みなさん、こんにちはニコニコ

 

子どもの意欲をグングン伸ばす

東京港区の親子料理教室omusubiおにぎり

伊藤真奈美です。

 

初めての方はこちらをご覧いただけると嬉しいです

>>>初めてお越しくださるママへ

 

omusubiを始めた思いはこちらに綴っています

>>>自己紹介とomusubiにこめた思い

 

朝ごはんに菓子パンを食べさせている、

という話を時々聞きます。 

 




息子と同じ保育園にも、

朝、登園してきたときに


先生に「お口の周りにチョコレートがついてる!何食べてきたのー?」と聞かれ

「チョコパン!」と答えているお子さんがいました。




登園するときに

子どもが片手にパンを持って

食べさせながら走ってくる親子も

たまに見かけたりします。




そういうとき、私は正直心が痛いです。





きっとママだって、時間がない中でも

なんとか食べさせて

元気に過ごさせてあげたいと思って

一生懸命やっていらっしゃるんだろう。




でも、残念ながらその食事は

ちっともお子さんのためにならないし、


食べないのとどっちがマシだろう?

って思うくらい

体に悪影響しか与えていないと思います。


(体が完成している大人と違い、

爆発的に細胞分裂して体を作っている段階の子どもにとっては

1食くらい食べなくても平気、ではありません)






このブログでは何度も書いていることですが


食事って何でもいいから食べさせればいい、

食べないよりはマシ、

ということではありません。





食べればお腹は膨れるだろうけれど、

食事の内容が悪ければ、

栄養どころか体に老廃物を増やし、

免疫力を下げ、不健康になるだけだし




お腹が膨れさえすれば

元気に遊んだり、

勉強に集中できるだろうと思いきや、

逆に脳を混乱させたり、集中力を奪うだけ。




お子さんが落ち着きがない、

興奮して大騒ぎ、

元気がない、意欲がない、

などの症状がある場合、



それは性格だから、ということではなく


普段何気なく食べさせている食べ物が

体と心にしんどさを与えているせい

かもしれません。




使い古された言葉で

耳にタコかもしれませんが




食事の影響って本当に大きいです。






食べたものが体を作り、心を作っているのは

本当にまぎれもない事実。




だから人は

食べたもののようになります。





たとえば、菓子パン。

たいていパサついていますよね。





牛乳か何かで流し込まないと食べられない。





そのパンばかり食べていると、

お肌がパサパサに乾燥してきます。




それは、小麦が腸を荒らし、

腸がカサカサに乾いているから。





お肌と腸の状態は連動しています。





だから、便秘が治ると美肌になるんです。





菓子パンに入っている、

クリームやジャムやチョコレート。




ねっとりと重く、こびりつきます。





お通じも、そんな風になっていませんか?





もしくは、乾いてコロコロになっていたり。





また、別の側面から見ると




毎朝、

袋を開けるだけで簡単に食べられる、

どんな材料でできているかもわからない、

なんだか怪しいものがたくさん入っている、

菓子パンを食べていたら、



そういう材料で体を作っている人も

だんだんそういう風になっていきます。




手軽に食べられるから楽でいい、

体に悪いかもしれないけど、いま美味しいからいい、


楽なこと、目先のことばかりの人になる。




時間に間に合わなくて、

走りながらお口に無理やりパンを突っ込んでいたら



食べ物を大切にできなくて、

=自分を大切にできなくて、

いつもドタバタゆとりのない人になってしまう。





食べ物って、直接手に触れて、

そして直接体に入るもの。





その中に込められたエネルギーの影響って

本当に大きいです。





良いエネルギーももちろん、

悪いエネルギーも。




たとえば

あー、めんどくさい、と思いながら作る。




あー、イライラする、と思いながら作る。




美味しくできるか不安、

食べてくれるか不安、と憂鬱な気持ちで作る。





そういう負のエネルギーも

食べ物に確実に伝わっていて、





そういうのは、特に子どもは

敏感に感じとります。






せっかく作ったのにお子さんが食べない、


それはもしかしたら、

料理の味がどうこうよりも、

そこに込められたマイナスのエネルギーを

敏感に感じているから、

という場合もあるかもしれません。






お母さんが楽しそうに作っている、

自信をもって作っている、

そういうマインドの部分も

料理ってほんとにほんとに大きいのです。





こんなにも大きなエネルギーをもつ、

食の力を最大限にプラスに生かして

ママとお子さんの笑顔溢れる毎日を

応援したい!





そんな思いから、

新たな講座を作りました。



お子さんのために、ご家族の健康のために

正しく食を選べる力を

ママたちにこそ身につけてほしい

 

 

 

 

食選力を育む連続講座は、

こんなお悩みのある方にオススメです。



 ✅料理に自信がなく、食べてくれるか不安


✅巷に溢れ返る食の情報に振り回され、何を食べさせたらいいかわからない


✅子どもが食べてくれないと心配なので

子どもの好きなものばかり作ってしまう


✅手料理がいいのはわかるけれど

時間がなくて惣菜や外食に頼ってしまう


✅よくないと分かりつつ、惣菜や外食に頼る自分が嫌


✅時短で簡単な上に健康的な食事を作れるようになりたい


子どもがご飯をあまり食べず、お菓子ばかり食べたがる


✅お菓子の与えすぎは悪いとわかっていても、子どもがぐずるのであげてしまう


✅子どもに落ち着きや集中力、根気、元気がない


✅子どものイヤイヤが激しい、癇癪を起しやすい


✅子どもがすぐ熱を出したり体が弱かったりして、安心して働けない


✅子どもや夫にイライラして自己嫌悪




これらは、どれも

食事を選び、整えていくだけで

解決、改善できることばかりです。

 




先日、LINE@で講座のご案内をしたら、

 

「参加してみたい!」

「私も子どもに砂糖のお菓子を減らしたい!」

 

などと

たくさんのお声をいただき、

関心を寄せてくださった方が多かったので

 

食の力を体感できるランチ会

を開催します。

 

 

 

私が普段家族に作っている

健康ご飯を食べながら


食に関するお悩み、子育てのお悩み、

食を選ぶ際にどんなことに気を付ければいいのかなど

ざっくばらんに質問できる、おしゃべりできる

気軽な会にしたいと思います。

 

 

 

募集案内は今日の夜、19時に

LINE@で配信します。

 

 

 

気になる方は、ぜひ今すぐLINE@に登録して

募集をお見逃しなく!

  

 

 

LINE@のご登録はこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40hvl0494z

友だち追加

 

 

みなさん、こんにちはニコニコ

 

子どもの意欲をグングン伸ばす

東京港区の親子料理教室omusubiおにぎり

伊藤真奈美です。

 

初めての方はこちらをご覧いただけると嬉しいです

>>>初めてお越しくださるママへ

 

omusubiを始めた思いはこちらに綴っています

>>>自己紹介とomusubiにこめた思い

 

 

私たちが小学生、中学生くらいの頃って

牛乳を飲まないと背が伸びないとか、

牛乳は栄養満点だから積極的に飲みなさいって

疑いもなく言われていましたよね。

 

 

 

 

この頃では

日本人の8割以上が乳糖不耐症だから

体質に合わないとか、

牛乳が乳がんの原因のひとつになっていると言われるようになり、

気を付けている方も増えてきました。

 

 

 

 

でもジュースよりはいいだろうと

飲ませているママさんもいらっしゃるし、

 

 

 

あんまり飲ませないほうがいいとは聞くけど

うちの子牛乳が大好きでやめられないんです、

というママさんもいらっしゃいます。

 

 

 

 

今日は

牛乳との付き合い方、選び方について

書きたいと思います。

 

 

 

 

まず、1日に何杯も牛乳を飲むというお子さん。

 


 

 

 

 

もしかしたら

牛乳が大好きっていうより

単に喉が渇いているだけかもしれないので

牛乳を飲ませる前に

お茶やお水をあげてみてください。

 

 

 

 

お茶やお水を飲んで喉の渇きが満たされると

牛乳をごくごく、とはならないと思います。

 

 

 


牛乳は飲んでもいいし、

料理に使ってもいいけれど

水分がわりに毎日飲むものではないし、




嗜好品として、たまに飲む程度、

そのときも

質の良いものを選んでいただきたいです。

 

 

 

理由はいろいろありますが、

牛乳に含まれるたんぱく質のカゼインが

腸で消化吸収されづらく、

腐敗して腸を荒らす原因になること。

 

 

 

 

腸壁から血管内に取り込まれたカゼインが

血液を汚し、

アトピーや湿疹、鼻炎、喘息の原因になること。

 

 

 

 

日本人の8割以上が乳糖不耐症と呼ばれる

乳糖を分解する酵素を持っていない体質で、

 

体に合わない乳製品を取りすぎることで

だるい、疲れる、頭痛、イライラ、

アレルギー、皮膚の乾燥、炎症

などの原因にもなっていること。

 

 

などなどです。

 

 

 

まだまだあるのですが、

長くなりすぎるのでさらっとにとどめます。

 

 

 

 

 

飲んでもいい適量って

その人の体質によっても体調によっても変わるので

どれくらいならいいかは人それぞれですが、

 

 

 

私の場合は

一時期、夫の希望で朝ご飯が毎日パンだった頃があり、

 

牛乳を切らさず常備して毎日飲んでいたし、

チーズやヨーグルトも食べていたし、

オムレツを焼くときにはバターを溶かしたりと

乳製品を多用していました。

 

 

 

その頃、毎朝のように

起きがけに痰がからまって声が出なかったり、

鼻水が出ていたりしたんです。

 

 

 

風邪かな?花粉症になってしまったのかな?

