板垣好恵officialブログ『オリーブな食卓』

板垣好恵officialブログ『オリーブな食卓』

管理栄養士、板垣好恵のブログです。このブログでは普段のお仕事内容や、私が代表を務める食の専門家ユニット『FoodRing』の活動をアップしていきます!大好きなオリーブオイルを使ったレシピや、毎日の暮らしに役立つ食材や栄養ネタもご紹介♪

この投稿をInstagramで見る

【レシピ開発】オリーブオイルライフ様 @oliveoillife にて掲載中です☺️ 新玉ねぎとオリーブオイルでジュワッと食感がおいしすぎてたまりません、、! . たっぷり新玉ねぎトースト 《材料 2人分》 食パン(6枚切り)2枚 新玉ねぎ(小)1個 ハム 2枚 コーン 大さじ2 岩塩 適量 オリーブオイル 大さじ2 ピザ用チーズ 40g パセリ 適量 . 《作り方》 ①新玉ねぎは薄切り、ハムはあらみじん切りにする。 ②食パンに新玉ねぎを広げ、ハム・コーンをのせて岩塩をふり、オリーブオイルを回しかける。 ②チーズをのせてトースターでこんがりと焼き色がつくまで焼き、パセリをちらす . . 🎀今回はトッピングにハムとコーンを使いましたが、ベーコンやウインナー、枝豆などお好みでOKです。 . 🎀新玉ねぎなので辛みはほとんど気になりませんが、苦手な方は水にさらして(5分ほど)水気をよくきってから使ってください。 . 🎀私は仕上げにフレッシュなオリーブオイルをかけてコクと風味をプラスして食べています♪ . .こちらもぜひ↓ @oliveoillife . .  #オリーブオイル #オリーブオイルライフ #オリーブオイル料理 #オリーブオイルレシピ #オリーブオイルソムリエ #管理栄養士 #管理栄養士レシピ #食育アドバイザー #レシピ開発 #フードコーディネーター #フードスタイリスト #食の専門家ユニットFoodRing  #instacooking #cooking #cookingram #cookingtime #cookingday #cookinglove

管理栄養士 板垣好恵(食の専門家ユニットFoodRing)(@yoshie.itagaki)がシェアした投稿 -

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

*初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

*過去のお仕事実績は→こちら

 
 
 
食文化発信WEBマガジンumamiのくにからにて連載中のコラム、
「心とカラダを育てる食卓」
 
 
*umamiのくにからとは?
 
 
 
今月公開の記事はこちらです↓
 
 
 
 
 
子どもの食事は薄味、と意識されている方は多いと思いですよね。
 
子どもは大人に比べて必要とされる塩分量がが少なく、
消化機能も未発達なため塩分の過剰摂取はカラダへの負担が大きいのです。
 
 
 
 
子どもの塩分摂取は「味覚形成」においても関わりがあります。
 
 
塩味や甘みは本能的にヒトが好む味で、
子どももおいしく感じやすい味です。
 
 
「味の濃い物や甘いものは子どもが喜んでたべるからついつい与えてしまう」
というパパやママもいらっしゃるかもしれませんが、
 
 
離乳食や幼児食で濃い味になれてしまうと、
素材の味やうまみなどの繊細な味わいが感じ分けられなくなり味覚の発達に影響を及ぼす可能性も。
 
 
また、薄味のものを受け入れることが難しくなり、
「濃い味を好む」となることで食傾向のベースが塩分や糖分の摂りすぎになってしまいます。
 
 
 
 
 
 
生後4~5か月から離乳食がスタートし、
はじめは味付けなしで素材の味を生かした離乳食を与えていきますが
 
皆さん悩まれるのが、いつから調味料を使えば良いの?ということ。
 
 
 
 
離乳食が進んでいくと、
なんかいつも似たようなメニューでマンネリ化している気がする・・
赤ちゃんも同じ味に飽きているのでは?
というお声をいただきます。
 
 
たしかに大人からすると「味付けしてあげた方がおいしそう!」と
調味料を使いたくなる気持ちもわかるのですが、
離乳食の間は調味料なし、使うとしてもほんの少量でOKなのですよ。
 
 
 
 
離乳食はあくまでも「食べることに慣れる」「食事の楽しさ・おいしさを知る時期」なのです。
大人のように、さまざまな調味料をつかってバリエーション豊かな料理を楽しむのは、
幼児食以降で。
 
 
 
 
今回の記事では、そんな子どもの塩分摂取について詳しくご紹介しています。
ご家庭で塩分を控えるコツもお伝えしていますので、
離乳食期、幼児食期、学童期のお子さんをお持ちの方へ
ぜひご覧になってみてくださいね。
 
 
 
 
 
 
指輪vol.6 子どもの味覚形成と塩分
記事はこちら
 
・塩分と味覚の関係
・1日どれくらい塩分を摂ってよいの?
・1歳までは味付けなしでOK
・塩分を控えるコツ
・主食は「ごはん」を!
 
 
 
 
 
ナイフとフォーク今月のうまみレシピナイフとフォーク
【豚肉とキャベツのみそ炒め】
 
豚肉のうまみ成分:イノシン酸
×
みそのうまみ成分:グルタミン酸
でうまみUP!
(レシピはコラム内をご覧ください♪)
 
 
 
 
バックナンバー
 
 
 
 
 
 
 
♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼
 
 
レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
♪――――――――――――――――――♪
 
 

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 
 
 
食文化発信WEBマガジンumamiのくにからにて連載中のコラム、
「心とカラダを育てる食卓」
 
 
*umamiのくにからとは?
 
 
 
今月公開の記事はこちらです
 
 
 
 
 
 
育児本などでも「育脳」というワードをよく聞くようになりましたよね。
 
 
 
育脳とは、
子どもの脳を刺激して様々な感覚を養うことを言いますが、
 
何も特別なことではなく、
赤ちゃんにはスキンシップを通じて安心感や信頼感を育むことも育脳につながりますし、
絵本の読み聞かせや知育おもちゃなどで脳を活性化させるのも大切です。
 
 
 
そして、子どもの脳を育てる上で欠かせないのが「食事」のちから。
 
 
 
脳の重さは出生時は約400g、
生後1年で約800g、3年で約1000gとぐんぐん成長していきます。
 
 
 
 
私たちのカラダは食べたもので作られますが、赤ちゃんの脳も同様です。
母乳やミルク、離乳食や幼児食から
脳をつくる材料となる栄養素を摂取することで
成長していくのです。
 
 
そして、
脳が急激に成長するのは、出生~6歳までと言われていて、
まさに「育脳」のビックチャンス!
 
 
成長著しいこの期間は「脳をつくる栄養素が必要な期間」でもあります。
必要なタイミングで、適切な食事によってしっかり栄養補給をしてあげることで、
育脳をサポートすることができるのです。
 
 
 
 
 
今回の記事では、
脳をつくる材料となる栄養素や、それを補給できる具体的な食材、
毎日の食事での取り入れ方をご紹介しています。
離乳食が始まる前の、授乳期の赤ちゃんへの対応も必見です。
 
 
 
 
 
 
指輪vol.5 乳幼児期は魚を食べて「育脳」しよう
記事はこちら
 
・「育脳」は6歳までが大切!
・脳をつくる材料って?
・赤ちゃんはどうやって摂る?
・幼児期は、缶詰や加工食品も活用して
・子どもから高齢者までの「育脳」
 
 
 
 
 
ナイフとフォーク今月のうまみレシピナイフとフォーク
【れんこん入り鯖ハンバーグ】
 
れんこんのうまみ成分:グルタミン酸
×
鯖のうまみ成分:イノシン酸
でうまみUP!
(レシピはコラム内にあります)
 
 
 
 
バックナンバー
 
 
 
 
 
 
♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼
 
 
レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
♪――――――――――――――――――♪
 
 

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 
 
 
食文化発信WEBマガジンumamiのくにからにて連載中のコラム、
「心とカラダを育てる食卓」
 
 
*umamiのくにからとは?
 
