岡山県将棋情報

岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

 (不定玉第三ブログ)


住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です


【リンク先】

岡山県内関係ページ

竜棋会(菅井八段後援会)HP
水島子ども将棋教室
操山子ども将棋教室・高島公民館親子将棋教室
笠岡こども将棋同好会
岡北将棋愛好会HP
大山名人記念館

岡山近県将棋関係ページ

西部支部道場プラス(鳥取県西部)
鳥取県キッズ支部(鳥取県中部)
イナズマ道場(島根県情報)
スパイラル将棋センター(香川県情報)
高須将棋クラブ(広島県)
広島将棋センター(広島県)

将棋連盟HP・ネット道場ページ

将棋クラブ24
日本将棋連盟
関西将棋会館HP

不定玉関連ページ

釜石王将クラブ(現在休止中)
飛騨高山将棋情報(現在休止中)
当ブログのアメンバーは津山キッズ将棋教室関係者のみとさせていただいております

第30回美作アマ竜王戦挑戦者決定大会および一般将棋大会・こども将棋大会のお知らせ

◆日時:2月14日(日)9時から受付、9時30分

◆場所:津山市中央公民館 大会議室

◆参加資格:美作地方在住で運営側がおこなう新型コロナ対策に

 賛同される方。

マスク必須(鼻だしマスク厳禁)、大会会場での飲食はおこなわない。

食事中は会話はしない、感想戦は極力行わない。行う場合は手短に

小声で実施すること。

消毒を入場時および対局の前にその都度おこなう。

対面パーテーション設置の上、フェースガード装着を推奨する。

必要な方には1枚100円で当日お分けしますが数に限りがあります

のでなるべくご自身でご用意ください。

入場時検温を行います、連絡先を記入いただきます。

37度以上で体調の悪い人は参加できません。

窓やドアを開けて換気をおこないますので防寒対策もしっかり

してきてください。

◆場所:津山市中央公民館 大会議室

 (定員150名のため75名まで入室可能)

◆クラス分け(竜王戦・B級・C級1組・C級2組)

竜王戦=初段以上および希望者

B級=級位者(準初段を含む)

C級1組・2組=10級以下の初級・初心者の中学生以下

C級はキッズ将棋教室生は棋力差によって最大4枚落ち

の駒落有り、その他のこどもはノーハンデとします)

◆参加費:C級700円、竜王戦・B級は1500円

  (支部会員・学生は1000円)

昼食:各自で用意(C級は午前中で終了予定)

◆入賞:各クラス:上位3位まで、そのほか敢闘賞あり

さらに竜王戦の優勝者は後日、上位二名による

3番勝負(現在空位のため)

◆免状特典:優勝:7P、準優勝4P、3位2Pで過去1年の

 累計ポイントが希望者に

A級=15Pポイント達成で正式二段免状を22000円の

    負担で推薦(実質50%OFF

B級=15ポイント達成で正式初段免状を16500円の

    負担で推薦(同上のOFF

対象大会:津山支部主催大会

 (新春・美作竜王戦・王将戦4回・美作名人戦の7大会)

◆主催:日本将棋連盟津山支部(支部長 川口)

◆問合せ先:津山支部(幹事長 森川TEL090-9635-4773 ) 

                 

今日は年が改まって初めての日曜津山キッズ将棋教室の日でした。

朝8時25分頃に会場に到着、会場設営は8時30分から急ピッチで行いました。

本日も講師の方々、親御様、早く来てくれたこどもたちの協力のもと大体8時50分くらいには準備完了しました。感謝の極みです。

受講参加者数は35人(うち1人は見学・体験)。講師陣6人(うち奨励会特別講師1人)受付事務担当に5人、そのほか付添者が4人で総勢50人でした。

冒頭、不定玉より挨拶をおこないました。

内容としては感染対策の重要性、2/14に第30回美作アマ将棋竜王戦&一般・子ども大会の案内。

続いて昇級者へ認定状授与式

マナー講座へ。今日のリーダーはNくんにお願いしました。

このあとミニ講座タイム。4グループに分かれて行いました。

有段~3級=最初から昇級戦へ(担当講師:マーチャン先生)

4級~14級=大盤で実戦次の一手演習(担当講師:M若先生、不定玉)

14級~28級=大盤で3手詰将棋の演習(担当講師:カズキ先生)

29級~体験者=平手戦の戦い方=(担当講師:マルチャン先生)

10時には概ね全クラスが昇級戦にはいりました。途中、特別講師が新年の挨拶+指導に来てもらい、年長、小1の子にコマ落ち指導をしてもらいました。M若先生は初顔合わせなので1局を組ませてもらいました(時間の関係で全3局でした)

11時55分には一旦切り上げて終わりの会を行いました。

人数の割に静かでよい教室になったと思います。

本日の昇級者は・・・6人

K R  8級→  7級へ(9-3規定による)

K S 19級→18級へ(6-0規定による)

H K 21級→20級へ(9-3規定による)

O M 22級→21級へ(6-0規定による)

S T 24級→23級へ(9-3規定による)

N A く  ん →28級へ(新規認定による)

 

 

今日は土曜津山キッズ将棋教室の日でした。

午前9時~11時30分には初心者~初級者(30級~10級を対象)のクラスを行いました。

朝8時30分から会場設営をして仕切り板や消毒液の設置、検温準備など親御さんや早く来たこどもたちの力を借りて無事9時にはスタートできました。

参加は22人の受講者(うち見学・体験者1人)

講師陣は不定玉、マルチャン先生と講師補助のお兄さん2人。受付手合い担当はMオバチャンとTママでした。

前半はいつもどおり開会の挨拶・感染対策~昇級者への認定状授与式~マナー講座~ミニ講座をおこないました。

10時30分には全員昇級戦(講師陣にチャレンジを含む)をおこないました。

11時30分には初心・初級コースは終わりの会をおこない解散しました。

午後12時30分から中級~有段者コースを行いました。

受講者は19人。今日の講師陣は充実していて不定玉以下7人でした。(昨年末から教室OBのお兄さん2人に加え、今年になって若い講師の方が来てくれてこどもたちにとっても新鮮な将棋教室となっているようです)事務担当にはMオバチャンのほか、Nブママ、Tナカママが入ってやってくれました。

内容的には午前とほぼ同様ですが、ミニ講座は4級以下9級のこどもたちを対象におこない、3級以上の受講者は最初から昇級戦をおこないました。

3時には終了、終わりの会をおこない、片付けが全て完了したのは3時20分前後でした。お片付けのお手伝いいただいた方には心から感謝申し上げます。

 

下記のとおり新聞に報道されていましたのでお知らせします。

なお感染対策として「新型コロナウイルス感染症についての体調管理チェックシート」提出が参加の絶対条件となります。

岡山県支部連合会事務局からNEW新型コロナウイルスの対応について県支部連合会役員各位に発出されていますので参加希望者は必ずご一読ください。

今週末の土曜日(1/23)日曜日(1/24)は・・・

津山キッズ将棋教室を下記のとおり予定しております。

土曜教室=津山市西苫田公民館 

       ①初心~初級対象 教室:9時~11時30分

       ②中級~有段者対象 教室:12時30分~3時

日曜教室=津山市中央公民館(1階大会議室)

        9時~12時(初心者~有段者まで)

※感染対策をしっかりおこないますので皆さんご協力よろしくお願いします。

※教室体験されたいお子さん(保護者の方)は事前にご連絡をください。→090-9635-4773(森川)

手前に見えるのは対面パーテーション!感染対策の一環です

開会式前のメイン会場の様子、受付では検温や参加に関する同意書の提出が義務付けられていました。またこどもたちにはフェースシールドが配られ手指消毒の呼びかけをおこないました。

受付には親御さんの力が大きな助けとなりました。

開会式の様子、冒頭にK村棋道正師範から挨拶をいただきました。

ルール説明、感染対策についてはO石棋道指導員から説明がありました。

こどもたちは全員フェースシールドとマスクを着用、対局の都度手指消毒をするよう呼びかけました。

名人戦・A級の会場の様子。席はコロナ対策で長机に1対局で互い違いに席を用意しました。

名人戦・A級は18人の参加でした。(2人欠席)

専任運営担当はO棋道指導員・N将棋指導員で行いました。

名人戦の部(敬称略)

優  勝:K トキノシン(4年)=岡山県代表(3月に予定されている西日本大会へ駒を進めました)

準優勝:F ナオミチ(4年)

第三位:Y フウタ(5年)

第四位:U ユウセイ(4年)

A級の部(敬称略)

優  勝:M レイ(5年)

準優勝:M コウマ(3年)

第三位:O ハルト(4年)

こちらはB級の会場の様子。B級は40人の参加でした。(1人のみの欠席)

こちらも長机に1対局とし互い違いの席の配列にしました。風が少しありましたが会場の前後の窓も感染対策の一環として常時開けるようにしました。

専任運営担当はK将棋指導員とM将棋指導員の2人で行いました。

結果は以下のとおり(敬称略)

優  勝:M エイマ(年長)

準優勝:K ワタル(6年)

第三位:T シオリ(1年)

第四位:T ヨシキ(5年)

入賞者は第8位まででしたが、ここまで全員4勝をあげました。また3-2の勝ち越し者には全員に敢闘賞が贈られました。

午後は上位入賞者を中心に希望者を含めて畠山(成)八段の指導対局を受けてもらいました。

畠山先生の指導対局はとても丁寧で優しいご指導でこどもたちもご満悦だったようです。

倉敷には良くお仕事で来られるそうです。

指導対局が全部おわったのは4時30分頃でした。将棋大会および指導対局にご参加いただいた皆様、関係者の方々、感染対策にもご協力いただきありがとうございました。お疲れ様でした!