【愛犬のストレスケアと健康維持に:
ドッグアロマテラピーテキスト無料配布中】






自宅で学べる「犬のリンパマッサージ」「アロマテラピー」の電子書籍を無料配布しています。
PCでメールを受信頂ける方であればどなたでもご請求いただけます。

→ ご請求はこちらから!



【愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー配信中!】



→ ご登録はこちらから!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-04-24 08:44:35

「ダニ麻痺」ってご存知ですか?マダニ感染症怖いという話

テーマ:犬の病気予防と早期発見

こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

 

本格的に初夏の気候になってきたせいか、最近、よけアロマのオーダーをどんどんいただいています。

●アロマの虫よけコンプリートセット:ダニ避け精油もついて価格据え置き!
http://store.officeguri.com/user_data/aromamusiyoke.php

 

現在、新しい講座を制作中で昨日動画は全部撮り終えたのですが、その中で

「ダニ麻痺」

という病気の解説を昨日やりました。

 

————————–

ダニ  +  麻痺

————————–

 

口に出して言うと結構なパワーワードに聞こえます(苦笑)

 

実はマダニが犬の身体に口を刺して血を吸うとき、犬の神経を麻痺させる

●神経毒

に当たる物質を注入することがあります。

 

こういう物質以外にも、感染症の元になるウィルスが注入されたり、マダニは実に厄介です。

 

 

マダニによる感染症は、何も犬だけでなく人にも起こるものなので、飼い主さんも山などに入る場合は十分な注意が必要になります。

 

(例えばSFTSウイルスはマダニによって人に感染し、発熱、嘔吐、下痢、意識障害など起こす恐ろしいものですが、治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンは今のところありません)

 

話を「ダニ麻痺」に戻します。

 

 

神経毒を注入された犬は、足のしびれなどを感じて歩き方がおかしくなります。

 

それに気づかず、治療がされないと完全に麻痺してしまうケースもあります。

 

で、これってダニによる感染症の知識が飼い主さんにあると

 

「あれ、なんかおかしい…ひょっとして先日、山に遊びに行った際、着いたマダニのせいかも??」

 

ということで、即病院。

 

獣医さんにも「ダニにかまれました!」と報告することで、対応もスムーズに、早くできます。

 

 

マダニについていうと、スポットタイプの駆虫薬を背中に付けていれば大丈夫!ではなく、あれはあくまでも2次対策です。

 

 

もちろん、駆虫薬は大事なので我が家でも毎年必ず使用しています。

 

 

でも、本当に犬をダニの害から守るならその前の段階、

 

「犬の身体にダニを寄せ付けない」

 

という水際対策が一番大事。

 

ここをちゃんとやった上で、それでもマダニが体についてしまった際、

 

・それ以上マダニを増やさない

・マダニを速やかに駆除

 

という意味で、スポットタイプの駆虫薬(最近は食べるお薬タイプも出ています)があります。

 

犬の身体にマダニがくっついて、血を吸った時点で感染症のリスクは発生しますから、何はさておきダニを近づけないのが上策。

 

 

それでも着いてしまったら、速やかに駆除。

 

 

さらに、その後7日間くらいは

 

「犬に何か体調の変化はないか?」

 

と飼い主さんが厳しく観察。

 

 

なんか様子がおかしいな、と思ったら即病院。

 

 

 

ダニと感染症、その症状についての基礎知識があれば、このくらいの対応を誰でも行うことができます。

 

犬の身体と感染症、病気の初期症状の知識は、犬と暮らしていく上で、しっかり身に着けておいていただくことが犬の健康を守ると、私自身は信じています。

 

 

犬の健康については

 

「そんなこと知らなかった」

「誰も教えてくれなかった」

 

という情報を知らなかったことが原因で、後で後悔したり、もっと早くわかっていれば…と自分を責めるようなことは出来れば避けたいですよね。

 

 

それであれば、犬の身体の仕組みについて知り、犬に身近な病気についても最低限の基礎知識を学ぶこと。

 

これが最終的に、犬を守ることにつながります。

 

そうした知識を総合的に学んでいただける講座を現在準備中です。

 

今月末には募集のご案内ができるかと思いますので、必要を感じる方はぜひ楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

本日は以上です。

*アロマの虫よけに興味がある方はこちらで詳しくご紹介しています:
http://store.officeguri.com/user_data/aromamusiyoke.php

Office Guri
諸橋直子

(終)

 


  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

2018-04-22 09:56:53

家庭で出来る犬の病気予防、する人としない人

テーマ:犬の病気予防と早期発見

こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

昨日この本を読んでいたら、かなり面白くて結構夜中まで読んでしまいました。

●極北クレイマー:海堂尊

話の内容をざっというと、ある病院で起きた、帝王切開での妊婦・胎児の死亡事故がテーマです。

 

実際は「事故」。

 

でも、遺族はそれを「医療ミスでは?」と訴え、担当者の産婦人科医は逮捕される、という内容です。

 

産婦人科医の先生は、それまで地域医療にプライベートを投げ打って貢献していた人でした。

 

この本のテーマは

 

「医者は病気を治せて当たりまえ、命は助かった当たりまえ、と市民は思い込んでいる。

 でも実際に医学は万能ではないし、医師も神ではない。

 この前提を理解しないまま、事故があるたびにすべてを医師と医療のせいにして追求すればいずれ医療は崩壊するだろう」

 

という非常に深い内容です。

 

「メディアはいつもそうだ。白か黒の二者択一。

そんなあなたたちが世の中をクレイマーだらけにしているのに、まだ気がつかないのか。

日本人は今や一億二千万、総クレイマーだ。自分以外の人間を責め立てて生きている。

だからここは地獄だ。みんな医療に寄りかかるが、医療のために何かしようなどと考える市民はいない。

医療に助けてもらうことだけが当然だと信じて疑わない。何と傲慢で貧しい社会であることか」

極北クレイマー:海堂尊著より)

 

このセリフは、物語の最後の方で出てくる印象深いセリフです。

 

物語自体、あっという間に引き込まれる面白い作品なので、興味のある方は是非読んでみてください。

 

 

>医療に助けてもらうことだけが当然だと信じて疑わない。

>何と傲慢で貧しい社会であることか

 

これは私たち自身、そして犬の健康を考える上でかなり考えさせられる視点だと、私は思います。

 

犬も人も、生きてる限り何らかの体の不調に見舞われます。

 

その時、病院へ行きます。

 

病院へ行くことはもちろん、治ることを期待していくわけです。

 

でも、病気によっては完治が難しいケースもあります。

 

病気と長い付き合いになるケースもあるでしょう。

 

 

医学は当たり前ですが、100%完璧なものではないですし、生物の身体についてはまだわかっていないことの方が多い。

 

 

そんな中で、現在わかっている範囲内で医学は私たちに、現時点でのベストを尽くしてくれます。

 

問題はその「医療を受ける側」である私たちの側はどうだ?ということですね。

 

私自身が常に感じていることは、これですね。

健康について、病気になったときに病院や医師に丸投げ、という姿勢で本当にいいのか?

 

 

大事な私たち自身や犬の身体の事です。

 

私たちも普段から「身体」について知っておく努力くらいは、少なくともしておくべきではないな、と、個人的には強く思います。

 

そして「身体」についてわかると、身体との付き合い方も分かります。

 

メンテナンスの方法も分かってきます。

 

「睡眠が不足すると免疫が弱まって風邪を引きやすくなるからちゃんと寝よう」

 

とか

 

「肉も野菜も米も魚も果物も、偏りなくおいしく食べる方が、胃腸の調子もいいし疲れも取れる」

 

とかですね。

 

 

大事な私たちと犬の身体なので、特徴と仕組みをしって、日々メンテナンスをして丁寧に扱おう!という意識が芽生えてきます。

 

これが健康管理、とか、病気の予防、と言われる状態です。

 

しかしながら、一生懸命予防や健康管理について知り、実践しても現実としてはやはり体調を崩すこともあるし、病気になるケースもある。

 

これは生きていく以上、避けられないことです。

 

大事なのはこの「現実」を一旦受け入れることですね。

 

病気は確かに嫌なんだけど、身体に不調を全く抱えずずっと生きていけるというのは難しいです。

 

生き物である以上、やっぱり病気になるケースだってある。

 

そんな風に避けられないものであれば、じゃあ

 

「どんな病気が犬には起こりうるんだろう?」

 

「その病気の予兆にいち早く気が付くには何に注意したらいいんだろう?」

 

そういう視点で、普段から犬に起こりやすい病気について基礎知識を身に着けておくことです。

 

病気を100%避けるというのが、現実として無理なら、せめて

 

病気に早く気が付くための対策

 

という先手を打っておく。

 

病気になってからお医者さんに丸投げ、医療に頼り、救ってもらうのが当たり前、という姿勢は、私は個人的には賛成できません。

 

だって、自分の大事な犬や自分自身の身体の事です。

 

どういう治療を受けるかは医師と話し合った上で自分で考え、自分も参加し、最終的には自分で決めたいです。

 

 

これについて、今メールをお読みのあなたご自身はどう考えるでしょうか?

先日読者の方から頂いたメールを1通ご紹介します。

 

 

————————————————–

直子さんこんにちは!今回の「口臭」について興味深く読みました。

 

ウェリナも10歳から11歳へと年を重ねるにあたり人間同様少しずつ不具合が起こってきています。

 

ま、人間だって50ぐらいからガタガタとくるのでそれは犬生において致し方ない事だと思っています。

 

何せ生まれてきてからずっと働き続けてきている臓器さんたちですからね。

 

 

健康診断の結果を見て、肝臓だったり腎臓だったり数値が上がっているのを目の当たりにすると正直気持ちが下がります。

 

 

しかしながら、下がってばかりいられません。

 

 

いろいろ調べると、直子さんのメルマガにあった様に口臭から腎臓肝臓疾患が発見される事があるとしりました。歯周病の菌が肝臓や腎臓に悪さをする事もあると知り、もう目からウロコでした。

 

 

そして今回のメルマガ。ナイスタイミングです。

 

 

ワンコだから口が臭くて当然だよーなんていう方も実はいるんですよ。犬が歯を磨く?!って笑われる事も。

 

 

最近は私も無駄な抵抗はせずにスルーしておりますが以外と口腔ケアを知らない人も多い事も事実です。

 

 

ワンコの歯磨きは大変ですが、いろいろと方法がある様なので無理なく続けられるものを選ぶのもいいですね。我が家では毎日ウェリナとの格闘です(笑)

 

 

歯周病からいろんな病気に発展する事もあるという事がもっと広まるといいなと思います。

(ウェリナママさん)

————————————————–

 

 

ウェリナママさん、いつもありがとうございます。

 

ウェリナちゃんも、もう11歳。(ついこの前までパピーだったのに…)

 

 

道理で我が家のぐりが今年13歳になるはずです(笑)

 

 

年を取れば、生き物ですからいろいろ出てきますよね。

 

 

わが家のぐりも、肝臓の数値が上がって現在、慢性肝炎のコントロール中です。

 

 

幸い、早めの発見、早めの対策で、今のところ薬でうまくコントロールできています。生活に支障は全くなく、ガツガツ毎日ご飯を食べて元気です。

 

 

歯周病は結構全身の病気に広がるケースがあることと何より、歯周病が原因で顔に膿が溜まり破裂するケースも結構あります。

 

本当にたかが歯周病、されど歯周病。

 

でもおっしゃる通り、こういうことを知らない方も多い。

 

歯ブラシ1本で、高確率の予防になるのにも関わらず、です。

 

 

まずは「知ること」、そして予防について「できることは実践すること」これに尽きると思います。

 

知っていても実践できないという人も多いです。

 

なので、たとえどんな小さな予防の取り組みでも

 

「実践できる」

 

という人はすごい、と私も思います。

 

ウェリナママさん、メールありがとうございました。

 

また何かありましたら、お知らせくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

2018-04-22 09:56:53

家庭で出来る犬の病気予防、する人としない人

テーマ:犬の病気予防と早期発見

こんにちは。Office Guriの諸橋直子です。

昨日この本を読んでいたら、かなり面白くて結構夜中まで読んでしまいました。

●極北クレイマー:海堂尊

話の内容をざっというと、ある病院で起きた、帝王切開での妊婦・胎児の死亡事故がテーマです。

 

実際は「事故」。

 

でも、遺族はそれを「医療ミスでは?」と訴え、担当者の産婦人科医は逮捕される、という内容です。

 

産婦人科医の先生は、それまで地域医療にプライベートを投げ打って貢献していた人でした。

 

この本のテーマは

 

「医者は病気を治せて当たりまえ、命は助かった当たりまえ、と市民は思い込んでいる。

 でも実際に医学は万能ではないし、医師も神ではない。

 この前提を理解しないまま、事故があるたびにすべてを医師と医療のせいにして追求すればいずれ医療は崩壊するだろう」

 

という非常に深い内容です。

 

「メディアはいつもそうだ。白か黒の二者択一。

そんなあなたたちが世の中をクレイマーだらけにしているのに、まだ気がつかないのか。

日本人は今や一億二千万、総クレイマーだ。自分以外の人間を責め立てて生きている。

だからここは地獄だ。みんな医療に寄りかかるが、医療のために何かしようなどと考える市民はいない。

医療に助けてもらうことだけが当然だと信じて疑わない。何と傲慢で貧しい社会であることか」

極北クレイマー:海堂尊著より)

 

このセリフは、物語の最後の方で出てくる印象深いセリフです。

 

物語自体、あっという間に引き込まれる面白い作品なので、興味のある方は是非読んでみてください。

 

 

>医療に助けてもらうことだけが当然だと信じて疑わない。

>何と傲慢で貧しい社会であることか

 

これは私たち自身、そして犬の健康を考える上でかなり考えさせられる視点だと、私は思います。

 

犬も人も、生きてる限り何らかの体の不調に見舞われます。

 

その時、病院へ行きます。

 

病院へ行くことはもちろん、治ることを期待していくわけです。

 

でも、病気によっては完治が難しいケースもあります。

 

病気と長い付き合いになるケースもあるでしょう。

 

 

医学は当たり前ですが、100%完璧なものではないですし、生物の身体についてはまだわかっていないことの方が多い。

 

 

そんな中で、現在わかっている範囲内で医学は私たちに、現時点でのベストを尽くしてくれます。

 

問題はその「医療を受ける側」である私たちの側はどうだ?ということですね。

 

私自身が常に感じていることは、これですね。

健康について、病気になったときに病院や医師に丸投げ、という姿勢で本当にいいのか?

 

 

大事な私たち自身や犬の身体の事です。

 

私たちも普段から「身体」について知っておく努力くらいは、少なくともしておくべきではないな、と、個人的には強く思います。

 

そして「身体」についてわかると、身体との付き合い方も分かります。

 

メンテナンスの方法も分かってきます。

 

「睡眠が不足すると免疫が弱まって風邪を引きやすくなるからちゃんと寝よう」

 

とか

 

「肉も野菜も米も魚も果物も、偏りなくおいしく食べる方が、胃腸の調子もいいし疲れも取れる」

 

とかですね。

 

 

大事な私たちと犬の身体なので、特徴と仕組みをしって、日々メンテナンスをして丁寧に扱おう!という意識が芽生えてきます。

 

これが健康管理、とか、病気の予防、と言われる状態です。

 

しかしながら、一生懸命予防や健康管理について知り、実践しても現実としてはやはり体調を崩すこともあるし、病気になるケースもある。

 

これは生きていく以上、避けられないことです。

 

大事なのはこの「現実」を一旦受け入れることですね。

 

病気は確かに嫌なんだけど、身体に不調を全く抱えずずっと生きていけるというのは難しいです。

 

生き物である以上、やっぱり病気になるケースだってある。

 

そんな風に避けられないものであれば、じゃあ

 

「どんな病気が犬には起こりうるんだろう?」

 

「その病気の予兆にいち早く気が付くには何に注意したらいいんだろう?」

 

そういう視点で、普段から犬に起こりやすい病気について基礎知識を身に着けておくことです。

 

病気を100%避けるというのが、現実として無理なら、せめて

 

病気に早く気が付くための対策

 

という先手を打っておく。

 

病気になってからお医者さんに丸投げ、医療に頼り、救ってもらうのが当たり前、という姿勢は、私は個人的には賛成できません。

 

だって、自分の大事な犬や自分自身の身体の事です。

 

どういう治療を受けるかは医師と話し合った上で自分で考え、自分も参加し、最終的には自分で決めたいです。

 

 

これについて、今メールをお読みのあなたご自身はどう考えるでしょうか?

先日読者の方から頂いたメールを1通ご紹介します。

 

 

————————————————–

直子さんこんにちは!今回の「口臭」について興味深く読みました。

 

ウェリナも10歳から11歳へと年を重ねるにあたり人間同様少しずつ不具合が起こってきています。

 

ま、人間だって50ぐらいからガタガタとくるのでそれは犬生において致し方ない事だと思っています。

 

何せ生まれてきてからずっと働き続けてきている臓器さんたちですからね。

 

 

健康診断の結果を見て、肝臓だったり腎臓だったり数値が上がっているのを目の当たりにすると正直気持ちが下がります。

 

 

しかしながら、下がってばかりいられません。

 

 

いろいろ調べると、直子さんのメルマガにあった様に口臭から腎臓肝臓疾患が発見される事があるとしりました。歯周病の菌が肝臓や腎臓に悪さをする事もあると知り、もう目からウロコでした。

 

 

そして今回のメルマガ。ナイスタイミングです。

 

 

ワンコだから口が臭くて当然だよーなんていう方も実はいるんですよ。犬が歯を磨く?!って笑われる事も。

 

 

最近は私も無駄な抵抗はせずにスルーしておりますが以外と口腔ケアを知らない人も多い事も事実です。

 

 

ワンコの歯磨きは大変ですが、いろいろと方法がある様なので無理なく続けられるものを選ぶのもいいですね。我が家では毎日ウェリナとの格闘です(笑)

 

 

歯周病からいろんな病気に発展する事もあるという事がもっと広まるといいなと思います。

(ウェリナママさん)

————————————————–

 

 

ウェリナママさん、いつもありがとうございます。

 

ウェリナちゃんも、もう11歳。(ついこの前までパピーだったのに…)

 

 

道理で我が家のぐりが今年13歳になるはずです(笑)

 

 

年を取れば、生き物ですからいろいろ出てきますよね。

 

 

わが家のぐりも、肝臓の数値が上がって現在、慢性肝炎のコントロール中です。

 

 

幸い、早めの発見、早めの対策で、今のところ薬でうまくコントロールできています。生活に支障は全くなく、ガツガツ毎日ご飯を食べて元気です。

 

 

歯周病は結構全身の病気に広がるケースがあることと何より、歯周病が原因で顔に膿が溜まり破裂するケースも結構あります。

 

本当にたかが歯周病、されど歯周病。

 

でもおっしゃる通り、こういうことを知らない方も多い。

 

歯ブラシ1本で、高確率の予防になるのにも関わらず、です。

 

 

まずは「知ること」、そして予防について「できることは実践すること」これに尽きると思います。

 

知っていても実践できないという人も多いです。

 

なので、たとえどんな小さな予防の取り組みでも

 

「実践できる」

 

という人はすごい、と私も思います。

 

ウェリナママさん、メールありがとうございました。

 

また何かありましたら、お知らせくださいね。

 

本日は以上です。

Office Guri
諸橋直子

(終)

  この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。 このメルマガの最新号を購読しませんか? ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。 自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください*

 

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!


まずは自宅で愛犬のホームケアについて学んでみたい!

そんな飼い主さんのためにOffice Guriでは 無料で学べるオンライン講座を多数ご用意しています。 ぜひ今すぐ申し込みをしてくださいね! ↓   ↓

 

 

骨愛犬の健康的な食事について学ぶ骨

  ↓      ↓

 

犬愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナーはこちら

 

 

犬犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説:無料請求はこちら

 

 

犬犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

 

犬犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:
栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

 

にんじん犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!:
請求はこちらから

 

 

キラキラ犬のアロマセラピーについて学びたい方はこちらキラキラ?

 

 

キラキラアロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

 

キラキラのためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら

 

キラキラ犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら

 

キラキラ犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

 

 

クローバーその他、犬の健康増進のための基礎知識クローバー

 

クローバー 愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!


Office GuriのFacebookページ、Twitter、犬用石鹸販売サイトです。 こちらもご活用ください! Office Guri FacebookページOffice Guri Twitterぐり石鹸公式サイト 人気ブログランキングへ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。