なんだろうって、ずっと思っていたんですが、

マクロビオティックを学んでからわかりました。

 

 

 

 

牛乳や乳製品が腸を汚し、血液を汚していて

痰や鼻水として老廃物を外に出そうとしていたんですね。

 

 

 


そのまま続けていたら

鼻炎や花粉症に発展していたかもしれません。

 

 

 

 

牛乳を日常的に飲んだり、乳製品をとる習慣がなくなってからは

朝方の痰も鼻水もなくなりました。

 

 

 

 

 

たまに嗜好品程度に飲むくらいなら、

体はちゃんと排出して回復しようとする機能を持っていますが、

毎日毎日飲んでいたら、

排出、回復が追い付かず、次第に不調になってしまいます。

 

 

 

食物アレルギーのように

食べてすぐに症状が出るわけではないし、

命に支障をきたすほどでもないので

 

 

 

たいていの人が気づかないままだし、

何が原因になっているかわかりづらいですが、

 

 

 

何気なく食べている体に合わない食物が

アレルギー症状や肌トラブル、イライラ、

だるさなどの不調に

繋がっていることはとても多いです。

 

 

 

 

私は小麦、乳、砂糖を控えめにしてみて

湿疹や体調不良が軽減されたことと、


そのあと再開してみたら

症状が重くなるのがわかったことで

それらの食品が

私の体には負担だったことを知りました。

 

 

 

 

でも牛乳もたまには飲むし、

グラタンやポタージュなどの料理にも

たまには使います。

 

 

 

 

そのときは

良い牛乳を選ぶようにしています。

 

 

 

 

基準はなるべく自然に近いもの。

 

 

 

せまい牛舎で

ぎゅうぎゅう詰めで飼育されている牛より、

広い牧草地で放牧されている牛。

 

 

 

早く成長させたり、授乳量を増やすために

穀物を与えられたり、

ホルモン投与をされたりしているのではなく

牛が本来食べる牧草を食べて育っていること。

 

(牛の餌になっている穀物は遺伝子組み換えが多いです)

 

 

 

 

人間の母乳って

お母さんが食べたものの質がそのまま影響しますよね。

 

 

 

だから、授乳中はお酒を飲んではいけないし、

甘いものは控えるようにとか、

薬を飲んでいたら授乳は控えるようにとか、

指示されます。

 

 

 

牛の母乳だって同じはずですよね。





ホルモン投与されたり、

遺伝子組み換えの餌を食べている牛の母乳が

安心だから大丈夫とは思えません。


 

 

 

また、

超高温瞬間殺菌されているものより、

パスチャライズ牛乳を選びます。

(超高温殺菌よりも低い温度で、

時間をかけて殺菌されているもの)





そんな風に選ぶと、

1リット200円前後で買える

安いものではなくなってきますが

 

 

 

毎日ガブガブ飲むものでもないから

そんなに頻繁には買わないし、

(私は今は月1回買うかどうかです)


 

 

そういう牛乳を選ぶことで

安心安全おいしい牛乳づくりを

守っていこうとする生産者さんのことも

応援したいと思っています。

 

 

木次乳業さんの牛乳、

近くのスーパーでたまに見かけるので

そういうときに買ったりします。

 

 

 

 

大量に乳を搾るためにホルモン投与をしたり

大量生産するために

超高温瞬間殺菌をしたりしていないもの。

 

 


だから生産に時間もかかるし、

たくさんは作れないからこそ、

価格が高くなるのは当たり前。 

 




それだけ手間と時間をかけ、

牛にも消費者にも

愛をかけてくれる生産者さんが


それに見合う対価を得られなければ、

安心安全な食品は

どんどんなくなっていってしまいますよね。

 

 

 

普段買い物をしているママたちの選択の積み重ねこそが

子どもたちの代まで安心安全な社会を

守っていけるかどうかにもつながるんじゃないかなって

私は思います。

 

 

 

 

お子さんのために、ご家族の健康のために

そして未来のためにも、

 

 

正しく食を選べる力をママたちにこそ身につけてほしい

という思いから、新たな講座を作りました。

 

 

 

 

食選力を育む連続講座です。

 

 

 

開催のご案内をしたら、

 

「参加してみたい!」

「私も子どもに砂糖のお菓子を減らしたい!」

 

などと

たくさんのお声をいただき、

関心を寄せてくださった方が多かったので

 

 

講座開催に先駆けて

 

どんな食べ物をやめればいいのか、

その上で

どんなものを食べればいいのか

がわかるようになる

 

食選力の大切さを体感できるランチ会

を開催します。

 

 

 

私が普段家族に作っている健康ご飯を食べながら

食に関するお悩み、子育てのお悩み、

食を選ぶ際にどんなことに気を付ければいいのかなど

ざっくばらんに質問できる、おしゃべりできる、

気軽な会にしたいと思います。

 

 

 

募集は今週金曜日にLINE@から行います。

 

 

 

気になる方は、ぜひ今すぐLINE@に登録して

金曜日の募集をお見逃しなく!

 

 

 

LINE@のご登録はこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40hvl0494z

友だち追加

 

 

 

7月の親子料理教室も、

ありがたいことにご予約で埋まってきています。

 

 

気になるレッスンはお早めにご予約くださいね。

下矢印下矢印下矢印

ご予約受付中のレッスン

 

【夏休みのランチに悩まない!簡単&健康ごはんレッスン】

≪日時≫

7月12日(木)、13日(金)、14日(土)

10時30分~13時

(終了時間は目安です)

 

≪場所≫

東京都港区麻布十番 近辺

(詳細はご予約の方にご案内します)

 

≪メニュー≫

常備菜を使い回すだけ!簡単&健康ランチ

 

実習で作るメニューだけでなく、

毎日使えるレシピをたくさんお渡しします♬

 

 

 

 

【子どもと作れる簡単&ヘルシーおやつレッスン】

≪日時≫

7月25(水)、31日(火)

10時30分~13時

(終了時間は目安です)

 

≪場所≫

東京都港区麻布十番 近辺

(詳細はご予約の方にご案内します)

 

≪メニュー≫

冷たいおやつ、粉ものおやつ、食事系おやつ

 

 

上記のレッスンのご予約は、

こちらから承ります

 

 

 

 

【夏休み企画 親子料理教室 in 新潟】
 
≪日時≫
8月18日(土)11:00~13:30
(終了時間は目安です)
 
≪場所≫ 
新潟県新発田市諏訪町1-2-12
イクネスしばた →ホームページはこちら
 
≪メニュー≫
ルウ不使用!スパイスから調合して作るバターチキンカレーカレー
その他、新潟県産食材を使った前菜、デザート
 
 
新潟教室の詳細、ご予約は
こちらから承ります
 
 
 
 
 
ご予約受付中の子育て講座
 
【自分らしく生きる指針を育む 子育て航海術】
月28日(木)、7月5日(木)、719日(木)  10:00~13:00
(港区東麻布 飯倉いきいきプラザ)
 
講座の詳細、ご予約はこちらからどうぞ
 

 

みなさん、こんにちはニコニコ

 

子どもの意欲をグングン伸ばす

東京港区の親子料理教室omusubiおにぎり

伊藤真奈美です。

 

初めての方はこちらをご覧いただけると嬉しいです

>>>初めてお越しくださるママへ

 

omusubiを始めた思いはこちらに綴っています

>>>自己紹介とomusubiにこめた思い

 

この週末は、夫の連休に合わせて

思い立って

ぶらり三崎マグロ観光に行ってきました。

 

 

 

三崎に着いてさっそく

昼はお寿司でマグロ三昧。

 

 

 

夜は地元の方おススメのお店で

マグロ、キンメダイ、フグ、生しらす、

生たこなどの地魚を

お刺身で、煮つけで、てんぷらで、丼で、

贅沢に堪能しました。

 

 

 

昼間に写真を撮りすぎて

バッテリー切れで写真がなくて残念。

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

夫は和食店のオーナーシェフですが

 

「料理は出来立てが命!

旅館の盛り置きされた飯を食べるくらいなら

外で食べたい!」

というポリシーのもと、宿は素泊まり。

 

その代わり食事は豪勢に爆  笑

 

 

美味しいものにはお金を惜しまないけれど、

美味しくないものには1円たりともお金を使いたくない!

人生で1食たりともまずいものは食べたくない!

という食道楽です爆  笑

 

 

 

 

1日目は子どもたちも楽しすぎて

夜11時近くまで宿のお部屋できゃんきゃん大騒ぎしていました。

 

 

 

でも、食道楽の私と夫は

翌朝も早起きして、近くの水産卸売りセンターへ。

 

 

 

 

マグロの取引を見学し、

朝ご飯から、またマグロ三昧定食!

 

 

 

 

昼は産直市場でソフトクリームも食べたし、

帰宅後の夕食は

夫が生地から手作りしてくれる、

わが家恒例のたこ焼き。

 

 

生地のほとんどが長芋なので、

ふわふわとろとろ~。

 

 

 

 

夫は料理人としての修業時代を

大阪、京都で過ごしているので

3度の飯よりたこ焼きが好きらしい爆  笑爆  笑爆  笑

 

 

 

 

私が「またたこ焼き~!?びっくり

と言おうものなら

「真奈美さんは、大阪に住んだことがないからわからないんだ!!

と言い返されるほど

たこ焼きラブ。粉もんラブ。

 

 

 

ほっといたら

3食たこ焼き食べるかもしれません。

 

 

 

ひとりじゃたこ焼き作ってもむなしいから、

家族がいて良かった!結婚して良かった!

らしいです。

 

幸せポイントそこかい爆  笑!!

 

 

 

 

そんなこんなで

お休みの間は、子どもたちも私たちも

食べたいものを食べまくりました。

 

 

 

いつも砂糖減生活のこととか、

小麦製品が良くないとか書いてるのに、

 

 

 

ソフトクリームとか

たこ焼きとか食べてるし、

 

 

なんなら私と夫は火曜日も休みだったので

大きな声では言えませんが

子どもたちが保育園に行っている間に

六本木の某ハンバーガーショップで

ハンバーガーとポテトまで食べました笑

 

 

 

 

こんなに気兼ねなくなんでも食べられるのは

 

砂糖でも小麦でも乳製品でも

添加物でも

食べたなら出せばいいし、

 

私たちも子どもたちも

出せる体ができている

と知っているから。

 

 

 

体調を戻すために

どんな食事をすればいいか

知っているから。

 

 

 

 

数日くらいお祭り騒ぎで

好きなもの食べても

またいつもの食事に戻せば大丈夫

という安心感があるから

 

 

食べたいときは罪悪感ゼロで

なんでも食べられます。

 

 

 

ソフトクリームもハンバーガーも

美味しかったなドキドキニコニコドキドキ

 

ドキドキ

 

シェイクシャックのポテト、

チーズたっぷりですごいボリュームアップ

 

 

 

 

だって、いくら体に悪いからやめた方がいい

と言っても

一生ソフトクリームもハンバーガーも

我慢して暮らせます?

 

 

 

その人生楽しい?

 

 

 

私は楽しくないですてへぺろ

 

 

 

だって食べることって

楽しみのひとつ。

みんなで分かち合える

コミュニケーションのひとつ。

 

我慢に我慢を重ねる苦行じゃないですもん。

 

 

 

 

だから

誤解してほしくないんですが

 

私が伝えたいのは

あれも、これも

体に悪いから

食べちゃだめってことじゃなくて

 

 

たまに少々食べすぎたって、

出せる体づくりが大事

ということです。

 

 

 

 

毎日こういうの食べてたら、

デトックスが追い付かなくて体にため込んで

病気になったり、不調が出たりすると思いますが、

 

 

 

普段きちんとデトックスできる体を作っていれば、

たまには何食べたって大丈夫。

 

 

 

だけど、今は

赤ちゃんの時からすでに

便秘のお子さんがたくさんいるんです。

 

 

便が出るのが3日に1回とか、

1週間出なくて仕方なしに浣腸して

ギャン泣きしながらウンチしてるとか

たまにそんなママの話を聞きますが、

 

 

 

それ、体質の問題じゃないです。

 

 

 

便は毎日出るのが当たり前。

 

 

毎日食べてるのに毎日出ないのは

滞っているということです。

 

 

 

いまは

小学生の5人に1人が便秘なんだそうですね。

 

(病院で便秘と診断される子が5人に1人なので、

隠れ便秘まで含めたらもっとでしょう!)

 

 

 

便秘=デトックスできない体。

 

 

 

大便ってデトックスの要。

体の老廃物の75%は便から排出されます。

 

 

 

便秘=体が老廃物まみれということ。

 

 

 

それじゃ心身ともに

不調が出るのも無理はないですよね。

 

 

 

 

 

赤ちゃん時代から便秘になる理由は、

 

 

早すぎる離乳食の開始で

消化機能が追い付いていないからかもしれないし、

 

 

ママの母乳の質(=ママの食事の質)が悪くて

赤ちゃんが母乳を消化できないからかもしれないし、

 

 

 

生まれた時からママ経由で老廃物をため込んでいて

デトックスの力が弱いからかもしれないし、

 

 

理由はひとつではありませんが

 

 

 

とにかく現代人は

デトックスができないことで老廃物を体にためまくり、

不調や病気になっていることが多いです。

 

 

 

お子さんに、こんな症状ありませんか?

 

 

 

いつもダルそう。

元気がない。

ぼんやりしている。

集中力がない。

すぐ疲れたという。

朝すっきり起きられない。

イライラ、癇癪がひどい。

泣き止まない。

 

などなどなど。

 

 

 

これらの症状、

腸の調子が整うだけで解決するかもしれません。

 

 

 

なぜかというと、

腸と脳って繋がっているから。

 

 

 

腸が汚れている状態では、

脳もクリアにならないんです。

 

いつもモヤがかかったような感じなので

何をやっても頭が働かないし

集中できないし、頑張れない。

 

 

 

 

体がそんな状態で勉強したりスポーツしたり、塾に行ったりしても

身につくはずがないんです。

 

 

 

勉強にしてもスポーツにしても、

能力を発揮したり伸ばしたりするためには

その土台になる

体と心の健康が絶対に不可欠です。

 

