システムエンジニアのための顧客獲得術 

不況の中、SEが溢れています。

いかにSEとして生き残る事ができるか。


大事なのは、下請体質から脱却し、エンドユーザ指向になる事です。


IT技術の追求のみならず、業務知識が必要です。

そして、忘れていけない重要な事は、顧客を獲得できるマーケティングの知識をです。


私一緒にSEとして顧客を獲得する術を学んでいきましょう。


また、今の自分があるのは、私の両親、家族、友人、会社のスタッフ、お客さん・・・みんなのおかげです。

常に感謝の気持ちを持ち生活したいものです。


~ アメブロ 相互読者登録を受け付けています ~

  

http://www.infocation.jp Access,Excelでのオーダーメイド業務システム開発

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-06-10 11:03:13

ゴルフに学ぶ

テーマ:ブログ

■ゴルフに学ぶ

ゴルフを始めて約8か月
スコアはまだまだですが確実に上達を実感しています。

ゴルフは短所をひとつづつ消していくスポーツだともいわれます。

グリップ、アドレス、振り出し、バックスイング、トップの位置、
インパクト、フォローなどなど

ひとつづつ悪いところを除いていきます。
またメンタルも重要で気持ちの切り替えからポジティブな思考、集中力と冷静さ。

いろんなところに注意をしていく先にナイスショットやスコアアップがあります。

これをビジネスにあてはめてみるとどうでしょうか

ビジネスといっても広範囲なので例えば「営業」
「営業」での欠点を消す事を考えてみると

・アポ取り
・ファーストコンタクト
・顧客との共感や課題の顕在化
・商品、サービス説明
・次回のコンタクト
・クロージング
・フォロー

営業もいろんなパーツで構成されます。
そのパーツごとに欠点を取り除いていくわけです。

顔がブッスとしてないか
商品の押し売りになってないか
資料はわかりやすいか
ヒヤリングは十分できているか
クロージングタイミングは適切か

欠点を取り除いた先にあるのは
顧客との信頼関係だったり、売上利益確保だったりします。

パーツに分解して欠点を取り除く事って結構大切ですね。

ゴルフを始めてみて、
ビジネスへの適用を考えてみました。


-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-06-03 15:38:07

データベース

テーマ:ブログ

■データベース

データベースを学校でも職場でも教えた方がいいかな
と思うのは私だけでしょうか。

ビジネスでは数々のいろんなデータを扱っています。
この情報価値を活かすためのツールとしてデータベースは重要な役割を果たすからです。

例えば、顧客管理
①顧客の住所、名前、連絡先などの基本情報
②顧客の過去に購入した商品・サービスなどの購入履歴
③購入した商品の詳細な情報
④購入にいたるまでのプロセス
⑤今後購入してもらうためのシナリオ

などなど

このような情報はデータベースで管理されます。
大事なデータを活かす事ができるのはデータベースの知識がある人。
新たな付加価値として新しい情報を付加できるのもデータベースの知識のある人

仕事でデータベースを活用しないのはもの凄く効率が悪いです。
逆にデータベースを活用する事で売上げアップ、利益アップに結びきます。

今、プログラミングが学校教育でも注目の的になっています。
私は、その前にデータベースを教えるべきかなと考えます。

データベース的な発想をすると
物事がすっきり整理もできるのではないでしょうか。

そこで
次回ワンコインITセミナー(6月4日(火)では
データベースの基礎について話をします。



-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-05-28 07:57:40

点と点をつなぐこと

テーマ:ブログ

■点と点をつなぐこと

点と点をつないで線にする事

この事は、日常の生活でも仕事でも意識するといいと思います。

・読書では知識という点と点をつないで線にすると理解が深まる
・ゴルフでは体の動かし方の点をつないで線にすると上手になる
・料理では食材や調味料、料理仕方の点をつないで線にすると美味しくなる
・営業では商材やマーケティングの点をつないで線にすると成約する
・プレゼンではスライドと話し方、組み立て方の点をすつないで線にすると良いプレゼンができる

などなど

つまり
何かを成すときにどれが点でそれをどうゆうに繋いで線にするかを考える癖をつけると
成せる確率はあがると思います。




-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-05-22 14:34:19

マインドセット

テーマ:ブログ

■マインドセット

自分のマインドセットはいったい何だろう?
と考える時がたまにあります。
もやっとしていますが実際に言葉として表現してみます。

マインドセットとは
簡単に言えば基本的な「考え方」です。

個人と組織にマインドセットがあるが個人のマインドセットをたまに考えます。

私個人として基本的な考え方

①人生には良い時と悪い時は交互にくると自覚する
②物事を楽観的に考える
③何か成すときには準備する
④行動する時には行動結果を良い方に想像する
⑤自分自身を励ます
⑥他人と喜びや楽しみを共有する

このような考え方をもって過ごしています。

マインドセットとは自分が生きる指針ですね。

皆さんも自分のマインドセットを言葉として表現してみてはいかがでようか



-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-05-14 09:17:41

読書効果

テーマ:ブログ

読書効果

スマホが情報収集の主な源泉となり
常に暇があるとスマホをみている状態になりつつある自分がちょっと不安です。

情報収集でスマホを利用するのはいいのですが
スマホが手元にないと不安になったり、スマホの見過ぎで目が悪くなってきている。
またスマホの電磁波が体に悪影響をあたえるのではと心配もしています。

そこで、
せめて寝るときにはスマホから離れて本を読むようにしています。
もともと本読みの私ですが、スマホを利用してめっきり読書量がおちました。

読書の効果というのは様々あります。

・語彙力が増える。つまり多くの単語の意味と使い方を理解できる
・教養が身につく
・偉人の考え方に近づいていく
・本を読むことで自分ではできないことを追体験することができる
・あたらしいアイデアにつながる

また

・長生きするとのデータもあるようです。

多くのメリットがある読書。
スマホの利用時間低下と読書時間の増加を気にしたいですね。

本は心を豊にしてくれますね。


-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-05-07 15:18:04

令和を迎え

テーマ:ブログ

令和を迎え

元号が令和になりました。

令和の時代は私は高年齢になります。
ただまだまだ平成の時代と変わりなくやりたい事がたくさんあります。

そこで私の令和時代に新たにやりたい事(成りたい事)をリストアップしてみます。

【ビジネス】

・新規商品サービスを開発したい
 例えば、あるサービスとサービスをつなぐ商品、例えば「金融EDI」と「業務アプリ」を結合するなど

・自分が持つスキルを伝えたい
 例えば、プログラミング・データベース・業務知識・ネットマーケティングなど

・データサイエンスを勉強したい
 これは数年前からずっと思っていた事ですが、統計・確率・予測とデータベースを駆使したデータサイエンスを学習したい

・全国を講演して歩きたい
 自分の強みの内容を講演する。そして全国を行脚して美味い料理や酒を楽しみたい

【プライベート】

・ソロギターを上手く弾きたい
 アコースティック専門ですがいろんな曲でソロギターを弾けるようになりたい

・ゴルフがもっともっと上手になりたい
 始めたばかりのゴルフ90台、80台とコンスタントにだせるようになりたい

・絵を描いてみたい
 これは昔から思っていたのですが風景水彩画(特に故郷の村上市の風景)を描いてみたい

【その他】

・体重を今より5キロ落としたい
 まだまだ重いので健康のためにも体重を落としたい

強く願えば願望は叶うと言われてます。
まずは、第一歩として令和の時代の願望を記述してみました。


-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-04-22 17:06:15

平成の時代

テーマ:ブログ

■平成の時代

もうすぐ平成が終わります。

平成の時代と私自身の主に仕事の歩みを振り返ってみます。

【平成元年】 仲間と起業を起こした年
新卒で勤めていたソフト開発会社を辞め、同じ会社にいた同僚達と会社を起業しました。
右も左もよくわかってない者同士の会社経営ですが、世の時代はバブル。
下請けの仕事は多く営業にも困らず半分世の中をなめていた感じはあります。

【同じく平成元年】 母を亡くす
母が51歳で亡くなりました。
すごくショックを受け「これで甘えられる人がいなくなった」と自分自身に言い聞かせ
なんでも主体的にやって行こうと気持ちを切り替ええた年です。

【平成6年】 仲間と作った会社を退社した年。
仲間同士の会社は馴れ合いの感があり、いろいろ考えて仲間と作った会社を退職しました。
代表取締役の肩書をもっていたので会社の借り入れ金の半分(約2千万)
を返済するべき個人事業主として頑張り。約1年半年くらいで返済しました。

【平成8年】 現在の会社を起業
現在の会社(インフォケージョン株式会社)を起業しました。
インフォケーションの名前はインフォメーション(情報)とエデュケーション(教育)の造語です。
世の中はWindows95フィーバー。パソコンの時代だと思いソフト開発のみならずパソコン教室を始めました。

【平成12年】800名の生徒
パソコン教室は順調に生徒数を増やし、教室の数も3校(あきる野、昭島、立川)となり
生徒数も800名を抱えるフランチャイズ加盟校ではトップの生徒数でした。

【平成15年】IT試験会場の実施
パソコンを教えるのみならずみIT教育に力をいれるべきIT試験会場を立川で実施しました。
マイクロソフト、シスコ、IBMなどのベンダー系の試験会場です。
IT試験会場は思ったより大変だったので4年後には撤退。

【平成20年】リーマンショック
世界的不況のリーマンショック。
会社もかなりのダメージを受けました。
この時には従業員も多く、家賃はじめ固定費が多く
毎年、売上が経費が大幅に下回る事に。
このままでは倒産なので立川事務所の撤退、従業員のリストラ、経費の大幅圧縮につとめました。

【平成22年】ソフト開発顧客の増加
平成15年頃からインターネットマーケティングの勉強をし、
それを実践してきた事もあり、ソフト開発での顧客数が大きく伸びてきました。

【平成25年】ストックビジネスへの転換
フローのビジネスだったので毎月の売り上げの変動が激しく、この状況なんとか打破すべき
ストックビジネスに切り替えをはかった年です。
主に保守を重視し保守提案をする事にしています。

【平成31年】大きな案件
現在は昨年よりとりかかっている大きな案件を2件かかえています。
まだ開発半年はかかりそうな案件でプレッシャーもかかえてますが
ある意味、自分自身への挑戦として前向きに取り込んでいます。

ざっと書いてみましたが
細かい事をかくと1冊の本ができそうです。

時代は令和になりますが、
しばらく仕事のスタンスはかわりません。

ただ現在の大きな案件が終わったら
次の挑戦をしてみたいです。


-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-04-15 15:35:37

戦い続ければ、乗り越えられる

テーマ:ブログ

■戦い続ければ、乗り越えられる

マスターズ、タイガーウッズの優勝。
痺れましたねー
4回にわたる腰の手術から一時はウッズはもう終わりとの思われていました。
見事に復活の優勝。しかもマスターズで。凄いの一言です。

その優勝インタビューで

「世の中には人生や肉体的な問題で苦しんでいる人々がいる。メッセージは?」
にウッズは、

--
決してあきらめてはいけない。それしかないんだ。常に戦うこと。
あきらめたら、道はひらけない。
確かに競争に勝って、僕は今ここにいる。
けれど、競争は僕をここから引きずり下ろすものでもある。
ゴルフキャリアにおいても、人生においても、僕は仕事をまっとうするための良い考え方を持っていたけれど、それを変えなければいけなかった。
(昔とは)違う考えを持って取り組んでいる。
(方法はどうあれ)とにかく、戦うことにフォーカスする。
毎朝目覚めて、いつも挑戦が目の前にはある。
戦い続ければ、乗り越えられる
--


そうです。
戦い続ければ乗り越えられる。

ビジネスも同じです。

いやー痺れました。


-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

2019-04-08 16:34:09

分身ロボット

テーマ:ブログ

■分身ロボット

私が理事をつとめます多摩経営者クラブで先週、オリィ研究所の吉藤さんに講演をしてもらいました。
テーマは「自分のもうひとつの身体、分身ロボットはいかに生まれたか」

感動的な講演でしたね。
「亡き友に捧ぐ話ではグッとくる内容でした」
分身ロボット「OriHime」に関しては検索してもらうと様々な情報が得られます。

私が注目するのは、吉藤さんの「クリエイター力」と「マーケティング力」「技術力」

過去に不登校だった吉藤さん。期待されない事が一番のありがたい事で友人もいなく毎日折り紙を作っていたそうです。
そこからのストリーは凄いですね。
ロボット製作や電動車椅子にも情熱をそそぎロボットコンテストで数々の賞も獲得し世界的にも評価されたようです。
その後「世の中の役に立ちたい!」との思いから分身ロボット「OriHime」の開発につながったようですね。

もともと地頭がいいのと、ALSなどの難病の友人達に何が役にたつのだろうと困っている人との関係性を大事にして
本当に必要なものを考え作り上げていく力は素晴らしいです。

困っている人との関係性を大事にするのが吉藤さんの「マーケティング力」
そこから、課題をみつけ「こんなの作ってみたんだけど、どう?」と聞ける「クリエータ力」
そして、それを作ってしまう「技術力」

まだ若干31才の吉藤さん

これからも大注目の青年です。

-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/
 

2019-04-01 18:10:37

新元号でのシステム修正

テーマ:ブログ

■新元号でのシステム修正

本日新元号が発表されました。
「令和」ですね。
また新しい時代を迎える事になります。

さて新元号にともなうシステム修正ですが
私の方で依頼頂いている元号修正がほぼ終了した感です。

和暦対応から西暦対応にする事で修正を対応しました。

新元号でのシステム修正で思うのは、
行政の書類ですね

行政は和暦表示の慣習が残っています。
なかなか書類が多く新元号表示や西暦表示に手間がかかると思います。

和暦文化は大事ですが
コンピュータシステムで和暦を使う事もないと私は思っています。
ナゼに和暦にこだわる人がいるのかが理解できません。

ややこしいのは
データの入力自体も和暦で登録している場合です。
これはやっかいですね。
和暦(平成と令和)混在も含めどうするんだろーと思います。

データの入力は西暦入力で統一すべきです。

西暦入力 → 西暦表示

これがシンプルでわかりやすいですが

西暦入力 → 和暦表示

各、開発ツールの新元号対応が出ればいいのですが、
でない場合ば

①変換テーブルを作成し
②変換ルーチンを作って
③表示箇所で変換ルーチンを利用させなければなりません。

表示箇所が多いと、その分③の処理に修正する必要があります。

難しくはないのですが数が多いと
見逃しや、修正ミスが生じる可能性がありますね。

今、システム開発屋さんは忙しい時期ですね。

新元号にともなうシステム修正に関する感想でした。


-----------------------------


Access,Excelでの業務システム開発
⇒ http://www.infocation.jp ;


無料の小冊子
「ITシステムを成功に導く10の気づき」
のダウンロードはこちらから
http://www.itdl.jp/


あたなの会社で、
Excel,Accessでシステム作成ができる人材を育成しませんか
助成金活用あり
⇒ http://www.officedev.jp/


保険代理的向け顧客管理システム
⇒ http://www.infocation.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>