やりようないブログ

やりようないブログ

やりようねぇな、と言います。


テーマ:

けたたましい水道工事の音と共に輝く新年、おはようございます!

おはようこんにち!

おめでとう~。

いいねェ。

 

 

さて年末の楽しみ孤独のグルメ年越しSP、いかがだったでしょうか。

私どものほうからも2.3お話させて頂きたく思いました。

 

 

まず簡単な所ですと、五郎さんが「食いたいものがハナから有り、しかし有り付けずに別の物を食う」という段組み。

京都、名古屋、柴又に至る3拠点まで「結局食えない」が続きました。

一見、根底に流れる「何も考えず好きな物を食う」が挫かれるやり方となります。しかし選ぶ飯の枠の広さ、練りに練って次点を任された料理の主役振り、違和感もなければ既視感もない。そこに見えるものとは、「サービス精神」な訳です。

年を重ねファンの目も厳しくなり、何をしてもいいわけでないステージに突入した今日この日においての、盤石な信頼感を以ってした挑戦心。

まずはそれでしょう。やはり、と言わせてしまうんですな。

次に、飯の構え。

京都でうなぎをぬるり掴み損ね、ぐじの釜飯。ゆっくり時間をかけ京都飯。無駄のない肢体の向き。太刀筋は鋭く鮮やかである。

次に、あんトーストを挟むんですな。

簡単に地方名物を挟んだのでなく、閑話休題、五郎さん甘党だったよね視聴者の方覚えてる?、と言わんばかりのそよ風のような休題。

番組がだれる事さえ決してないのです。強いて問題があるとすれば、じゃあ名古屋で何を食うか、と期待させてしまう事は強く必至とされて、「台湾ラーメン」と出ている普段の前オチに少し足踏みが起きかねる。

ラーメン、チャーハン、豚生姜炒めなどは孤独のグルメの伝家の宝刀ですが、使い所を誤れば全て水泡です。

今回ばかりは、賭けたのではないかと思います。

何に賭けたかと申せ、それは年越しを眼前に控えたファンの胃袋でありましょう。

いや、またはしかし、ファンでもないたまたま観た人への攻撃、愛情なのだ。美しい。年の瀬に漂う香ばしい恰好のリスクともとれます。

出されたものは孤独のグルメここにありといった、ラーメンなのでありました。

結果として選ばれた台湾ラーメンの店は、最高に堂々でした。あの速度、このタイミング、あの物量にして、TVの前で受け入れることのできなかった、そんな不運な視聴者はさて居たのかな。

素晴らしい店でした。言うこともない。

辛いのも好きだよ五郎さん、ホラ視聴者忘れてない?うかうかすんなよ?というスタッフの笑いエクボが画面越しに透けて見えた。年暮れに透けるのだ。

やはり「憎い」というほかない孤独のグルメ製作陣でございました。

 

あとはですね、伊東四朗さんの振る舞い。

ド正面でうかがう五郎さんの年越し飯姿と、さらに言えば飯を頼む瞬間の姿。そのキー2つに、伊東さんが絶妙の塩加減のお新香のようなものをお通しましたね。

ファンを裏切らないことは大事、奇を衒わなさすぎるのも大事、でもシリーズは追うのであって、辞めていないのであって、新しいことも漏れず大事だ。

その「新しいこと」に取り掛かる姿勢の程よさと力み加減が、この番組の原動力であり愛なのだと、私にしてみれば思います。

さらに、さらに余談と、普段のみならない五郎さんの営業パート、五郎さんが普段より営業営業っぽく見えて、私はほっこりと良かったなあ。

私あ、好きだけど。

この点は賛否両論なのでしょうか。

賛否両論であるならば、その賛否両論さえも一辺に愛おしいのだからもう仕様がない。

今年もありがとうございました。

 

 

 

孤独のグルメの大ファンとして2.3、私には愛を語る権利がございます。サンキュー。やってます。

 

今年はいっぱいお芝居に触れ、五郎さんのように欲望に忠実に、誰に批判されても必死に頑張ります。

いい年にしていきましょう。

 

 

動画もまたよろしくお願いします。

メリークリスマス!

 


テーマ:

大好きなんだよな冬が。えっ まかせろ!

