Bluetoothキーボードでトーキングエイド for iPadを使ってみました | スイッチ工作室

スイッチ工作室

意思伝達装置に使うスイッチのあれこれ


テーマ:
意思伝達のためのiPadアプリである「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」をBluetoothキーボードに接続したスイッチで操作してみました。

トーキングエイドをスイッチで操作


「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリは、Bluetoothキーボードを使ってオートスキャン操作することができます。オートスキャン操作と言うのは、あらかじめスイッチ操作に設定しているキーボードのキーを使って50音表を自動スキャンさせて、選択したい1文字をキーで確定させる動作のことを言います。初期設定ではスペースキーがオートスキャン用のキーに割り当てられています。

キーボードのスペースキーさえ押すことができれば、「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリを使うことができます。キーボードの他のキーを押してしまう場合は、キーボードの他のキーが押せないようにキーガードを付けると操作が簡単になります。

小型のBluetoothキーボードのキーガードを作ってみました

さて、今回は外部スイッチで「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリを使いたいというご要望がありましたので、Bluetoothキーボードを改造してスイッチを接続するための3.5mmジャックをスペースキーの配線から引き出しました。

Bluetoothキーボードに3.5mmジャック追加


このジャックに普段使っているスイッチを接続して「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリを使います。

キーボードにスイッチを接続


iPadでBluetoothキーボードを使うための設定は、以下のようにします。

1. iPadの「設定」を開いて左の列の「Bluetooth」をタップします。

設定 - Bluetooth


2. 右の欄の「Bluetooth」の設定項目の「Bluetooth」を右にスライドさせてONにします。

BluetoothをON


3. Bluetoothデバイスの検索が始まりますので、Bluetoothキーボードのマニュアルに従ってペアリング操作を行います。ここで使ったBluetoothキーボードの場合は、キーボードの背面にある電源スイッチをONにして、キーボードの右上にある押しボタンスイッチを押します。

キーボードの電源をON ペアリングON


4. ペアリングが開始すると押しボタンスイッチの横のLEDが点滅します。

ペアリングランプが点滅


5. iPadのBluetoothの設定画面にキーボードのデバイス名が表示されるので、この名前をタップします。

デバイス名の表示


6. ペアリングの認証のためのキーコードが表示されるので、表示された数字をBluetoothキーボードから入力してからエンターキーを押します。

キーコード入力


7. デバイス名の右に「接続済み」と表示されたらペアリングは完了です。

接続済み表示


Bluetoothキーボードの設定が完了したら、次に「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリの設定で、スイッチによるオートスキャンができるように設定します。

8. iPadの「設定」を開いて左の列の「TAテキストS」をタップします。

TAテキストS


9. 右の欄の「TAテキストS」の設定項目にある「外部スイッチ」をタップして「使用しない」を「オートスキャン」に変更してから設定を完了します。

外部スイッチ - 使用しない 外部スイッチ - オートスキャン


「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリを起動して、スイッチ操作でスキャンが開始し、2度目のスイッチ操作で列を選択し、3度目のスイッチ操作で1文字が確定することを確認します。

スキャン開始 文字確定


外部スイッチの設定をする前に「トーキングエイド for iPad テキスト入力版STD」アプリが起動していた場合は、一度、アプリを終了してから、再度、アプリを起動し直す必要があります。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス