイルなんて

感性が大きく関係するところでしょ。


自分の好きなヘアースタイルの

画像を見せるなり

 

 

この部分が今まで

こう気に入らなかったとか

 

 

伝える努力をあなたもしないと

わかってもらえるわけないじゃん。」 


息子
「・・・・・・・」 


わたし

息子がそうしてしまう気持ちも

よくわかるのです(笑)


ただ私自身も

美容師さんと同じように

感性を表現する仕事をしていて感じることは

 

 

コミュニケーションをいかにとるかが

とても大切だということ。


今も私自身

完壁にできているわけではなく

日々振り返り、反省し修正していってます。


だからもし

頼む相手が素晴らしいスキルをもっていて

なおかつ自分の意向をくみ取ろうと

 

 

努力してくれていることを感じられたら

すぐ渡り歩かず

一緒に考えていってもらいます。


もちろん、そこには

ある程度のレベルを

満たしていることが

 

 

絶対条件ですけどね(笑)


息子は多分

かなりレベルが高いことを

望んでいるのでしょう(笑)


だから最後に息子に言いました。 


「ママだって

信頼している担当者が

毎回毎回、完壁に

 

 

気に入るように

仕上げてくるわけじゃない。



ほんの少しのことで

セットがやりにくかったり

思い描いていたものと変わることもある。 


それは多分ほかの人から

見たらきっとわからないレベルだと思う。


でも次行ったとき

お任せにしないで

なるべく伝える努力をしてるの。 


・ここの部分が扱いづらかった。
・今回はすごくやりやすかった


・これは好きだった
・お洒落な人には褒められたけど

今の着ている洋服となんだか少し合わせにくい


その時によって伝えることも変わるし

うまく言えないこともある。

 

 

でも相手になんとか伝える努力をする。
そして相手にも聞いてみる。 


「どう思います? 

あなたの意見も聞かせてと」


その中で一番

お互いに伝わりやすいのが

やっぱり画像だったよ。

 


ドンピシャな画像がなくても

一部でも自分のイメージがあれば

そこを話せばいいことじゃない?」 


息子 
「・・・・・・・・・」


皆さんは

この会話から何を感じられましたか? 


息子は、技術力がある

美容師を私に紹介されて

期待していたんです。 


自分で必死に伝えなくても

自分のイメージの通りに

格好よくしてくれるだろうと。


だから

「今日はどんな感じにします?」

と聞かれて

 

 

つい軽くいつもと

同じように答えてしまった(笑)


自分で勝手に期待して

がっかりしてたんですね(笑)


もし、彼が画像なり見せて

 「でも今の髪型

なんかここが気にいらないんですよね」と

 

 

少しでも違和感を伝える努力をしていたら

何かが変わったかもしれません。


私も面倒になることはよくあります。

 

「話さなくても、察してくれ」

そう思ってしまうところが

多分にある人間なので(笑) 


でもそれじゃ、ダメなんですよね(笑)


もちろん、そこには相手に対する

信頼も必要ですし

 

 

そこを受け止めて

一緒に考えてくれる相手で

ある必要があるでしょう。


改めて、自分の仕事も

人の好みや感性に

大きく影響することなので


もっともっと気を引き締めて

スタイリングの技術の向上とともに

 

 

コミュニケーションやヒアリング力も

同時に高めていけるよう努力を

怠らないようにしよう!


そう強く思えた

親子の会話なのでした(笑) 


人に言いたいことは

自分に言いたいこと(笑)

 

 

私も初心忘れるべからずで

頑張ろうと思います。

 

 

少しでも何かの参考になりましたら幸いです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■超実践型!私らしいワードローブの作り方・グループスタイリングレッスン ・東京■
「本当に必要な洋服や小物だけを、探せる自分になる!」


年内開催は全て満席となりました。次回は来年2月になります。


詳細はこちらです。


次回の先行案内が必要な方は、案内フォームに登録しておいてくださいね。

 


登録後、すぐに自動受付返信メールが届きます。
確認できない場合は迷惑フォルダをご確認ください。 

 

 

 

 

サービスの詳細、お申込み、新しいお知らせはホームページでご確認くださいこちらをクリック

※同業種(ファッションのアドバイスをお仕事としている方・他で勉強中の方)は養成講座のみ受講可能です。