ついに12月と成り尽き、私ぁ寒いのと、冬なのとが大好きなんで今がピークです。

 

いいかい?私は日本で激ぴったり5番目に寂しがりでございます。

裏付けるまでも無い無い。

しかして順位的に、相当と言えるのでしょう。5番目だからな自信があらあ。

そこにきて冬ってのは、寂しさの具現化です。事象も、気象も、社会人の空気も、感覚も1年で1番寂しさに似合う。お膳 立て夫。

倍増させるのが得意。クソ悪いD級妖怪。

奴は1年全体を上方漫才のように見事な前フリと起承転結で綺羅飾り、納得のオチでしめるのだ。

本当に大変だと29年フルで思います。

コロコロカービィのように雁字搦めなのではないでしょうか。

でも好いてしまう、このつらさが何とも言えず逃げ場なくて楽しいのです。

 

 

その楽しさをさらに追い込むために、

今年もおびただしい数の尊い人たちをメシに、酒に、旅に、パンケーキに、四文屋にと誘い、爆発的に断られることさえ大昔から決まってたように振舞う毎日があり。

なぜ気丈でいられるのか不明なほど、勝ち負けでいえば全てに敗北だ。

衰えることのない吸着心・自尊心、いちばん引いているのは私です。

いや2018年は特にバースト。バーストマンの武器はデンジャーラップ。

舵取れてんのかオラ!

どうなりたいんだハゲ。

大晦日は、親友を姉貴の家に呼んで、スリー鍋越しする予定でーす。楽しみすぎーやだやだやだ。

 

 

 

有田。

ほんでこの冬に、というか来週くらいに、お笑いでラストに組んでた有田が、北海道に帰るんです。

想定できた事態、予想だにしなかった出来事、さてどちらなのでしょうか。

きさん(おめー)帰んのか、おいマジでよ。

 

 

先日朝まで呑んで喋り、尋常でない涙をもって別れを惜しみました。

勿論悲しむだけにもない物です。

彼は、音楽もまた追うでしょう、そして、一般的な優しい尊い人達と同じように、結婚や家庭といった幸せを追うでしょう。

勘違いしていけないのは、夢を追うことが清い判断ではないこと。

麻痺していることなど前提。田舎の豊かな場所から汚い東京に来て、文句を言うことが無駄なのも前提。

でもさまざまな思いが、30年近くも生きれば人間にはのしかかる。それは経験と、本当に自分の大事なものを見つける努力への、答えでもあります。

だから生きられた。いや真面目な話だよそりゃーね。

 

しかしそんな瑣末なことは止して、

彼が出した答えが彼の全てであり、それも含めて彼だから最高なんです。正直、おれへの心配とか、おれが成功するかとかは、人間全体の幸福からしたら塵芥以下の、ダニの毛ほどの意義。

大事なのは幸福をつかむこと。

ただ、1人の奴と3年間同じ方向をむき、毎日ツラ合わせて毎日笑って毎日物を作り毎日飯食った、毎日挑戦してた、

その財産が桁違いにでかすぎる。

それを当然に抱えつつ遠くに別れる、辛さ。

やべー。

月並みですが、まあ別れより辛いものはないんでね。大したもんだ。

お笑いを6年やり、そのうちの1番濃い3年を最上の相棒と過ごせたことが俺の人生の誇りです。

自慢しよう。

元気で。

ああ楽しい3年だったぜ。

 

 

 

私なりにもとした所、惜しむ間も休憩してメルカリの動画などあげたもんです。

ご覧ください。

メルカリで財布買って、ブランド名「LANVIN」ですって。そして使って、可愛くって、癒されますな。

冬場の寂しさも、別れの波動もランバンに託そう。よろしくしてくださいませ!

 


テーマ:

こんちゃーっす!(ウニ口)冬場に窓開けたら怒られるよ!

猿より優しい男より、山羊より美人な女をめざす要領で飯くって、脂肪つけて大寒をのりきったらどうかな。

 

 

冬ということでは、先日M-1がありましたワ。最&高。昔 奮起したあの日あの頃(視聴者で)思いつつ、感動と夢の時間。

いつも言ってますが観られることが幸せなんだよ。

人を幸せにしよう、ほんでその結果収入や知名度とかで自分も幸せになろう、としているガムシャラマンの限界突破の瞬間を観られる。他に有って?

