遅れて来た挫折の記憶 | /// H A I H A I S M ///

/// H A I H A I S M ///

あわてない、あわてない。赤ちゃんが「はいはい」するように、のんびりゆっくり進みましょう。


テーマ:
受験の思い出 ブログネタ:受験の思い出 参加中

いやぁ。
追われた気分で仕事をすると、段取りを間違うな。

やっぱりボクは、
リゾートかなんかでのんびり仕事をすると、
力が出るタイプなんだね。

*****

さて、
ボクは、小学校を受験したことがあります。
今風に言えば、「お受験」ですね。

記憶をたどると...

1 問題文の「答えを丸で囲みなさい」の「丸で囲む」の意味がわからなかった

2 上級生の投げたボールを、上手にキャッチできなかった

3 試験終了後、両親との待ち合わせが上手く行かずに、迷子になっちゃった

って、ダメダメばっか。当然、受からなかった。

5歳にして、早くも挫折!

でもね、この挫折の記憶は、ずっと後になって思い出したものなんです。

*****

と言うのは...

母は、さすがに5歳で挫折は可哀想だって思って、
って事は、落ちるって思ってたって事なんだろうけど、
ボクには入試のことは何も言ってなかった。

同じ年くらいの子どもが集まる会があるから、ちょっと行ってみましょ。
ってな感じのノリで、ボクを連れて行ったみたい。

だから当然、不合格の結果はボクには知らせなかったのね。


しばらくして、おそらく小学校3年生くらいの時、
母と一緒に、バスでその学校の前を通る事があった。

「あ、ボク、この学校知ってる。来たことあるよね」

「そうかな~ なぁくん、来たことあったっけ」

「なんで来たの? ね、なんできたの?」

「あら? なんで来たんだったっけ? バスで来たんじゃないのかな、やっぱり」

なんてボケで、ボクはもうはぐらかされる事ありませんから~
その後、ひつこく聞き続け、
母は、事実を初めてボクに告げたってワケです。

3年遅れの挫折感...

で、そういえばということで、当時の記憶を振り返ってみたのが、
前出の3つの記憶だったんです。

*****

ま、本当の事を言えば、挫折感を感じたってことはなかった。

当時通ってる学校が十分楽しかったものだから、
あ、そうなんだ。この学校に来てたかもしてないんだ。
落ちて良かった!

てな、感じでね。


ところがその後、ボクの家族は、妹も、息子も、娘も、
この学校のあるK市の教育機関には、ことごとく拒否され続けることになったのだ。

そんなに嫌われるほど、ひどい成績だったのか? ボク。

ブログランキング・にほんブログ村へ ← click me!

なつむぎさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス