岡山県将棋情報

岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

 (不定玉第三ブログ)


住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です


【リンク先】

岡山県内関係ページ

竜棋会(菅井八段後援会)HP
水島子ども将棋教室
操山子ども将棋教室・高島公民館親子将棋教室
笠岡こども将棋同好会
岡北将棋愛好会HP
大山名人記念館

岡山近県将棋関係ページ

西部支部道場プラス(鳥取県西部)
鳥取県キッズ支部(鳥取県中部)
イナズマ道場(島根県情報)
スパイラル将棋センター(香川県情報)
高須将棋クラブ(広島県)
広島将棋センター(広島県)

将棋連盟HP・ネット道場ページ

将棋クラブ24
日本将棋連盟
関西将棋会館HP

不定玉関連ページ

釜石王将クラブ(現在休止中)
飛騨高山将棋情報(現在休止中)
当ブログのアメンバーは津山キッズ将棋教室関係者のみとさせていただいております

5月26日(日)、今年も倉敷市芸文館会議室で掲題の予選会が行われた。

今回は男子、女子併せて30人が参加、県内各地(岡山市、倉敷市、津山市の他、笠岡市、玉野市、総社市、瀬戸内市、美咲町の各市町)から参加があり、まさに県大会そのものだった。

開会式冒頭、簡単に主催者(将棋連盟岡山県支部連合会)を代表して大石棋道師範から挨拶。

続いて大会ルール説明を荒瀬将棋指導員が行いました。

本日の大会ルール

持ち時間各10分、切れたら20秒の秒読みとなる岡山県の小中学校の予選大会ではこの時間ルールも馴染んできている。対局時計は指した手でボタンを押すこと、対局途中で反則や他に何かあればその段階で挙手を行い審判員を呼ぶことなど細かい点についても注意がありました。

双方入玉の時は27点法で勝敗を決定。

対局の組合せは1回戦で同じ学校同士であたらないように配慮したくじ引きによる抽選としました。大会進行・審判には赤畠(岡山)、荒瀬(倉敷)、森川(津山)の各指導員でこれにあたりました。

全員4回戦の対局を行いましたが、男子は3回戦を行い、その結果3連勝者が4人となったところで事実上の準決勝、決勝を行った。

女子の部は福島さんが代表に選ばれました。

その様子などをご覧ください。

決勝戦の様子          三位決定戦の様子

【大会結果】※敬称略

<第45回全国中学生選抜将棋大会男子の部>

県代表:福島直理(倉敷市立黒崎中学校2年)

準優勝:松浦功真(岡山県立岡山大安寺中等部1年)

第三位:上田悠生(岡山県立岡山大安寺中等部2年)

<第26回全国中学生選抜将棋大会女子の部>

県代表:福島優莉奈(玉野市立宇野中学校2年)

 

早いもので5月も後半、今日は5月最後の土曜津山キッズ将棋教室の日でした。

さすがに受講者全員が揃うことはなく、午前中の受講者は15人、講師陣4人、受付事務担当2人、付添者3人という状況でした。

午前中は基本、初級、初心者、入門者クラスで9時~11時30分まで実施。

最初は不定玉のいつもの挨拶から。

将棋イベントの勧誘の話~前回までのところで昇級した人に認定状授与。

この後マナー講座、3班に分かれてミニ講座へ。

1つは8級、9級の中級の人には個別に相互対局、マルチャン先生に見守ってもらいました。

2つ目は10級~25級の初級クラスの人を対象にカズキ先生とS水先生の実践的な手筋の例題。

3つ目は26級~30級の初心クラスの人を対象に不定玉の駒の損得と初歩的な歩の手筋の例題。

およそ10時30分をめどに全クラスミニ講座を終了。

そのあとは相互対局(昇級戦)へ

本日午前中の昇級者は・・・

Tリュウカ10級→9級へ(6連勝規定による)

Dユウガ23級→22級へ(6連勝規定による)

Kチヅル26級→25級へ(6連勝規定による)

以上3名の方が昇級されました。おめでとう!!

引き続き上を目指してくださいね。

11時30分頃までで終わって終わりの会をしました。最近忘れ物をされる子どもさんが散見されるので最後に注意をしてからご褒美のお菓子(チョコ)を配りました。

このあと約1時間休憩時間をとって12時30分から受講者入替で午後の部(中級・上級・有段者の部)を実施。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

午後の受講者は12人、講師陣3人、事務受付担当者1人の16人でした。

最初は不定玉のいつもの挨拶から。将棋イベントの勧誘の話~前回までのところで昇級した人に認定状授与。

この後マナー講座~ミニ講座へ。ミニ講座はプロ棋士の棋譜鑑賞で全員受けてもらいました。

今日の題材は福間女流5冠×加藤女流4段による女流王位戦5番勝負第3局。本日も加藤4段の勝負手の上を行く福間5冠の指しまわしに感心しきりの1局でした。解説は不定玉、聞き手はS水先生。

受講者にも次の1手を考えてもらいながら進めました。

1時30分には終了。この後は今日からBリーグに参戦した人を中心に対局をこなしてもらいながら3時まで昇級戦、指導対局を行いました。

 

S水先生の指導対局

                カズキ指導員の指対局

本日午後の昇級戦昇級者は・・・

Sハジメ9級→8級へ(6連勝規定による)

また。このクラスには明日行われる中学将棋選抜岡山県予選大会に参加する人が4人来られていました。(津山キッズ将棋教室関係からは5人参加、県全体で29人だそうです)

是非、落ち着いて悔いのない対局とマナーに十分気を付けて体験をしてきてほしいと思います。

ずっと停滞気味でしたが最近急に目覚めたかのように棋力アップ、昇級も順調ですね。

この調子で一気に初段まで頑張ってね!

午後の部も3時終了、挨拶後ご褒美のお菓子(チョコ)を配って退散。忘れ物はありませんでした。

第189期津山王将戦の様子と結果は以下のとおり

開催地:津山市大谷600 津山市中央公民館大会議室

日時:2024/05/19 朝9時~受付、9時30分開会式

開会式:今回も津山支部長が欠席のため前支部長の小林相談役から挨拶、続いて競技ルール説明、本日の進行、注意事項について森川幹事長から申し上げました。

今回も岡山市や倉敷市など地元以外の遠方からもお越しくださいまして感謝申し上げます。

ちょっと残念なことはシニア世代の地元の方の参加が少なかったこと、C級参加が少なかったことで寂しかったことは否めません。

大会の様子と結果(敬称略)

A級  優 勝 ハラダトモヤ(岡山市)

   準優勝 ハカタテツヒロ(岡山市)

   第三位 コバヤシマサノリ(津山市)

B級  優 勝 アンドウユウシン(美咲)

   準優勝 オカザキリキト(津山)

   第三位 ナンブサクタロウ(勝央)

C級  優 勝 ヒルムタレント(津山)

   準優勝 ダイジョウユウガ(津山)

   第三位 タカハラリュウカ(美作)

 

 

初夏のこの日、久しぶりの土曜津山キッズ将棋教室を行いました。しかし今朝も思ったほど多く集まりませんでした。事故でけがをした人やコロナの関係、そして午後の中級以上のコースも中学生は昨日から今日にかけて総体でそっちを優先させないといけない人も多かったようです。

というわけで午前の初心・初級クラスには11人が参加してくれました。

午後の中級以上のクラスも10人とやや少なめ。

それでは朝の挨拶・冒頭に不定玉のほうから6月の将棋大会の案内を2件行いました。

①6/9全国小学生倉敷王将戦岡山県大会→本日、案内を渡しました。(申込締切日5/28)

②6/16全日本アマ名人戦美作地区大会→本日、案内を渡しました。(申込締切日6/9)

 

このあと前回までに昇級した人に認定状授与

ミニ講座(マナー講座)、本日のリーダーはS橋くんにお願いしました。突然の指名でしたがとってもしっかり読んでいただきました。

不定玉のほうから、以前行われた将棋大会で観戦している人から時計のボタンの押し忘れをお友達が言ったそうです。これは明らかな助言行為であり、助言行為をやった方はもとより助言を受けた側も咎められることがあります。盤面の助言ではないにしても決められた持ち時間で双方が対局しているので対局時計のボタンの押し忘れであっても言ってはいけません。場合によっては失格扱いになります。

また友達の対局を近くに寄ってのぞき込んで観るもの時に対局妨害になることがあります。せめて指している本人が圧迫感を感じない、邪魔にならない距離を取ってそっと観せてもらうようにしましょう。ましてや対局者の椅子やテーブルに寄り掛かるような行為はしてはいけません。…そのようなことを細かく指導しています。

続いてミニ講座タイム。

初級コース10~25級(7人が参加)はカズキ先生が担当、詰将棋問題の演習をしたようです。

初心コース26級以下(4人が参加)は不定玉が担当、1手詰の問題数題、歩の手筋問題数題を対話形式で行いました。結構、手筋問題は熱心に聞き入ってくれたようです。

10時過ぎから全員、昇級戦へ。その様子もどうぞご覧ください。

講師陣も入って胸を貸しています。

マルチャン先生の指導は1局が超長調の指導w

マルチャン先生の京都土産です、今日来てくれた人には全員に行きわたりました。

Mおばちゃんも対局しました

カズキ先生の指導対局

11時30分に午前の部の終わりの会を行いました。

帰る前にもう一度明日の津山王将戦への参加呼びかけをいたしました。

どうしても都合がつかない人以外はぜひ明日の大会に参加してくださいね。

1時間の休憩(入替)時間を取って午後の教室(中級、上級クラス)に移ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

12時30分から午後はスタート。

最初に午前中と同様に6月の将棋大会についてお知らせ。

続いてマナー講座、午前中とほぼ同じ内容です。

ミニ講座はプロ棋戦(先ごろ行われた竜王戦6組準決勝戦、山下三段VS井出五段の一戦)の棋譜並べを行いました。

今回は午後の参加者全員、棋譜並べ、解説会に参加してもらいました。

解説は不定玉とカズキ先生の二人で行いました。

後半は、全員昇級戦へ。

1級昇級にリーチがかかっていたN君、最後の最後でモノにしました!(12勝3敗規定)長い道のりでしたが、おめでとうございます!この後は段位目指して頑張ってくださいね。

15時には締めて全員にご褒美のお菓子(マルチャン先生の手土産といつものチョコレート)を配って終わりました。

明日は津山王将戦の日です。健康上の問題や不慮の事故、町内会の行事や他の習い事もいろいろ子どもたちもあるようですが、手の空いている人はぜひ参加してほしいと思います。

開会式は9時~9時30分です。参加費握りしめてお越しくださいw

 

 

 

 

    将棋中学生女子急募!

5月26日(日)に掲題の中学生選抜将棋選手権岡山県予選大会

が行われます。

男女各1名ずつ天童で行われる中学生の将棋の祭典に招待!この参加募集締切が5月20日となっています。

男子の部の方は例年のごとく参加人数が増えてきているのですが、現在までのところ女子の参加申込者がいません?!

将棋ができる(わかる)岡山県在住の女子中学生の方、ぜひ勇気を出して岡山県予選大会に参加して貴女も県代表となって全国大会へ行こう!

ご父兄の方にお願いです。

「そういえばうちの女の子、小学生のころ、たしか将棋やってたことがあったなぁ」と思い出した方、お知り合いの方にも声をかけてください。

 

以下あえて男子の部は掲載していませんが、男子の部も現在募集中です!

第26回全国中学生選抜将棋選手権女子の部・岡山県予選会

1.日時 :令和26日()9時~12時30分 9時受付 9時30分開始

2.会場 :倉敷市芸文館別館 202会議室

3.費用 :500円 (当日集金します) 

4.参加資格:

    岡山県内の中学校に通学していること 

   (他県の中学校に通っている生徒は学校のある県の予選に参加してください)

5.競技方法 

   女子の部 個人戦 

    代表になった選手は夏休み8月3、4日に天童市で行われる全国大会に出場 

    岡山県代表枠  女子 1名

    

6.対局方法  

   参加者の人数により当日発表します

7.申込方法 

  中学校名、学年、氏名、住所、連絡先を記入して20日までに申込お願いします。

  まずは下記アドレスに申込お願い致します。

   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  yoshiakiooishi7@gmail.com(大石様)

昨年の岡山県予選女子の部の様子

 

8.その他 

   問い合わせ先 岡山県支部連合会 大石様宛(090-1688-0294)

今年も倉敷市芸文館別館において掲題「第20回文部科学大臣杯小中学校将棋団体戦岡山県予選大会」が行われた。

9時開場となり、一斉に選手、保護者、付添の先生が受付に・・・

受付はMおばちゃんと大石棋道師範が担当

開会式は9時30分~大石棋道師範の挨拶で始まりました。

続いて本日の審判長・有森八段から激励と対局中の注意点(紛らわしい行為をしないなど)の言葉がありました。会場前方は小学生、後方が中学生です!ただ、今年は小学生チームが例年よりかなり少なくて参加が5チーム、中学生チームは8チームと例年並みか。

小学生の参加チームが少ないのが気になりました。来年はより多くのチーム参加を期待したいところ。

この後、難波将棋指導員から大会ルール説明。

小学校の部では総当たり4回戦。持ち時間は各10分の20秒。

中学校の部もくじにより1回戦を決め勝利数の多いチーム同士を当てていきました。

持ち時間は各15分の20秒。

小学校の部の運営は森川将棋指導員が中心で、中学校の部の運営は難波将棋指導員、赤畠将棋指導員が中心で運営。

途中、小学校の運営を赤畠さんに代わってもらい、森川は賞状の筆耕を担当。

対局の様子などを下に貼っておきますのでご覧ください。

引率の中学校の先生の姿も!

大石棋道師範も対局を巡回し、観戦

                トラブル発生、仲裁中の森川

北村棋道正師範も対局を観戦

事実上の決勝戦か?大安寺Aはメンバー全員が全国大会経験者。今大会最強と目されており3人×4回戦=12戦のうち11勝(1敗)を挙げる他を寄せ付けない強さを発揮。

【小学校の部の結果】

優 勝:岡山市立伊島小学校A

準優勝:岡山市立伊島小学校B

第三位:岡山市立陵南小学校

伊島小Aの皆さんは西日本大会へ進出が決まった

伊島小Bの皆さん(2位)    陵南小の皆さん(3位)        

 

【中学校の部の結果】

優 勝:岡山県立岡山大安寺中等学校A

準優勝:岡山市立吉備中学校

第三位:岡山県立津山中学校

大安寺Aのみなさんは西日本大会へ進出が決まった。

吉備中の皆さん(2位)      津山中の皆さん(3位)

この後午後は有森八段と赤畠アマ五段による指導対局(優勝チームメンバー+アルファ)が行われた。

以前にもこのぺージでお知らせしていましたとおり、5月の津山キッズ将棋教室は日曜は開催されません。

5月の津山キッズ将棋教室

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

5月18日と25日の両日(土曜日)です!

教室会場:津山市西苫田公民館 和室&調理室 です!

①朝9時~11時30分(2.5時間)を入門・初心・初級者クラスを開催

②昼12時30分~15時(2・5時間)を中級・上級・有段者クラスを開催

なお、それぞれの時間帯の参加が難しい方は変更も可能ですのでメール等である程度の変更は可能ですので森川までご連絡いただけますか。

 

 

第78回全日本アマ将棋名人戦 

       美作地区大会 お知らせ

1.参加資格: 下記の美作地区在住者に限る。(全員マスク着用とします)

         津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町

         美咲町、新庄村、西粟倉村

2.開催日時: 令和16日() 9時から受付 9時半開始~3時30分

3.会 場 : 津山中央公民館(津山市大谷600)大会議室

4.参加費 : A級・B級は支部会員・津山会員・学生1,000円 一般1,500円 ※昼食各自

        C級(チャイルド級)は700円

5.クラス : A級(1級以上) B級(2級以下) C級(10級以下の小中学生以下)

 6.    賞   : A級、B級優勝:楯、賞状、賞品、準優勝・3位:賞状・賞品

              C級:優勝~3位まで賞状、賞品 

           3勝以上して3位入賞できなかった方全員に敢闘賞進呈(各クラス共通)

                   参加者全員に参加賞があります!

7.地区代表数: A級12名  B級15名 (地区代表枠が変更になっています) 

        ※C級は地区大会のみで県大会はありません

8.試合方式 :各クラスともスイス式5回戦(3時30分終了)

        C級は津山キッズ将棋教室所属のこども同志の対局は規定の駒落ち戦で対局、

        その他のこどもとの対局は平手戦とします。(午前中で終了)

9.地区予選申込方法: メールまたは電話での事前申込制です。

        氏名・住所・電話番号・学生か社会人か・支部会員か否かを明記のこと。

        メール・・・jyushohuteigyoku5@gmail.com(津山支部・森川幹事長)

        電話・・・・090-9635-4773(同・森川携帯)

        ※地区予選申込み締め切り期限は、令和5年6月9日(日)まで 

※備前地区予選・備中地区予選に参加される方は大会日程、会場、参加費、試合方法、

 申込先等が異なるため必ず山陽新聞の社告(5月中旬掲載予定)をよくご確認ください。

《地区予選を通過されて県大会へ進出される方へ》

1.県大会日程: A級・B級 令和6年7月14日(日)9時受付 10時開始

2.県大会参加費:支部会員2,000円 支部会員外2,500円 高校生以下1,500円 ※昼食無し

  地区予選通過された方は原則、岡山県大会へ参加していただきます。

第23回大山名人杯争奪全国小学生倉敷王将戦岡山県予選

    および 倉敷市予選のお知らせ 

■主催:公益財団法人倉敷市文化振興財団

■日程:6月9日(日)

■会場:倉敷市芸文館

岡山県予選会の時間:

   受付開始: 9時00分  

   対局開始: 9時30分

   終了:12時00分頃を予定

  

倉敷市予選会の時間

   受付開始:13時30分  

   対局開始:14時00分

   終了:16時00分頃を予定

 

■参加資格:

   岡山県予選会:岡山県内在住の小学生
   倉敷市予選会:倉敷市内在住の小学生
   (倉敷市在住の小学生は岡山県予選会で代表になれなかった場合でも

    倉敷市予選会に参加できます。倉敷市予選会のみ参加もできます)

 

■競技方法:

   高学年の部・低学年の部に分かれて実施
   岡山県代表 高学年1名、低学年2名
   倉敷市代表 高学年1名、低学年1名

 

■対局方法:

   4~5対局(詳細は大会当日説明いたします)

 

■申込先: 

   大山名人記念館まで住所、学校名、学年、氏名、連絡先を記入して

   メールにて申込のこと。【要 事前申込/締切日:5月28日(火)】

    ⇒ 申込先メールアドレス:oyama-mm@arsk.jp

   

■参加費:500円(当日受付で集金させていただきます)

 

■お問合せ先:大山名人記念館 ℡086-434-0003

 

ご参考=第23回大山名人杯争奪全国小学生倉敷王将戦 岡山県・倉敷市予選 | 公演・イベント | アルスくらしき (arsk.jp)

第189期津山王将戦お知らせ 〈再〉

1.日時:令和519日()朝9時00分~受付開始(当日受付)

       9時30分~9時40分開会式

      9時40分~対局開始(全5対局)~終了は概ね3時。

            ※ C級は概ね12時終了予定

 

2.場所:津山市中央公民館 大会議室  津山市大谷600

            電話0868-24-5111(お問合せは下記10へ)

 

3.会費:A級&B級:一般1500円、支部会員・津山会員・学生1000円 

             (昼食は各自で)

     C級:700円

 

4.クラス:A級(有段者および希望者)

      B級(1級~9級までの級位者、10級以下の級位者で希望者)

       C級(10級以下の小・中学生以下の級位者)      

               ※C級(チャイルド級)は初級・初心者のこどもさんを対象とします。

        なおC級は棋力に応じて駒落ちハンデ(最大6枚落ち)を導入。

       1級差:常先・常後 2級差:左香落 3級差:角落 4級差:飛落

       5級差:飛香落 6~8級差:2枚落 9級差~4枚落 12級差~6枚落

                 ただし、C級参加希望者で津山キッズ教室以外の選手の手合いは平手振駒

 

5.競技:スイス式トーナメント5回戦、A級、B級の持ち時間各15分(切れたら20秒)

     C級の持ち時間各10分(切れたら20秒の秒読み付)

 

6.入賞:各クラス1~3位まで 入賞者以外で勝ち越した人に敢闘賞、

     全員に参加賞あり

 

7.支部会員免状取得特典:過去1年間の下記累計ポイントで所定の段位申請

     ができます(※取得希望者)

           A級=15p達成で正式二段免状を2万円の自己負担で推薦

           B級=15p達成で正式初段免状を1.5万円の負担で推薦

            対象大会:津山支部主催大会(津山王将戦4回・美作名人戦・新春大会・

             美作竜王戦の地元主催7大会)で優勝者=7p・準優勝者=4p・

             第3位=2pとする(2018年4月~運用)

 

8.主催:日本将棋連盟津山支部  協力:津山キッズ将棋教室

 

9.注意事項:

  本大会への参加者の在住地の制限はありません。(県外の方の参加も大歓迎です)

     但し感染予防対策については津山支部の運営基準を遵守してください

  (入場時に検温と記録・マスク装着・対局前後で 手指消毒をしていただきます

  ・本人及び同居の方で体調不良者がいる場合は参加を見合わせてください)

   飲食時は十分距離を取って黙食のこと。

   対局後の感想戦は小声で手短にお願います。

   対局マナーだけでなく会場内の礼儀については各自ご協力ください。

 

10.問合せ先:日本将棋連盟津山支部

      TEL090-9635-4773(津山支部幹事長・将棋連盟公認将棋指導員 森川)

         Eメール jyushohuteigyoku5@gmail.com 

 

11.その他参加事前受付は必須ではありませんが、人数の把握のためメールか電話等

  いただけると助かります。