CHAKAI日記

2018年6/10(日)、7/8(日)開催

初心者向け茶会体験ワークショップ


茶会スタイリスト岡田和弘のCHAKAI日記

月に一度の“初心者向け”茶会ワークショップ

お菓子・お抹茶のいただき方から、席入りや拝見と
“きほんの作法”を楽しみながら学びます音譜

$CHAKAI日記

初心者の方、茶の湯を体験してみたい方

お気軽に遊びにいらしてください抹茶

詳細はコチラ からニコニコ

facebook 世界茶会 facebookページ

テーマ:

月に一度、わが家に富山の懐石料理人  中尾英力先生をお招きしての懐石秘密箱



今月のテーマは「飯台(はんだい)」です
『南方録』にも、はじめの「覚書」に飯台の作法として記述があります


飯台は、禅宗の食堂にある飯䑓からきたもので、

利休好みは、桐に黒搔合塗

今回は桐のものをご用意しました

また、適する茶室としては四畳半がよろしいようです


そして、いよいよ飯台を用いての実践です



まずは、亭主は茶道口から飯台を持ち出します


客の前に置き、台の上を布巾で清めます


汁椀の上に飯碗、箸とのせ
銘々にお出しします


椀を展開し、続いて汁が汁器で出されるので、
銘々に注いでいきます


物相形の御飯が、ポイントです
 

続いて引重です


飯台は簡素で、酒は一遍か二遍

料理は精進が望ましいようです



引重の扱いについてもご指導いただきました


続いて煮物椀も出ます
引重の下には香の物


こちらも取り分け、八寸


再度お酒で、常の通り湯とうでしめます


飯台は、裏千家九代  不見斎、十一代  玄々斎も
利休追善茶事でしているとの記録があります


禅院の食事作法がはじまりで、「草」の扱いに相当するようです


学ぶほどに奥深い懐石の世界

来月は「朝茶事」ということで、今から楽しみです


テーマ:
茶友の市川宗基さんが東京に戻って来ました


高野山さんから汲んで来たという
有難い水でお茶を点ててくれました


出してくれた可愛らしい茶碗は、岩手旅行の際にご縁あったとのエピソード


この日のために、季節を感じる空海の言葉を
市川さんが筆をとってハガキにしたためられました

高野山に伺える日が楽しみです

テーマ:
師匠からのお声がけで、京都  山科の塗師  川瀬表完先生の【一閑張り教室】に参加しました


こちらが今回のお道具


竹を編んだ「箕」に手漉きの美濃和紙
まずは糊を塗り、適当に切った和紙を張っていきます


糊が厚くならないように均一に
また紙がたまらないように丁寧に進めていきます


和紙に好みの絵を描き、地が出ないように
ひたすら和紙を張っていきます


角などは糊がはがれやすいので、細かなところも抜かりなく


しばしの乾燥の後は、柿渋を塗ります


この柿渋を塗る作業を数回繰り返し
漆をかけて完成です

一閑張は軽くて変形しにくく、和紙の肌合いを生かしたざんぐりとした風合いが魅力❗️

秋のお茶会でお披露目の予定ですので、お楽しみに


テーマ:

昨夜は名古屋の浅井先生とフランスから日本文化を学びに来ているマークさんとで、名古屋一高いミッドランドスクエアで懇親会でした



浅井先生の計らいで、ジンジャーの月餅、松の実とたまり醤油の月餅で一服


マークさんは、お茶、お香、お花と学んでおり、
日本人顔負けの日本通


点てていただいたお茶も
大変美味しゅうございました



また、中国料理 麗穂のお料理はどれも美味しく

パリジャンのお口にも合ったようです



マークさんとは今年の初釜ぶり

7月パリにお帰りになる前の
7/7の七夕にわが家で
【お茶とお香、ときどきお花】の会でもと計画中です

テーマ:

お茶は、清く正しく美しく


富山から懐石料理人の中尾英力先生をお迎えしての「懐石秘密箱」



今月は「一汁三菜」について学びました


ご飯のつぎ方とその意味


膳の受け渡しから、上達を感じます


懐石のいただき方(作法)も
時代によって異なること


お酒をいただく際の作法


お酒はみなさん、そろっていただきます


また、手付きの飯次の扱い


取り終えた器の拝見と給仕口への返し方


八寸の考え方


手盆でいただく意味


千鳥の盃の実践


正客はじめ、連客とこころを揃えることの清々しさを感じる経験となりました


毎月に学びのある懐石秘密箱
中尾先生の一貫したご指導に毎回、心洗われます

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。