書架再生

書架再生

20140901失くした1000冊を取り戻す


テーマ:

村山由佳 『ありふれた愛じゃない
出版社/文春文庫
 

 

■本文より■ 

第一章 月のしずく//真珠の輝きは、貝の苦しみから生まれる。

波間にかがよう黄金の粒子が、命ある巨大な布のように蠢き、皺寄り、破れては煌めきわたるさまを眺めながら、真奈は催眠術にかかったようにぼんやりしていた。

風に乱れる髪をおさえながら、彼女はまぶしい予感に目を細める。きっと、もう少しだ。あともう少し太陽に晒されたなら、軀ごと、タヒチの女になる。

 

無責任な一読者の独り言。

このタイトルがまさか、あのSadeの『no ordinary love』だったとは! 『love deluxe』のジャケットの方が余程、この作品の、私のイメージには合う。

文庫本と言えど完結した作品である以上、基本的には装丁を変更しないで欲しいと考えるが、この作品については、新装版が出たら買い直したい。




テーマ:

なかのひろたか 

ぞうくんの あめふりさんぽ
出版社/福音館書店

■本文より■

きょうは あめふり。ぞうくんは ごきげん。

「どれ どれ、さんぽに でかけよう」

みんな ごきげん。きょうは あめふり。

 

何でも二つ、或いは偶数個揃えるのが、好きな私。基本の『ぞうくんの さんぽ』ともう一冊、選んだのは、『おおかぜ』ではなく『あめふり』。晴れと雨、陸と水中、乗せる順番…、展開を読み比べるのも楽しい。

ただこの二冊、背表紙のデザインが揃っていない。何故。初版は其々1968年と2004年。でも手元にあるこの二冊は、2009年と2010年。発行日が近いのにな。



5/26 16:00- 新国立劇場 小スタジオ

開場20周年記念 2017/2018シーズン

ダンス 森山開次 『サーカス

 

演出 振付 アート ディレクション/森山開次

音楽/川瀬浩介

美術 衣裳/ひびのこづえ

映像/ムーチョ村松

舞台監督/柴崎大

照明/櫛田晃代

音響/黒野尚

振付助手/美木マサオ

 

出演/森山開次

浅沼圭 竹田仁美  五月女遥 谷口界 引間文佳
美木マサオ 水島晃太郎 宮河愛一郎

 

フライヤーより■

幼い頃、ピエロの踊る姿に憧れた。永遠の子どもたちの特別な場所がある。未来の大人たちの秘密の場所がある。息をひそめて覗き込み、胸をふくらませ飛びこんだ、そこはサーカス。森山開次


前回はA席、一階前方から。今回はB席、二階側方から。このB席が悪くなかった。角度は深い方が、今回の演出とは相性が良い。見上げが多い為、演者の表情もよく見える。ただどうしても、手摺が。床が。
ラスト、次々と見えない花火が打ち上がる中、大きな大きな翼を生やしたピエロが、ライオンと舞う。あぁサーカスとは祝祭だ。もう一度、この震えるような瞬間に立ち会えて、本当に幸せ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。