ようご覧。

いや良かったです。もう散々吐いたから言うことなし。

尾ひれの付いた問題も悲しいけど副産物として、頭固く考える人との擦り合わせで付き合ってまいりましょうね。

よろしくねー!

 

 

2人芝居、来年あたりやろうとしてた大事な仲間に、またまた私の馬鹿烈なご迷惑をしてしまい少し破談しそうです。

色んなタイプの迷惑を人にかけるよ。

ほんと バカだな!

いや、バカというか… 人生向いてないな~。

お芝居をやって欲しい人なのに、という衝動があります。きっかけを作るだけでもしたいもの。

でも私は諦めないよ。「この人と何かしたら面白そう」っていう巷で有名な感情あるじゃないですか、私みたいな蟻でも思うだけ無料可能だと思い。

断られたらまた友達探して一緒にやりますが。。

では友達とは、仲間とは一体何だろうか。

女性とは、恋愛の出口とは一体何なんだろうかねタコ!

しかし、会った人全員に感謝は絶対忘れない。

人脈つくり、人と接する能力、常識性の勉強 それらの才能NO過ぎ。やるぜぇ!

 

 

 

あとはあれですネ!

お笑いのときから、相方の有田のすすめで隠れたユーチューバーみたいなのやってました。実は2年くらい。

黒百合も隠密しきっこないほどの照れブリティだ。

そのチャンネルを4ヶ月ぶりに更新しました。

 

好きなものを上げれば楽しいかという思いで、

基本的に気になり感情の雑貨と、たまに雑誌付録と、みたいな動画をあげています。

良かったら観て、チャンネル登録みたいな文化もあるんですよ。

よろしくお願いします~。

誰かとお芝居の動画もあげたいな!イェイ!

ディビット っていう名前だよー。海外旅行行きたいな。

 

 

今回は冬のマストアイテム「都心に住む」の付録 ふせんメモの話してます。

あと虚しい話とか。

別にYouTuberになりたい訳ではないですが、もがく生き様として発表していきます。

ご覧ください~。

 

 

 

奇特な方はチャンネル登録お願いしてますね。

https://www.youtube.com/channel/UC8l8KKUyaDNt8pAorSXsVsA


テーマ:

ね。

さっき近所のコインランドリーに行く途中「タタタタッ」て水の落ちる音がしたので雨かと思ったら、

2階のベランダからオジンが鍋の湯を捨ててるSEでした。

杉並区の風流ですよね。



さてオジンは渋く、青い柿もまた渋しと言われたもんですが、最近の身の振りは固まりと悲しさを帯びております。

というにも私が今やるべきこと、それはネットでさんざ話した仲間の素となる人、彼らを常に念頭に置き、また自分のお芝居への意識も日に日に強めながら、台本を書くことにあります。

簡単にやるべき事ではないでしょうか。

「なぜお芝居やるのか?」という、部屋の机に散らかった自筆の殴り書きのメモ。そんな痛いグッズに笑顔で返答できる様に、さも問題ないことです。

しかし蓋を開ければ、2人芝居で向き合った激情、その中で生まれた「この能力値で、俺などに劇団チャン立ち上げができるかなぁ」のミニ不安、それにつまされ、

じゃあ勉強しなきゃ、でも勉強のほかにやるべき事あるかも知れぬ、という怪獣シリ丸出しの葛藤、

冷静さを見失い、はては舞台で爆裂に出て行ったお金を稼ぐ算段さえ整わず、

怠惰な地べたワインドランカーの風情です。

ワインドランクの後にあるのは頭痛とバイト遅刻か?と知ってか知らずか。

なぜこんななんでしょうね。今に始まった事じゃないなりに。


その怠惰が鈍らせた、「お笑いで書いてたクレイジーなネタが、『お笑いじゃないただの見世物』と言われたから、お芝居で試すしかねーんじゃねぇかよ」という事の発端の、大元の自信の発生源と、楽しい筈の興味。