 

 

 

食事って、

何を食べたら健康になれるかばかりに

目が行きがちで

次から次へと

スーパーフードが話題になりますが、

 

 

 

まずは老廃物を出せる体でなければ

どんなに良い食材を取っても

消化吸収できないし、

消化吸収できないものは、

食べても意味がないです。

 

 

 

何を食べるかの前に、

腸を汚さない食べ物を知ることが大切。

腸をきれいに保つために、

出せる体づくりが大切。

 

 

 

 

お子さんのために、ご家族の健康のために

正しく食を選べる力を

ママたちにこそ身につけてほしいと思い、

新たな講座を作りました。

 

 

 

 

食選力を育む連続講座です。

 

 

 

開催のご案内をしたら、

 

興味あります!

私も子どもに砂糖のお菓子を減らしたい!

などと

関心を寄せてくださった方が多かったので

 

 

講座開催に先駆けて

 

どんな食べ物をやめればいいのか、

その上で

どんなものを食べればいいのか

がわかるようになる

 

食選力の大切さを体感できるランチ会

を開催します。

 

 

 

私が普段家族に作っている健康ご飯を食べながら

食に関するお悩み、子育てのお悩み、

食を選ぶ際にどんなことに気を付ければいいのかなど

ざっくばらんに質問できる、おしゃべりできる、

気軽な会にしたいと思います。

 

 

 

募集は今週金曜日にLINE@から行います。

 

 

 

気になる方は、ぜひ今すぐLINE@に登録して

金曜日の募集をお見逃しなく!

 

 

 

LINE@のご登録はこちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40hvl0494z

友だち追加

 

 

 

7月の親子料理教室も、

ありがたいことにご予約で埋まってきています。

 

 

気になるレッスンはお早めにご予約くださいね。

下矢印下矢印下矢印

ご予約受付中のレッスン

 

【夏休みのランチに悩まない!簡単&健康ごはんレッスン】

≪日時≫

7月12日(木)、13日(金)、14日(土)

10時30分~13時

(終了時間は目安です)

 

≪場所≫

東京都港区麻布十番 近辺

(詳細はご予約の方にご案内します)

 

≪メニュー≫

常備菜を使い回すだけ!簡単&健康ランチ

 

実習で作るメニューだけでなく、

毎日使えるレシピをたくさんお渡しします♬

 

 

 

 

【子どもと作れる簡単&ヘルシーおやつレッスン】

≪日時≫

7月25(水)、31日(火)

10時30分~13時

(終了時間は目安です)

 

≪場所≫

東京都港区麻布十番 近辺

(詳細はご予約の方にご案内します)

 

≪メニュー≫

冷たいおやつ、粉ものおやつ、食事系おやつ

 

 

上記のレッスンのご予約は、

こちらから承ります

 

 

 

 

【夏休み企画 親子料理教室 in 新潟】
 
≪日時≫
8月18日(土)11:00~13:30
(終了時間は目安です)
 
≪場所≫ 
新潟県新発田市諏訪町1-2-12
イクネスしばた →ホームページはこちら
 
≪メニュー≫
ルウ不使用!スパイスから調合して作るバターチキンカレーカレー
その他、新潟県産食材を使った前菜、デザート
 
 
新潟教室の詳細、ご予約は
こちらから承ります
 
 
 
 
 
ご予約受付中の子育て講座
 
【自分らしく生きる指針を育む 子育て航海術】
月28日(木)、7月5日(木)、719日(木)  10:00~13:00
(港区東麻布 飯倉いきいきプラザ)
 
講座の詳細、ご予約はこちらからどうぞ
 

 

みなさん、こんにちはニコニコ

 

子どもの意欲をグングン伸ばす

東京港区の親子料理教室omusubiおにぎり

伊藤真奈美です。

 

初めての方はこちらをご覧いただけると嬉しいです

>>>初めてお越しくださるママへ

 

omusubiを始めた思いはこちらに綴っています

>>>自己紹介とomusubiにこめた思い

 

 

7月のレッスンを募集開始しました。
 
 
 
7月といえば、お子さまたちの夏休み!
 
 
子どもたちは楽しみにしている反面
ママたちは
 
お昼ご飯の準備どうしよう、
毎日学童に持っていくお弁当どうしよう、
おやつはどうしよう、
子どもと一緒にどう過ごそう、
とお悩みいっぱいの季節ではないですか笑?
 
