【駆け込み寺】びじっと(visit)の面会交流支援・ADRくりあのことをお母さん僧侶がつぶやきます♪

【駆け込み寺】びじっと(visit)の面会交流支援・ADRくりあのことをお母さん僧侶がつぶやきます♪

お母さんは、日蓮宗のお坊さんになりました。お母さんには、お前に伝えたいことが、たくさんあります。
☆一般社団法人びじっと・離婚と子ども問題支援センターは、民間の面会交流支援団体です。

びじっとの面会交流支援を利用している子どもたちへ。



お父さんとお母さんが離婚をしたのは何故なのか知りたいなら、あなたの自分のその目で確かめてごらんなさい。

お父さんからの話しを聞いても、お母さんからの話しを聞いても、どちらも間違いではなく、正しくもないのです。


何故ならば、お父さんとお母さんは、一人一人違う人間ですから、同じものを見ているのに考え方も、感じ方も、捉え方も違うからです。


そして、あなたも同じです。あなたも1人の人間です。


お父さんでもなく、お母さんでもありません。あなたは、あなたです。


だから、あなたが、あなた自身で感じたことが、お父さんとお母さんの離婚の理由です。


もしも、お父さん、お母さんを嫌だなと想ったならば。自分自身に問うてごらんなさい。


自分は、それほど素晴らしい完璧な人間ですか?と。


お父さんもお母さんも同じです。完璧な人間など、おりません。


ただ、確かなことだけはあります。


それは、お父さんもお母さんも、あなたを愛しているということです。


生まれてきてくれて本当にありがとう。            沙弥尼僧のつぶやきDiary


最高の喜びを与えてくれたあなたに、お父さんもお母さんも心から感謝しています。


愛するあなたを抱きしめます。


たとえ、いま、あなたの傍にいられないとしても、あなたを心の中で抱きしめています。


忘れないでください。


お父さんもお母さんも、あなたのお父さんとお母さんであるということを。


あなたの命に連なるのだということを。沙弥尼僧のつぶやきDiary


                                                      

沙弥尼僧のつぶやきDiary



父母の高葛藤(喧嘩・暴力・仮面夫婦・家庭内別居)に巻き込まれて辟易している子どもたちへ。



離婚しても喧嘩し合っている父母を持つ子どもたちへ。


あるいは、


離婚していないが、夫婦仲は最悪な両親を持つ子どもたちへ。


父母も人間です。


自分たちでは、どうしようもない感情というものが存在するのも確かです。


ですから、私たち第三者がいます。


憎しみ合っている父母は、その間に立つ子どもの気持ちを慮るだけの器量がありません。


お父さんの気持ちもわかる。お母さんの気持ちもわかる。

お父さんの悪いところも見える。お母さんの悪いところも見える。

だからこそ苦しい。


私の親なのに、何でこんななの!?


そんな思いに駆られたときは、第三者を頼ってください。


親だからこそ、憎しみきれない想いがあります。


ぷっつりと縁を切ってしまったが、何故か心にわだかまりが燻ぶっている。


自分は、果たして親にとってどんな存在だったのだろうか?


様々な葛藤が心にふと湧き上がることがあるようなら、ご相談ください。




注意 子どもを愛せない親も確かに存在します。


  けれども、それは、子どものせいではありません。


  子どもを愛せない親自身に何かしらの問題があるのです。


  決して子どもが憎らしい存在だとか、誰にも愛してもらえない存在なわけではありません。




注意 父母にも優れた点と欠点、長所と短所の両方があります。


  親とはいえ、人間である以上、完璧ではありません。


  親が、長所よりも短所が目立ち、尊敬できない人間だとしても、それは仕方がありません。


  そのことは、子どもには関係のないことですし、子どものせいではありません。





沙弥尼僧のつぶやきDiary


怨憎会苦。

子どもとは会いたいが、相手とは会いたくない。幼い子どもに連れ添って相手が来る。それだけで、落ち込んだり、動悸、息切れなどが起こってしまう。


あるいは、同席する相手から、罵声をあびせられる。暴力をふるわれる。または、存在を完全無視される。沈黙。



または、売り言葉に買い言葉となって互いに罵りあうこともある。


これらすべてが、子どもの見ている前で行われてしまう。


子どもは両親の顔色を伺い、小さな身体をさらに縮こませうなだれる。あるいは狂ったように泣き叫ぶ。自傷行為を行う。


子どもと会いたいが、会えなくなる。面接交渉ができなくなる。


だから私たちは面会交流の仲介支援を行います。父母と子ども。各々の人間の尊厳を守ります。



もしも、どうしても相手の事を子どもの親として認めることができずに、会わせたくないと思ってしまう場合、鬼子母神のお話を思い出してください。




$面会交流支援について、お母さん僧侶がつぶやきます♪ ~娘に伝える母の生き方~


$面会交流支援について、お母さん僧侶がつぶやきます♪ ~娘に伝える母の生き方~



日蓮宗では、鬼子母神の『鬼』の字の正規な書には頭にツノをつけません。伝承にあるように鬼子母神は、まさに鬼でしたが、しかし、釈迦の教えを受け、改心して鬼ではなくなりました。

そのことをあらわすため、"鬼"の字の一画めの点すなわち「ツノ」を取った字を使うのです。

自分たち夫婦の対立よりも大事なのは子どもたちの心の安定ではないでしょうか。親御さんが自らその事に気がつけた瞬間に『ツノ』が剥がれ落ち、仏となるのだと思います。

子を想う親心。その親心が、対立で生えてしまった父母の《ツノ》を削ぎ落とすのです。

我が子の将来のために、ツノを削ぎ落として話し合われたい父母の方は、いつでもお電話ください。

そして、相手と過去は変えられないという現実をどうやって乗り越えていけばいいのか。自分が心地よく未来を生きていくためには、ご自身がほんの少し努力することがポイントです。自分の幸せのための努力は苦になりませんものネ。その心の持ちようのご相談も歓迎いたします(^人^)

お互いがお互いを敬いあい、いのちの尊さに気づけたときから、

DVもない、児童虐待もない、

子どもたちが両親からの愛情を受けて心豊かに生きていけるようになる社会となることを心から祈ります。





コロナ禍となり、オンラインが当たり前となって、様々なセミナーがZOOM開催されるようになりました。

そうすると、私みたいな田舎暮らしでも気軽に参加がしやすくなり、只今、ボランタリー団体の経営者塾に入塾致しまして、そこの塾生同期の方にご縁を繋いで頂きまして、立憲民主党の堀越啓仁議員とお話させて頂きました☺️🙏

堀越議員は天台宗の僧侶でもあられます🙏

そしてそして、作業療法士でもあられます。

作業療法士の仕事を知れば知るほど、なんて素晴らしい仕事なのだろう✨と感動しています。

そして、面会交流支援と作業療法士は職域が似ていてコラボが出来るのではないかと考えています。

元々、面会交流支援は福祉事業であると私は思っています。面会交流にはDVの問題が関わってきますが、罪と罰で済むような話ではなく、トマウマケアや療育的な支援が本来は必要だからです。


ということで、面会交流支援現場の悲鳴を堀越啓仁議員に聴いて頂きまして、来年には、さらなるご縁が拡がりそうです💗 有り難し🙏💗💗✨✨

さてさて、作業療法士の界隈では、以下のアンケート実施がされています。

現在、厚生労働省で行われている令和3年度介護報酬改定に向けての議論のうち、検討されている訪問看護ステーションにおける制度改正により、介護保険利用者だけでも約8万人の方がサービスを受けることができなくなり、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は約5千人が雇用を失うと見込んでいます。
そこで、国民のニーズに応じられる柔軟な制度改正を行うことを求めるための署名活動で国民の声を届けたいということです。

【お願い】訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設に関する緊急署名活動を実施


日本の福祉業界は、その仕事の重要性にも関わらず、雇用状態は宜しくないのが実情ではないでしょうか?


しかし、福祉業界が発展していけば、安心安全な生活が出来るということを知って頂けますと幸いです照れ🙏



この度、8月に申請した「住友生命みらいを強くする子育てプロジェクト」の一次選考に残りました✨✨✨

ということで、最終選考に向けて住友生命から担当者の方々が横浜事務所にいらして面談があるということで、久しぶりに千葉県外に出ました😅 1月に大阪行った以来の遠出でした💦

でも、自分の両親も高齢ですし、寺の役員さんたちもご高齢者が多いということで、私がコロナウイルスの保菌者になるわけにはいきませんので、普段なら茂原駅から横浜駅まで運行されている高速バスで行くところを、千葉県在住のスタッフさんに車を出して頂きました🙏💦 


無事に横浜事務所に到着しまして、住友生命の担当者の方々に最終面談をしていただくことが出来ました🙏✨

一次選考に残れただけでも感涙ではありますが。。。。

最終選考が受かりますように!!!!

合掌礼拝🙏🙏🙏🙏

住友生命の担当者の方々との最終面談が終了した後は定時社員総会を行いました。


海ほたるで事務員さんたちへ購入した千葉県土産上矢印

MAXCOFFEEと落花生というのが、いかにも千葉県土産らしいでしょ? チーバくんも個人的にはお気に入りご当地キャラですウインク


久しぶりにバーチャルではなく、リアルに皆んなと会えて良かったです。やっぱり、嬉しいですね照れ

いつも支えてくれて、有り難うございます🙏✨

そうそう。今回、コロナ対策でいろいろ活用しました。



 

個人的には、このエアーマスクという部類のが、なかなか良いなあと思います。ひとつで60日効果があるようだし😉

まあ、基本的にはこまめな、うがいと手洗いが一番の予防だと思います☺️

日頃より御理解と御協力いただいている皆様へ

11月22日良い夫婦の日に4周年年総会として

活動の御報告と多業種多分野連携のための交流の場を設けました。


今年は男女コミュニケーション専門家の小室友里先生をお迎えし、夫婦問題の性の問題の実情を知り、解決の糸口をさぐるため「現代夫婦の性生活トラブル。改善策はベッド外のコミュニケーションにあり!」というテーマで普段なかなか聞けない夫婦の性生活トラブルについての改善法や事例をお伝えいただきます。


○夫婦の性生活トラブルTOP3

○セックスレス夫婦の現状

○どのくらいしてないとセックスレスとよぶの?

○セックスレス事例と改善法

○夫婦の性生活トラブルが引き起こす二次的問題

○クライアントが抱える性生活の悩みを引き出すには?


など…


聞きたいことがあれば事前質問として参加フォームに記載くださいませ。

夫婦の性の問題を知り、どう解決していくのか対処法を学んでいけるとよいです。


また、今年はパネルディスカッションのテーマを~コロナ渦の中、現場はどう動いていた?!新しい生活様式と今後の支援のゆくえ~としてそれぞれの業界の現場の様子や今後の課題を共有したいと思っています。


離婚準備支援協会は離婚に際して悩む方々のための支援や離婚問題の背景にある諸問題の根本解決を図る専門家の集まりです。

幸せな夫婦・家族づくり、離婚問題の背景にはあらゆる問題が介在しており、一側面の専門的アプローチだけでなく横断的に連携した支援をすることで、質が高く全方位の支援、結果として目の前のひとりの方のための支援に繋がると思っています。

多角的な視点で問題解決に取り組む方々のお話を聞ける場にもなればと思っています。

ぜひいらして頂くことで支援の幅を広げて頂ければと思います。


≪式次第≫

15:10

受付開始


15:30

第一部

1活動報告(全体)

2活動報告(会員)


第二部

16:50

3小室友里先生の講演

18:00

4パネルディスカッション

~コロナ渦の中、現場はどう動いていた?!新しい生活様式と今後の支援のゆくえ~

18:30

終了


【一般社団法人離婚準備支援協会4周年総会】


〈小室友里先生プロフィール〉

男女コミュニケーション専門家・心理カウンセラー・メンタルトレーナー・コラムニスト・ヴォーカリスト・ラジオパーソナリティ。日本性科学会正会員。四柱推命鑑定士。神奈川県綾瀬市出身。

90年代を代表する元AV女優。当時の経済効果は60億円とも言われている。全国の商工会議所やロータリークラブ、経営者会で「女性を味方につけるセクハラ予防法」「経営者が知っておくべき男女コミュニケーションスキルアップ講座」など、男女間に特化したコミュニケーションマインドとスキルを講演。聴衆はのべ4,000人以上。


https://www.komuro-yuri.com/

XMA Header Image

小室友里 official web site -タレント・講演家・心理カウンセラー-

komuro-yuri.com




面会交流支援の現場からコロナ禍における面会交流支援の課題とADRくりあについてお話させて頂きました照れ


ZOOMでの登壇だった為、資料共有試そうとして、気がつきました。スマホのZOOMでも、バーチャル背景と画面共有が出来るようになったことをキラキラ


前は出来なかったのに、ZOOMが進化しているんですねおねがいキラキラキラキラ


これもコロナ禍で、リモート会議やセミナーが多くなったからでしょうか。


有り難し🙏🙏🙏キラキラキラキラキラキラ



2組の親子さんが、LINEによる連絡調整型面会交流支援を利用して面会交流を。


4組の親子さんが、スタッフの受け渡し型面会交流支援を利用して、日帰りと1泊2日と2泊3日の面会交流を。


3組の親子さんが、スタッフの付き添い型面会交流支援を利用して、面会交流を。


ひと組の親子さんが、スタッフの付き添い型オンライン面会交流支援を利用して、面会交流を。


それぞれになさいましたニコニコ