とおかんや

とおかんや

和力主宰、加藤木 朗の許で学ぶ地力塾生が、十日夜に書く日記。

コロナで出演や教室の仕事ができなくなり、もう2か月近くほぼずっと阿智村内にいる。この間に、ただでさえ希薄だった曜日と日付の感覚がますます薄れてしまった。今日が10日でブログの締め切りだということも読者に指摘されて気が付いたくらいだ。危ない危ない。そういえば今日は母の日でもあった。

「必要は発明の母である」と言うように何かをこの世に生み出すのが「母」なのだとしたら、男性だけどお師匠さんはここにあるいろんなものの「母」に違いない。獅子頭、権現頭、狐のお面、下駄箱、お箸、剪定ばさみを腰に下げるホルダー…この2か月でいろんな物を作り生み出し続けているお師匠さんは、こうしている今も隣の稽古場で何か作っていらっしゃる。トントンとハンマーを打つ音がさっきまでしていた。

私にとって最近は「真っすぐ」が課題になっている。真っすぐを出すのは難しい。

畑で野菜の畝を立てる時はまずは鋤で一列溝を掘り、そこにたい肥や腐葉土を入れて土と攪拌することから始める。この時に真っすぐな直線の溝を作らないと、永遠に今シーズンの畝は曲がったままだ。

鍬や鋤を打ちおろすときに、その刃の向いている方向が自分よりだとどんどん手前に曲がっていく。真っすぐに振りかぶって真っすぐに振り下ろす。そう教えていただいてからは比較的真っすぐな畝ができている。太鼓のバチと同じみたいだ。

 鋸で板を垂直に真っすぐに切り落とすのも難しい。板に桟木を固定するビスをインパクトドライバーで真っすぐにねじ込むのも、自分では垂直にしているつもりでも実際にはそうなっていないことが多い。真っすぐに見るのも難しい。

今日は昼間は雨で外の作業はできなかったので、稽古場内の桶太鼓や道具類を収納するラックと棚を作った。お師匠さんの設計図に従って、濡れないようにベランダで材木を鋸でギコギコと刻んでいく。

コの字の棚の脚になる分厚い板を、垂直に切らなくてはならなかった。少しでも斜めになると、立てた時に脚が安定しなくなる。「難しいから俺がやろうか。」とお師匠さんが助け舟を出してくださったのだが、自分でやりたくて「いいです。やります。」と断った。それが間違いだったとわかるのにそう時間はかからなかった。やっぱり素直に代わっていただいた方が良かったかもしれない。ちょっと斜めになった棚の脚を後から真っすぐにはできない。これからは素直に、一直線、ためらわずに鋸をお渡しするようにしよう。

 

先ほどまで、権現舞の頭の形に掘った発泡スチロールの塊に、小さくちぎった障子紙の破片をひたすら貼りつけていた。今お師匠さんに教えていただきながら自分用の頭を作っているところなのだ。紙は、あらかじめちぎって細かくしたものを沢山用意しておき、薄めた接着剤をつけた筆の先でちょんとついて取っては貼り、取っては貼り、を繰り返す。時間のかかる作業だが、こうして補強をしておかないと舞台での激しい使用に耐えられずに割れてしまうのだそうだ。これを最低でも4回か5回繰り返した後にようやく次の工程、胡粉かけに入れる。薄紅の桜の花びらが散って葉桜に変わるころまでには何とか、先に進んでいたいところだ。

ずっとやりたかった権現舞を始めるための第一歩を、ようやく踏み出したという感じがする。出演ができないからと言って何も下を向いていなくてはならないわけではなく、今できることは沢山ある。お師匠さんはそれを行動で教えてくださっている。この機会に新しい楽器にも挑戦しようと思っている。

ちょうど1週間前のこと。日頃お世話になっている地元の昼神温泉が新型コロナウイルス流行の影響により苦境にある中、何か恩返しをしたいというお師匠さんの発案で、和来座出演者のメンバー数名で家内安全、病魔退散を祈願してきた。先方に求められない限りは施設内には立ち入らず、玄関先で火伏舞、鶏舞、そして最後に権現舞と3つの舞で厄払い。後で数えてみるとなんと全部で19か所を回っていたらしい。道理で久しぶりに筋肉痛になるわけだ。土曜日にもかかわらずやはり宿泊のお客様の数はとても少なかったが、もともと誰もいなくてもやるつもりで出かけていった。中には音を聞きつけて観に来てくださる方たちもいらっしゃりって、従業員の方も含め演奏を喜んでくださったのが何より嬉しかった。

今、先月のこのブログを書いていた時の予想を遙かに超える事態になっている。3月4月どころか、5月の公演も中止あるいは延期にせざるを得ない状況となってしまった。伊那市かんてんぱぱガーデンでの公演は中止。これから売るはずだったチケットの束を、まさか薪ストーブにくべることになるとは思わなかった。

残念な決定が続いていたが、今日は嬉しい電話もあった。皮の貼替えと修理を依頼していた、私がお借りすることになっている三味線が仕上がったとのこと。楽器を迎えに行くのは不要不急の外出には当たらないものと決めている。

 

3月の雨はまだ冷たい。

満月が煌々と照って、窓から見る伊那谷の街並みとアルプスの輪郭がきれいに浮かび上がって見えているのに、ハイエースのワイパーが休む暇もないくらい雨が降っていた。

今日は昼間から濃い霧に町が煙っていた。5月の伊那市かんてんぱぱガーデンでの公演の営業と挨拶回りに向かう車中で、お師匠さんが「今の状況を表しているような天候だね。」とおっしゃった。そう、今まさに私たちの仕事は五里霧中だ。

世界的に大流行中のコロナの影響で公演が次々にキャンセルとなってしまい、張り切って企画している和力のかんてんぱぱ公演も開催が危ぶまれてきた。

かんてんぱぱ(伊那食品工業)は長野県屈指の優良企業で、溶かして冷やすだけで作れる簡単なデザートの素で有名だ。本社のある伊那市「かんてんぱぱガーデン」は、広大な緑豊かな敷地内にレストランや喫茶店が立ち並び、市民の憩いの場になっている。その一角に講演会等で使用されているホールがあり、そちらを貸していただけることになったのだ。

ところが和来座が千秋楽を迎えてやれやれ一息ついた途端、コロナウイルス騒動がますます深刻になってきた。イベントは自粛、地域のお祭りも中止や短縮、小規模化で、しばらくは出演の仕事が少なくなりそうだ。

あまりにもがっかりする知らせが続いたので、どうにか自分たちを元気づけなければと思い、とっさに考え付いたのが、なにか美味しい物を食べること。

早速かんてんぱぱの商品「かんてんクック」で、クリームあんみつを作った。あんこが作れなかったので正確にはクリームみつだったが、お師匠さんは黒蜜がビックリするくらいお好きなので、あん抜きのあんみつでも喜んでいただけた。「かんてんクック」は水に溶かして過熱した後、冷やすだけで固まり、フルーツ等をトッピングすればお手軽に美味しい甘味処メニューが完成する。

私と真央ちゃんは不定期で稽古場のキッチンで「カフェ&バー くまじー」というお店を開いている。(久美子のく、真央のま、地力塾のじ)お客さんは今のところお師匠さんだけ。全メニューがタダで提供される代わり、お客さんには何を食べたいか選ぶ権利はなく、弟子2人のその時作りたいものが出てくる。この日は真央ちゃんも貴重なお客さんで、私一人が料理人だった。

このピンチをどうチャンスに変えるべきか、まだ寒天のようには考えがまとまらない。どこかに名案とすぐ食べられる餡はないだろうか