 
 
今月公開の記事はこちらです↓
 
 
 
 
 
「食べる意欲を引き出す」ことが、大切な理由はなんでしょうか。
 
 
 
 
我が子には、食に興味をもって何でも好き嫌いなく食べてほしいというのが親心。
そのために日々おいしい食事作りを頑張られていることと思います。
 
 
 
 
幼児食で子どもの食べる意欲を引き出してあげることは、
「味覚の発達」にもつながります。
 
 
 
 
味覚の発達には、さまざまな食材を食べて、新しい味に出会わせてあげることが大切です。
 
「知っている」「味がわかる」食材が増えることで食べられる料理(食材)のバリエーションも豊かになりますし、
はじめは甘みやうまみのある味を好む子どもも食経験を重ねるうちに、
苦みや酸味などの味も受け入れられるようになり
「味覚の領域が広がる」からです。
 

 
特に幼児食に入ると子どもも好き嫌いが出てきたり(これも成長のひとつ)、
食べるものを自分で選ぶようになってきます。
そうなると、
あまり見たことのない食材や、親しみのない食材は警戒して手を付けない子どもも多いですよね。
 
 
 
 
離乳食期・幼児食期から
☑食への興味を持たせ
☑食べる意欲を引き出すこと


は、結果として
☑新しい食材に挑戦する好奇心があり、
☑好き嫌いなく食事を楽しむことができ、

それが心身の成長のみならず「味覚の発達」にもつながるんですよ。
 
 
 
 
 
 
今回のコラムでは、

子どもの食べる意欲を引き出すための「五感」を意識した食事作りについて
お話しています。
 
 
 
 
食べ物のおいしさって、味覚(舌で感じる味)で感じているかと思いきや、
実は、視覚(目からの情報)が大きく影響していることがわかっています。
 
 
 

料理を作るときには、味ばかりにとらわれず、
視覚をはじめとしたさまざまな五感を意識することで
より「おいしさ」を楽しめるようになりますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 

料理の色味によっても、食欲をUPしたり、逆に減退させてしまうこともあるんです。
子どもの食べる意欲を引き出すには料理(食材)だけでなく、
お皿などの食器やカトラリーにも目をむけたりと、食環境を変えてみるのもおすすめですよ。
 

特に今回は
「全然食べることに興味がない」
「食欲がないタイプ」のお子様をお持ちの方。
ぜひご参考にしてみてくださいね!
 
 
 
 
 
 
指輪vol.4 五感を活かし、食べる意欲を引き出そう
記事はこちら
 
・五感とおいしさの関係
・視覚とおいしさ
・五感を活かした子どもの料理
・おいしい食体験が味覚を広げる
 
 
 
 
ナイフとフォーク今月のうまみレシピナイフとフォーク
【きのこの豚肉巻き】
 
きのこのうまみ成分:グルタミン酸
×
豚肉のうまみ成分:イノシン酸
でうまみUP!
(レシピはコラム内にあります)
 
 
 
 
バックナンバー
 
 
 
♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼
 
 
レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
♪――――――――――――――――――♪
 
 

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 
 
 
 
JA中野市様が発行する「なかのきのこ新聞」にてFoodRingメンバーがレシピ連載中です。
きのこをたっぷり使った副菜や主菜、お酒にピッタリの “菌のツマミ” 略して “菌ツマレシピ” をご紹介しています♪
 
 
 
今回のレシピはこちら↓
 
 
 
-----------
FoodRingは、管理栄養士・料理家・フードコーディネーター・スタイリストなどが集まる食の専門家ユニットです。
ホームページ → 
-----------
 
 
 
 
【ごろごろエリンギとトマトの卵おとし煮】
 
 
 
フライパンひとつで出来る簡単おかずです!
クミンをいれることで、オリエンタルな味わいに。
 
エリンギは大きく割くことで食感を残し、ボリュームがでます。
クミンパウダーの代わりに、カレー粉を使ってもOKですウインク
 
 
 
 
 
いちごHPにてレシピ公開中♪
 
 
 
 
きのこなかのきのこ新聞とは?きのこ
『なかのきのこ新聞』は、きのこの一大産地・長野県中野市から「きのこ」と「産地」の魅力 をおいしく&たのしく伝える産地応援メディアです。年2回発行の紙面を通じて、きのこの美味しさ・アイデアレシピ・健康効果はもちろん、 生産者のこだわりやイベント情報など、きのこ産地の “採れたて 菌況情報”をお届けしていきます。

また、紙面と連動したWEBでは、取材の裏側や、編集長のつぶやきなど、採れたてかつほっこりするような情報を、随時お届けしていきます。

 
 
 
 
 
 
いちごレシピをみる
 
 
 
 
 
 
・今回のレシピ開発者
小川雅代(フードコーディネーター)
 
 
 
 
次回の菌ツマレシピも、お楽しみに〜〜〜!!!
 
