とおかんや

とおかんや

和力主宰、加藤木 朗の許で学ぶ地力塾生が、十日夜に書く日記。

また10日の夜「とおかんや」がやってきた。

今日は早朝にお師匠さんによる「駒つなぎの桜」奉納舞が執り行われた。

阿智村の銘木、樹齢400年の桜の木の下で、毎年ご家族で舞を奉納されてきた活動がだんだんと人に知られることになり、今では例年、桜とその下の田んぼの水鏡に映る鶏舞を写真に収めようとシャッターを切る人々が集まる。

あくまでもご家族での奉納なので私はお囃子のお手伝いなどはせず遠くから見守った。これを観るといよいよ外仕事を本格的に始める季節が来たことを実感する。

今は外仕事の中では薪の仕事が好きだ。薪はただ割ればよいというものではなく、そのあと積んでようやくひと段落する。

その積み方も、崩れないように見た目も美しく積むにはいろいろとコツがある。積んでからすぐにそこから取って燃やすのか、それとも1年寝かしておくのかによっても積み方は変わる。薪を取りに来た人がけがをしないように、どこかを取ったらどこかが崩れたりしないように積むのも大事だ。

その時手に取った薪の形状、木の種類、乾いているかどうか、重いかどうかなどを瞬時に把握して、適材適所な場所へ積んでいく。最近ようやく少しコツがつかめたような気がする。

お師匠さんは物まねがうまい。物まねと言っても芸能人のまねではなく、その辺によくいる普通の人のまねだ。「そうそう!そういう人いますよね。」と膝を叩きたくなるような、人間観察から掴んだと思われる、個性のデフォルメが面白い。

例えば、ちょっと気取ったOL、農家のKさん、デート中に気まずい雰囲気になるカップルのやり取りなど、今までに目撃したレパートリーはかなり多い。

「なんでそんなに物まねが上手いのですか。」と尋ねたら

「踊りだって言ってみれば物まねだからね。」

とおっしゃっていた。

本当にそうだなと実感するのが、お師匠さんによる翁の舞だ。

昨日、ユーラシアさんという、ギター、ベース、尺八、大正琴のバンドのみなさんとのコラボによるコンサートがあり、最後の演目でお師匠さんが翁に扮して舞った。

散る桜をイメージしてリーダー桑原さんが作曲した『ひとひらの』という曲に合わせ、翁が鍬を担いで登場し、農耕のしぐさを取り入れた舞がある。途中若者へと面が変わるところで番楽のお囃子が入ってガラッと雰囲気が変わり、新しい命の横溢が表現されている。

この時のお師匠さんはまさに翁そのもの。本物の翁になられるまでずっと舞台を傍で観ていたい。

Be the first penguin. という言葉をお聞きになったことはあるだろうか。

ペンギンもほかの多くの動物同様、群れで行動することで捕食者に全滅させられないように生きている。1番乗りで氷の端っこから、天敵のいるかもしれぬ海にドボンと飛び込むのが勇気ある「最初のペンギン」だ。その姿になぞらえて「勇気と度胸のある最初の一人になれ」という意味のちょっとした格言のような言葉として使われている。

なぜ急にこんなことを書いたかというと、今日意外な場所で久しぶりにこの言葉を見かけたからだ。

今日は地元でもう20年来活動を続けてこられているという、元気なおばちゃ…いや、おねえさん達の和楽器サークルのお稽古に、お師匠さんのお供をしてお邪魔してきた。

今取り組んでいる「こきりこ節」に当たり鉦や太鼓をどう入れるかアドバイスが欲しいというご依頼だった。非常に熱心な皆さんで、時間の許す限り沢山のことを質問なさって充実した時間だった。

 お昼ご飯を私たち弟子の分までご用意くださったお礼に、私と真央ちゃんで自分たちのやっているバージョンの「こきりこ節」を演奏することになったのだが…。

いつもと違い私は胡弓ではなく篠笛担当。いざ吹こうとしたら、皆さんが一斉にスマホで動画を撮ろうとスタンバっている。それを見た瞬間、緊張の嵐が吹き始め、顔の筋肉が震えてまったく笛が吹けない。何回かやり直させていただいたが、この嵐は一向におさまらない。お師匠さんが見かねて「後ろ向いて吹かせてもらったら?」と助け船をだしてくださった。

木の壁を向いた私はかろうじて笛が吹ける状態になり、なんとか演奏できた。しかし、こんなことで、これからの本番はいったいどうすればいいのだろう。いつも背中向きで出演できるわけがない。何とかして克服しなくては。

 実はこの演奏の前に、お昼ご飯の入っていたバッグに、先ほどの「Be the first penguin.」が書いてあった。まさにこの言葉は今の私に必要な言葉だった…。

最近、事務仕事の日には過去の和力公演の写真整理をしている。

5年前、10年前と遡っていくと、今までの様々な音舞語の演目や、見たことのない衣装や、会場が写っていて、「きっとこんなシーンだったのかな。」「こういう話だったのかな。」「これはどんな太鼓だったんだろう」と想像がふくらんだ。

コロナ以降は全く見ることがなくなったしまった、ホールにぎっしりと詰めかけたお客様の様子も今となっては懐かしい。百年後にはもしかして、感染症流行以前のとんでもない「密」の公演の様子、として歴史の教科書に載るかもしれない。

お師匠さん、木村さん、小野さんがそれぞれちょとずつ若返っていくが、大きくはお変わりがない。お師匠さんに至ってはどんなに遡っても今と同じ体形だ。

私から見て、「これは良い!」と思った写真、宣材として使えそうな写真を選りだして整理し、お師匠さんにも見ていただいた。素晴らしいと思う踊りのワンショットも、ご本人から見ると不服な点があるようで「この時背中が丸いな~。」「腰高いな。」と、あくまでご自身のお仕事に対しキビシイ方である。

和力の皆さんは全員、独自の道を歩まれているから、三人とも「first penguin 」だと思う。

私もまた今日からペンギンのようなよちよち歩きでもいいから少しずつ前進だ。まずは前向きで笛を吹けるように!

今朝のこと。近所の方が伐採した柿の木を薪用に下さるというので、お師匠さんと現場の様子を見に行ってきた。そこは急斜面の段々畑で、思った以上の広さがあり、20本以上あったという柿がきれいに1メートル未満に辺り揃えられて積まれていた。畑の一段一段は細長く車で入って行ける場所も限られているので、大部分は手運びで軽トラのある場所まで運び上げることになりそうだ。

「すごくいいトレーニングになる。」

とお師匠さんは嬉しそう。

地主さんの87になるおばあちゃんが杖付きながら現場まで歩いて案内してくださり、昔話して聞かせてくれるのを、お師匠さんも相槌を打ちながら一生懸命聞いていた。(たまに私はお師匠さんのお嬢さんと勘違いされるが、今日もそうだった。)

お師匠さんはご自分のことを「短気だ」と言うが、普段そんな様子は全く感じられない。むしろ名前の通りいつも朗らかで親切で、思いやりがある人だ。お師匠さんが何かにムッとするのはよほど相手が失礼だったり、間が悪いときに限られる。

短気というなら私のほうがよっぽど短気で、しかもせっかちだと思う。子供のころから準備と片付けに時間のかかることは嫌い。パッと手に取ってすぐ稽古できる楽器は好きだが、水泳のように、着替えたり、終わった後ひっつく水着をクネクネしながら脱いだり、洗濯しなくてはならないような面倒なスポーツはやりたくない。親のせいにするわけではないが、『坊ちゃん』の出だしを真似るなら、私は親譲りのせっかちで子供の時から損してきたかもしれない。

それでも大人になると、自分で自分の性格の特徴が少しずつ見えきて、自分のあやし方、機嫌の取り方も経験上わかってきたりして、少し生きやすくなって来るようだ。

お師匠さんの所へ来てから、舞台作りに参加させていただき、モノづくりを教えていただいたり、田んぼや畑、薪づくりなどいろいろなことをやるようになり、余計に自分という人間の性格というか、心のクセみたいなものが鮮明に見え始めた。

舞台も外の仕事も携わる人たちと連携プレーだから、その人たちのことも知らなくてはよい仕事はできないと思う。そのためには一緒にご飯を食べるというのがとても大事、というのはお師匠さんの考えだ。

今日は今月27日の「いいだ音楽鑑賞会」のための稽古日だった。お昼ご飯のメインは餃子。最初の一つを包むのに手こずってすぐ嫌になった私は、即座に離脱してチャーハン係になり、餃子はみんなにお任せした。お師匠さんの焼いた餃子の焼き加減は完ぺきだった。