岡山県将棋情報

岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

 (不定玉第三ブログ)


住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です


【リンク先】

岡山県内関係ページ

竜棋会(菅井八段後援会)HP
水島子ども将棋教室
操山子ども将棋教室・高島公民館親子将棋教室
笠岡こども将棋同好会
岡北将棋愛好会HP
大山名人記念館

岡山近県将棋関係ページ

西部支部道場プラス(鳥取県西部)
鳥取県キッズ支部(鳥取県中部)
イナズマ道場(島根県情報)
スパイラル将棋センター(香川県情報)
高須将棋クラブ(広島県)
広島将棋センター(広島県)

将棋連盟HP・ネット道場ページ

将棋クラブ24
日本将棋連盟
関西将棋会館HP

不定玉関連ページ

釜石王将クラブ(現在休止中)
飛騨高山将棋情報(現在休止中)
当ブログのアメンバーは津山キッズ将棋教室関係者のみとさせていただいております

第181期津山王将戦(将棋大会)結果

日時:令和4年5月15日 朝9時受付開始 対局開始 9時30分~

会場:津山市中央公民館 大会議室(津山市大谷600)

開会式の様子から。司会は津山支部幹事長の森川。同支部の川口支部長の挨拶で6月19日にこの会場で行われる第76回全日本アマ将棋名人戦の案内がありました。

(現在までにこの棋戦の申込はA級=14人。B級=3人の申込がそれぞれありました)

そのあと若干森川から補足説明と大会諸注意についてお伝えしました。

 

受付席(手前から総合、A級、B級、C級)

後方入口付近から会場全体を撮影(開会式)

成績上位者は以下のとおり(敬称略)

≪A級=10人≫

対局の様子と表彰式の様子

この日のA級終了時刻は1回戦で大幅な大熱戦となった対局があった事からB級の進行具合と比較して1時間以上遅くなりました。終わったのは3時を回りました。

優  勝:ホンダ クニヒロ(津山市下高倉)

準優勝:ツチヤマ タイキ(美咲町旭中3年)

第三位:カタダ カズキ(勝央町勝間田)/ヤマガタ フウタ(真庭市勝山中1年)

≪B級=13人≫

対局の様子と表彰式の様子

B級は概ね2時過ぎには終了しました。最近の参加者の年齢層が若年化していることもあり対局スピードも以前と比較すると早くなって終了時刻も早まってきているようです。

優  勝=イヌイ アツタカ(津山市沼)

準優勝=ワダ リョウヤ(美咲町定宗)

第三位:ホンガン ユウキ(津山市弥生小6年)

≪C級=13人≫

対局の様子と表彰式の様子

C級は持ち時間10分の20秒なので12時前には終了しました。成績上位者への表彰式の様子と敢闘賞を手渡しているところ。

優  勝=ミヤザキ シュウヤ(美作市北小5年)

準優勝=タカハラ リュウカ(美作市北小5年)

第三位=ナカニシ ライム(津山市西中3年)

合計=参加者36人+大会役員5人=合計41人

この結果、B級、C級では昇級者が続出

Y シュウト3級→2級へ(8連勝規定による)

M シュウヤ10級→9級へ(9勝3敗規定による)

K シンジ15級→14級へ(9勝3敗規定による)

N ライム18級→17級へ(6連勝規定による)

T リュウカ18級→17級へ(9勝3敗規定による)

(※本大会の勝ち星は将棋教室で実施している昇級戦の勝ち星に追加カウントしている・負け星はノーカウントとしている)

6月、7月は津山王将戦はありませんが、6月19日には全日本アマ名人戦美作地区大会(山陽新聞・将棋連盟岡山県支部連合会共催)が津山中央公民館大会議室で。また7月17日には美作アマ将棋名人戦(津山朝日新聞主催)代表者決定大会・一般将棋大会・子ども将棋大会が津山中央公民館大会議室で予定されています。

午後は12時30分~15時まで西苫田公民館で引き続き行いました。

今日の参加者は13人。講師陣は3人で受付事務担当は2人。総勢18人でした。

ちょっと中学生の姿が少ない・・・。というのも部活動の総体があるためでこれは仕方のないところ。

開講式では午前の部と同様に将棋大会の案内等をおこないました。全日アマ名人戦のPRもしたところ

A級はこれまでに7名、B級も1名の参加を受け付けました。

 

続いて前回までの昇級者へ認定状授与式を実施。このあとミニ講座へ。

4~9級の中級者を対象としているのだがそれ以外の人も自由に聴講していただいても良いことにしている。

本日は女流棋戦(倉敷藤花戦トーナメント戦)加藤桃子清麗対磯谷祐維アマ戦の棋譜鑑賞とした。

(時間の関係で比較的短手数の棋譜を選択している)

もちろん、3級以上の人は最初から相互対局、指導対局をしても良い。

その様子を少し掲載します。

3時までたっぷりと指してもらいましたが、本日の昇級者は居ませんでした。

土曜津山キッズ将棋教室は午前9時から11時30分まで初級・初心者向け将棋教室を実施しています。

今朝の参加者は講師、手合事務担当を含めて21名。久しぶりの土曜教室だったが天候もほぼ快晴ということもあってお出かけする子どもたちも多かったのかもしれない。

来場したらまず受付で検温+記録、フェースシールド、マスクの確認から。

実施内容は開講式を行いイベントの案内から。

5/15(明日)=第181期津山王将戦(津山中欧公民館)当日朝の受付

5/22(日)=中学生選抜将棋選手権岡山県予選(倉敷芸文館)本日5/14が申込締切日

6/12(日)=倉敷王将戦岡山県予選(倉敷芸文館)現在受付中=名人記念館へ直接申込すること

6/19(日)=第76回全日本アマ名人戦美作地区予選(津山中央公民館)受付開始しました。

続いて前回までの昇級者へ認定状授与式。

マナー講座へ。今日10級に昇級したM﨑くんにリーダーをお願いしました。

次に2グループに分かれてミニ講座。

初心グループ(25級~30級)=7人

将棋テキスト副本から1手詰問題の出題をしました。

初級グループ(10級~24級)=11人

明日の津山王将戦のC級=駒落ちハンデ有りを参加を意識して2枚落ち講座を行いました。(6枚落ちとかの棋譜並べはよくやっているのですが2枚落ちは普段はあまり行なっていません)

わりと皆真剣に聞いてくれていました。

この後は昇級戦をたっぷり行いました。

講師に積極的にチャレンジしてくる人はいるのですが中には絶対嫌だという子もいます。勝ち負けも大事ですが講師陣に挑戦するこの方が強くなる傾向があります。恐れずチャレンジしてください。

本日の昇級者は4人。

A タクマ13級→12級へ(6連勝規定による)

H  ユウタ21級→20級へ(6連勝規定による)

H コウセイ27級→26級へ(9勝3敗規定による)

K マナ30級→29級へ(基本マスター規定による)

今朝は11時30分ピッタリまで行いました。前半は緊張感があってとても良かったのですが最後あたりになるとあちこちで騒がしくなったのがちょっと残念でした。次回はビシッとしまって終わりましょう。

 


 

                  主催:日本将棋連盟岡山県支部連合会・山陽新聞社

                   主幹:日本将棋連盟津山支部

    「第 76 回全日本アマ名人戦

       美作地区大会」のおしらせ

1.参加資格:下記の美作地区在住者に限る 

  (津山・真庭・美作・鏡野・勝央・奈義・久米南・美咲・新庄・西粟倉)

2.日時:令和 4 年 6 月 19 日(日)9 時~受付 9 時 30 分開始 

  A 級・B 級は概ね 3 時終了、

  C 級は 12 時終了予定

 3.会場:津山中央公民館 大会議室 

 4.会費:一般 1500 円 (支部会員・津山会員・学生は 1000 円)

   ※A 級・B 級にご参加の方、昼食は各自で用意のこと 

        C級は700円 当日ご用意ください。 

 5.クラス:A級(1 級以上)B級(2 級以下)C級(10 級以下の小中学生以下) 

 6.表彰:各級優勝者に楯、各クラス1~3 位まで表彰状、副賞あり。

       敢闘賞あり。 その他全員に参加賞あり。

  7.地区代表数:A 級 9 名 B 級 7 名 (C 級はありません)

  8.試合方式:各級ともスイス式 T 5 回戦、

    A 級 B 級:持ち時間 20 分 30 秒/C 級 10 分 20 秒

    C級は津山キッズ将棋教室会員同士の対局は棋力差により駒落ち(最大6枚落ち)

    とし、教室会員外のこどもはすべて総平手の対局になります。

  9.申込方法:メールか電話での事前申込制です(当日受付ではありません) 

   氏名・住所・電話番号・学生か社会人か・支部会員か否かを明記してください。

    メール⇒jyushohuteigyoku5@gmail.com(津山支部・幹事長 森川)

    電 話⇒090-7502-2313(津山支部・支部長 川口)

    ※申込締切:令和4年6月12日(日)まで 

 10.=地区代表に選出された方へ=

    A 級 令和 4 年 7 月 10 日(日)9 時受付 10 時開始(山陽新聞社本社 9 階) 

    B 級 令和 4 年 7 月 9 日(土)9 時受付 10 時開始(山陽新聞社本社 9 階)   

   県大会参加費:支部会員 2,000 円 支部会員外 2,500 円 高校生以下 1,500 円 

    ※現段階では「昼食付」での予定ですが、大会直近でのコロナ感染状況により

    「昼食なし」 とする場合がございますがその際は 500 円値引となる予定です。 

  11.感染対策:現段階で新型コロナ新規感染者数もなかなか収まりません。 

    御来場の際には検温と記録、フェースシールド(お持ちでない人には当日実費で

    ご用意いたしま す)・マスク着用を必須、手指消毒を対局の前後で必ず行う事

    をお願いします。 会場では飲食はすべて黙飲食とし、大勢で集まって会話を伴う

    食事等禁止とします。 体調不良の方及びご家族に体調不良の方がいる時は

    ご参加を見合わせていただきます。                        以上

今週末の5月14日は土曜津山キッズ将棋教室がある日です。

会場は津山市西苫田公民館です。

初心者・初級者向け教室(10級~30級対象)が朝9時~11時30分

内容的には当ブログの教室実施について掲載しているのでご覧ください。

初心・初級者教室に参加する場合でも駒の動かし方くらいがわかれば

参加して十分楽しめると思いますので将棋に興味のあるお子さんは

ぜひ体験してみてください。

中級者以上教室(有段者~9級対象)が12時30分~3時

いずれも各2.5時間です。

5/15は第181期津山王将戦、(美作三市および周辺都市在住者限定)

5/22は中学選抜県予選、(岡山県に実際に在住している者に限定)

6/12は第21回倉敷王将戦県予選、(岡山県に実際に在住している者に限定)

6/19は第76回全日本アマ名人戦美作地区予選(美作三市および周辺都市在住者限定)

などがありますので

これら各大会に出場される方は良い練習の機会となるでしょう。

大会出場を表明されている土曜教室会員の方、土日会員の方

ぜひご参加ください。

コロナ禍で3年ぶりの開催となった本大会岡山県代表選考会が本日(5/8)倉敷市芸文館別館会議室2で行われた。

今年は以前にも書いたのだが久しぶりの開催でしかも告知期間がこれまでと違いタイトだったこともあり各学校で参加者をまとめきれなかったせいもあったようで参加チーム数が少なかった。

小学校の部=9チーム(津山キッズ将棋教室関係で2チーム) 抽選で4回戦実施

中学校の部=5チーム(津山キッズ将棋教室関係で1チーム) 総当たりで4回戦実施

まずはその様子をご覧ください。

【全体・受付席】不定玉が会場入りした時にはすでに1回戦が終わりかけでした。コロナ対策で1テーブルに1対局で各テーブルには対面シールドと消毒液が設置。審判長のA八段は何やらスマホと格闘中?!

お仕事中?の有森新八段           立ち見席の親御さんら

 

本日の結果は以下のとおり(敬称略)

【小学校の対局の様子】

【小学校の部の結果】

優勝:ノートルダム清心女子大学附属中学校(松浦兄・松浦弟・向井)=岡山県代表

準優勝:美咲町立旭小学校(土山妹・窪木・土山兄)

準優勝:岡山市立陵南小学校(宮崎・大森兄・大森弟)※同率2位

【中学校の対局の様子】

【中学校の部の結果】

優勝:岡山白陵中学校(北島・篠原・前島)=岡山県代表

準優勝:倉敷市立庄中学校(平松姉・平松妹・岡)

第三位:津山市立北陵中学校(小坂・長瀬・長谷川)

代表チームの方、おめでとうございます!西日本大会でのご活躍を祈念しております。

また、全チームとも途中でリタイアする人は誰一人いなく、参加者全員良く敢闘されました。

午後は有森新八段による定番の厳しい駒落ち指導対局が7局行われました。

コロナ対策の一環で倉敷市芸文館で行われた第35回アマ竜王戦岡山県予選は5月3日代表決定戦のみが行われた。それでも参加者は81名(←将棋盤のマス目の数というのも何かの縁のような・・・/参加者の年齢層では上は80歳台~下は小学2年生まで幅広い選手が揃った)ということでかなりの盛況だったようだ。(途中で定員に達したため受付は最終日を待たずして締め切られていた)

試合は持ち時間各20分、切れたら30秒の秒読みで、予選⇒決勝トーナメント戦という形で行われ予選は1勝通過、2敗失格で進められた。

結果は以下のとおり(敬称略)

優  勝:羽仁 豊(=岡山県代表)

準優勝:坂口

第三位:利根川、藤原(雄)

ベスト8には篠原、植田、高垣、土山(泰)の各氏が入った。

 

第21回全国小学生倉敷王将戦・ 岡山県予選大会

    および倉敷市予選大会のお知らせ

1.日  時: 令和4年6月12日(日)

      午前 ⇒岡山県予選会  9時受付     9時30分開始

      午後 ⇒倉敷市予選会 13時30分受付 14時00分開始

2.会  場: 倉敷市芸文館別館

3.参加費: 500円(当日、受付でお支払いください)

4.  賞   : 優勝、2位、3位、 敢闘賞、 参加

5.参加資格: 岡山県予選会:岡山県内在住の小学生

         倉敷市予選会:倉敷市内在住の小学生

        (※倉敷市在住の小学生は岡山県予選会

             と倉敷市予選会と両方参加も可)

6.競技方法 :高学年の部 低学年の部に分かれて行う

        岡山県代表 高学年1名、低学年2名 

        倉敷市代表 高学年1名、低学年1名

7.対局方法: 4~5対局・詳細は当日説明。

8.申込先: 大山名人記念館まで

        住所、学校名、学年、氏名、連絡先を

        記入してメールにて申込みしてください。

         申込締切り 5月30日(月) 

        メールアドレス oyama-mm@arsk.jp 

9.コロナ対策:当日は、平熱より1度以上高い熱が

        無い事と、会場内はマスク完全着用です。

        その他、主催者の感染予防対策を守る事。   

        又、個人情報はクラスタが発生した時に

        保健所に提出する場合がございますので

        ご了承下さい。

9.問合先 :大山名人記念館 電話 086-434-0003

10.主 催 : 倉敷市文化振興財団

5月22日に行われる掲題「全国中学選抜岡山県予選」の

エントリ状況(5/1現在)について。

男子・女子合算で1617名となっています。

(ちなみに津山キッズ将棋教室関係から既に7名8名がエントリしています!)

申込締切日は5月14日です。参加希望者は申込をお忘れなく

 

                                   令和4年4月20日 

                             主催 : 岡山県支部連合会 

 第43回全国中学生選抜将棋選手権・岡山県予選会

  第24回 同(女子の部) 

1.日時 令和4年5月22日(日)  

   9時~12時30分 9時受付 9時30分開始

2.会場 倉敷市芸文館別館 202会議室 

3.参加費 500円 (当日集金します)

4.参加資格 岡山県内の中学校に通学していること

  (他県の中学校に通っている生徒は学校のある県の予選に参加してください) 

5.競技方法 個人戦(男子の部、女子の部)

  代表になった選手は夏休み8月3、4日に天童市で行われる全国大会に出場

  代表枠 男子 1名 女子 2名

6.対局方法 参加者の人数により当日発表します。 

7.申込 中学校名、学年、、氏名、住所、連絡先を記入して5月14日までに申込お願いします。 

  下記アドレスに申込お願い致します。 yoshiakiooishi7@gmail.com(大石様) 

8.コロナ対策 新型コロナ感染防止対策としてメールのみで申込を受付します 

  参加される方は以下のコロナ感染防止対策に同意したことといたします。 

  ①当日は平熱より1度以上高い熱はないこと 

  ②会場内でのマスク完全着用 

  ③その他主催者の感染防止対策を守ること

   ④個人情報はクラスタが発生した時に保健所に提示する場合があります。 

9.その他 問い合わせ先 大石様へ(090-1688-0294)

5月8日に倉敷芸文館別館で行われる文科杯小中学校団体戦岡山県大会が過日、締め切られました。

今回、岡山県下で申し込みがあったのはコロナ禍の為3年ぶりということや申込受付期間がこれまでよりタイトであったことから各学校でチーム編成がなかなか進まなかったようで3年前と比較して例年より少ない感じた。

小学校の部は全9チーム(美作地区からは2チームが参加予定)

中学校の部は全5チーム(美作地区からは1チームが参加予定)

但しどのようなチームが出場するのか、またその並びのオーダーはどうなっているのかは完全シークレットになっている。

小学校・中学校いずれの部も優勝チームが岡山県代表として7月26日に大阪で行われる西日本大会へ駒を進める。