多治見市保健センター主催講座、健康チャレンジが始まりました‼️ | 名古屋フィジカル・フィットネス・センター 粋々健幸ライフ

名古屋フィジカル・フィットネス・センター 粋々健幸ライフ

見た目が格好良くて、遊び心を知っている人、それが粋な人です。肉体も心も健全で、その健康を手段に、自分流の素敵な人生を楽しむ。ご購読の皆さんと一緒に健康で幸せな人生をつくる「健幸ライフの創生の場」となりますことを願っています。


テーマ:
昨日は、多治見市保健センター主催の健康チャレンジのスタート式にお邪魔しまして、1時間ほどの講話と実技を担当してまいりました。

30名ほどのみなさんがご参加でした。

本事業は10年以上続いている事業で、このスタート式には4回ほどお招きいただいています。

今回は「セルフケアー〜自分の体からの声、聞いていますか?」というテーマでのお話とウォーキングの実技でした。

自分体なんだから自分が一番わかっている!というのは思い込み!?というところ「気づきワーク」で気づいていただくことから始めます。

早い話、自分の顔、実際に見た人は誰一人といませんね!?

鏡があるから見れますが、鏡がなければ、自分の顔は見れませんね!

絶対忘れるはずのない自分の顔ですら、実際に見たいない!

自分の体のこと、本当にわかってますかね。。。ということです。

健康づくりのノウハウはいとも簡単に手に入る現代ですが、どの情報が必要なのか、その選択が重要です。

でもその選択をするためには、今の自分の健康状態がどうなっているかを理解していなければ選択のしようがありません。

ですから、まずは自分の体のことを知ることが、健康づくりのはじめの一歩になります。

その時に、少し体を動かしてみると、体からの声に気づくチャンスが増えます。

その体の声をこの講座で皆さんに聞いていただいきました!

そして、後半は誰もすぐにできるフィットネス、そうです、ウォーキングの実践です。

誰もができる「歩行」。誰からも教わったことがなければ教えたこともないこの「歩く」こと。

だからこそ、自分の歩きのくせに気がつけない。

ここもまずは自分の歩きに気づくことから始めていきます。

歩記そのもののチェックの前に、姿勢の確認が大切になります。

この姿勢も、先ほどの自分の顔と同様に客観的に観察しにくいものですね。

二人組で正面からと横向きで簡易のチェックをします。

そして歩きそのもののチェック。

この歩きも、顔、姿勢、同様に客観的に見れませんね。

ここでのチェックは、実は足ではなくて、上半身の使い方なんですね!

ウォーキングといえば、ついつい脚に意識が行きますが、もちろん下半身のチェックポイントもありますが、多くの方が、上半身がうまく使えていないために疲れる歩き方になってしまっていることが多いのです。

上半身は肩甲骨がポイントです。健康歩行ならぬ「肩甲歩行」ということです‼️

実はこの講座の様子をfm多治見さんが収録してくださいました。講座前にインタビューを受けまして、この講座の概要の説明もいたしました。

来週月曜日の朝、8:10過ぎにその様子が放送されますので、お時間がありましたら、FM多治見のホームページでお聞きいただけます。

お時間があればぜひお聞きください。

また、このFM多治見では、今月から、奇数月の毎週水曜日、午前9:30から10分ほどですが、健康に関するいろいろなお話をしてまいります。

以前もFM多治見さんではこのコーナーでお話ししておりましたが、この度またリクエストをいただきまして、令和新時代の始まりましたこの5/1から始めさせていただきましたので、こちらもお時間がありましたら、ぜひお聞きください。

よろしくお願いします。

FM多治見 インタネットラジオ↓

NPFCさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