藤い屋のもみじ饅頭が凄い! | おぎ村ふみ規オフィシャルブログ  100年後も選ばれる、廿日市に!
新型コロナウイルスに関する情報について

おぎ村ふみ規オフィシャルブログ  100年後も選ばれる、廿日市に!

廿日市が100年後も選ばれるまちであって欲しいと願う、広島県廿日市(はつかいち)市議会議員おぎ村ふみ規(3期目)のブログです!

 

第1734号

皆さん、こんにちは!
おぎ村ふみ規です。

 

 

 

 

3月19日(木)中国新聞朝刊より

 

 

 

 

 

地元企業、右差し藤い屋さん

素敵な取り組みです。

 

 

地産地消と

国や行政は

簡単に言いますが、

 

どれだけ

難しいことか!!

ここ痛感(笑)

 

 

 

僕自身も小さなラーメン屋を

1年5か月経営し、

 

なるべく地元産のものを

使うようにしとりましたが、

まぁ~大変!!

 

 

 

 

〇価格

〇流通

〇品質

〇数量

 

このあたりをしっかり

採算ベースで考えて

 

やっと『地元産』を使うことが

出来ます。

 

 

 

 

 

そしてもう一つの難しさは、

 

僕の店ではお客様は

『地元産の食材』を求めて

いなかった!

 

ということ。

 

 

 

これをどういう事かと

いいますと、

 

僕の店では

地元産使用

というブランディングが

出来ていなかった!

(知られていなかった)

 

ということ。

 

 

 

 

 

自分なりには

結構しっかりと

 

『地産地消』を

宣伝し続けていたつもり

でしたが、

 

お客さんには

全く響いて(知られて)

いませんでしたね(悲)

 

 

 

 

 

 

 

今回の藤い屋さんの場合は

企業規模も大きく

 

広告・宣伝も

しっかりされるので

 

その心配は

あまりないと思いますが、

 

 

それでもしっかり

『地産地消』・『地元産使用』

を売り込まなければ

 

消費者は意識してそれを

買っていただけません。

 

 

 

 

 

廿日市産・高級いちご

『はつかいちご』や

 

吉和地域の高級わさび

『吉和わさび』のように、

有名で誰もが知る存在に

 

藤い屋さんのもみじ饅頭も

なって頂きたいですね~!

 

 

 

 

 

 

 

地元産品の

ブランディング化で

 

 

 

100年後も

選ばれる

廿日市に!

 

 

 

 

 

感謝!荻村文規