村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

今年も、宝塚でフラワーバレンタインコンサートが開催された(10日)。

主宰の声楽家の長谷川真弓さんに招かれ、今年も出演してきた。

 

去年は、オペラ「コシファントッテ」に哲学者アルフォンゾ役での出演だったが、このたびはゲスト出演。いささか気が楽だ。

第一部は、「愛のことば 愛の歌」と題して、

長谷川さんが、ボクの作詞した曲を3つも歌ってくださった。

「あの日あの時」「嬉しいあの人」「ひらがなの生き方」。

それぞれの詩に対する想いも語り、朗読もした。

長谷川さんは、大阪ことば磨き塾の塾生の一人。

この日も、時々、「先生」と呼んでくれた。

ゲストのつもりでいたが、

段取りを忘れる長谷川さんをフォローしていると、

時々、司会者になっている自分がいた。

 

第二部は、長谷川さんが舞台裏に回った。

自ら企画演出した音楽芝居「花屋のすみれが恋をした」。

キャスティングも長谷川さんがした。

オペラ歌手、ダンサー、劇団所属の小学生、ライブハウスのオーナー兼サックス奏者、ダンサー、釣り好きのピアニスト・・・それぞれの個性をよく知る長谷川さんが「当て書き」した。

歌あり、演奏あり、ダンスありの楽しいステージだった。

ボクも、DJの役で「声」の出演をした。

 
本当に長谷川さんは不思議な人だ。
この日集まった舞台に立つ人、舞台裏を支える人、
みんな彼女の熱意にほだされた人たちばかり
熱意のあまり迷走する彼女に振り回されることもしばしば。
しかし、彼女自身は、ほだしたとも振り回したとも、思っていない。
表裏がないというのか屈託がないというのか、すべて前向きなのだ。
いろいろ悩みや苦労もあるだろうが、
そんなこと彼女にとっては微塵にすぎない。
嬉しい生き方のお手本のような人だ。
終演後、園芸家の四代目又右衛門さんの用意した花を
来場記念にプレゼントしたが、笑顔の花もいっぱい開いていた。
 

(長谷川真弓さんと対談)

(大阪ことば磨き塾の面々)

(四代目又右衛門さんと)

(宝塚市長の中川智子さんを囲んで)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。