やってないのに、試せないのではというチキン(鶏)。

結果「今やる事なんだっけ」に戻り、悪魔的な有り様です。

冷静さ無し。冷静そぞろに、2.3年掛けてやろうじゃんと言ってたあの日はどこに。

時間がお薬。

お薬は処方かなわず、また人が去ったのでした。



夏に集めた人が1人2人消え、切り札のように残った、音楽家の男の子平井君。

彼と2人やって行こう、無理くりこうして切り拓いていきながら、との作戦までしていたのでした。

台本は任せろ、でも君は離さん、と啖呵を切った私、

と言いながら新中野での別の2人芝居修行を並行させよう、どっちもこなすからと啖呵メガネ。

例のチキン(鳥)が発動し、私はこなせないものです。

台本作るから、待て待て、でもできない、新中野には出る、終わった、まあ待てと。

勝手にマテマテ言いながら未来への不安が凄いのでしょう、私はその間 ネットで2.3人の方と会ってしまいました。

そんな地団駄の意味不明時間を平井君に味わわせてしまった結果、彼からは「解散してくれ」と言われてしもうたのです。

当然の事。

うーん、あれ?おれ、何してたんだろう。

酷いことしたな。気付いた時には遅太郎。



彼は俺との無駄時間に芝居と、音楽の2極を再考案したのち、やはり音楽に戻るからと決意していました。人生を4ヶ月、私が足踏みさせた訳でございます。

やべえな。絆とか言ってたのどこのどいつだよ。

煽動、先導、先頭、先行、お前に切れる啖呵は無いよ。

そうした弱気に今さ、でも振り払って!謝って!

相変わらず人様に迷惑をかける29の再スタート、かつ再エンディングなのでありました。


本当はやる事は一つで、ただ先っぽにあるものがフワフワ柔らかいから固くしろ、という反省をもらいます。

平井君には「お前が学ぶものは、リーダーシップなどの、先に立つ者の覚悟」と助言されるのです。

全くその通り。結託のない、皆で作るゴールのない集団なら1人劇団やってりゃいい。

バカだなあ~~。キッズだなあ。

でも、冷静さを持ち、焦らないようにする「浅くても、尖らない」という原点に立ち返れるような気がいたします。

東京に来た6年前のような尖りでもない、でも2.3年前のような調子の乗った浅さでも良くない、その塩梅を学ぶ為に東京の時間を使ったのだからと。

何とも渋うて堅い宣言と文章、心・技・体染み渡れヨ!

文章にしてさえ身が引き締まらなければ、もう染み渡り禁止だよ!



渋して、まずは生活を。

あと、まだ懲りずに声掛けてる仲間候補の子に、多大な愛と安心感を。自信とともに。

横浜うまれのモイスチャー不安若人(サグ野郎)を、芝居で覚醒させ毎日笑って過ごさせたい気持ちで一杯です。

あとはね生活を。


今日の昼さ、何度か教授頂いてる朗読のワークショップの先生が、朗読会をされ、観覧に行かせて頂く予定がありまして。

着替えて家を出、チケット代を銀行からおろそうとしたらみずほ銀行様、鬼メンテナンス停止めさる。

財布には800円金、現地に行くのも命がけ算。

おろさしてよ!おろさしてよ涙。鬼メンテ口座。

「行けなくなりました」と惨めに連絡しましたよ。

こんな惨めな奴人(マン)の子に非ずだよ。



ゆめゆめ迷惑をかけ、また人に去られないように伸縮自在の愛(バンジーガム)を心掛けながら、あこがれの国民生活を送ってゆきますね。


テーマ:

秋浅し となりは何を する人ぞ、

芋ふかしてらァー!

と似たことを去年も言いましたよね。


夏は立ちやっとの秋、不安定だったものがまったり擾化している満足感です。

いや一!一昨々日まで、貴重千万のごめんね機会、またワニズホールさんで2人芝居をやらせていただきました。

おつかれー!

よかった。

何がよかったって、選択、巡り合わせ、お話の命運。よかったです。

私が勉強するためにあるような(勉強するために志願したのだが)状態がひと月発生し、その勉強に助けられたとさえも言えます。

ここで勉強させて頂いたチャンスが、私の今後を左右するでしょう。

左右しなかったら、随時連絡いたします。



ひとえに、お相手の土田さんのお陰、演出の方の存在によるものでした。いえ、一緒に作っていく方に対し『お陰』というのは鬼失礼で、しかし他に恩の形に合う単語がないからその感じで。

一緒に、作って行こう。この世で一番素晴らしくトゥーピュア、トゥーシャイ・シャイボーイな精神です。

俺なんかと一緒に作ってくれるの?ではなく。

一緒っていう。とみに一緒。

いや作るだろ、あぁ?っていう当たり前感。

なんか、それは、お笑いをやっていた時大切な相方に感じていた喜びと近い。

いや、に勝るとも言える「この一瞬の舞台のために、一致させる」熱さ。

やられたぜ。


俺私はびびりました。熱試合。お笑いのコンビは半永久的、持続的なものなのに、一時の2人芝居は一時の2人芝居です。

それに賭けてくださったのです。モーレツア太郎なみに感動しました。

役者さんに今回ほど触れられたのは、一番は 巡り合わせと、タイミングの一致であります。

今まで触れていなかったから、サイコロの出ていなかった目のように確率的に出た幸せ、でもあります。

それも大事でありながら。

痴呆覚悟で言うなら、何より私自身の「今にも触れてぇー!他人事じゃあねえー!」って気持ちの芽生えだ、その変化の賜物であるのでしょう。

めっちゃありがたい、いや最高。最&高(になりたいワ)。

なんか分かるかなぁ。



人に学ばせてもらい、人と作ったものが、自分に帰って来ている感覚がありますよ。

役者さんっていう人たち皆すごい。山吹色の波紋が疾走。

あそこへ行くには流法(モード)が足りない。ワムウッ!

ご来場くださったお客さん、ジモティーで声掛けただけで観てくれた大場くん、

数少ない地下芸人とのパイプを為してしまってくださるテラシマシュウジさん、

長年お世話の監督と親友、

共演したかわいい仲間、演出の古賀さん

そしてお相手の土田さん。師範代。ありがとうございました。。



お芝居に向き合い、今だからこそ 捨ててきた青春の芸人生活での経験値にも直視、人と向き合い、あとお金を稼げる仕組みも多分勉強しながら、生きていきますから。

大丈夫なんじゃないでしょうかって。

早く芝居の台本を、製造できるようにしていくから 平井くんごめんネ!



ああ楽しかったー。みんな、大好き。青タン!

俺が楽しくて俺は何より。バッカ野郎!





テーマ:

やってますかー?

イェーイのれんくぐって!

千代田区に生姜焼き定食食う旅いきたい。



何たるてえ事にもないんですが、最近は私お酒 めっちゃ飲んでいる。お酒・めっちゃ。おのれ宅でです。

そう言うと弱精神の飲んべえ横丁みたいに思われがちですが、そうと言うわけでもないぜ。

これまで毎日お酒を飲む習慣などありませんでした。話したい人と話すため、酒を飲む。店がある。元気づけたい人、景気をアップしたい仲間とに対し、酒がある。

さながらCMのように、サントリーがある、顔がある通常感。

つまり必要に駆られているようで、ただ外で店に入り、話のエンジンぶりたい、お酒に酔いたいだけの利用でしてから さほど必要でないのです。

お金も勿体ないし!!ブーどうだい。


そこへ行くとどうでしょうか。1人で暮らす通退勤や散歩の帰り、清涼水がわりにビールなど買って帰って飲む。

安いこと。

是、安いことを。楽なこと。

知ってか知らずか安いし、てめぇン家なんで飲み放題です。終電車もない。

すると、お酒にフランクに、同期のように付き合えるようになりました。大変な進歩です。

この連中は話し相手に等しく、真剣な状況を助長させてくれる。

逆に言えばお酒をクソジャンクと侮っていたのを、ライバルくらいのバチバチ仲に持ってくることができた。

やわらかい友達を、習慣づけるとはこういう事なのだと思いました。

何を言っているの?



よって気持ち良く、毎日酔うことができています。

ともすれば世間体的にも、自分の身の程的にも、どちらにも良と悪に捉えることができるのではないか。

お酒を飲むしかないのかもしれないし、

お酒が好きで原動力とし始めているのかもしれません。

両方が超あるのです。いいだろ!

楽しくやってるもんですよ。

これから考える事などが、昔以上に多いし老化してられないんだから、元気づけなきゃいけませんよ。白ワイン、赤ワイン、まる、トップバリュ発泡酒、クラスの奴全員ありがとう!

特にクラス内の好成績アカワイン君と切磋タクマ的してます。

アカワインのトリップ感最高。



でも、アカワイン720ml3日で必ず空にしてしまうオッサンも秒読みじゃねぇかって事なんで、叱ろうと思います。





んで来月の2人芝居お楽しみです!

ボロクソに生きておりますよ。

不倫の感情難しいよ!陰陽なんなの?



テーマ:

さらなりの頃。激暑!

私はみっともなし、思春期まるだしに最近を生き、勝手に浮わついては、勝手に落ち込む30も手前の自分に超引いています。

よしゃめんどくさ。



8月は2つの舞台を終え、豪速にやりすぎて勉強になったかどうか分かりません。

錯覚かもしれないし、酔っていただけかもしれない。

話を聴く耳を持っていただけかもしれない。

もしくは、出番前に袖で寝ていたのかもしれない。

そういった感触であったのではないでしょうか。

しかしながらに「楽しさ」が渦巻いている以上、楽しすぎて時間を適当に使い過ぎないよう加減しなければとした次第です。

勉強の程度が知れちゃうぜ。



では一緒に活動したい仲間。なんですが。

彼ら彼女らとは、一体どうなるのか。

声掛けから2ヶ月置いての先日初会合(東銀座)を受け、私は薄皮の不安がたちのぼります。

いい大人が4人会すのに2ヶ月も要る体たらくで、団結なんかできるのか。

お笑いのとき有田とは毎日会っていた。何も生まれ無くとも。ツラを突き合わせることの大事さ、絆を深めることの大事さを判って貰わないとお話になりません。

無反応、連絡不精、言語道断。

伝えたいこと、分かち合いたいことで頭が割れる。

どうしようかなー。ケーキ食べたい。




ほんで10月もワニズホールさんの2人芝居に出ます。

どうぞお越しください!


『ひとしずくの殺意』

日時:10/12(金)19:0010/13(土)15:0019:0010/14(日)14:0018:00

場所:新中野ワニズホール

料金:2,000

出演:江口 賢次郎、土田有希(他2組)


テーマ:

お世話に。

お盆でして佐賀に帰ってます。のんびり。

九州でも暑いですよ。

ほんま暑いですが、「コレほんま、暑いでっかね?」って質問系にしても良いと思います。



こないだ、あの頃、ちょっと前、

いやさ6日くらい前に、かわいい仲間との2人芝居を終えました。かわいい。

無事に、終えました。無事に終えたとはこの事で、胸を張っての安否確認です。

お客さまが15人くらい来られました。それは知人も来てくれたからの話、知人などを除けば、単純なお客さまは6人。

メチャ充分です。

3日の5公演ですから、0人の日が有り有りと思ってましたもの。


勉強になりました。

無料にしたことで、来にくさ、来やすさ、両面あり

その分アンケートに一杯温かい言葉を頂いた、また言い換えれば厳しい言葉を投げにくかった、といったことも考えて

やる意味がほんとうにある舞台でした。

お越し頂いた方、心の底からありがとうございました。

いいですね!楽しい~!


別に 6年の付き合いの親友と2人で舞台をやれるという祭りの様な夢を叶えただけで御の字ですから、そこに経験値と発見が付随して来たとなれば、それはただの幸せで。

幸運だ。スッパーハッピー・ラッキー・ターン。味サロンになとりのソースカツだこりゃ。

お金や収支の事を考えるとこのままでは駄目ですが、私はめっちゃ駄目な奴なんでしばらくこのままでいきます。

こんな事を一杯やりながらついでに勉強もできるなんて、楽な人生だな。



また今後のことを決めています。

ネットを駆使したあかつきに、ガラフなみの暁の戦士が集いました。バル城に。

「誰でもいいから一緒にお芝居をやろう!」

と言ったのに、全然誰にも代わらないほど個性的で優しくて熱い人たちと会えたのです。

世の中にはいい人が一杯いて又俺はその人らを引き寄す運があるんではないか。

と勘違いもしてしまうでしょう。

4人ほどのこの人たちに沢山会ってもらい、コミュニケを図り、結束バンドして、秋くらいから本格的に活動していけたらなとよく思います。




そして、8月下旬も長い付き合いの仲間っ子ちゃんと舞台に出るので、お越しください。

よろしくお願いいたします。



『ずっと会いたかった』

日時:8/18 15:0019:008/19 14:0018:00(30分前開場)

場所:新中野ワニズホール

出演:江口 賢次郎、池田 美紅(他2組、3組同日公演。上演時間約30分)

料金:2,000

予約フォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/076ecc8a578081






テーマ:

2年前の今日ぐらいの、自身のTwitterでの「夏はもう飽きたね!」っていうあずきバーの写真付きのツイートを見て、「そうだね!」って思いました。

でも楽しんでいこう!



お仲間をネット中で探して結局集まらないのもあり、昔からの付き合いの芝居仲間の友2人に声を掛け、捕獲しました。

来月2人芝居を急に、2つやります。

急な発動に勝身煙(忍空)が立ちのぼります。


1つに至っては、前日に連絡して突然小屋を借りに行き、20分ほどですぐ契約してきたものです。

その20分のギュッとした行動性。今まで28年、何でそれ無かったんだよ。

お笑いもちゃんとやってれば本当あのさ!!

……

って思う事もあれど。

個人で発表する経験値に勝るもの無しです。


もう1つは、SNSやこちらでも勝手にお名前吹聴さして頂いている『ワニズホール』さんの2人芝居。

こちらは劇場さんのもろもろ手配して頂く舞台です。

お世話になります。

この2つを急に詰め詰めでやって、ツムツムしながら、ガンガンいこうぜという挑戦ですが、まあ何とかなりましょう。

やれんのかヨ!




〈舞台①〉


『命を弄ぶ男ふたり』

作:岸田國士


◆あらすじ

鉄道線路の土手――その下が、材木の置場らしい僅かの空地、そこに集った男が二人、彼らはなぜそこに集まり、これから何をしようとしているのか・・・

果たしてその目的は・・・


◆出演

繃帯をした男役 - 江口賢次郎

眼鏡をかけた男役 - 岡崎篤資 


◆タイムテーブル

8/2(木)①15時~

8/3(金)①13時~②18時~

8/4(日)①13時~②17時~

5公演です。(上演時間:約40分)

受付開場:開演30分前


◆会場

中野新橋 PRIME-THEATER (プライムシアター)

164-0012 東京都中野区本町4-1 サンコーポB1

東京メトロ丸ノ内線「中野新橋」駅徒歩3 

TSUTAYAの横のビル地下1階です。


◆料金

無料、全席自由席となっています。

席数が最大35名で先着順となっていますので、時間に余裕を持ってお越しください。


重いチラシも、4年前のコントライブぶりに作りました。



〈舞台②〉


『ずっと会いたかった』

作:古賀勝哉


◆出演

江口賢次郎、池田美紅

(他、2作品 全6キャスト3組同時公演)


◆タイムテーブル

8/18(土)①15時~②19時〜

8/19(日)①14時~②18時〜

1組につき、2日で全2公演です。(上演時間:約30分)

開場:開演30分前


◆会場

新中野ワニズホール

164-0012 東京都中野区本町4-35-10 渡辺ビルB1

東京メトロ丸ノ内線「新中野」駅3番出口を出て、右(新宿方向)に進んで下さい。東京三菱UFJの手前を右に折れて、少し行くと「スーパー丸正」があり、さらにしばらく歩いた先に、1階が美容室と居酒屋のビルがあります。このビルの、地下1階です。


◆料金

2,000円(前売・当日共)



お越しの方は、ふらっと来られても構いませんし、こちらのブログなどからご予約もできますので、お問い合わせください。

①の舞台は、どんな方にも来て欲しいため鬼無料です。


発動をがんばります。

良かったらお越しくださいませ。


テーマ:

こんちは。最近。

最近 ゴメンネ金(きん)があるにも関わらず、貯金を切り崩し、生活するという謎行に走っています。

だから、そういうのは貯金って言わないって!

貯金って何なんでしょうか?

生活するためのお金をどこから線引きして、「貯めてる」とか言うの?ATMに入ってるお金の何円以上が貯金で、かつなんでそいつらが貯金呼ばわり?

フリーターの私が思うくらいですから、社会のさじ加減のえぐみに、安心できぬ。

でも、そんな時間の無駄なこと考えるほどのん気だし、いい表情してますよ。



お芝居の脚本を考えたことがないので、無意味に大量にあるお笑いのネタを破壊して考えます。

組織的な性格でもありません。

人望と結果もないし、演出なんて勿論にしたことがありません。

何かを主導したこともないです。飼育委員くらいしかやったことがない人。


マヂ、これで大丈夫!??

めっちゃ大丈夫かなー!!。。


そんな人間がさ普通、サイコパスだったら分かるけど、この世的に考えてやんなくない?

こういう感じの人、いても、そういう考え持ちそうな所で押し殺さない?

私は、感覚が毛の先まで麻痺してるんだと思います。狂ってると思います。

いつか破滅する可能性も大です。


痛感しております。

『一緒にお芝居をやる人を集める』と言った物の、できる事といえば、

FacebookTwittermixi、ジモティー、ネット上の掲示板に、

「こんにちは。私だけど、一緒にやりませんか。何者かと言われると説明は会ってから!」

と書くに尽きる事。

あと、電話帳の片っ端の知り合いに

『オイ、やろうよ!』

って放送する事。

誠意は伝わる筈だ温度も。客観性の欠如さえ怖じない、バトルフェニックスのように頑とした構え。

でも、何者か、と言われると会ってから!

もしくは見ての通り!

っていう関の山です。


やっている事はお笑いのコンビを探して、何十人と会っていたあの頃と同じ。なのに前以上の会ってからスタイル。

こんな草の根の張り方ある?

いやあエラいことしてますよ。でも、逆にこんな草のネエさんから楽しい仲間ができたら表彰モンですよね。



言いたいのは、誰でもいいから一緒にやろう!

ということ。

何故誰でもいいかというと、私が誰とでも打ち解けられる自信があるのと、自信過剰な怖い人はこう言っとけば寄って来ないだろうというのと、自分がゼロなので誰と何ができるかがそもそも予想できないというのと、

あとは、合わなければすぐ中止できるからです。他人だし。

そうしていけば、4.5年後には3人くらいは一生の仲間ができると踏んでいる。

これを伝えるために、今はセクキャバ嬢のように草むしりするしかありません。



このブロアメもそういった所で、募集のツールとして使えたら幸いです。

以下は掲示板とSNSに載せています文。罵声でもいいので、ご連絡ください!!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




◎一緒にお芝居をやってくれる仲間を探しています。



初めまして。

江口と申します。


私は都内で6年ほどお笑い芸人を目指して活動していたのですが、

やりたい事はこれじゃないと思ったのと、お笑いでTVに出て金を稼ぐという目標に興味がなくなってしまった事等から、その目標を止めました。

やりたい芸風がお笑いではなくアングラ演劇のようなものに近いのかな、と思った点も少々あります。

今後は前々から真剣に取り組みたかった、そのお芝居で表現できればと思うので、一緒にやってくれる仲間を探しています。

まずは都内の小屋を借りるか、2人芝居専用のこういった小屋

(『ワニズホール』さんhttp://wanizhall.net )

で少人数芝居をやりながら経験値を貯め、活路を広げたいと考えています。


当方は九州出身の28歳男、住まいは杉並区です。

自身の経験は、演劇のワークショップに2年通い 一度下北沢の舞台を踏んだ程度で、あとはお笑いの舞台でコントなどをやっていたのみです。

年齢や性別、やる気、経験、国籍、全て問いませんので、多少ご興味あればご連絡ください。

nodowamachi@gmail.com

お試しで一度きりの舞台でも結構ですし、冗談半分でも結構です。

お話だけでもお気軽にお待ちしています。


よろしくお願いいたします。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス