札幌で不思議な縁会 | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

札幌の夜に繰り出した。

縁と縁で結ばれた人たちが集った。

その縁を一堂に集めたのは、ミスターボンドを自称するムラカミ氏だ。

この人は、自分が紹介した人たちが繋がっていくのが嬉しいらしい。

 

どの順番で縁を語ろうか。繋げようか・・・。

この夜の縁会の場所は、「おばん菜 田」という店。

気取りなく、どーんと美味しいものが出てくる。

この店のセッティングをしてくださったのが、

映像制作プロデューサーの深津修一さん。

2月に文化放送「日曜はがんばらない」に出演していただいた。

その時に1回会っただけなのだが、妙に気が合った。

年が1つ違いというのもあるが、理屈ではない。回数ではない。

深津さんに、札幌に行くのでお会いしたいと連絡したら、

是非!と即答。妻も同席させてほしいと。

妻の本田優子さんは、札幌大学教授。アイヌ文化研究の第一人者だ。

2人は、なんと熟年再婚。

紆余曲折の末、4年前に結婚したが、まだラブラブ。

 

そして、ボクからは、小林さやかさんと荒井優さんに声掛けした。

深津さんは、ビリギャルの映画を見て感銘を受けていて、是非会いたいと。本田さんは、荒井さんと面識があり、同じ教育者として新陽高校の取り組みに感心しているとのこと。

この5人が一堂に会したのだから、談論風発。

話の絶え間がなかった。カニを食べるとき以外は・・・。

小林さんは、こんな美味しい思いしたのは、北海道に来て初めてと

はしゃいでいた。自分のブログでも「出会いが人生を作ってくれる。

出会い運最強」と、この日の出会いも喜んでくれていた。

 

本田さんのアイヌ文化論も、興味深い。

「アイヌの魅力は、機知に富む会話と他者の痛みを共有する哲学」

という。

息子が幼い頃、ジュースをこぼしたので叱ろうとしたら、アイヌの人に床の神様が飲みたがっているのだから、叱らないとたしためられたことがあるそうだ。

アイヌ語の伝承にも力を入れている。学生とLINEで「アイヌ語会話」をしているそうだ。

アイヌのことばでいちばん好きなのは、

「ヤイコ シラム スエ」。

自分に対して自分の心を揺らすという意味だ。

 

考えてみれば、荒井さんとも、1回しか会ったことがない。

何年も前に、渋谷のホテル喫茶で偶然隣り合わせになった。

その時、旧知の藤原和博さん(リクリートから民間中学校長)と

打ち合わせ中で、藤原さんから紹介された。

それだけの、いやそれだからこその縁で繋がった。

 

2軒目に繰り出したバー。

ここのバーテンダー朝枝正行さんも1回会っただけ。

今年1月の長野百年塾の懇親会で少し立ち話した「縁」で、

開店間もないカフェバー「Arther Garage(店主の遊び場)」に、

小林さんと深津夫妻を誘った。

朝枝さんも、まさかが本当になり、大いに喜んでくれた。

来週23日、北海道初の百年塾が開催される。

朝枝さんも幹事団の一人として張り切っている。

この店も、23日夜は、

高野塾長をはじめ、塾生たちで賑わうことだろう。

 

まさに「他生の縁」で、偶然ではなく必然の縁を感じた夜。

図らずも本田優子さんが、「みんな同じ匂いがした。何か大きな力に役割を与えられて生きているって感じてるような・・・」と言っていたが、

まさに同感。心弾む縁会だった。

 

(左から、ムラカミ、深津修一さん、

本田優子さん、荒井優さん、小林さやかさん)

(新鮮な刺身たち。特にウニが最高)

(毛ガニさん)

(タラバガニさん)

(貪るビリギャルの図)

(なぜかミルクを注文した優さん)

(左から朝枝正行さん、深津夫妻、小林さん、ムラカミ)

(札幌では、いま締めパフェが 流行っているらしい)

(パフェを分け合う深津夫妻)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス