南インド、スリランカ料理に不可欠なハーブ、カリーリーフ。スリランカではカラピンチャと呼びます。インド料理のお師匠、プーナム先生からいただいた苗も小さな木になり、今年は花を咲かせて実をつけました。

 

スタジオではその種を植えて、今小さな葉をつけた苗が三つ成長しています。

 

親木は今年、充分暖かくなってからもなかなか葉をつけずにいて、栄養不足なのかとEMぼかしをあげて様子見していました。するといつもは葉が出てくる幹のてっぺんから小さな拳ができてそれが割れていき、なんと蕾のようなものができはじめます。

 

 

 

手前の大きな双葉はおそらく成長するまでの力がなかった種から出てきたもの。

これ以降今まで変化はない。どうなるのか見守り中。

 

 

 

蕾ができて見になっていくまでの過程。

 

 

開花し、実になっていく。

花はジャスミンのような香りがすると言われるが、あまり匂わなかった。

 



実が色づき、ブルーベリーのような濃い色になっていく。

 

 

苗にまで育ったのはこの大きく熟した三つの実から発芽したもの。その後実がなっていた横から新しい小さな葉が伸びてきましたが、今年はもうこれで精一杯な様子です。生命のプロデュースの大変さを見せてもらいました。

 

インドカリーの木は元々スリランカからインド南部、ヒマラヤ山麓に原生していて、大きいものは6メートルに及ぶようです。沖縄で育てて3年目になりましたが、成長はゆっくりでやっと腰丈くらいのまだまだ小さな木です。

8月に行ったアーユルヴェーダ・クリニックの裏庭にもりっぱなカリートリーがたくさんあり、毎日スタッフが収穫していました。

 

 

 

一度にこんなに収穫できるのが羨ましい。

 


 

しっかりとした元気な葉。



IDLI

 

 

スリランカのサラサラのカリー、ココナッツミルクの南インドのダール(豆カリー)とよく合うカリーリーフですが、ごちそうイドゥリにも入れます。加熱で香りが引き出されるカリーリーフは、マスタードシードとテンパリング(油を熱してスパイスの風味を出すテクニック)するともうそれだけで南インド料理。

 

魔法のコンビネーションで、濃厚な香り引き立つ豊かなスリランカ料理、南インド料理の出来上がりです。

 

☆インド・スリランカ料理教室☆
南インド料理:イドリとサンバールの基本と応用。
●9月30日(日):10:00〜13:00
●クラスフィー: 3,500円(ランチ込み)
●試作のお料理各1回分のスパイスキット:1,200円(ご希望の方のみ)サンバルパウダースパイス+500円
●完全予約制(ご予約は2日前の金曜日までにお願いします)。
*キャンセルポリシー有:
当日キャンセルの場合は、全額のお支払いをお願いいたします。

お申し込みはメールにてお待ちしています。
okishanti@gmail.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

 


ヨガ・ピラティスランキング

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

 

またまた大きな台風が発生しています。今年は巨大な台風があちこちで猛威を振るっていますが、地球温暖化と無関係とは言えません。

先日もNASAが、まるで2001年宇宙への旅に登場するモノリスのような、きれいな長方形の氷山漂流物の写真をリリースしていました。不思議なことがたくさん起こるこの頃、なんだか人間たちの行動が周り回って引き起こしている感じも強くします。

 

私たちも自然の一部であることを事あるごとに思いだしながら生活していきたいです。

 

11月の「今日のヨーガとインドカリーランチ」は、久々に「ヨガ棒エクササイズ」を開催します。クラスの時間に今までご都合合わなかった方々のご参加、ぜひお待ちしています。

 

 

 

パートナーの友人が、お庭になった栗の実を送ってくれました。

こういう沖縄に無い季節のお便りは嬉しい。

 


★元気ヨーガ★
●第2(10日)、 第4(24日) 土曜日: 10:00スタート

★アシュタンガ・ビギナークラス★
●第2(13日)、第4(27日)火曜日: 14:30スタート
 
★今日のヨーガとインドカリー★
久しぶりの、ヨガ棒エクササイズです。  
●18日(木曜日): 10:30~12:50
● ヨガ棒エクササイズ
●クラスフィー: 3,000円(ランチ込み)
●要予約:2日前までにお願いいたします。
*キャンセルポリシー有:
当日キャンセルの場合は、全額のお支払いをお願いいたします。 

★デトックス・ヨーガとジュース・クレンズ★
消化力上げるクレンズと、経絡を刺激するゆったりなヨーガ。前半は顔ヨガです。
●第2(12日)、第4(26日)月曜日: 9:30~11:10
●クラスフィー: 3,000円(ジュース込み)
●要予約:前日までにお願いいたします。
*キャンセルポリシー有:
当日キャンセルの場合は、全額のお支払いをお願いいたします。
 
★インド・スリランカ料理教室★
イドリとサンバールの基本と応用。
●日にち: 25日(日) 10:00~13:00
●参加費: 3,500円(ランチ込み)
●試作のお料理各一回分のスパイスキット: 1,200円(ご希望の方のみ)
●完全予約制:2日前までにご予約ください。
*キャンセルポリシー有:
当日キャンセルの場合は、全額のお支払いをお願いいたします。

★11月のお休み★
●公休日: 3日(土曜日)  、23日(金曜日) 


11月も、ハッピーでピースでいきましょう!
シャンティ
ナミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

 


ヨガ・ピラティスランキング

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

 

正義の心で怒る人たちは、なぜ幸せになれないか。というタイトルにぐぐぐっと惹かれる面白い記事を読みました。

 

昨今あちこちに溢れる怒れる人々、ネット上でも激しい怒りを爆発させる過激な言葉も目につきます。そういった人たちの大抵が、相手が悪いのだから自分が怒るのは当然であり、むしろ自分は被害者、というロジックに囚われていることが多いと書き手は考察しています。

そこから進む、以下のプロセス。

被害者である自分は、相手の不手際のせいでこんなにも不快な感情に晒されている。
よって相手が謝るのは当然のことであり、自分の怒りは正しいことなのである。
 

怒りに狂わされないためには、これにまず間違いがあると気が付かなければいけない。以下の一文は共感しました。

 

「自分の怒りは100%正しい。だから相手の行いこそが悪であり、自分の怒りは正義である」という風に、自分の怒りに正義を見出してしまった人は、簡単に怒りの狂信者となり、宗教の原理主義者も真っ青な勢いて狂いを加速させていく事となる。

 

こちらにも正義があり、あちらにも正義があって、それが同じものではないのです。

 

ここでは伝えたいことをショートカットで参照しておりますが、ご興味ある方は、解りやすい文章でフェアに語られている元々の記事を読まれることをお勧めします。

読みごたえがありますが、図書のクリティークでもありますので、後半は記事の流れから推薦する著書の紹介に続きます。こちらから。

 

 

onTheLoof

 

なぜ沖縄の屋根にいるシーサーは、必ず一頭なのか、未だ知らず。

 

 

オキシャンティのクラスで折に触れて話していることは、感情に対しての向き合い方です。外的刺激によって湧き上がる感情にリアクションを返すのをやめよう。

 

怒りの感覚は反応能力のひとつで、反応能力とは感覚系を通って入ってくるあらゆる刺激に対し、どう反応するかを選ぶ能力。感情を司る大脳辺緑系内に、様々な感情に充てられたプログラムが存在しています。

そのひとつが誘発されると化学物質が体内に満ち渡る。血流からその物質の痕跡が消えるまで、全てが90秒以内に終わります。


例えば怒りが誘発されると、脳から放出された化学物質が体に満ちて生理学的な反応が引き起こされる。特定のホルモン増加、動機が激しくなり、顔が紅潮する、呼吸困難など、自律神経の働きを阻害するその自動的な反応はおおよそ1分半で終了し、もしそれ以降も怒りが続いているのなら(その神経回路が機能し続けるように)、自分が選択したと言えます。

 

脳卒中から完全に回復したジル・ボルト・テイラー氏の闘病記録「奇跡の脳」には、回復する過程で改めて体験する、感情によって引き起こされるその生理学的な体の反応の様子が語られています(参考までに以前のエントリに抜粋あり→こちら)。

 

一方で、アドラー心理学に詳しい岸見 一郎氏は「怒り」は他の感情とは別で出し入れ可能なものだと言っています。激しく怒っている最中の人は、宅配便がベルを鳴らしたりすると落ち着いた声色で対応をし、宅配員が去るとまた怒りだす。怒りが出し入れできる道具でないのなら、そんなことは出来ないはずだ、というのです。

 

怒りは自然発生するものではなく、「目的」を達成するために人が作り出すもので、例えば「怒りのあまり、声を荒げてしまった」と言っている人は、本当は「声を荒げるために、怒りを作った」のである。


納得できるところはありますが、怒りが自然発生するものではない、というのはよく解りません。私にとって怒りは、自然発生いたします。

 

この頃は、喉の奥がえぐられるような怒りを感じたりは滅多になく、ヨーガ修道のおかげだと思っています。同時に無力を思い知らされる悲しみも未だ感じるわけでして。そして日常でチリチリ湧き上がる感情の起伏はもちろんです。

 

正義の心で怒る人たちは、なぜ幸せになれないか、という記事の話をさらっとパートナーに話したら、即座に江戸時代の川柳みたいだねと言います。その句は、

 

うそがきらひで、かおがさびしい

 

パートナー曰く、頑なに正義を主張していると、幸せな顔にはなっていない、その辛さが現れるということ。武玉川という、江戸中期の雑俳集に収められているのですって。

 

ここで私が書いているのは、例えば問答無用の暴力や凌辱、人間性も失ってしまうくらいのものを前にしての怒りとは違うと考える人たちもいるでしょう。安全な場所からの発信であることは自覚していますが、怒りに囚われない自分自身を保つ心の持ちかたを伝えたい。

 

小さな怒りが、消化されずに大きな怒りになっていくのは恐ろしい。怒ってもいいけれど、どうか、その怒りに捕まらないように。

 

私がパートナーとの間の日々のチリチリを、どうやり過ごしているのかも以前書きました。お茶のお供にしていただけたら嬉しいです(こちら)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

 


ヨガ・ピラティスランキング

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

 

ヨーガの生理学。

テーマ:

理学療法士でヨガとピラティスの講師、FRP(ファンクショナル・ローラーピラティス)の考案者である中村尚人先生の著書「ヨガの生理学」は、体感して学ぶ切り口が生理学とは何かを解かりやすく伝えていて、なかなか面白い本です。

 

解剖学が好きでその流れから中村尚人先生にも出会ったのですが、生理学には馴染がありませんでした。生理学って何だろう、と考えても、からだの反応かな?と思う程度。

最近はチャマ先生のスタジオ、TYGでも海外から講師を招いてWSを開催しているようです。

 

解剖学は学んだアートスクールでドローイング(デッサン)が好きになり、人体の骨格や筋肉、アナトミーに興味を持ちました。指導者トレーニングでも必修で学ぶし、ヨーガに関連して今でも学びを深めているものの一つです。

 

体を動かす指導をする場合には知っておいて損はないというか、安全性を考慮したり、受講生さん個々人の頑固な体の使い方の癖を変えていくためのアドバイスにもとても助けになる知識です。

それに加えてオキシャンティでは深層筋を意識する、省エネ的な体の使い方の指導を目指しているので勉強しています。

 

あまり知らない方がいいとおっしゃるヨーガの先生にもお会いしたことがありますが、彼はヨーガ哲学を始め、頭で考えるよりも体の修練が最優先であり、ゆえに余計なことを入れるな、という信条からくるご発言だと理解しています。

 

ワタシ、解剖学好きから実は理学療法士の免許を取ろうかと考えた事もありまして調べたのですが、独学では無理ということが判明し諦めました。おそらく臨床実習が必修なのでしょうか、専門の学校に入らないといけないというのが分かったのです。

 

さて尚人先生の「ヨガの生理学」とはざっくり言ってみると、アーサナをとったりプラーナーヤーマ(呼吸法)をしている時に"何が体の中で起こっているのか"に注目し理解するものです。

 

 

 


この本を監修されている医師の新倉直樹氏が寄稿文で書いている、"ヨガが体を健康に導く方法の一つであると考えると、解剖学と生理学は必須の知識である"という点には頷きます。

 

病気を治す手伝いをする仕事としては医師、看護師、理学療法士、薬剤師などがあり、そういった仕事につく人たちは必ず生理学を学生時代に学んでいる。運動トレーナーの多くも大学でスポーツ生理学を学んでいるはずですが、ヨーガ指導者たちのバックグラウンドは非常に多様であり、生理学を学ぶ機会がなく生理学の基本知識のない方が多いのでは、とのご指摘も至極ごもっとも、私自身も元々デザイナーです。

 

呼吸を深めることによって体に何が起こるのか、アーサナ(ポーズ)をとることによって起こる血流の変化は?循環系への働きかけ、感覚と神経への影響、主に消化器系の内臓の状態とそこから繋がる免疫系、そして心に何が起こるのか。

と、この様に列挙すると、今まで生理学に意識を向けなかったことに驚きもします。

 

深呼吸をひとつするだけでも、それがどんな変化を心身に及ぼすのか、実は知っている私たちなのですが。

 

ホメオスタシス/恒常性、外部の環境変化に抗して体温を保つなどの自律神経の働きは人間の体が持っている能力、生理学的な反応です。この著書の中で私が好きな尚人先生のお言葉として、アーサナやプラーナヤーマなどによるヨーガ修道の身体的目的はまさに「恒常性を高めること」というのがありました。

 

ヨーガは日常の各種ストレスによって乱れた体を本来のバランスのとれた状態に戻す行為。まさに外的な刺激に抗して健やかな心身を保つための実践なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

 


ヨガ・ピラティスランキング

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn