CHAKAI日記

日常で筆をとることが少なくなった昨今。
改めて手書き、

しかも筆で書かれた手紙をいただくと、

感動すら覚えます。

お茶の世界では、正式な茶事や茶会の

ご案内は巻紙での手紙になります。

 

 

巻紙といえば、時代劇や果し状といった場面でしか見るこのとないものですが
お茶をしている人にとっては、とても身近だったりします。

万年筆や筆ペンのお手紙も良いですが、
せっかくだったら小筆で書いてみたい。

 

 

小学校の頃の書道の時間、小筆で名前を書くのが難しい記憶のままとまっている人も多いかもしれません。

この度は、大津から奥田美穂先生をお招きします。

手紙は基本、書き手と読み手の二人だけのもの。
そこに本来は、上手いも下手もありません。

それでも“自分なりに”自信をもって書けるようになりたい。

今回はそこを目指します。

また、大人になって、改めて筆をとり、学び直すことで
書の楽しさ、魅力に気づくきっかけになればと思います。

「巻紙で手紙を書いてみたい」
「筆ペンと筆の違いについて」
「基本の筆のもち方、墨の量」
「筆のケア(おろし方、洗い方)」
「自分の書に自信をもつには」


書道を習っている方はもちろん、
書道(筆)に自信がない方こそ、
お越しいただきたい特別な会です。

みなさまの日常をひとつ上質なものにする手紙の世界。

この春一歩踏み出してみるのはいかがでしょうか。

 

春の筆はじめワークショップ
~茶の湯の手紙を小筆で書いてみよう~

    
4/19(金)
13時~16時【満員御礼】
4/20(土)
9時~12時【満員御礼】
13時〜16時【満員御礼】
4/21(日)
9時~12時【あと1席】
13時〜16時【あと2席】

 

【内容】

茶の湯の手紙の例文を元に、実際に巻紙に筆で手紙を書きます。
その後、奥田先生に個別で見ていただき、

アドバイスを元に、再度、書いてみます。
ご自身の書風(味)を生かしたまま、ポイントをおさえて

書くことで、ぐっと変化がみられるかと思います。

 

【もちもの】 

小筆、硯(または豆皿)、固形墨、書道下敷き
 ※墨汁と和紙(半紙、巻紙)はこちらでご用意します。
  下敷きは100円ショップのものでも構いません。
  小筆はお持ちでなければ事前予約いただければ、

奥田先生セレクトのものをご用意いたします(別途5,000円)
 

【場所】

築104年の日本家屋

凱風軒(品川区)

 

【参加費】

15,000円

(練習用紙、巻紙、墨汁、菓子、抹茶、

特製和紙の巻紙プレゼント込)


 書家 奥田美穂

 

「墨音 sumioto」主宰。9歳より字を習いはじめ、現在は、暮らしのかたわらで季節のうつろいや自然の風景に自身を響かせて作品を表現。書くことと美味しい珈琲に深く関心を寄せ、日々その実践を続ける。主催する教室やワークショップでは、字の上達にとどまらず書くことの楽しさや大切さを見つけられるように心がけいる。

 

 

参加申し込みについて

お名前、ご希望の会(第一希望、第二希望)をご記入の上、

 sekai@chakai.jpまでメールからお申込みください。

・お申込み後、日時と会場の住所を返信いたします。

“巻紙に筆で手紙を書く”

現代でもこんな手紙のやりとりがあるとは…
お茶をして、初めて知ったことの一つです

お茶(茶道)をしていても
巻紙でご案内をいただいたことがある、また実際に書いたことのある方は少ないように思います

しかし、茶事に呼んでいただいたり
お招きす際には“巻紙に筆で書く”ことは避けて通れません

といっても最初はギモンだらけ…

「巻紙ってどこで入手するの?」
「どんな紙を選べばいいの?」
「筆は普通のでいいの?」
「手紙の文章の書き方のきまりはあるの?」
「封筒とかも気になる」

と、こんな感じで「???」だらけ

茶の湯の手紙については本も出ているようですが、
はっきりとした“きまりはない”
世界のようです

きまり好きの日本人としては
“きまりなし”は、かえって難しい

かくいう私も正直な心のうちとしては
「間違いたくない」「恥をかきたくない」気持ちがありました

完璧にできるようになってから筆をとるのでは、きっといつまでたっても踏み出せない

自分の書に自信があろうがなかろうが
“やってみる”という経験を大切にしたいと思い

この春、4/19(金)、20(土)、21(日)の三日間で「茶の湯の手紙ワークショップ」を開催します



詳細は明日、投稿します

ご興味ある方はお早めにお申込みください❗️

それでは佳き三連休を


「お茶を習わなくても

それなりの客作法は

身につけたい!」


そんなワガママなご要望にお応えして

開催しました「茶事の客作法」




募集期間が少ない中でも

みなさまお集まりくださいました


今年は毎月のツキイチ茶事に合わせて、

開催して参ります


作法が分かれば、お茶席もこれまで以上に余裕をもって楽しめることでしょう❗️


築104年の本格茶室で学ぶ!ガイド付き茶事の客作法


◆内容

客として茶事(茶会)招かれた際の客作法をひと通りお伝えします。


【参考までに】

•客としての事前準備(もちもの、注意事項など)

•到着時間や待合の意味

•スマートな会費の包み方、渡し方

•喜ばれる手土産(水屋見舞い)

•正客、次客、連客、詰として心がけること

•茶席の見どころ

•茶事の一連の流れを体感(懐石の所作)

※当日は流れに重視しますので、懐石料理やお茶は出ません。


◆日時

 3/9()9-11

 4/6 ()9-11


◆募集人数

 3名様(片着順)


◆会費

 今だけトライアル価格 10,000

 当月の茶事参加の方は5,000円(茶事参加費とは別)にて受講可能


◆申込方法

 3/8(金)までにこちらに「氏名」を記載の上、メールにてお願い申し上げます。

折り返しメッセージさせていただきます。


お席に限りがございますので、定員になり次第締め切らせていただきます。

ご希望の方はお早めにご連絡ください。

京都で、軸装の打合せ

本紙に対して、天、地、風帯、一文字など裂地を吟味



ご用意いただいている裂(きれ)から選ぶことも
こちらから裂や紙を持ち込むこともできる

軸先すら象牙、陶器、塗、ガラスなど自由にカスタマイズできる



選択肢が無数にあるのは
一見すると良いことのようだけど
その分、難易度も増す

全てを決めれば、まさに自分の好みの一点ものが出来上がる

“好み”とは“センス”

無難にまとめるか…
攻めてみるか…

これまで何度か経験していても
想像とはやはり違いがあり、
家のカーテンを選ぶよりも難しい

お茶をするって贅沢なこと

出来上がったものを愛でるだけでなく
出来上がっていく様もまた楽しめる

完成した軸は、
2月の茶事でお披露目します

多くの人にも大切だけど
わざわざお越しくださった方に
というのも“もてなし”かなと

軸以外にも色々と趣向ございますので、
お楽しみに
2024年1月もあと3日

年の始め、一年で気合いを入れるイベントのひとつ「初釜」も無事終わりました

並行して稽古もしていましたが、
今月の稽古も本日が最終日




点てるよろこび
いただくよろこび

弟子の濃茶はいつも格別で
“清らかな心”そのものを味わわせていただいてます(役得)

いつも感じることは
“お茶は一人では学べず、成り立たないもの”であるということ

写真の一服は、
弟子が初釜でと用意した
檜垣青子さんの干支茶碗

「まずは先生に差し上げたい」
ということで、初づかいの一服をいただきました

こういった心づかいは、
お茶らしく嬉しいものです

今年も毎月、茶事をします

お茶してなくても(茶道経験ゼロ)でも
ご参加いただける会ですので、
お茶の世界を覗いてみたいという方は
ぜひ、ご連絡ください

2月は、節分の趣向で、
この会でしかご覧になれない
仕立てたばかりの軸を掛けます

2/3(土) 、2/5(月) と二日間ございます

時間  12-16時
場所  凱風軒(品川区)
   築104年の日本家屋

◆お茶事ご参加希望の方はこちらに
 メッセージください
 sekai@chakai .jp