京都∞あなたの本質を目覚めさせ、魂を光輝かせるスピリチュアルセッション・講座∞

京都∞あなたの本質を目覚めさせ、魂を光輝かせるスピリチュアルセッション・講座∞

京都:スピリチュアル・セラピスト・ヒーラー「ミヤノリト∞」

ミヤノリト∞著書本「チャクラ心理学」Amazonにて発売中!



対面&メール・リーディング・ヒーリング・セッション、カフェ・リーディング、
各種認定コース、レイキ・アチューメント、各講座、
京都市近郊(市営地下鉄沿線含む・宇治市なども可能)のみ出張可能です。
また、認定コースのご説明(無料)、
ヒーリング・水晶グッズも京都・四条烏丸サロンにて販売中です。
お申込み、詳細→info@miyanorito.com
 

【お知らせ】2日以上経っても返信がない場合は、
携帯電話番号をお知らせいただいてショートメールをこちらからお送りするか
norito.miya888iwatobiraki☆docomo.ne.jp
(☆をアットマークに変換してください)
へ再度メールをいただけたらと思います。

ミヤノリト∞ワークショップ∞



「オラクルカード練習会」
【四条烏丸サロン開催】
2021年2月18日(木)10:30~12:30終了予定(開場10:15~)
参加費:¥1,000
【伏見「リタCoffee」さん開催】
2021年2月28日(日)13:30~16:30終了予定(開場13:15~
参加費:2,000(リタCoffeeさんのお飲み物&お菓子付き)

【両ワークショップ共通事項】
持ち物:オラクルカード2組以上
*カードをお持ちでない方はお貸しいたします。
筆記用具など
*お申し込みの方は、参加日、お名前、携帯電話番号、携帯メールアドレス、をお知らせください。

お申し込みメール件名「オラクルカード練習会」
詳細→https://ameblo.jp/norikovirtues/entry-12270853595.html
お申込み→info@miyanorito.com


☆【認定コースのお知らせ】☆


*場所:京都・四条烏丸サロン
講座は、すべて個人講座です。
受講者のオーラやエネルギーを拝見させていただきながら、きちんとできているか等を確認しながら進めていきます。
受講ご希望日を第三希望までお知らせください。

「エンジェル・リーディング・プラクティショナー認定コース」
どの方にも存在している感覚をフルに引出し、リーディングする能力を開発します。
認定後は、ご自分のスタイルに合った活動を応援致します。

「オラクルカード・リ―ダ―認定コース」
オラクルカード、エンジェルカードを使用し、自分のメッセージはもちろん、他の方のリーディングができ、プロとしてご活躍できるようなプログラムです。

「レイキ&ヒーラー養成コース」
レイキ・アチューメントとヒーリングを習得するためのコースです。
透視によりエネルギーの状態を見ながら進めていきます。

「8ーセンス・タロット・リーダー認定コース」
マルセイユ・タロットを使用した、タロット・リーディングができるようになるコースです。
いままで何度か学んだが、マスターできなかった方もリーディングができるようになります。
詳細は→https://ameblo.jp/norikovirtues/entry-12417578391.html?frm=theme

「チャクラ心理カウンセラー養成コース」
チャクラのエネルギーを熟知すれば、人の心理を知ることになります。
どうしてあの人があのような行動になっているのか?
自分の心理、あの方のもっている長年のカルマを知り、寄り添うことのできるコースです。

「エンジェル・チャネラー養成コース」
チャネリング独自のコースです。チャネリングは、様々な情報とアクセスすることができるようになる素晴らしいスキルです☆

「アセンション・マスター養成コース」
チャクラのエネルギーを覚醒し、見えない力を発揮するコースです。ヒーリングと繋がるところがありますので、ヒーラーの方にも受講していただきたいコースです


お申込みお問合せ
info@miyanorito.com
 



みなさま、こんにちは。

京都、スピリチュアル・セラピスト、ミヤノリト∞です☆

(この肩書、変えようと思うのですが、他に思いつかず、

「昔の名前で出ています」(笑)←これがわかる人、同年代ですな。)

・・・久しぶりのブログ更新です。

 

しばらく、セラピーがっつりお仕事から離れ、そろそろシフトも完成しようとしている感じになってきました。

 

・・・思えば、この仕事につながるような行動を10歳くらいからしていたので、

相当の比重がかかり、パンク状態・・・。

自分の人生をかけて、セラピストの生きざまをこの身をもって生きていたような状態から、

「一度ぬけてみようよ・・・」

と心のささやきによって、現在の「遊び」の状況になっていったのです。

 

でも、この状況はいずれ終焉を迎えることを知っているので、

「とにかく今を楽しもう!」

ということで、時間があればコラージュ(シール貼り)、塗り絵やパッチワークをして楽しんでいたのですが・・・。

「これは時間があるときでしかできない」という承知の上。

 

でも、結局、パッチワークや塗り絵が瞑想となり、

それをしていることで、自分の中の混乱した煮詰まった状態が自然と整えられていく。

 

すべては必然に起こっているなぁ・・・と。

 

さて、そんな女子的趣味を堪能しながらも、

やはり本の虫は相変わらずで、

最近は、「ドロレス・キャノン」さんの著書を連続で読んでいます。

ドロレスさんの本はとにかく分厚くて、持ち歩いて電車で読む・・・というのは無理でして、

隙間時間や寝る前に読んだりしているので、なかなか読み終わりません(;^_^A

 

ドロレスさんの本を簡単にご紹介すると、

独自に開発した過去生セラピーを用いて、主にUFO体験者をクライアントとして調査しているうちに、

地球外生命体の意図や、彼らの行動などが浮き彫りにされていく内容です。

 

その中で、まず一番衝撃的だったのが、

 

宇宙人により、人間は過去生の記憶が埋められている、ということ。

それは、現在生きるために必要な要素で、

各自が埋め込まれた記憶を利用しながら生きている。

それに、その埋め込まれた記憶は、どんな知覚者だろうが「埋め込まれた」という「人工的操作」が分からないほど、

その人の体験としてそのまま同化し入り込んでいるそうな・・・。

 

もちろん、セラピー・セッションでは重要な過去生は、

現在のその人の悩み・混乱に関係しているので、読むことはほぼ必須だ。

たいていの人は、その過去生が時系列で並んでいる。

 

しかし、例外として、臨死体験をした人や何かの衝撃で肉体と強烈に離されてしまった人は、

この時系列が存在しない。

それは、過去生・・・という意図を凝視した際に、一直線で現れるか、オーラ上に同時に混在するかの違いで判る。

 

では、臨死体験して他の惑星に転生してしまったりした場合、

その記憶はどうなのだろう・・・と思う。

 

つまりは、これからわかるように・・・

「現在、この生きている今も、埋め込まれた記憶をただなぞって、

それがいかにも「現在」と認識させられている幻覚を見ている状態」

ということがわかる。

 

やっぱりそうだったか・・・(笑)

 

私は、小さいころから、「この現実は幻想みたいだな・・・」「夢の中で生きているみたいだ」と常々感じていたものだから、

その答えにとうとう辿り着いてしまった・・・。

 

では、本物の?拠点は一体どこなのか?

「ハイヤーセルフ」と言われる次元ですね。

そこから、自分の「ハイヤーセルフ」が今の自分を見ていて、

「あら、あんなことやってる」「アホやな~」・・・なんてあちらから見ながら、

自分の体験を愛おしく感じているのだ。

しかも、「現在」とされている自分は、「この時点」という妄想の時間空間に縛られているわけだから、

そこの「現在意識」を中心として、さもそこにしか自分が存在しないように「目隠し」をされている。

 

現在、この「からくり」がばれ始めてきている。

 

ばれてしまうと、この次元世界は終了になってしまう。

なぜなら、幻想によって「舞台」は設定されているので、ばれてしまうと演技だってことがわかってしまい。

演技だと、どうしてもリアルの経験ができなくなってしまうからだ。

 

つまりは、この世界線における学びは終了ということになって、

みなさん「卒業」です。

 

さて、次の学びはどうしましょうかね~(笑)

 

・・・私は、何をすればいいのだ?

ハイヤーセルフ次元の指令がまだ来ない・・・ということは、

「自由にこの地球を遊んでいていい~」ということ!

 

とりあえず、女子的趣味を堪能しつつ、シール集めやかわいい生地集め、

面白い本を読んで、面白いワークショップなどちょこちょこ参加しつつ、

楽しんで行きましょうか♪

楽しいものたくさん!

ありがとう地球さん♡LOVE

 

 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

京都、スピリチュアル・セラピスト、ミヤノリト∞です☆

 

久しぶりのブログ更新となります。

最近は、ますます世の中がまさに「ぶっ壊れて」きたような感じ・・・。

それも滑稽な、いやーこれギャグでしょ・・・って感じになってきました(;'∀')

 

昆虫食・・・ありえません。

何十年前か、あのぺこちゃんの会社「不二家」が傾くような事件がありました。

チョコレートに「ガ」の幼虫か成虫かわからないけれど、

それが入っていて、衛生管理の問題が大きく報じられ・・・

確かそのあと、株が暴落するまでになり倒産したか、倒産寸前に陥った。

その後、どこかほかの会社が買い取った、という事件があった。

今、思えば、あれは本当だったのか?

異常なまでの報道ぶりだったから・・・もしかして陰謀があったのなら、

当たり屋のようにやらせである可能性もあるな~なんて思ったりしてしまいます。

 

そういうことで、衛生管理の常識からみてもおかしすぎる案件なのです「昆虫食」ってやつは・・・。

しかし、最近、見たツイッターで以前から昆虫が混入していたようなふしが見えてきた。

 

近年では、がんの原因の一つに(他にも要因がある)寄生虫があるのではないか?ということがわかってきたようだから・・・この昆虫食が加速すると・・・そういうことですね。

 

ところで、いつも観させていただいているマドモアゼル・愛先生が、昨日こんなことを言っていた。

 

 

 

本日は、奇しくも、ちょうど満月なのだけれども、

最近「月」のエネルギーがおかしい。

たしかおかしくなったのは、昨年の12月の新月から・・・。

 

それ以前は、満月が近くなると「眠れない」現象が起きて、

一種の興奮状態が起きてしまうのだけれど、12月から新月にこの現象が起きて1月も同様、新月に「眠れない」という逆転現象が起こっている。

 

これに関するかどうか、私は占星術師ではないのでわからないけれど、

月の役目が昨年末から反転しているのかもしれない。

月は、愛先生理論によると「まやかし」の惑星で、

悪のような存在が、その「まやかし」を利用してきた。

 

・・・新月のエネルギーが強くなってしまった、ということは、

もはや「まやかし」は有効ではなくなってしまったのだ。

満月のエネルギーは使えず、新月のエネルギーを強くし始めた。

つまり、新月は、地球のエネルギーの反転現象なので、

「地球のエネルギーが大きく拡大してきた」ことになる。

地球は、本当に最終アセンションに入っているようである。

 

それに加えて、最近物理学でよく言われている「量子力学」

 

 

つまり、この量子力学によって、私たちの「意識」の力が解明されようとしている。

これが解明されると「生霊」「霊魂」などの「残存意識体」の科学的な証明、

そして「霊術」などのサイコキネシスの「意識波動」がまやかしでないことが証明される。

 

あ・・・とうとうばれてしまいましたね(笑)

いままで、あの人たちが隠したくて隠したくて、

あれやこれやと必死になって添加物を食べ物に加えたり、

物質至上主義という意識にさせるためにやっていた教育やメディア。

 

全て「科学」で論理づけられ、ばれてしまうときが来た。

そう・・・「すべての人・物事はスピリチュアル」に起源を発する。

 

この量子力学が出てきた・・・ということは、

UFOの謎も知れてしまうことになり。

私たちの意識は格段に飛躍してしまうのです。

その量子力学をみんなが理解してしまうということは進化したという証明。

 

「祈り」は科学であり、まやかしでもなんでもなく理論的に証明されてしまった。

それを知った人類は、今後ますますその力を使うことになるだろう。

もはや、その力をあの人たちは止めることはできない。

 

だから・・・「せっつしゅ」が必要だったのだ。

あれをすることによって、人の意識をぼんやりさせる必要があった。

意識がはっきりしていたら、この秘密を得てしまうから。

 

今後、この量子力学の分野の研究は、きっと人の感情も加味されることだろう。

そして「純粋な愛」こそがものすごいエネルギーを発するという結果を出すことだろう。

親が子を気にする「愛」・・・つまり意識を向けて見守るエネルギーは量子によって証明された。

自分が好きなものに目を向けるということは、

そのものに「意識」を向けるということだ。

そのものにその人の「意識」が入る。

家は放置しておくと傷んでくる、住む方がいい・・・ということもその証明だ。

家を愛せば家は輝き、人を愛せば人が生かされ、

その純粋さによっても変わってくる。

 

人の意識がいかに純粋でなければならないのはそういうことだ。

執着や我欲のない純粋の愛という力が、今後重要になってくる。

今の壊れた、次の時代へ向かう建て替え立て直しにその力が必要となってくる。

逆に、次の時代へは「純粋な愛」しかない世界へと突入する。

「邪気をよし」とするものは、もはやその領域には居られない。

 

日月神示にも書いてある通り、「魂磨けよ」とさんざん説いているのはこのことである。

地球アセンションは「愛」への帰還なのだ。

私たちは「純粋な愛」を目覚めさせなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

京都、スピリチュアル・セラピスト、ミヤノリト∞です☆

 

 

マドモアゼル愛先生のYouTubeはいつも観させていただいているのですが、

その時に感じていたことがリンクすることが多く、

かなりシンクロ度があるチャンネルです。

 

昨日のお話ですが、

この世のつじつまが合わないこと・・・

そのからくりに気づくまでそれが続く・・・。

 

まさにそうで、

今は、異常な救急車出動回数

(2020年の時点では、一週間に一度くらいしか聞かなかった音が、

2021年にわくわくが始まってから、毎日4~6回聞くという異常事態・・・、

私が住んでいるこの田舎でもない都会でもない地域でそのような感じなので、

もっと都会では大変なことになっているだろう・・・)

それ一つとってもおかしいし、

(それを原因不明かころころとしている・・・。原因不明の原因は研究しないのか??

では、あんなに騒いでいた2020年に救急車が少なかったのはどう説明がつくの?

つまり、あの時は報道だけが騒いで、周りではほとんど何も起こっていなかったのだ)

 

2020年もおかしなことがたくさんがあった、

郵送でピーしある検査ができて・・・?

(コレラと同じくらい恐ろしい菌の検査を郵送でする!?なんじゃそりゃ!

それに、街にあふれる医療従事者でない人が臨時検査場で検査し「陽性」と判断する?

それ医療行為ですよね・・・免許持っていないと違法じゃないですか?とか)

 

そんなことは、一つや二つではなくて、

あちこちに違和感・違和感・違和感・・・が今はあふれている。

 

しかし、なぜ人は気づかないのか?

 

私が、長年人の心理を追求してきた上で感覚的にわかったことの一つに、

精神的成長の段階がある。

 

1、自分のことを何も気づいていない人

2、気づいているがそれを直視してしまったら、自分のアイデンティティが失われてしまうので、無意識のうちにそれをみないようにしている人

3、それに気づいてしまって、以前の自分が打ち砕かれてしまったので、

これからどうしようか露頭に迷っている人

4、本来の自分を見つけて進もうとしている人

 

カウンセリング・セッションの際に、クライアント様のお話を聞いて、

その人がどの段階かわかると、セッションの進め方がわかる。

 

3、4の人は、もう「自分」に気づいているので、

迷っている霧を払って、勇気づけ、本当にしたいことをあぶりだす誘導をすればいい。

しかし、2の人、1の人はかなり手こずる・・・。

特に1は、致命傷というか・・・一生かかってもその状態(;'∀')の可能性がある。

だから、カウンセリングをしても上の空で、相手の心、魂に響く手ごたえがない・・・。

 

2の人は、なかなか手ごわいセッションになる。

「本当の自分をみたくない」という心理がスムーズなセッションを阻み、

表面で起こっている様々な事象の原因にメスを入れないといけないのだが、

それを頑なに拒否してしまうので、

時間内にどう決着をつけるか手探り状態のものになってしまう。

下手したら、私の言っていることに反発して、怒り「逃げてしまう」。

この人がもし、その時に言われたことを「受け取る」という勇気と度胸、

そして、心の柔軟性があるのなら、3へと変化し始める。

 

今の社会はこの「2の人」が多くいる。

つまり、以前の社会にしがみつき、なんとなくおかしいとわかっているのだが、

それを真実と認めてしまったら、

今まで基盤にしてきた「生活、思想、頼りにしてきた医療、システム」が全部崩れてしまうからだ。

 

心の支えにしてきたものが全部嘘だった・・・なんて誰が信じようか・・・。

 

セッションで3になって、茫然としている人がたまに来る。

今までの自分は嘘ばっかりで、自己嫌悪に陥って、これからどうして良いかわからない人。

そういう人に必ずかける言葉は、

「大丈夫、大丈夫、目の前にあること、目の前にやりたいこと、目の前にあるすべきことに集中していたら大丈夫」

 

人間、生きていたらすべきことがある。

朝起きて、することがたくさんある。

顔を洗い、服を着替え、洗濯をしたり、ゴミ出ししたり、

それから部屋の掃除や、ペットの世話、子供の世話、

買い出し、書類の整理、人との約束ごと・・・。

などなど、それらをこなしていく、ただ淡々とこなしていく。

あれやこれや文句を言わず、あれやこれやめんどくさがらず・・・。

心を動かさず、黙々とこなしていく。

 

それに集中していると、「頭の中に浮かび上がる余計な考え」を忘れさせてくれる。

「余計な考え」は邪心であるので、自分にとって有効的なものではなく、

結局自分の邪魔をしてくるのだ。

そうして、目の前にある「すべきこと」は、

自分の穢れを払い、落としてくれる役目になってくれる。

2の人は、嘘、都合の良い自分を自分で作り上げて、

それで塗り固めてしまい、本来の自分をみてこなかった人だ。

それは、両親の影響が大きいことが往々としてあるわけだけれど、

でもそれを選択したのは「自分」だ。

他人のせいにしてしまっては、いつまでたっても「本当の自分」には巡り合えない。

 

他人のせいにしてしまっては、いつまでたっても「本当の社会」には巡り合えない。

 

確かに今の社会は「今だけ、金だけ、自分だけ」の人が、はびこって成り立っている社会だ。

でも、それに乗っかって生活しているのはその人自身の選択だ。

 

話がそれてしまったが、

今の社会状態は2の状態で、みんなが臆病になっている。

つまり怖いのだ・・・真実を知ることに・・・。

 

これを神の視線で見てみる。

 

神は、この世を精神進化の場としている。

魂に負荷をかけないと、魂は進化をすることがなかなかできない。

負荷をかけるには、二元論である「善悪」を生み出すのが一番良い。

「悪」に働きかけて、その悪の仕組みにはまり、自分を見失い、

魂の成長を見込めない魂と、そして、それは「まやかし」と気づき、

本当の自分に集中する魂とに分かれ始めている。

 

この騒動は、魂の二分化の仕組みなのだ。

 

自分を信じ、自分の力に目覚めることができるのか・・・?

現在の社会騒動を利用して、事が進められている。

 

この先、どうなるのか私にもわからない。

一人ひとりの気づきがこの先を決める。

 

なんだか、今のテレビ(年末に実家で久しぶりに観た)は、

本当に、みんなに「気づいて!」と叫んでいるような感じがした。

紅白歌合戦は、フェイクが多く、おかしな演出、おかしな出演者リスト。

CMもわざとこれやっているんか?というようなものがたくさんあった。

 

それに気づくのか、それともそのままなのか、

これこそが本当の「覚醒」である。

 

本当、この世はオズの魔法使い、映画トゥルーマン・ショウのようである・・・。