東海岡山県人会 活動報告 イベント情報
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

晴れの国おかやま通信 2021.4

「晴れの国おかやま通信 2021.4」のご紹介です。

🔷道の駅「山陽道やかげ宿」完成
🔷総社市出身の梶谷翼選手がゴルフのアマチュア世界大会で優勝
🔷2021年度後期 NHK朝ドラ「カムカムエブリバディ」の舞台は岡山!

こちらをクリックしてご覧下さい。


瀬戸内市の魅力を広める会 ⑨牛窓町の暮らしについて(その一 社交、慣習、交流)

  岡山県においても、その地域により色々とした方言、慣習などがあります。
その地域の現代における迄の歴史、気候風土、産物、産業などによって、育まれた人間性、郷土の特性が表れているのが、故郷と言われる所以と思います。
特に方言などは、各自理解の上❓ 解釈ください。
                           

 

 ◎挨拶について           

                         
 人間社会で大切なことは、より良い人間関係の形成で有り、その為には昔も今も言われていることだが、まず、挨拶から始まるものであろう。    

                                    

〇天候のあいさつ   

                             
今日は、えー天気じゃのう!

えーあんばいに、なったぞなー!         
よう、にだえるぞなー ! 

ふりゃー、よろしがなー!

 雨ばふって、ぼっこう、こまるぞなー! 

そばえ、ますぞなー !       
  ぼっこう、あんまり吹かにゃー、えーがな!

東からおいでんさりました! 

 つめてえもんが、ふったぞなー!

えれーもんが、ふったぞなー!     
  さみーぞなー!

あつーて、えれーなー!

ぬっきいーなー!  

 

 〇病気見舞い、悔やみに伺った場合                                    
  ぼっこう、てえへんですなー。  

どねーならなあー !

 くたびれとってんじゃ、そーじゃがー、

   どんならー!

寂しゆう、なりましたなー  ! 

おめえがけねえ、ことができまして、、、、、!

                                    
  〇 久し振りに出会った時、訪問、物の貸し借り等

                                    
  どうしょんなら!

どねーやりょーりゃーえ !  

     ひっさ会わなんだなあー! 

  おるんかあー!

 しもうとってんかなあー!

よーさりに、おじゃまします!  

  おいでんせえー! 

ようおいでんなさったなあー!  

  おしめいんせえ! 

そろそろおやりんせえ! 

  またくらあー! 

じゃましたのうー! 

  ちょっとごやっけえにきました! 

わりーけど、いまあねんじゃ !

  ありゃー今めげとるけえ !

                      
  この様な言葉で、意思の疎通を図ったものです。                                    
 夕方、外で仕事をしている人に出会うと「おしまいんせえ」と一声かけていた。

この一声が大切であり、知らん顔をしていると、「あの人は何が気に入らないのか、すれちごうても、ものも言わなかった。」  等と言われ、反対に、嫁に来て間もない人が、黙礼だけでもすると「あの人は会釈をして通った」 と言って、ほめていたものである。

挨拶がどんなに大切かを示す昔話である。       

 

(写真説明)

ここは1998年に公開された今村昌平監督の映画「カンゾー先生」のロケ地にもなった場所で約半年間にも及ぶ長期ロケが行われました。           

       
                                   
◎ 贈答について 

                                   
 牛窓町内でみられた贈り物の事例について                       毎年の恒例として行う盆と暮れをはじめとして婚姻、葬式、病気、誕生、災害などいろいろな時に、、、                    贈り物が行われていた。

昔は、品物が中心で、例えば、父母が死去した場合には 米一俵持っていくのが慣例となっており、身内に赤ちゃんが誕生すると産着を贈り、年忌供養の法事があると法事に必要な品物を供えていた。

今日、子供たちの楽しみになっているお年玉も、昔はなかったという。 

お正月の朝、親からミカンと 干し柿を貰うぐらいのものであった。                                    
 この様に、二大節紀である盆と暮れには、世話になった人々に、なんらかの品物を送ってお礼の挨拶をしていたものである。                                    
    野菜や果物をその年に初めて収穫をした時には「うちで初めて取れたので食べてみて」などと言って隣近所に配っていた。 初物を喜んでもらえた、という。

   また、海に釣りに行って魚を取ってくると、隣近所や知人に配ることもよくあった。                                    
 この様に贈り物をする事により、お互いに親密になり、助け合える地域社会が形成されていったのである。               贈り物をするとき、その数についても色々と配慮した。 古老の話によると、良い数字は3.5.7.11などの奇数で有り、偶数はいけないといわれ、特に、4、死、は避けるようにしていた。 

 

(写真説明)                                 昭和の旧牛窓町、関町  

前方薄く映るのが香川県小豆島

(写真説明)

牛窓 旧市街地

江戸時代には牛窓港は廻船の寄港地とし地位を築いていた。

 

                                
◎ 返礼について  

                                  
 人から贈り物をされると返礼をする。 

返礼の仕方にもいろいろな形式があった。                           病気の見舞いをもらった時には、見舞い返しと言って病気が良くなり、床ばなれをしてから風呂敷とか砂糖箱を内祝いとして配っていた。                                    
 近所の人が遠くへ旅行する時には、半紙を折って包み紙にし、御餞別 と書いて旅行者に贈っていた。  

 餞別をもらって旅に出た者は、旅行先で土産を買い、帰宅したらすぐに土産品を持って、( 無事に帰りました。これはお土産です。) と言って、御礼回りをした。  

 昔は隣近所から赤飯や餅、団子などを良くもらうことがよくあった。

この様な時にはすぐに返礼をする習慣があった。

 祭礼の時、お餅や、祭り寿司、を重箱に入れて持ってきてもらったことがよくあった。                                    
そのとき、重箱に少量の小豆を入れて 「ありがとう御座いました。お達者なように」と言って返していた。 

 近所から赤飯を重箱に入れ、南天の葉を添えてもらうことがよくあった。               その時、「ごちそうになります。これはうつりですけど」といってマッチ棒をひと握り重箱に入れて返していた。(この様な事は私が小学生 昭和25~30年頃 の記憶に有ります。)      牛窓の慣習として贈答により隣近所、知人、友人などとの人間関係を深め、より強いものへと形成していったのである。                                      
   少し余談になるが、昔から戦後しばらくまで「もらい風呂」という習慣ががあった。

隣近所へお風呂を借りに行くことであった。

風呂を沸かした家の人が「風呂が沸いたよ」と隣家に声を掛けたり「お風呂を借りに来たからね」などと言って入浴していたものである。

もらい風呂に行くと、そこで世間話などして帰り、家同士の付き合いができていたという。 

これも今では姿を消してしまい、考えられないようだが、「近所付き合い」のひとつであった。                                    
    贈答によってよい人間関係をつくり、多くの人々との交際により親和力を強め、地域共同社会の連帯感を育てていったのである。    

                  

旧、中国銀行、牛窓支店

牛窓、燈籠堂、唐琴の瀬戸

         

    

     次回は 牛窓町の暮らしの中でも、伊勢講の旅・信仰の旅について書いてみます。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

        寄稿 瀬戸内市の魅力を広める会      

        代表 森藤 勝利(東海岡山県人会副会長)

         編集 中村葉子(東海岡山県人会事務局)

 

山陽新聞デジタル

山陽新聞デジタルで岡山の情報を見てみましょう。

 


以前、ブログで紹介した「首都岡山」(玉野出身の作家高嶋哲夫さん著)に関連した話題もあります。

https://www.sanyonews.jp/article/1120858



備前長船刀剣博物館情報

〇刀剣タクシー

 山鳥毛がデザインされた刀剣タクシーが走行を開始しました。

 運行期間は4月10日~7月18日・11月20日~3月27日の予定です。

要予約でJR長船駅~備前長船刀剣博物館の往復料金&博物館の入館料(常設展のみ)がセットになっています。

詳細、予約はこちらから

 

 

〇山鳥毛特別展示

期間:7月30日(金)~9月12日(日)

場所:備前長船刀剣博物館

「サンクスパスポート」と「一口佩刀オーナーカード」の使用期限が延長され、今回利用できます。

詳細はこちらから

 

 

 

岡山県首長選挙情報 令和3年3月と4月

3月28日 赤磐市長選 友實 武則 様 当選(3選)

3月28日 鏡野町長選 山崎 親男 様 当選(5選)

4月 4日 真庭市長選 太田  昇 様   当選(3選)

4月11日 備前市長選 吉村 武司 様 当選(2回目返り咲き)

      備前市前市長任期満了日は4月23日です。

 メルマガ「晴れの国」第928号(2021年4月13日)より

岡山県のメルマガから観光情報です。


◯白菊酒造 大典白菊 新酒販売会

 ~春の新酒開き~

開催日:4月18日(日)

高梁市の白菊酒造で、「大典白菊 新酒販売会」が開催されます。

春のしぼりたて生原酒の販売をはじめ、「大典白菊」の各酒販売や恒例の「軽トラ市」でお酒のアテなど、オツマミセットの販売などが行われる予定です。


※新型コロナウイルスの状況により、イベントの内容は変更になる場合があります。

※マスク着用、手指消毒、咳エチケットにご協力ください。

※体調の悪い方は来場をご遠慮ください。※他の参加者と十分な距離を保ってください。 

その他の観光情報は、「岡山観光WEB」でチェック♪https://www.okayama-kanko.jp


メールマガジンの登録はこちらから

 




黄ニラ

4/10のテレビ番組の「青空レストラン」はご覧になりましたか?
岡山の黄ニラ特集でした。
黄ニラの育て方、料理と楽しい番組になっていました。
おひたし、レバニラ、ばら寿司(ままかり、サワラ入り)も紹介されていました。
「青空レストラン」HPに詳しくまとめられています。

岡山出身の湯浅監督クラウドファンディング

岡山出身の映画監督 湯浅様が新作のためのクラウドファンディングを実施中です。

岡山県庁を表敬訪問され、県人会の話もあり、3月に湯浅監督様から東海岡山県人会にもご案内がありました。

舞台も岡山ですので、東海岡山県人会としても応援していきたいですね。

東海岡山県人会のFBでも3/27に紹介していて、湯浅監督様からコメントを投稿して頂いていますので、ぜひ見て下さい。

 

 
リターンとしてはメーキングムービーが見られたり、湯浅さんの過去の映画2本が見れたり、リモートのウオッチパーティーに参加出来たり、エキストラのオーディションに参加できる権等があります。
映画の紹介もありますので、皆様一度サイトを見て下さい。
 
クラウドファンディングのコメント欄で東海岡山県人会でも応援している事を伝えられたらと思っています。
申込の際にはその旨を書いて頂ければ幸いです。
 

 

 

 

メルマガ「晴れの国」 第927号(2021年4月6日)

岡山県総合政策局公聴広報課のメールマガジン「晴れの国」が配信されました。

 

内容を一部お知らせ致します。

〇鏡野町の妖精の森ガラス美術館の展覧会のご案内です。

「白日夢 ーDaydreamー ~佐々木雅浩ガラス造形展~」
期間:~7月5日(月)
ガラス作家・佐々木雅浩氏の展覧会が開催されています。

佐々木氏の作品は、突起がいくつも連なってかたちを形成しているような有機的なフォルムが特徴です。
佐々木氏の作風とウランガラスの特徴が調和された、夢幻的な展示空間をお楽しみください。
※ご来館の際は、マスク着用、手指消毒、咳エチケットにご協力いただき、他の参加者と十分な距離を保ってください。
※体調の悪い方は来場をご遠慮ください。
https://www.okayama-kanko.jp/event/15473

〇「岡山発見かるた」
岡山県の多彩な魅力を発信する「岡山発見かるた」が出来ています。

先日ご紹介した「晴れの国おかやま通信」でも紹介されていましたね。
完成を記念した、かるたをプレゼント企画があります。
ツイッター、応募フォーム、ハガキのいずれかの方法で、ご応募いただけます。
応募締切は、本日4月7日(水)です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
https://8092-okayama.jp/

 

その他メールマガジンの内容はこちらをご覧ください。

 

 

岡山県市町村選挙

4月の岡山県内の市町村選挙情報です。

 

4月4日 真庭市 太田昇市長様が3期目の選挙に当選しました。

 

4月11日 備前市長選挙 3名の方ががご出馬されています

      返り咲きを狙う前職の吉村武司氏(74)

      再選を目指す現職の田原隆雄氏(76)

      元市議で新人の木村正義氏(77)

      

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>