 
 
 
♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼
 

 
レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
♪――――――――――――――――――♪
 
 

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

 

 

 

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 

 

 

 

今日はオリーブオイルラバー板垣の、オリーブオイルレシピのご紹介です!

 

 

 

スーパーで立派なしいたけを見つけると、

ついつい作りたくなる1品をご紹介します♪

しいたけの笠を器にした、うまみたっぷりのごちそうレシピです~!

 

 

 

 

 

【しいたけのオニオンベーコン焼き】

オリーブオイルライフでも掲載中!

 

 

 

 

《材料 2人分》

しいたけ 6

玉ねぎ 20g

ベーコン 1

a) 粉チーズ 大さじ1

a) 塩 少々

a) オリーブオイル 大さじ1

パセリ 適量

 

《作り方》

   しいたけは石づきを除いて笠と軸にわけ、軸をみじん切りにする。玉ねぎ・ベーコンはみじん切りにする。

   ボウルに①・(a)を入れて混ぜ合わせたら、しいたけのカサにこんもりとのせる。

   トースターに並べて表面に焼き色が付くまで焼き、器に並べてパセリをちらす。

 

 

 

 

 

 

具材にオリーブオイルをマリネすることで風味よく、ジューシーに仕上がりますウインク

トースターがない場合は、魚焼きグリルでもおいしくできますよ。

しいたけのうまみを引き出せるよう、弱火でじっくり焼くのがおすすめ♪

じんわりとしいたけから水分が出てくれば、焼き上がりの目安です。

 

具材をツナにしたり、上から溶けるタイプのチーズをかけてもおいしいです!

 

 

 

 

 

 

掲載中のオリーブオイルライフのページもぜひご覧くださいねー!

こちら

 

 

 

 

 

 

♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼ 

レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
 
♪――――――――――――――――――♪

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

 

 

 

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 

 

 

 

今日はオリーブオイルラバー板垣の、オリーブオイルレシピのご紹介です!

 

 

 

 

子どもも大好きなじゃがいも。

今日はじゃがいもを使ったグラタン風をご紹介します♪

 

 

 

【じゃがいものミートグラタン】

オリーブオイルライフでも掲載中!

 

 

 

 

 

《材料 2人分》

じゃがいも 2

市販のミートソース缶 80g

オリーブオイル 大さじ1

ピザ用チーズ 15g

岩塩(なければ普通の塩) 適量

パセリ 適量

 

《作り方》

   じゃがいもはよく洗い、芽がある場合は包丁で除く。丸ごとラップで包み、電子レンジ(600W)で8分加熱し、そのまま粗熱をとる。

   ラップをはずし、じゃがいもの上1/4ほどを包丁で切り、スプーンで中身をくり抜く。

   くり抜いた中身をミートソース缶と混ぜ、じゃがいもに詰める。

   オリーブオイルを回しかけ、チーズをのせる。オーブントースターでこんがりと焼いたら、岩塩をふり、パセリをちらす。

 

 

 

 

 

まるごと食べられるじゃがいものグラタンは、おもてなしにもぴったりですウインク

ころんとした見た目も可愛らしいですよね。

手が込んで見えて、ミートソースは市販のものを使うのでものすっごい手軽です。

 

オリーブオイルはたっぷりとまわしかけて、しっとりとコク深い味わいにしましょうナイフとフォーク

レンチンしたじゃがいもは、パサつきを防ぐためにラップのまま冷ますとよいですよ♪

 

 

 

掲載中のオリーブオイルライフのページもぜひご覧くださいねー!

こちら

 

 

 

 

 

 

♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼ 

レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
 
♪――――――――――――――――――♪

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 
 
 
 
JA中野市様が発行する「なかのきのこ新聞」にてFoodRingメンバーがレシピ連載中です。
きのこをたっぷり使った副菜や主菜、お酒にピッタリの “菌のツマミ” 略して “菌ツマレシピ” をご紹介しています♪
 
 
 
今回のレシピはこちら↓
 
 
 
-----------
FoodRingは、管理栄養士・料理家・フードコーディネーター・スタイリストなどが集まる食の専門家ユニットです。
ホームページ → 
-----------
 
 
 
 
【きのこと豚肉のアジアン炒め】
 
 
 
ナンプラー香るアジアンなボリュームおかずです♪
たっぷりのきのこと豚肉、野菜をアジアンな味付けに。
食欲そそる風味で、ごはんにもぴったりですウインク
 
 
きのこレシピのレパートリーを増やしたい方、
こんな組み合わせも試してみてはいかがですか?爆  笑
 
 
 
 
いちごHPにてレシピ公開中♪
 
 
 
 
きのこなかのきのこ新聞とは?きのこ
『なかのきのこ新聞』は、きのこの一大産地・長野県中野市から「きのこ」と「産地」の魅力 をおいしく&たのしく伝える産地応援メディアです。年2回発行の紙面を通じて、きのこの美味しさ・アイデアレシピ・健康効果はもちろん、 生産者のこだわりやイベント情報など、きのこ産地の “採れたて 菌況情報”をお届けしていきます。

また、紙面と連動したWEBでは、取材の裏側や、編集長のつぶやきなど、採れたてかつほっこりするような情報を、随時お届けしていきます。

 
 
 
 
 
 
いちごレシピをみる
 
 
 
 
 
 
・今回のレシピ開発者
小川雅代(フードコーディネーター)
 
 
 
 
次回の菌ツマレシピも、お楽しみに〜〜〜!!!
 
 
 
 
♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼
 

 
レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
♪――――――――――――――――――♪
 
 

こんにちは!

管理栄養士/上級食育アドバイザーの板垣好恵です。

 

 

 

初めましての方は自己紹介をお読みいただけると嬉しいです→こちら

過去のお仕事実績は→こちら

 

 

 

 

今日はオリーブオイルラバー板垣の、オリーブオイルレシピのご紹介です!

 

 

 

 

もうすぐハロウィン。

街中も装飾されて、特にパーティーなどはしなくても

なんとなくこの時期はハロウィン気分になりますよね。

 

 

ハロウィンといえば、かぼちゃ料理!

今日は、かぼちゃでつくるジャックオランタンとともにいただくポタージュスープを

ご紹介します♪

 

 

マッシュしたかぼちゃに、オリーブオイルと粉チーズを加えて

コクと風味をたっぷり楽しめますよ~!

 

 

 

 

 

【かぼちゃのハロウィンポタージュ】

オリーブオイルライフでも掲載中!

 

 

 

 

 

《材料 2人分》

かぼちゃ 1/8個(250g

  (a) 牛乳 大さじ1

  (a) 粉チーズ 大さじ1/2

  (a) オリーブオイル 大さじ1/2

  (a) 塩・こしょう 各少々

コーンクリーム缶 100g

牛乳 150cc

 

 

《作り方》

   かぼちゃは種とわたを除き、皮ごとふんわりとラップでくるみ、電子レンジ(600W)で5分ほど加熱する。

   スプーンで果肉をすくうように皮からはずし、ボウルに入れてつぶす。(a)を加えて混ぜ合わせ、2等分にし、かぼちゃの形に整えて器にのせる。残った皮で顔のパーツを作って飾る。

   鍋にコーンクリーム缶、牛乳を入れて混ぜながら弱火で温め、②に注ぐ。好みでオリーブオイル(分量外)をたらす。

 

 

 

 

 

かぼちゃの水分量によって固さが異なるので、

扱いにくい場合は牛乳の量を調整してくださいね。

簡単にできるのに、可愛らしくて見映えするおすすめレシピですナイフとフォーク

 

 

 

 

掲載中のオリーブオイルライフのページもぜひご覧くださいねー!

こちら

 

 

 

 

 

♪――――――――――――――――――♪
 
管理栄養士*板垣好恵
食の専門家ユニットFood Ring代表
 
▼お仕事のご依頼・ご相談はホームページまで▼ 

レシピ開発・撮影/料理教室/イベント・セミナー講師/
メディア出演/商品開発/執筆など
専門家をお探しでしたら私たちにお声かけください!
 
 
♪――――――――――――――――――♪