 
7月は、
夏休みの子どもたちのお昼ご飯が楽になる
常備菜を使った簡単&健康ランチレッスン、
 
お子さまたちと作りたい簡単で体にやさしい
おやつレッスンを開催します。
 
 
なが~い夏休み、
8月は普段ご参加いただけない
幼稚園や小学生のお子さまも
ご参加いただけるチャンスなので
 
 
お子さまたちと一緒に
手作りを楽しむレッスンも8月に
企画したいと思います。
 
 
 
こんなの作ってみたい!
こんなレッスン希望!
というメッセージも
お気軽にいただけたらとっても嬉しいです。
 
 
 
夏休みのランチ悩まない!
常備菜活用で簡単&健康ごはんレッスン
 
≪日時≫
7月12日(木)、13日(金)、14日(土)
10時30分~13時(終了時間は目安です)
 
≪場所≫
東京都港区麻布十番近辺
(詳細はご予約いただいた方にご案内します)
 
≪メニュー≫
常備菜を使い回すだけ!簡単&健康ランチ
 
実習で作るメニューだけでなく、
毎日使えるレシピをたくさんお渡しします♬
 
≪参加費≫親子1組6000円
(実習レシピ、ランチ、お土産付き)
 
 
 
 
 
子どもと作れる
簡単&体にやさしいおやつレッスン
≪日時≫
7月25日(水)、31日(火)
10時30分~13時(終了時間は目安です)
 
≪場所≫
東京都港区麻布十番近辺
(詳細はご予約いただいた方にご案内します)
 
≪メニュー≫
冷たいおやつ、粉ものおやつ、食事系おやつなど数品
 
≪参加費≫親子1組6000円
(子どものおやつとは?をまとめたテキスト、レシピ、試食含む)
 
 
お申し込みはこちらから。
 
 
 
 
 
体は3か月前に食べたもので作られている
ってお聞きになったことがあるかもしれません。
 
 
ということは
 
 
夏休みに何を食べ、どう過ごすかで
2学期を元気に過ごせるかどうかが決まる!
といっても過言ではありませんウインク
 
 
 
元気な夏休み、2学期が送れるように
ママとお子さまたちを全力サポートします爆笑
 
 

 

 

おにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎり

 

親子料理教室omusubiのLINE@では

毎週月曜日の朝に

ママ応援!

常備菜活用時短レシピをお届け中。

 

 

作りおきって、あると助かるんだけど

 

まとめて作って冷凍保存しても

解凍したり温めたりする手間って意外と大変。

 

 

 

それに、冷凍解凍した食べ物って

やっぱりなんだかおいしくない。

 

 

 

週末に1週間分の作りおきするのも

とっても労力がいるし、

それで1日が終わっちゃう。

 

 

せっかく頑張って作ったのに

正直なところ何日も続けて同じものだと

自分も家族も飽きてしまう。

 

 

 

そんなお悩みありませんか?

 

 

 

私の常備菜は冷凍・解凍はしません。

 

 

 

毎日、その日のごはんの支度をしながら

ついでに驚くほど簡単な下ごしらえをしておくだけで

日々のご飯づくりは

うんと時短&気軽になりますよ。

 

 

 

冷凍・解凍をしないから

食材の食感や栄養も損なわないし、

 

 

アレンジが効く形で保存するので

その日の気分でバリエーションが広がります。

 

 

 

何より作りたては、やっぱり美味しい!

 

 

 

 

 

頑張っている自分とご家族のために

時間と手間をかけずに健康ごはんを作りたいママ、

 

 

ぜひLINE@にお友達登録して

レシピをお受け取りくださいニコニコラブラブ

 

LINE@のお友達登録は

こちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40hvl0494z

友だち追加

 

 

ご予約受付中のレッスン

  

【夏休み企画 親子料理教室 in 新潟】
8月18日(土)  11:00~13:30  (新潟県新発田市 イクネスしばた)
ルウ不使用!スパイスから調合して作るバターチキンカレーカレー
 
レッスンの詳細、ご予約はこちらからどうぞ
 
 
 
ご予約受付中の講座
 
【自分らしく生きる指針を育む 子育て航海術】
月28日(木)、7月5日(木)、719日(木)  10:00~13:00
(港区東麻布 飯倉いきいきプラザ)
 
講座の詳細、ご予約はこちらからどうぞ
 

みなさん、こんにちはニコニコ

 

子どもの意欲をグングン伸ばす

東京港区の親子料理教室omusubiおにぎり

伊藤真奈美です。

 

初めての方はこちらをご覧いただけると嬉しいです

>>>初めてお越しくださるママへ

 

omusubiを始めた思いはこちらに綴っています

>>>自己紹介とomusubiにこめた思い

 

このところ、連日

無料お悩み相談会をzoomで開催しています。

 

 

 

 

 

その相談会の中で

こんなお悩みをお聞きしました。

 

 

「市販のお菓子や砂糖が良くないというのは

なんとなく知っていて、

普段はあまり食べさせないようにしていけれど、

パパが食べていると、一緒に食べたがります。

どうしたらいいですか?」

 

 

 

わかります、わかります笑

 

 

うちもそうですから。

 

 

 

たまにだったら

パパと一緒に好きなお菓子を食べるのもあり。

とOKしてもいいと思いますし、

ご家庭ごとに方針は違うと思いますが

 

 

 

一緒に食べるにしても

ひとつ心にとめておいた方がいいことは



子どもの体の許容量と

パパの許容量は絶対に違うので

同じ量を食べていい

ということにはならないということ。

 

 

 

お子さんがある程度大きいなら

こんな風に説明してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「パパは大人で体も大きいけど、

〇〇ちゃんはまだ体が小さいから、

食べてもいい量はパパとは違うんだよ」

 

 

 

子どもにも、きちんとこれを伝えることは

大切な食育のひとつではないかと思います。

 

 

 

 

男性、女性、幼児で食事量が違うのは

当然のことですよね。

 

 

 


体の大きさも違うし、

年齢、性別、活動量も違います。



消化機能にも大人と子どもでは

当然違いがあります。

 

 

 

大人の体では消化できる量でも

子どもの体には同じ量が

負担になることもあります。

 

 

 

お酒やたばこを考えると

わかりやすいですよね。

 

 

 

子どもがお酒を飲みたいと言ったら

大人と同じように飲ませてあげますか?

 

 

 

お菓子はお酒に比べると

影響が急速に目に見えず、

緩やかに進行するのでわかりづらいですが

 


どんな食べ物でも体に影響を与えていて、

許容量をオーバーすれば不調は出てきます。

 

 

 

 


ご飯で考えてみてもいいかもしれません。

子どもと大人のご飯の量って違います。


 

 

 

子どもに大人と同じ量のご飯をあげたら

おなかがいっぱいになって

もう食べられないとなりますよね。

 

 

 

だけどお菓子だと

際限なく食べられてしまうんです。

 

 

 

 

それは

お菓子がとても刺激が強く、

中毒性が強いものだから。

 

 

 

甘いものは別腹ってよく言いますが

まさにその通りで、



おなかがいっぱいだからもういらない

という体の自然な反応が

起こらなくなるからなんです。

 

 

 


ジュースや果物なども同じです。

 

 

 

お腹がいっぱいで、もういらないはずなのに

お菓子やジュース、果物などの甘いものは

刺激が強く美味しいので

いくらでも食べられてしまうんです。

 

 



 

だから注意が必要です。

 

 

 


子どもはほおっておけば自制がきかず、

いくらでも食べてしまうことができるので

おやつやジュースの量は、

大人が「これだけね」と決めて

与える必要があります。

 

 

 

 

 

パパにお菓子やジャンクをやめるように促すのは

お互い大変かもしれないので

無理にパパも変えようとまではしなくていいと思いますが

 

 

 

子どもの体と大人の体は違うということは

理解してもらって

協力してもらえるといいと思います。

 

 

おにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎりおにぎり

 

親子料理教室omusubiのLINE@では

毎週月曜日の朝に

ママ応援!

常備菜活用時短レシピをお届け中。

 

 

作りおきって、あると助かるんだけど

 

まとめて作って冷凍保存しても

解凍したり温めたりする手間って意外と大変。

 

 

 

それに、冷凍解凍した食べ物って

やっぱりなんだかおいしくない。

 

 

 

週末に1週間分の作りおきするのも

とっても労力がいるし、

それで1日が終わっちゃう。

 

 

せっかく頑張って作ったのに

正直なところ何日も続けて同じものだと

自分も家族も飽きてしまう。

 

 

 

そんなお悩みありませんか?

 

 

 

私の常備菜は冷凍・解凍はしません。

 

 

 

毎日、その日のごはんの支度をしながら

ついでに驚くほど簡単な下ごしらえをしておくだけで

日々のご飯づくりは

うんと時短&気軽になりますよ。

 

 

 

冷凍・解凍をしないから

食材の食感や栄養も損なわないし、

 

 

アレンジが効く形で保存するので

その日の気分でバリエーションが広がります。

 

 

 

何より作りたては、やっぱり美味しい!

 

 

 

 

 

頑張っている自分とご家族のために

時間と手間をかけずに健康ごはんを作りたいママ、

 

 

ぜひLINE@にお友達登録して

レシピをお受け取りくださいニコニコラブラブ

 

LINE@のお友達登録は

こちらをクリック

https://line.me/R/ti/p/%40hvl0494z

友だち追加

 

 

ご予約受付中のレッスン

  

【夏休み企画 親子料理教室 in 新潟】
8月18日(土)  11:00~13:30  (新潟県新発田市 イクネスしばた)
ルウ不使用!スパイスから調合して作るバターチキンカレーカレー
 
レッスンの詳細、ご予約はこちらからどうぞ
 
 
 
ご予約受付中の講座
 
【自分らしく生きる指針を育む 子育て航海術】
月28日(木)、7月5日(木)、719日(木)  10:00~13:00
(港区東麻布 飯倉いきいきプラザ)
 
講座の詳細、ご予約はこちらからどうぞ