CFDを始めるにあたって

テーマ:
投資運用のためにCFDを始める場合、たいていは、株やFXで取引と種類を覚え、次にCFDに手を出す、という形になるようです。
CFDの種類と銘柄を覚えるには、株を攻略する必要がありますが、株でも、日本だけで数百、数千とあります。
このため、上場されている225社の日経株価から入るのが基本とされています。

取引したい銘柄をしっかりと吟味し、その後、レバレッジを設定します。
そして、預けている金額の範囲内で、取引額を決定します。
これで、CFDの取引が始まりますが、まずは業者を選定しなければいけません。

初心者の場合、はじめから銘柄が厳選されている業者を選ぶのが良いでしょう。
業者ごとに、取り扱う銘柄は異なります。
日本株、外国株、株価指数など、特定の種類の銘柄に投資をしたいのなら、まず、それを取り扱っている業者を選ぶ必要があります。
商品の先物市場に興味があるのなら、コモディティーCFDを取り扱っている業者を選ぶことになります。

コモディティーCFDを取り扱っていても、株式CFDは取り扱っていない、という業者もあります。この場合は、CFDは一つの口座で様々な取引を行うことが出来ますが、コモディティーCFDから株式CFDに乗り換えることは出来ません。このことは知っておくべきでしょう。

しかし、CFDは元本割れのリスクがある商品ですので、あくまで余剰資金で行うようにしなくてはなりません。

サラリーマン向けの投資法

テーマ:
サラリーマン向けの投資法としてはCFD取引オススメできます。というのもサラリーマンの場合、時間的な拘束があるからです。

サラリーマンの場合、平日の日中は仕事で投資の具体的なアクションを起こすことができません。ですから株式投資には不利なところがありました。というのも株式市場がオープンしているのは、平日の日中のみだからです。
このため、リアルタイムで株式取引がしたくてもできないわけです。

ところがCFD取引の場合、株式一つとっても国内外の銘柄を広く取り扱うことが可能です。
海外の銘柄であれば、時差の関係上深夜でも早朝でもマーケットがオープンしているのです。

ということはサラリーマンの人でも、仕事が終わって家に帰ってきてからも取引に参加することができるわけです。もしサラリーマンの方で、投資に興味のある人は、CFD取引に参加をしてみるといいかもしれません。

もし海外の株式の知識がないという人は、株価指数CFDに参加してみるといいでしょう。全体の指数が対象ですから、個別の銘柄についての知識は必要ないわけです。
今は預金をしていてもほとんど利子が付きません。ですから投資をする人が増えますから、CFDに参加する人も増えてくるのではないでしょうか。

結婚相談所でモテるには

テーマ:
近年婚活が流行っていて、雑誌で特集が組まれたり、婚活相談所の婚活イベントが毎日のように開催されたりしています。
婚活のために結婚相談所に登録をする人もとても増えてきているようです。

では結婚相談所ではどのような人が異性にモテるのでしょうか。

まずよく笑う人で明るい人、または笑顔の素敵な人です。
これはもちろん結婚相談所に限らずによく笑う人はモテるのではないでしょうか。
人としておとなしくて表情も出さないような人とはあまり一緒にいても楽しくないですね。それはどんなに顔が良くてもです。
この差はとても大きなものとなります。男性、女性関係なくよく笑う人は人気があるのです。

職業では、公務員や医師など安定したイメージのある方。
公務員の男性は結婚相談所ではとてもモテます。
女性にとって安定した生活はとても大切なもので、安定した職業の男性は有利だと言えるでしょう。

そしてスポーツができる男性、スポーツマンはよくモテます。
鍛えている人がスーツを着たらとても似合うのです。ですのでこれは当たり前ですがよくモテているのです。
証券会社(イニシアスター証券(会長 品野修三など)を選ぶときに気になるのが、口座開設数の多さですよね。つまり、どれだけ利用者が多いのかという事です。

しかし、利用者の多さとサービス内容はあまり関係性がありませんし、場合によっては利用者が多い事によって不利になる事もあります。
たとえば、スキャルピングトレードをやる場合です。とにかくスピードが求められるのがスキャルピングですから、1秒2秒の世界です。
稼ぐためには、値動きが激しい相場が理想です。つまり、重要指標の発表時などはスキャルピングトレーダーにとって、ビッグチャンス到来といえます。
そんな時、利用者の多い会社ではサーバが重くなってしまう事が考えられますよね。サーバが重くなるという事は、スリッページをしてしまったり、約定時間が長くなってしまったりと、投資家にとってフラストレーションが溜まる事ばかりです。これではせっかくのチャンスを逃してしまいます。

今挙げた例が、利用者が多い証券会社を選んだ際のデメリットです。
ネットで検索した際に出てくる、「CFD紹介サイト」も鵜呑みにしない方がいいでしょう。
一部の法律事務所などが派手に過払い金返還請求のビジネスを広げており、一時期電車内の広告など、ものすごく目についていたと思います。消費者金融が取りすぎていた利息を取り戻すという趣旨のビジネスで、戻ってきた利子のうちの一定の割合を報酬として弁護士や司法書士が受け取るというものです。

法律が変わる前までに支払いすぎていた分を取り戻しているにすぎないため、法律変更後は新しく需要が発生しないということになります。つまり、年数が経てば経つほど回収は終わってしまい、消費者は減っていくのです。

そこで弁護士や司法書士が新しく取り組みだしたのが、未払い残業代を請求するビジネスです。これは、会社が不当に賃金不払いで残業させていた分を過去2年間にさかのぼって従業員が請求するのを支援するという内容のもので、取り戻した賃金から手数料を徴収しているようです。
消費者金融の場合は、会社側が一方的に支払うのみでしたので、気軽に依頼することができますが、残業代の請求訴訟などは、務めている、もしくは働いていた会社に向けて行うものですので、人間関係が悪くなったり、従業員自身の立場を悪くすることもあるために、あまり一般的にはなっていないようです。しかしながら、インターネットによって誰でも気軽に情報発信することができるようになるにつれて、今後労使の問題がよりたくさん顕在化するようになってくると思いますので、今後もしばらくは流行が廃れることはないでしょう。

日研総業の求人

テーマ:
日研総業では、以下のようなサイトで求職中の方を応援しています。

■eシゴト
自動車・家電製品のトップメーカーなどの製造系から、エンジニア系、事務系のお仕事まで、多種多様な職種を検索・ご応募できる日研総業の求人サイト

■JobNAP WEB
大手・優良企業のお仕事から未経験でも出来る簡単なお仕事まで常時1000件以上のお仕事を掲載。
メルマガ登録で旬なお仕事情報もお届けします。

■NIKKEN ENGIEER
エンジニアのための転職支援サイト。機械設計、電気・電子設計、生産技術、バイオ・メディカル、ソフト系開発など、職種や志向などキャリアプランに合ったお仕事をご案内します。
日研総業では営業職製造業IT職に至るまで、様々な人材の派遣を行っております。

彦根トレーニングセンターは、主に電子部品・電気機器製造の研修施設です。一般研修の他、設備保全など専門技術の育成に注力。
また能力開発トレーニングやグループ討議など、自己啓発にも力をいれています。

「認定職業訓練校」の資格も取得しており、家電機器組立科/電子機器製造科初級/電子機器製造科中級/半導体製品製造科/生産設備保全科の認定職業訓練を行っています。

◆主な研修内容
【能力開発トレーニング】
就業意識の向上や目標設定の明確化を図ります。

【グループ討議】
研修生でグループを作り、実際に起こり得る事例について考察し、その内容をグループごとに発表します。『業務遂行に対する自己の考え方』など、ディスカッションを通して学んでいきます。

【半導体研修】
半導体製造工程・クリーンスーツの着用方法・ウエハーハンドリングなどの半導体基礎研修から、生産管理システムの操作に必要なパソコンの基本操作など、幅広い半導体製造トレーニングを行います。

【組立研修】
家電製造現場にて必須技能とされるエアードライバー研修やハンダ付け研修、シール貼り研修、微小選別研修の他に、自動車製造で頻繁に使用されるインパクトレンチの研修といった組立一般のトレーニングを行います。

【設備保全研修】
設備管理・保全・設計の基礎教育を目的とし、お取引先の製造ライン、生産設備の構成、役割に合わせてオーダーメイドでカリキュラムを作り込み、座学と実技を組み合わせて研修を実施します。

【管理者研修】
衛生管理者(第一種)や国家検定機械保全・電気保全などの資格を取得するための講座を設けるなど、公的機関とコラボレーションを図り、外部講習機関として特別教育を実施し管理者の育成を行っています。

※その他のカリキュラムや「オーダーメイド研修」も実施しています。

インターンシップの体験談

テーマ:
私がインターンシップ体験をして感じた印象は、京西テクノスはとても雰囲気が良く、技術力のある人がいるということでした。実習体験では、本物の医療機器に触れたり、修理箇所の探し方を教えてくださったり、実際の修理現場のピリピリとした雰囲気、修理の依頼から修理をするまでの流れなど、学校では知ることのできないことを知ることができてとても良かったです。
他にやりたいことはもっと医療機器に触れたり、修理の現場を見学してみたかったです。欲を言えば実際に簡単な修理でもよかったので修理をしてみたかったと思いました。

 今回のインターンシップはとても有意義なものでした。今後どのような勉強をすれば良いのかや、 会社とはどのようなものなのかが少しでもわかったので良かったです。 インターンシップを受け入れてくださって、本当にありがとうございました。
 私はインターンシップに参加するまでは、企業というものはとても堅苦しいと思っていました。 しかし、京西テクノスの社員のみなさんはとても親しみやすく親切な人が多く、楽しく実習を受けることができました。

 私がインターンシップを通して思ったことは、固定概念に囚われていてはいけないということです。
私は学校でネットワークのことを勉強していなかったので、 最初ネットワークの実習を受けると聞いたときは余り乗り気ではなかったのですが、実際にやってみるととても面白く、インターンシップが終わっても勉強してみたいと思うようになりました。

貴重な体験の機会を作っていただいた京西テクノス株式会社の皆さんにはとても感謝しています。
海外投資のために役に立ちそうなニュースを紹介していきます。





海外投資ニュース






世の中の大きな動きに関連していそうなニュースを紹介しようと考えています。大局的に市場を見るための参考になればと思います。



最近だと政権交代によって大きな動きが相次いでいますのでそれらに関連したものなどもピックアップしていきます。








最近政府の支出が次々と増えていますね。
その多くが生活が苦しいといわれている方々の保護のために使われています。

働かないでも生活保護で20万円以上もらえてしまうというのが
現状ですので、真面目に働く気が起きなくなってしまう方も
たくさんいらっしゃるような気がしています。



真面目に努力をしている人が税金を払うことで損をする世の中になってしまうと、
サボる人の割合はどんどん増えていってしまうので、
あまり優遇しすぎてもよくないかと個人的には思います。