五十嵐総合事務所のブログ

五十嵐総合事務所のブログ

ブログの説明を入力します。

7月3日からの大雨により多数の住宅が流失し、浸水しとても大きな被害となっています。また昨日は東北でも大雨が降り河川の決壊が相次いでいます。

 

浸水によって土砂が家の中に入ってきて、大切な保険証券が紛失することも想定されます。どこの保険会社に入っているか、どこの保険代理店で加入しているか分かっていれば問題ないのですが、保険には加入しているもののどこの保険会社だったか憶えていない場合もあるかと思います。

 

そのような場合、日本損害保険協会の「自然災害損保契約照会センター」の利用をお勧めします。加入保険会社が分かる場合があります。

 

日本損害保険協会「自然災害損保契約照会センター」

電話:0570-001830または03-6836-1003

フリーダイヤル:0120-501331

対象地域:災害救助法が適用された地域

 

 対象となる地域は災害救助法が適用された地域となっています。今回の大雨により福岡県で災害救助法が適用された地域は「大牟田市」「八女市」「みやま市」「久留米市」となっております。

本格的な梅雨の季節です。

 

朝起きると大雨警報が出ており、ここ数年の九州の大雨被害がまた今年も来るのだろうか、と思ってしまいます。また千葉県では震度5の地震があったようで、なんだか嫌な感じがします。

 

昨今水害が多いので、お客様より水害に関する補償の問い合わせが増えました。

 

自動車保険で「今入っている車両保険は水害で保険対象となりますか?」というご質問などです。

 

自動車保険で新規でご加入いただく方の中には最初から「車両保険は入らない!」と断言されている方も多いのですが、念のため試算して保険料をご案内させていただき、どのような事故の時に車両保険が対象となるのかご説明させていただくと、ご加入いただくケースも多くあります。

 

車両保険を付帯するとすごく保険料が高くなるケースと思ったより高くならないケースがあります。それは車の型式と車両価格によって車両保険の保険料が違うためです。

 

自動車を所有すると、運転の力量に関係なく、当て逃げされるリスク、水没してしまうリスク、窓ガラスへの飛び石での破損などいろいろなリスクがあります。

 

私も経験がありますが当て逃げはショックですね。最近はドライブレコーダーの普及で当て逃げ犯が見つかることも多くなったように思います。

 

お客様からの質問でこれまた最近多いのが「福岡県の条例で自転車保険の加入義務化が決まったが、入っている個人賠償で大丈夫ですか?」というものです。

 

これに関してはご質問が多いため、個人賠償責任補償特約ご加入のお客様に保険の更新時などに上の質問をいただかなくてもご説明をするようにしています。

 

梅雨突入と同時に蒸し暑さも増してきています。マスクの着用もやっぱり暑いですね。ユニクロのマスクは性能がいいのでしょうか?しかし、マスクを買うために行列には並びたくないです。

 

今日はお客様のお宅にお邪魔した際に、しそジュースをいただきました。この時期しそジュースは最良のアイテムです。清涼感あるので最高です。お客様に感謝です!

 

室内で清涼感を求める場合、はっか油がいい、と新聞記事に書いてありました。近いうちに購入して試してみたい、と思うこの頃です。

今月より土曜日の営業(第1・第3)を再開いたします。5月はお休みをさせていただいておりました。

 

今月よりやっと再開できます。土曜日は今までと同様午前中のみの営業ですのでご注意ください。

 

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により4月・5月は、対面でのお手続きを自粛させていただいておりました。

 

徐々に日常に戻りつつありますが、現在もオフィス内の除菌・換気を心掛けております。

今後お手続きに関しましては、お客様のご希望に応じて対面または郵送での対応をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

現在のところ、コロナウィルスも収束にやや向かっている感じはしますが、北九州市で感染者が増えたりと、どのような動きをするか予測できない不気味さがあります。

第2波は確実に来る、と言われています。

スペイン風邪の場合、収束に3年はかかっていますので、まだまだ長引きそうな予感がします。
 

報道は当たり前ですが連日コロナウィルス関連ばっかりですね。

コロナ関連のニュースは見すぎるとよくないですね。

私の場合だいたい毎日1つか2つ情報を仕入れたら、それ以上は意図的に見ないようにしています。

 

ながらでずっとテレビを付けておくと、いつのまにか情報が入ってきます。

それはいいようで、本当は体に精神にいいのか?ってことも考えます。

スマホをあまり見ない。

ネットニュースをあまり見ない。

必要最小限で充分!

これが今の自分に課している使命(?)です。

 

季節も夏に向かってまっしぐら。

段々暑くなってきています。

保険代理店としては、今年も台風がいっぱい来るんだろうなあ、とか考えたり。

猛暑で体を壊すことなく夏を乗り切るために体調管理に気を付けていこうと思います。

皆様いつもお世話になっております。

 

緊急事態宣言が出ている関係で、現在出社人数を調整し業務にあたっております。

 

土曜日は第1,3土曜日に限り営業を行ってまいりましたが、当面の間土曜日の営業を休業とさせていただきます。

 

更新手続きについては、当面は郵送での対応をさせていただいております。新規契約等で緊急の場合に限りご対面での手続きをさせていただきます。

 

皆様におかれましては大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

ご契約いただいている皆様、そのお家族の方々、当社と取引のある関係者の皆様へコロナウィルスに負けないよう、この大事を無事乗り越えていただけるよう切に願います。

 

私は、このような時こそ遠くにいる友人、兄弟、近くにいる家族と連絡を取り、協力しながら何とか乗り越えていこうと思っています。

 

共に頑張りましょう!

コロナウィルスの影響でお客さんの動きが鈍いように思います。

例年なら車両入替などが多い時期ですが、今年はかなり少ないです。自動車の購入もかなり減っているようです。

 

保険代理店としての影響は、イベントが中止になったことによるレクリエーション保険や旅行保険が契約取消になったりしています。また車の購入が減ると自動車保険の販売も減るので、これからダメージが出てきそうです。

 

もしかしたら緊急事態宣言を出すかもって状況になっており、「遅い」という声も上がっているようですが、今回の場合タイミングが非常に難しかったように思います。

 

当初はインフルエンザ程度の死亡率と言われていましたので、感染者増えても大したことないだろうくらいに思っていたのが、私を含め多くの方の考えだったように思います。

 

感染者が増えることで医療崩壊が起き、さらに爆発的感染が起き・・・とイタリアみないな状況を想定できていなかったからです。

 

平和な時に有事の悲惨な状況に備える、ということは災害発生のときにも共通することですが、平時のときは「まだいいや」「多分大丈夫」と思ってしまいがちです。

 

志村けんさん・・・。とても残念です。偉大な人だったなあ、と改めて思います。今回のウィルスがなかったら、まだ長生きしていただろう、と思うとご遺族の方は特に無念極まりないと思います。

 

今朝のニュースを見ていると、緊急事態宣言の発動はもう時間の問題のような報道でした。発動されるなら、関東がおそらく最初に発動されるでしょう。では私が住んでいる九州はどうなるのかが気になります。全国的な緊急事態宣言になれば、仕事をどうするのかという問題が出てきます。

 

九州で緊急事態宣言が発動された場合、生活に必要な業種のみ営業許可されたとして保険代理店はどうなるのか?もし営業許可・自粛となったら、自宅でテレワークとなるかと思います。会社への電話を私の携帯へ転送して、パソコンも家に持って帰って、お客さんとはなるべく会わず、電話対応かサインが必要なものは郵送で対応する等が求められるかもしれません。

 

早く終息してほしいものです。