トシのあれこれ日記

トシのあれこれ日記

トシの生活、趣味、興味ある新商品などを投稿します!


テーマ:
11月27日火曜日、サッカーJ1のヴィッセル神戸の公開練習を見にノエビアスタジアムに行きました。イニエスタ選手が来て以来、いぶきの森の練習は非公開になってしまい、月に1回程度こうして試合用のスタジアムで公開練習が行われるようになりました。


公開練習は練習を見るのですが、やっぱりお目当ては練習後のファンサービス、サインをもらったり、写真を撮ったりです。ノエビアスタジアムでの公開練習の場合、バックスタンドの最前列からになるので、最前列で空いている席を探して座りました。




その甲斐あって、ポドルスキ選手、イニエスタ選手、ティーラトン選手、ヤセル選手、那須選手、前川選手、古橋選手、長沢選手、郷家選手のサインをもらうことができました。選手の皆さん、ありがとうございます!!




その後、イニエスタ選手のユニフォームなどが当たる抽選会がありました。抽選会は楽天カードの新デザイン発表会の中で行われ、イニエスタ選手が通訳さんとともに再登場。



スペシャルゲスト(?)はなんと小柳ルミ子でした。この人、いつも「メッシ命」って言ってたくせに、「イニエスタは崇拝している」そうです。ま、どうでもいいけど。ちなみに抽選会ははずれでしたー。










テーマ:
ブログ書くの久々になってしまいましたー。


今回も数日前のネタですが、11月10日土曜日、2018 サッカーJ1 第28節 ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖の試合を観てきました。この日は快晴。やや風があったのでより空がきれいでした。




この試合は何といっても2008年ユーロと2010年W杯に優勝した時のスペイン代表のメンバーで、良きライバルでもあったイニエスタとフェルナンド・トーレスの対決です。もう一人のW杯優勝経験者・ポドルスキはちょっと持っていかれた感じです。




しかし、J1の残留争いの中にこんな栄光の選手がいるなんて逆に信じられませんね。つくづくサッカーって11人でやるもの、1人2人すごい選手が加わっても劇的な変化ってできないんですね。




この注目の試合は、スパイダーカム(ケーブルカメラ)やバーナーが初めて導入されて、試合前から観衆の期待は盛り上がりました。どちらも勝てばJ1残留に大きく前進、特に神戸は勝てばほぼ確定です。




しかし、試合はホームの神戸が押し気味だったものの0-0の引き分けで終了。今年も結局最後の方まで残留争いが好きなヴィッセル神戸のままでした。リージョ新監督、なんとかしてー、ブォー(バーナーの音)!!






テーマ:
9月29日土曜日、2018 サッカーJ1 第28節 ヴィッセル神戸 VS 鹿島アントラーズを観てきました。相手は好調でACLのベスト4に進んだ鹿島。これまでの対戦でも神戸が苦戦してきた強豪です。リーグ戦4連敗中の神戸にとっては非常に厳しい相手。

円陣で気合を入れるヴィッセル先発メンバー。



先日監督就任が発表されたリージョ氏は、コーチ登録でベンチ入りということでしたが、実質的には初采配でしょう。しかし、やはり監督交代で状況が変わるには多少の時間がかかりますし、今のヴィッセルのスランプぶりから考えると、引き分けすら難しい状況。

鹿島のフリーキックの場面。



試合の結果は0-5。後半残り時間15分の時点で0-4になって、観衆はぞろぞろ帰り始めました。ホームで0-5の敗戦、そして5連敗なんていうことも何年ぶりかもしれません。しかし、1点くらい返してほしかったのが正直な気持ちです。

神戸はコーナーキックから得点を狙いますが・・・。



今年のリーグ戦も残り6試合。ACLに出場できる3位、4位あたりまでの勝点が詰まっているので、目標のACL出場の可能性は残っていますが、非常に厳しい状況。やっぱり来年以降かなー。

奮闘するも状況を変えられなかったポルディ。来年も残ってくれるかなー?





テーマ:
9月15日土曜日、2018 サッカーJ1 第26節 ヴィッセル神戸 VS ガンバ大阪の試合を観て来ました。神阪ダービーということで絶対に負けたくない一戦であり、ヴィッセル神戸はこの試合に負けるとリーグ戦3連敗、天皇杯も入れると公式戦4連敗になってしまいます。


私はここ数日、毎日ヴィッセル神戸のサイトをチェックしていました。代表の試合で一週開いたので、この間に吉田監督が解任または休養にならないかと思ったからです。結局、ガンバ大阪戦までは監督の変更はなく、ケガが心配されたイニエスタは先発に入るだけでなくキャプテンを任されていました。




試合前半はイニエスタのプレーに存在感があり、彼のアシストからヴィッセルの先制点が生まれました。




ところが、後半はガンバペースで試合が進み、2失点して逆転を許しました。同点に追いつくことはできず、ヴィッセルは1-2でリーグ戦3連敗。3位のFC東京もこの日負けたので、ACL出場圏内との勝点差は6のままですが、非常に厳しいなと思いました。




そして今日、9月17日、ヴィッセル神戸のサイトをチェックしたら「トップチームの体制変更」ということで、監督とコーチ陣の交替が報じられていました。新監督はフアン・マヌエル・リージョさん。


日本ではあまり知られていませんが、あのFCバルセロナで監督として開花したグアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ監督)が師と仰ぐと言われるスペインの実力派監督です。


吉田前監督は、去年ネルシーニョ監督解任を受けて就任して1年余りでしたが、監督1年目でポドルスキやイニエスタといった世界トップクラスの選手を指導するという、あまりにも荷の重い仕事をしていたと思います。


リージョ監督は相当な経験を積んでいる人なので、残り8試合でも劇的な変化は無理かもしれませんが、来シーズンに向けて期待が膨らみます。同じスペイン人ということでイニエスタ偏重になって、ポドルスキがスネないことを祈ります。






テーマ:
8月26日日曜日、2018 サッカーJ1 第24節 ヴィッセル神戸 VS 横浜Fマリノスの試合を観て来ました。水曜の天皇杯で負けた両チームですが、鳥栖にアウェイで完敗してしまった神戸は負けを引きずらないためにも、下位のマリノスに勝ってリーグ戦で勝点3をゲットして、順位を上げたい試合でした。

アップする神戸のスターティングメンバー。


前半こそ0-0でしたが、横浜に押し込まれる時間帯が多かったです。ホームで勝ちたい神戸は後半攻勢を強めましたが、逆に横浜のカウンターを喰らって2失点。特に神戸のCB2人が、まだコンビを組んだ回数が少なくて失点の要因になっていたと思います。下位相手のホーム戦という意味では、もったいない試合でした。

神戸のゴール裏サポーターによる「10」と「8」の文字。



頼みの8番イニエスタも10番ポドルスキも決定的な仕事はさせてもらえず、良いパスを出しても味方がゴールを決めきれず悔しい完封負けになってしまいました。次のアウェイ札幌戦までは6日間あるので、メンタルを切り替え、フィジカルは回復させて頑張ってほしいです。

コーナーキックを蹴るポドルスキ。





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス